gaYa広告

住友商事、マヒンドラの農薬販売事業に参画。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月15日に、住友商事は2018年10月12日に、インド自動車大手M&M(Mahindra & Mahindra Limited/マヒンドラ&マヒンドラ)傘下で農薬の輸入販売を手掛けるMSAS(Mahindra Summit Agriscience/マヒンドラ・サミット・アグリサイエンス)に出資すると発表した。住商アグロインターナショナル(Summit Agro International Ltd.)と共同で計40%を出資し、インドの農薬輸入販売事業に参入する。

香港の老舗百貨店裕華国貨、宮崎フェア、ガラス工芸展も

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月12日に、香港の老舗百貨店裕華国貨(裕華國貨/裕华国