和歌山の太地町で、31年ぶりに商業捕鯨再開。

毎日新聞は2019年01月24日に、日本政府によるIWC(International Whaling Commission/国際捕鯨委員会)への脱退通告を受け、古式捕鯨発祥の地として知られる和歌山県太地町の漁協が2019年07月から、民間会社と共同で商業捕鯨を31年ぶりに再開する方針であることが2019年01月24日に、漁協関係者への取材で分かったと報告した。

珈琲と健康。

カンボジアの新聞「クメール・タイムズ(Khmer Times/電子版)」は2019年02月15日に、6世紀前に発見された人生のエリクサーとしてのコーヒーは、今世紀、すべての醸造所のチャンピオンに成長した。

それはなぜですか?

コーヒーは健康に有益か?
この「世紀の醸造」について科学が言うべきことを探ってみたという。

ちょうど中国の新年を祝ったときであったので、病気に関するトピックを飛ばして、お祭り気分にふさわしいものに焦点を合わせるべきだと考えたという。

中国の有名ジュースのブランド広告、低俗批判!当局も調査。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年02月14日に、中国の有名なジュースブランドが展開している広告に対し、消費者から「低俗」との批判が起きている。

広告内容に虚偽が含まれる疑いがあるとして、地元当局も調査を開始したと中国新聞社電が2019年02月13日伝えたと報告している。

インドの飲食店検索サイト「Zomato」。宅配に自転車を導入。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年02月13日に、インドの経済新聞「ファイナンシャル・エクスプレス(Financial Express/電子版)」は2019年02月12日に、インドの飲食店検索サイト「Zomato」が2019年02月11日に、食事宅配サービスに自転車を活用する方針を明らかにした。

既にデリー首都圏(NCR)など国内12都市で、5,000人を超える自転車配達員を配備した。

カンポットのペッパー収量で、豊作が見込まれる。

カンボジアの新聞「プノンペン・ポスト(The Phnom Penh Post)」は2019年02月11日に、KPPA(Kampot Pepper Promotion Association/カンポット・ペッパー振興協会)は、2016年にGI(Geographical Indication/地理的表示)の地位を獲得したカンポットペッパーの収量は、大雨の予測にもかかわらず、次のシーズンには収穫が増加すると予測していると述べた。

西洋料理に欠かせなくなった「ペッパー(Pepper/胡椒)」は、一時、金より高いと言われたこともあった。

仏ベーカリーのブリオッシュ、インド参入。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年02月12日に、フランスの大手ベーカリーカフェチェーン、ブリオッシュドーレ(Brioche Dore)が2019年02月09日に、インド市場に参入したと報告した。

三井倉庫、シンガポールで倉庫保管のハラル認証取得。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年02月11日に、三井倉庫は2019年02月08日に、シンガポールの現地法人である三井倉庫シンガポールが倉庫保管に関し、MUIS(Majlis Ugama Islam Singapura/シンガポール・イスラム教協会)からイスラム教の戒律に沿うことを示す「ハラル認証」を取得したと発表した。

日本の農水産品輸出、香港が14年連続トップ

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年02月11日に、日本の農林水産省は2019年02月08日に、2018年の農林水産物・食品の輸出額(速報値)を発表し、香港向けは前年比12.7%増の2,115億円となり、国・地域別で1位だった。

香港の首位は14年連続。

スイスの香料メーカーのジボダン、インドのプネ近郊で食品香料工場を稼働。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年02月11日に、スイス大手香料メーカーのジボダン(Givaudan)は2019年02月07日に、インド西部プネ(Pune)近郊に建設した食品香料(フレーバー/Flavours manufacturing facility)工場の開所式を開催したと報告した。

工場建設には、6,000万スイス・フラン(約65億円)を投じ、同社にとってインドにおける過去最大の投資となった。

みずほ銀行、フィリピンで日本型給食制度導入で事業化調査。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年02月07日に、みずほ銀行は、フィリピンに新たな事業モデルを定着させる狙いで、フィリピンで日本型の学校給食制度の導入に向けたFS(Feasibility Study/事業化調査)を開始する。就学率や児童の栄養不良の改善を後押しするとともに、日系企業の進出を支援すると報告した。

日清と米国のクラフト、インドの商品流通で契約。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年02月07日に、日清食品ホールディングスのインド子会社インド・ニッシン・フーズ(India Nissin Foods/インド日清/Indonissin)は2019年02月05日に、米国食品大手クラフト・ハインツ(Kraft Heinz)と商品流通に関する契約を結んだと発表した。

飲食店予約管理の「テーブルチェック」が、ジャカルタに拠点設立。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年02月06日に、飲食店のクラウド型予約管理システムを手掛ける「テーブルチェック(TableCheck)」(東京都中央区)は2019年02月05日に、インドネシアの首都ジャカルタに営業拠点を新設し、2019年02月から本格的に業務を開始したと発表したと報告した。

三菱商事が出資するシンガポールのオラム、6年で砂糖など4部門売却。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年01月28日に、三菱商事が17.4%出資するシンガポールの農作物商社オラム・インターナショナル(Olam International)は2019年01月25日に、砂糖やゴムなど4部門の売却を計画していると明らかにした。

全国初、「中村屋」の中華まんミュージアム。

同じ町内会の総合食品メーカー「中村屋」が、中華まんの製造工程などを見学できる「中華まんミュージアム」を埼玉県入間市狭山台の武蔵工場内に2019年01月25日開設する。中華まん工場の常設見学施設は全国初という。

毎日新聞、食品産業新聞社は2019年01月18日に、展示は「体感」をキーワードにした4部構成。
製造工程の見学では、説明ポイントごとに作り方をクイズ形式で学べるほか、生地の柔らかさを触れて感じる展示や、発酵段階とふかした後の大きさが比較できる中華まんの模型などを設けたと報告した。

「週1回フライドチキン」は、死亡リスクを高めるか?

毎日新聞は2019年02月09日に、コロッケにフライドチキン、トンカツに天ぷら。油のいいにおいがして、ジューシーで熱々の揚げ物が好きな人は多いが、イギリスの医師会雑誌「BMJ」で、2019年01月に公開された最新の研究によれば、「ひんぱんに揚げ物を食べると、2型糖尿病や心臓病になるリスクが高まる」ことが示されたと報告した。

カンボジア・コメ連盟、EU課税に抗議を表明!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年01月28日に、CRF(Cambodia-Rice Federation/カンボジア・コメ連盟)は2019年01月23日に、EU(European Union/欧州連合)がカンボジア産米に対する緊急輸入制限(Safeguard/セーフガード)措置を2019年01月15日に発動すると発表したことについて、正式に抗議する声明を発表した。

インドネシアの「GO-JEK(ゴジェック)」、職業校50校と電子決済で提携。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年01月24日に、インドネシアの配車アプリ大手「GO-JEK(ゴジェック)」は2019年01月23日に、北ジャカルタ市(North Jakarta City)のSMK(Vocational High School/職業高校)50校と、電子決済サービス「GoPay(ゴーペイ)」などのサービスで協力することで合意したと報告した。

輸入コーヒーに異変 ベトナム産が首位のブラジル猛追!

日本経済新聞 電子版は2019年01月23日に、コーヒー市場でベトナム産の存在感が高まっていると報告した。

2018年01~11月の総輸入量に占めるシェアは25%と首位のブラジルに肉薄する。

ベトナムは世界2位のコーヒー生産国になっている。

地理的に日本と近いうえ、比較的安価なのも強み。

主用途はインスタントコーヒーだが、家庭用のレギュラーコーヒーなどにも使われるようになった。

シンガポール、アルコール分0.5%超の食品、深夜販売可能!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年01月21日に、シンガポールで2019年01月18日から、公共空間で深夜・早朝のアルコール販売と飲酒を禁止する「酒類規制法」で、0.5%超のアルコール成分を含む食品が適用対象外となったと報告した。

ドリアンの種!シンガポールの南洋工科大が食用安定剤に活用。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年01月23日に、シンガポールのNTU(Nanyang Technological University/南洋工科大学)は2019年01月17日に、食えない、大きなドリアンの種(Durian's seed)を使った食用安定剤を開発したと発表したと報告した。

インドから撤退したフランスのダノン。インドのヨーグルト社に出資。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年01月17日に、フランスの食品大手ダノン(French food giant Danone)は、インドの高級ヨーグルトメーカー、エピガミア(Epigamia/Drums Food International/ドラムス・フード・インターナショナル)への出資を主導した。

出資総額は18億2,000万ルピー(約28億円)。

台湾の大成集團、嘉義県の産業園区に新工場着工。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年01月15日に、台湾の食品・飼料大手大成集團は2019年01月14日に、嘉義県の馬稠後産業園区に新たな食品工場を着工したと報告した。

カンボジアの第2漁期が始まった。

カンボジアの新聞「クメール・タイムズ(Khmer Times/電子版)」は2019年01月11日に、第2漁期が2019年01月11日から始まり、2019年01月17日まで続く。水産管理局はプラホック(prahok)とパアク(pha’ak)の生産者にTonle Sap川沿いの指定地域で魚を買うように求めた。

ハイボール人気などによる原酒不足で、ウイスキーの世界に「地殻変動」

朝日新聞デジタルは2019年01月08日に、ハイボール人気などによる原酒不足で、ウイスキーの世界に「地殻変動」起きている。
一部の商品が販売休止や品薄になる一方、これまでの常識を覆すような新たな産地の商品が台頭してきていると報告した。

昨年秋、お歳暮シーズンを控えた近鉄百貨店(大阪市阿倍野区)の和洋酒売り場に、単一の蒸留所で造るシングルモルトの台湾産「カバラン」(700ミリリットル・税抜き4500円から)が登場した。

菅官房長官、農産物輸出、1兆円達成に自信を示した。

毎日新聞は2019年01月07日に、菅義偉官房長官は2019年01月07日午前の記者会見で、農林水産物・食品の輸出額に関し「本年の1兆円達成は完全に視野に入った」と述べ、2019年に1兆円にする政府目標の達成に自信を示したと報告した。

「昨年は年間で9千億円を超えるペースだ」とも述べた。

韓国で、日本ビールの人気絶大!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年01月07日に、韓国で2018年に輸入額が最も多かった輸入ビールは日本のビールだったことが分かった。

9年連続で最多となったと報告した。

豊洲市場初競り!マグロ1本3億3360万円。

毎日新聞は2019年01月05日に、東京都中央区の築地市場から、江東区のた豊洲市場へ2018年10月に移転して開場し、初となる新春恒例の「初競り」があり、青森県大間産のクロマグロ(278 kg)が1本3億3,360万円、1kgあたり120万円で競り落とされた。記録が残る1999年以降の史上最高値を更新したと報告した。

これまでの経緯から言って、無茶苦茶な価格である。

茶の「原種」ワイルド・ミアン・ティーはタイの森林を保護。

カンボジアの新聞「クメール・タイムズ(Khmer Times/電子版)」は2019年01月03日に、プランテーション茶の前身であるミアン茶の木(Miang tea trees)は、タイの森林で自生していると報告した。

現在、環境に優しい企業は、木の葉を使ってお茶を一杯飲み、同時に生物多様性を育てている、とドイツの新聞「DW(Deutsche Welle)」のジンパ・スミス(Jinpa Smith)は書いている。

世界で最も売れるウイスキー25銘柄ランキング

Forbes JAPANは2019年01月03日に、世界で最も販売数が多いウイスキーのランキングは、大半がスコッチとバーボンの種類別など、カテゴリー別の形で発表されている。

あらゆるウイスキーを対象に、単純に「販売数」だけで順位をつけるとどのような結果になるのか、興味を持ったフェリッペ・シュリーバーグ(Felipe Schrieberg)は独自にリストを作成してみることにしたという。

モルト・ウイスキーに叉焼。

正月ということで、用意してあったモルト・ウイスキーの封を開けた。

部屋中にモルト・ウイスキーの香りが充満し、そこで用意したのがスライスしてから冷凍にしておいた藤屋謹製の蜜汁叉焼(Honey Pork)を数切れをつまみにした。

126億円詐欺に関与の容疑者が中国当局に出頭!

毎日新聞は2018年12月30日に、中国各紙からの情報として、総額7.9億元(約126億円)の信用状詐欺に関与した容疑で中国当局に指名手配されていた元国有企業社員で、46歳の王清偉容疑者が逃亡先のカナダから帰国し、出頭したと報告した。

王容疑者は13年9カ月間の逃亡中に、カナダで妻と農場を経営して3人の子どもを育て、中国から両親を呼び寄せるなど事実上の「カナダ移民」に成功していたことが話題になっている。

カンボジア政府、日本に水産養殖で助けを求める。

カンボジアの新聞「クメール・タイムズ(Khmer Times/電子版)」は2018年12月28日に、カンボジア政府生産を促進し、魚の輸入への依存を抑制するために、カンボジアでの魚の孵化場の開発を支援するよう日本に要請したと報告した。

いっそのこと、近畿大学が、カンボジアでマグロの養殖をし、中国に輸出することを考えたらどうだろう。

現在では、中国もマグロを多く消費し始めている。

カンボジア人女性が作るクメール料理が、日本で大ヒット!

カンボジアの新聞「プノンペン・ポスト(The Phnom Penh Post)」は2018年12月27日に、九州の北岸にある150万人の都市福岡にあるこじんまりとした居心地の良いレストランのキッチンの中で、カンボジア人女性は、熱狂的に、主に日本人の夕食のために母国料理を忙しく準備していると報告した。

カンボジアの胡椒協会は、収穫の少ない胡椒の販売を報告。

カンボジアの新聞「クメール・タイムズ(Khmer Times/電子版)」は2018年12月27日に、カンポットペッパープロモーション協会(Kampot Pepper Promotion Association)は、昨年に比べて80%も減少したわずか50トンに商品を売却したと報告した。

これでは、カンボジアの有名な胡椒料理はどうなってしまうのだろう。

フィリピン、インドネシアの即席コーヒーの緊急輸入制限撤廃!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年12月27日に、IAAQ(Indonesia Agency For Agricultural. Quarantine/インドネシアの農業省検疫庁)は2018年12月26日に、フィリピン政府がインドネシア産インスタントコーヒーに適用していた特別セーフガード(緊急輸入制限)措置を撤廃することで合意したと発表したと報告した。

カンボジアの漁期は高収量で終わった。

カンボジアの新聞「クメール・タイムズ(Khmer Times/電子版)」は2018年12月24日に、プラホック(prahok)で使用される魚を捕まえるするための最初のシーズンは、昨年と同様のレベルであったが、先週末に昨年よりも高い利回りの価格になったと報告した。

住友商事、ハノイでスーパー1号店開店。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年12月24日に、住友商事は2018年12月23日に、スーパーマーケット「フジマート」の1号店をベトンムのハノイにオープンしたと報告した。

CEOには、Keisuke Hitotsumatsuが就任した。

政府は、国際捕鯨委員会から脱退する方向で最終調整に入った。

ハフポスト(Huffpost)の日本語版、朝日新聞デジタルは2018年12月20日に、反捕鯨国が過半数を占めるIWCでは商業捕鯨の再開が難しいと判断した日本政府は、クジラの資源管理をしているIWC(International Whaling Commission/国際捕鯨委員会)から脱退する方向で最終調整に入ったと報告した。

WDIジャパンが、台湾料理店「富錦樹」を日本で展開。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年12月20日に、日本の国内外でレストランを展開する東京都港区のWDIは2018年12月19日に開いた取締役会で、連結子会社のWDIジャパンが台湾料理レストラン「富錦樹 台菜香檳」などを展開する富錦樹文創科技(Fujin Tree Cultural Creative&Technology Co., Ltd./フジンツリー・カルチュラル・クリエーティブ&テクノロジー)と日本に合弁会社を設立することを決議したと発表した。富錦樹 台菜香檳の日本1号店を、2019年中にもオープンする計画。

韓国の食品大手「農心」、韓国即席麺がけん引し、売上が過去最高!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年12月19日に、韓国の食品大手「農心(NONGSHIM)」の海外市場における2018年売上高は昨年比18%増のUS$7億6,000万ル(約857億円)となり、過去最高を記録する見通しだと報告した。

IntelからUS$1100万以上の資金を調達した「次世代SNS」

Forbes JAPANは2018年12月19日に、イスラエルのスタートアップ企業が発案したソーシャルApp「Wisdo」がUS$1100万(約12億5000万円)を超えるシード資金の調達に成功したと報告した。

米国の外食フライデーズ、インドでバー展開へ

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年12月18日に、インドの経済新聞「エコノミック・タイムズ(The Economic Times/電子版)」は2018年12月17日に、米国レストランチェーンのTGIフライデーズ(TGI Fridays)のインド事業トップのロハン・ジェトリー(Rohan Jetley, Promoter & CEO at TGI Fridays India)の話として、TGIフライデーズは、インドでバーの展開を始める。

ブランド名は「ザ・フライデーズ・アメリカン・バー(The Fridays American Bar)」。

インドネシアは2019年01月に酒税改定、度数5%以下は15%増。

世界最大モスレム人口の国インドネシアで、酒税改定?

アジア経済ニュースNNA ASIA、インドネシアのニュースサイト『トリビューンニュース(Tribune News)』は2018年12月17日に、インドネシア政府は、2019年01月にアルコール度数5%以下の飲料の酒税を1リットル当たり1万5,000ルピア(約117円)に引き上げると報告した。

現行の同1万3,000ルピアから15%増となる。酒税改定は2014年以来5年ぶりとなる。

三重県で猛毒魚を食べたが、元気!

毎日新聞、ハフポスト(Huffpost)の日本語版は2018年12月12日に、三重県大台町栃原の食品販売店「味彩館キッチン海ものがたり」で猛毒を持つカワハギ科の魚「ソウシハギ」とみられる魚が販売された問題で、販売先の分からなかった1匹について購入者が2018年12月12日に、同店に届け出た。「食べたが、元気だ」などと話しているという。

三越伊勢丹は2019年春に、「日本最大級」のECサイトを立ち上げ!

日本経済新聞 電子版は2018年12月11日に、三越伊勢丹ホールディングスがネット通販に本腰を入れ始めたと報告した。

三越伊勢丹ホールディングスは2019年春にも「日本最大級」と自称する化粧品の電子商取引(EC)サイトを立ち上げる。資生堂やコーセーなどの約180ブランドが参画し、商品の種類は1万と旗艦店に引けを取らない品ぞろえを掲げる。

空気と電気で、食用タンパク質を生成。

Forbes JAPANは2018年12月09日に、フィンランドのスタートアップ「ソーラー・フーズ(Solar Foods)」が、空気と電気から食用タンパク質を生産しようとしていると報告した。

同社は欧州宇宙機関(ESA)と提携を結び、未来の宇宙旅行に備えて食料生産技術を開発していると発表した。

これを現代の「錬金術」、または「魔法」と呼ばないで、どう説明するというのだろう。

嘘のような真実。米国食品医薬品局、アボカドはよく洗うようにと勧告!

Forbes JAPANは2018年12月30日に、FDA(US Food and Drug Administration/米国食品医薬品局)は2018年12月07日に、アボカド(Avocado)の皮にリステリア菌(Listeria monocytogenes)やサルモネラ菌(Salmonella)などが含まれている場合があるとするレポートを発表したと報告した。

中国のWalmart、「食品の即日配達サービス」を試験実施中!

Forbes JAPANは2018年12月07日に、いずれはサービスを拡大させることを視野に入れて,米国の小売り最大手Walmart(ウォルマート)が、中国の一店舗で食品の即日配達サービスを試験実施していると報告した。

このサービスの名前は「Walmart To Go(ウォルマートTo Go)」で、「WeChat(ウィーチャット)」のアプリ内ミニプログラムから利用が可能。

ゲノム編集食品、性急な結論に不安の声!

毎日新聞2018年12月06日に、ゲノム編集技術で操作した生物の法的位置付けについて、政府は2018年06月に閣議決定した「統合イノベーション戦略」で年度内に明確化する方針を示し、厚生労働省と環境省が夏以降、食品衛生法と生態系保全に関するカルタヘナ法での扱いを一気にまとめた。

ところが、議論は半年にも満たず、性急な結論に消費者団体や研究者から不安の声も上がっていると報告した。

30歳のモロッコの女!結婚拒否され恋人殺害、男の肉で伝統料理ふるまった?!

毎日新聞、イギリスの新聞「デイリーメール(dailymail)」、Khaleej Timesは2018年12月04日に、UAE(United Arab Emirates/アラブ首長国連邦)のアルアイン(Al Ain)で、結婚を拒否されたことに腹を立てたモロッコ人の30歳の女が、恋人の男性を殺害して遺体を切断し、その肉をミンチにして混ぜ込み伝統料理「カプサ」を作り、自宅近くで働いていたパキスタン人の建設作業員らに振る舞う事件があったと伝えたと報告した。

カンボジア商業省、新たにハラル認証15件を付与。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年12月04日に、カンボジア商業省(Ministry of Commerce, Cambodia)は2018年12月03日に、新たに15件について、イスラム教の戒律で許されたものとして、ハラル(Halal)認証を付与したと報告した。

JAL、バンコク線でタイ産コーヒーを提供。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年11月26日に、JAL(Japan Airlines/日本航空)は2018年11月22日に、2018年12月01日からバンコク線の機内で、麻薬撲滅を目的に開発された「ドイトゥン・コーヒー(Cafe DoiTung/สาขา อาคารสินธร)」を提供すると発表した。

「GO-JEK」、出前サービス「Goo Food」の顧客数が2割増。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年11月27日に、インドネシアの配車アプリ大手「GO-JEK(ゴジェック)」は、出前サービス「Good Food(ゴーフード)」の顧客数が過去2カ月間で20%以上増加したと明らかにしたと報告した。

カンボジアのパークカフェ、2025年までに100店開設。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年11月26日に、カンボジアの新聞「プノンペン・ポスト(The Phnom Penh Post)」は、利用者の増大が見込めることから、現在の15店舗から大幅に出店数を増やす方針として、カンボジアの飲食大手パークカフェ・フード&ビバレッジ(Park Café Food and Beverage Co. Ltd)は、2025年までに100店舗体制を目指す。利用者の増大が見込めることから、現在の15店舗から大幅に出店数を増やす方針を明らかにしたと報告した。

農業ベンチャー、インドネシアに青森リンゴ400トン輸出へ

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年11月26日に、日本産農産物の輸出事業を手掛ける東京都品川区の株式会社日本農業(Nihon Agri, Inc.)は2018年11月25日に、バンテン州タンゲランの商業施設「イオンモールBSDシティー」で、青森県産リンゴの輸出開始式典を開催した。本年度の輸出量は400トンに達する見通し。昨年度(2017年9月~18年8月)にインドネシアに輸出された日本産リンゴ総量の3.8倍に当たる。

「三遠南信」地域の農産物売り込み、成果じわり。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年11月26日に、愛知県豊橋市と田原市、静岡県浜松市、長野県飯田市の4市からなる「三遠南信」地域は、昨年から開始したマレーシアへの農産物の売り込みで着実な成果を上げていると報告した。

「三遠南信」の関係者は、マレーシア・クアラルンプール(Kuala Lumpur, Malaysia)の高級スーパーマーケット5店舗で、昨年に続いて2回目となる農産物プロモーションを行った。

ドルガバの動画に批判殺到!中国でのショー中止に。

ハフポスト(Huffpost)の日本語版は2018年11月22日に、人気イタリアブランドのドルチェ&ガッバーナ(Dolce & Gabbana)がSNSに投稿した動画が、中国国内で「人種差別だ」と批判を浴びていると報告した。

批判を受けてドルガバ社は2018年11月21日に、騒動に対して謝罪し、上海で予定していたファッションショーの中止を発表した。

車いすの障害者、ワイン試飲拒否で百貨店を提訴。

毎日新聞は2018年11月21日に、車いす利用者であることを理由にワインの試飲をやめさせられたのは、障害者差別解消法が禁じる不当な差別にあたるなどとして、手動車いすを使う東京都内の50代男性が、百貨店とテナントに170万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。

中華料理店「日高屋」で、外国人3千人が加入の労組結成!

朝日新聞デジタルは2018年11月18日に、本社がさいたま市にある中華料理店「日高屋」は、首都圏で約420店展開する「ハイデイ日高(Hiday Hidaka)」で、外国人従業員が約3千人加入する企業内労働組合が結成されたことが分かったと報告した。

インドネシアのチカンペック高速、タンブンでもナンバー規制。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年11月15日に、インドネシアの各メディアが2018年11月14日に、インドネシア運輸省運輸局のブディ・カルヤ・スマディ局長(Budi Karya Sumadi, Minister of Transportation)は2018年11月14日に、首都ジャカルタと東部の工業地域を結ぶチカンペック高速道路(Cikampek highway)で実施している車両ナンバーによる乗り入れ規制について、15日から範囲を拡大すると発表した。現在は「ブカシ・バラット」の入り口(Bekasi Barat Toll Gate)と「ブカシ・ティムール」の入り口(Bekasi Timur Toll Gate)で乗り入れを規制しているが、「タンブン」入り口(Tambun Toll Gate)でもこれを適用すると伝えたと報告した。

タイのミシュラン第2弾、バンコク外の店も初紹介。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年11月15日に、ミシュランは2018年11月14日に、タイのバンコク首都圏と南部プーケット(Phuket)県、パンガー(Phang Nga)県のレストランを格付けしたガイドブック「ミシュランガイド・バンコク、プーケット・アンド・パンガー2019(Michelin Guide - Bangkok, Phuket and Phang Nga, 2019)」を発表した。タイにおけるミシュランガイドの第2弾(Thailand's second Michelin guide)で、バンコク以外の都市のレストランが初めて紹介された。

健康的な菜食主義者向け、代替肉商品は非常に不健康なものもあった。

Forbes JAPANは2018年11月14日に、ロンドン大学クイーン・メアリー校を拠点とし、24人の科学専門家をメンバーとする団体「アクション・オン・ソルト(Action on Salt)」が、肉を含まない代替肉(Meat Alternatives)商品を対象とした調査を行った結果「Meat Alternatives Survey 2018」を公開し、一部が海水以上のナトリウム濃度があったと報告した。

この調査が対象としたのは、ビーガンとベジタリアンの両方を含む菜食主義者向けのバーガーやハム、ベーコン、ミンチ、ソーセージなど、イギリスのスーパーマーケットブランドが販売する157の代替肉商品であった。

中国・深圳市の喜茶、シンガポールのIONモールに1号店開業。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年11月09日に、中国・深圳市に本拠を置く茶系飲料チェーン「喜茶(HeyTea/ヘイティー)」がシンガポールに進出すると報告した。

香港の酒類見本市。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年11月09日に、酒類の国際見本市「香港インターナショナル・ワイン&スピリッツ・フェア2018(Hong Kong International Wine & Spirits Fair 2018)」が2018年11月08日、香港湾仔のHKCEC(Hong Kong Convention & Exhibition Center/香港コンベンション&エキシビションセンター)で開幕し、独立行政法人JETRO(Japan External Trade Organization/日本貿易振興機構/ジェトロ)が「ジャパンパビリオン(Japan Pavilion)」を設置した。日本産酒類の市場拡大を狙い、27社・団体が出品。

会期中は日本酒やウイスキー、焼酎、梅酒などの最新トレンドや飲み方を紹介するセミナーも開催している。

「ジャパンパビリオン」は7年連続の開設。

今年の出展企業数は前年から5社増え、初出展は14社・団体に上ったと報告した。

愛知県小牧市のコモ、香港にパン自販機を設置。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年11月08日に、ロングライフパンで日本最大手の愛知県小牧市のコモは、自社製パンの自動販売機を香港に設置したと報告した。

コモが海外にパン自販機を展開するのは初めてで、自販機は人が集まる場所で今後増設し、認知度を高めながら拡販を狙う。

ダライ・ラマの「後継者は民主的に決める。」

朝日新聞デジタル、毎日新聞は2018年11月05日に、83歳になるチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世(Dalai Lama 14th)は2018年11月05日に、今月来日するのを前に亡命政府のあるインド北部ダラムサラ(Dharamsala)で朝日新聞や毎日新聞などと会見し、自身の後継者についてはチベットの人々が民主的に選ぶべきだとの考えを示し、「ローマ法王のようなシステムも可能だ」と述べ、早ければ2018年11月末にダラムサラで始まる高僧らによる会議で議論が始まると明らかにしたと報告した。

台湾で活動する日本人YouTuber、タピオカティーでギネス認定。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年11月05日に、台湾で活動する日本人YouTuber三原慧悟が2018年11月03日に、台北市の花博公園で「世界一大きいタピオカミルクティー」を作るイベントを開催した。600リットルを超すミルクティーが完成し、ギネス世界記録に認定されたと報告した。

体内時計や代謝乱れ、「朝食抜くと太る」確認!

毎日新聞は2018年11月01日に、名古屋大の研究チームが米国の科学誌プロスワン(PLoS ONE)で2018年10月31日に、朝食を抜くと体内時計や脂質の代謝のリズムが乱れ、体重が増えることがラットの実験で分かったと、報告したと伝えている。

朝食を抜くと肥満やメタボリック症候群などになりやすくなることが知られているが、その仕組みは不明だった。

チームは「規則正しく朝食をとることで体内時計がリセットされる。朝食が健康に良いことの科学的根拠となる結果だ。」と解説している。

ピーナツの新品種「Qなっつ!?」

朝日新聞デジタルは2018年10月31日に、千葉県が約10年ぶりに開発した落花生の新品種「Q(きゅー)なっつ」の誕生祭が2018年10月30日に、JR千葉駅であったと報告した。

安い外国産に押されて県産落花生の収穫量が減るなか、これまでのピーナツを超える存在になること、県産の消費を拡大する起爆剤」として期待されている。

「Qなっつ」は従来の品種より「色白」で、クセのない甘みが特徴だという。

水産庁、ナマコやアワビ密漁厳罰化!罰金上限3000万円。

毎日新聞は2018年10月30日に、水産庁は、ナマコやアワビの密漁が横行していることを受けて、漁業法違反の罰金の上限を200万円から3000万円に引き上げる方針で、開会中の臨時国会で成立を目指す漁業法改正案に盛り込むことにした。

水産庁などによると、スキューバダイビングで用いる潜水器具や高速艇を使用するなど、組織的で悪質な密漁が横行している。

特に中華料理の高級食材で知られるナマコは「海の黒いダイヤ」と呼ばれ、高額で取引されるため、密漁が後を絶たない。

米国のFDAが、ゴマを9つ目の「主要食品アレルゲン」に検討中?

Forbes JAPANは2018年11月08日に、FDA(US Food and Drug Administration/アメリカ食品医薬品局)は2018年10月29日に「FDA Asks for Input on Sesame Allergies and Food Labeling(セサミ・アレルギーと食品の表示に関するFDAの要請)」を公開し、ゴマを主要食品アレルゲン(Allergen)に追加することを検討しており、情報提供を求めて公式ページ「Sesame as an Allergen in Foods」を2018年10月30日に開設した。

規制措置をとることになれば、ゴマは9つめの主要食品アレルゲンとなり、アメリカの食品メーカーは製品にゴマが含まれていることを表記しなくてはならなくなる。

ただし、食品以外では対象外であるが、危険を感じたら、すぐに使用を中止すべきで、注意書きにも記載すべきである。

台湾で、爆乳レストランが話題!

台湾のニュース・タイトルを見ると、誤解しそうである。

「桃園燒烤店 兔女郎店員爆乳剪肉(桃園バーベキューレストランのバニーガール店員)」

ETtodayは、中秋節のバーベキュー・シーズン、桃園の有名なバーベキュー・レストラン「豫園元の無煙バーベキュー」は最近、ホットミルク・ホットガールの料理イベントを開始し、写真や映像がFacebookで広がり、議論が起こったと報告している。

築地の「銀鱗文庫」が、豊洲に移転し、オープン。

毎日新聞は2018年12月18日に、東京都中央区の築地市場にあった図書室「銀鱗文庫(ぎんりん)」が2018年10月27日に、移転先の豊洲市場に新装オープンしたと報告した。

豊田通商、タイで飼料原料の販社設立。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月29日に、豊田通商は2018年10月26日に、タイの飼料製造SPMフィードミル(SPM Feed Mill)と共同で、タイ西部ラチャブリ(Ratchaburi)県に飼料原料の販売会社PGアグロ(PG Agro)を設立したと発表したと報告した。

ダイオキシンに汚染した上海ガニ15トン、市場に流出!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月26日に、台湾の衛生福利部食品薬物管理署(衛生福利部食物藥物管理處/Sanitary Welfare Department Food Drug Management Office/食薬署)は2018年10月24日に、中国産の上海ガニ(中国語:大閘蟹)計107.67トンを対象に行った検査で、うち14.954トン分に基準値を超える有害物質のダイオキシンが検出されたと発表したと報告した。

食いしん坊!要注意!!

タイのCLPとタイワ精機が新型精米機を共同開発。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月24日に、タイの農業機械メーカーCLPグループ(LP Group, on behalf of CLP Engineering Co., Ltd.,)は2018年10月19日に、富山市の精米機メーカーのタイワ精機(Taiwa Seiki Cooperation)と、新型精米機(Rice Milling Machine)3モデルを共同開発したと発表した。

タイ国内外で、それぞれの強みを生かしながら販路拡大を目指すと報告した。

ハッカソン、外食産業で未掘のユニコーンを発掘!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月22日に、タイのホテル・外食チェーン経営大手MINT(Minor International/マイナー・インターナショナル)は2018年10月19日に、イノベーション支援のコンサルティングなどを行うイノベーション・ファクトリーのディスラプター・テクノロジー・ベンチャー(Disrupter Technology Venture)、米国系投資ファンドの500トゥクトゥクズ(500 TukTuks)と共同で、外食事業の企業家らのチームが期間内に策定した事業計画や開発した技術などを競うイベント「ハッカソン(Hackathon)」「マイナー・テースティング・ザ・フューチャー - ハッカソン2018(Minor Tasting the Future - Hackathons 2018)」を開催すると発表したと報告した。

台湾のOKマート、セルフ調理器「OKクック」導入!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月19日に、韓国の「聯合(Yonhap)ニュース」などが2018年10月18日に、台湾でコンビニ業界4位の「OK超商(OKマート/OK‧MART)」を展開する来来超商(來來超商)は2018年10月17日に、即席食品のセルフ調理器「OKクック(OK COOK)」を域内のOKマート420店で導入すると発表した。

OKマートは、消費者が商品を購入後に自身で調理することで、コンビニ業界の課題となっている調理済み食品の廃棄率の低減などにつながるとみていると伝えたと報告した。

タイの即席麺ワイワイ、新製品3種類を投入!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月18日に、「ワイワイ」「クイック」ブランドの即席麺を製造・販売するタイのタイ・プリザーブド・フード・ファクトリー(Thai Preserved Food Factory Co., Ltd.)は2018年10月17日、ワイワイブランドの即席麺の新製品3種類を発表したと報告した。

発表したのは、
トムヤムクン・ナムコン・プリックパオ(トムヤムクンの濃厚スープと焼き唐辛子)風味のカップ麺(1個25バーツ=約86円)、
ムーサップ(豚ひき肉)風味の袋麺(6バーツ)、
トムヤム風味の袋麺(8バーツ)の3種類。

岐阜県飛騨市、台湾の新港郷産の日本酒を醸造!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月22日に、岐阜県飛騨市は、台湾の嘉義県新港郷との友好都市提携一周年を記念した交流事業の一環として、両地で生産された飛騨特産の酒造好適米「ひだほまれ」をブレンドして醸造した日本酒「友好の酒 朋」をお披露目したと報告した。

飛騨市の酒造メーカー渡辺酒造店が、新港郷産ひだほまれ18kgと飛騨産ひだほまれ12kgを用いて純米醸造し、720ミリリットル入りの日本酒を限定98本つくり上げた。

住友商事、マヒンドラの農薬販売事業に参画。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月15日に、住友商事は2018年10月12日に、インド自動車大手M&M(Mahindra & Mahindra Limited/マヒンドラ&マヒンドラ)傘下で農薬の輸入販売を手掛けるMSAS(Mahindra Summit Agriscience/マヒンドラ・サミット・アグリサイエンス)に出資すると発表した。住商アグロインターナショナル(Summit Agro International Ltd.)と共同で計40%を出資し、インドの農薬輸入販売事業に参入する。

香港の老舗百貨店裕華国貨、宮崎フェア、ガラス工芸展も

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月12日に、香港の老舗百貨店裕華国貨(裕華國貨/裕华国货)で2018年10月11日に、宮崎県の物産展「宮崎フェア」と県出身のガラス工芸作家である黒木国昭の個展が始まったと報告した。

会期は来月11日までの1カ月間で、裕華国貨が日本関連の催し物を開催するのは今回が初めてになる。

豊洲市場が開場。

日本経済新聞 電子版、朝日新聞デジタル、毎日新聞は2018年10月11日に、2018年10月06日に、世界最大級の魚市場として知られ「日本の台所」と呼ばれてきた中央区の東京都中央卸売市場築地市場が2018年10月06日に、最終営業日を迎え、閉鎖され、2018年10月11日に、豊洲市場(江東区)が開場したと報告した。

果物屋で、今日が食べごろの洋梨!

果物屋で、洋梨を買おうとしたら、4日待ってくれと言われ、待てずに3日目の昨日果物屋で洋梨を購入!

今日が食べごろの洋梨といわれたので、早速、超一流中華食材卸の藤屋の藤木守様からいただいた、パルマ産生ハム・スライスで巻いて食べた!

ネスレ、マレーシアの子会社売却で「ミロ」の新工場建設。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月10日に、スイス系食品大手ネスレ・マレーシア(Nestle (Malaysia) Berhad)は2018年10月09日に、完全子会社2社をフランス乳業大手のラクタリス・グループ(Groupe Lactalis)に売却すると発表した。売却額は1億5,530万リンギ(約42億4,000万円)。売却で得る資金のうち、1億リンギをヌグリスンビラン州チェンボン(Chembong, Negeri Sembilan)で、麦芽飲料「ネスレ・ミロ」の新工場建設に充てる計画。

同工場が完成すると、ミロの生産拠点として世界最大になる。

マレーシアはネスレ・グループにとり主要な製造拠点がある国の1つとなっている。

コカコーラ、タイの王室系ドイカム・フードと提携。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月09日に、米国の飲料大手コカ・コーラ(CocoCola)のタイのボトラー(瓶詰業者)タイ・ナムティップ(Thai Namutippu)は2018年10月08日に、果汁入り飲料「ミニッツメイド(Minute Maid)」の新製品2種類を発表した。CPB(The Crown Property Bureau/タイ王室財産管理局)傘下食品メーカーのドイカム・フード・プロダクツ(Doi Kham Food Product .Co.,Ltd.)から原料の供給を受ける。

米国の著名な投資家ウォーレン・バフェット愛好のステーキハウス、台北進出!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月08日に、台湾各紙が2018年10月06日に、米国の著名な投資家ウォーレン・バフェット(Warren Edward Buffett/1930 - )が行きつけの店として知られるニューヨークのステーキハウス「スミス・アンド・ウォレンスキー(Smith&Wollenski;)」が台湾に出店すると報告した。

築地市場。83年の歴史に幕!

毎日新聞は2018年10月06日に、世界最大級の魚市場として知られ「日本の台所」と呼ばれてきた中央区の東京都中央卸売市場築地市場が2018年10月06日に、最終営業日を迎えたと報告した。

番茶の色、東京は緑で京都は茶色、地域でなぜ違う?

日本経済新聞のNikkei StyleのNIKKEIプラス1は2018年10月06日に、温かいお茶がおいしい季節になった。普段使いのお茶といえば番茶だが、地域によって思い浮かべる色が違うという。

番茶の色は緑か茶色か。そもそも番茶とは何なのか。番茶を巡る謎を追ったと報告した。

「これがうちで出している京番茶です」。東京・表参道にある日本茶カフェ、「茶茶の間」。店主の和多田喜さんが運んできた番茶は、香ばしくすっきりとした味わいの、茶色のお茶だった。

京都で「お番茶」と呼ばれる京番茶は、煎茶のように茶葉をもまず、葉の形を残したまま焙煎(ばいせん)する。店によってはかなりスモーキーなものもある。お茶の色はどこも茶色だ。

一方、東京の番茶は違う。東京・赤羽で創業80年を超える茶葉販売店、思月園。店主の高宇政光さんが煎れてくれた番茶は淡い黄緑色だった。

京都と東京。普段使いの「番茶」でなぜ色が違うのか。

この調査で、大きな欠点を発見した。

ニチレイ、ベトナムで水産加工工場を新設!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月05日に、ニチレイグループで水産・畜産事業を手がける東京都中央区のニチレイフレッシュ(Nichirei fresh)は、ベトナム子会社のトランス・パシフィック・シーフード(Trans Pacific Seafood)が南部ビントゥアン(Binh Thuan)省に水産加工工場を新設したと発表した。10月半ばに生産を開始する。

マレーシアのハラル輸出2018年は、500億リンギ達成へ!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月02日に、マレーシアの新聞「ニュー・ストレーツ・タイムズ(New Straits Times)」は2018年10月01日に、マレーシアのHDC(Halal Industry Development Corporation/ハラル開発公社)は、2018年通年のイスラム教の戒律で許されたものとして、ハラル(Halal)製品の輸出額が500億リンギ(約1兆3,700万円)に達するとの見通しを示した。

中国、日本からのブタ輸入を全面禁止!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月11日に、中国税関総署(中华人民共和国海关总署)と農業農村省(中华人民共和国农业农村部)は2018年09月28日付で、日本で発生している豚コレラ(猪瘟/swine fever)の流入を防ぐ目的で、日本からのブタとイノシシ、およびこれらの製品の輸入を全面的に禁止する公告を発表し、即日実施した。

直接、間接を問わず輸入を禁止する。

既に発行された検疫許可書も無効とする。

マレーシアのGrab Foodsは、配達員がボイコット!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月01日に、マレーシアの新聞「スター(Star)」は、東南アジアの配車アプリ最大手Grabのマレーシア法人Grab Malaysia(グラブ・マレーシア)は2018年09月28日に、傘下の食品宅配サービス「GrabFoodMy(グラブ・フード)」で配達員のボイコットが発生したことを認めた。報酬支払いスキームの変更が原因というと伝えた。

KFC、ミャンマーで2023年度までに70店舗体制目指す!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月01日に、米国系ファストフードチェーン「KFC(Kentucky Fried Chicken/ケンタッキー・フライド・チキン)」は、ミャンマー国内で店舗数を拡大する意向で、ミャンマーでFC(Franchise/フランチャイズ)権を持つ財閥系持ち株会社YSH(Yoma Strategic Holdings Ltd./ヨマ・ストラテジック・ホールディングス)は、2023年度(23年4月〜24年3月)までに全国で70店舗程度に増やす計画という。

すでに日本で、「遺伝子組み換え食品」を食べている!?

日本経済新聞 電子版は2018年09月27日に、最大5%含まれる可能性があるのに、「遺伝子組み換えでない」との表記は誤解を生むと報告した。

原料となる農作物を輸入に頼る日本で、検査や調達のコストが跳ね上がりかねないため、混入リスクをゼロにすることは難しいという。

ベトナムのハノイで、「コールドチェーンワークショップ」が開催。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月27日に、ベトナムのハノイ市内で2018年09月26日に、日越の官民や物流関係者らによる「コールドチェーンワークショップ」が開催されたと報告した。

アジア初のコンテナ利用スタバ、台湾の花蓮で開業。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月27日に、「セブン-イレブン」を運営する統一超商(President Chain Store/プレジデント・チェーンストア)傘下で、米国のコーヒーチェーン「スターバックスコーヒー(Starbucks Coffee
)」を台湾で運営する統一星巴克(統一スタバ)は2018年09月26日に、花蓮県吉安郷(花莲县吉安鄉)で運送用のコンテナを再利用した店舗を開業した。

スターバックスがコンテナ型店舗を開業するのはアジアで初めてという。

台湾、イギリス産豚肉の輸入解禁。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月26日に、台湾の工商時報は2018年09月25日に、イギリスのDIT(Department for International Trade国際通商省)のジョージ・ホリングベリー貿易政策担当相(International Trade Minister, George Hollingbery)は2018年09月24日に、イギリス政府は台湾のAHDB(農業園芸開発委員会Agriculture and Horticulture Development Board)とUKECP(英国輸出証明パートナーシップ/UK Export Certification Partnership)について話し合われ、台湾が近く、イギリス産豚肉の輸入を解禁すると明らかにした。向こう5年間の商機は£5,000万(約74億円)に達するとみていると言ったと報告した。

今年の秋は、毒キノコが大豊作の兆し!

毎日新聞は2018年09月22日に、キノコ狩りの本格シーズンを控え、今年は野生キノコに大豊作の兆しがあると報告した。

各地の里山で野生キノコが大発生し、毒キノコの判別に保健所へ相談に訪れる人もいる。

9月末〜10月の最盛期に向け、新潟県や専門家は「食べられるかどうか分からないものは採ったり、食べたり、近所の人にあげたりしないで」と注意を呼びかけている。

タピオカミルクティー発祥の店、春水堂が香港進出。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月20日に、タピオカミルクティー発祥の店として知られる喫茶店チェーン「春水堂人文茶館(春水堂人文茶馆/春水堂/チュンスイタン)」を手掛ける春水堂実業(春水堂実业)は2018年09月18日に、香港で多くの日本料理レストランを運営するグローバルリンク・リテールマネジメント(Global Link Retail Management)と共に、春水堂のコンセプト店2店を香港に出店すると発表した。

海外出店は日本に続く2カ所目となる。

総件数:744最初12345678最後
広告募集中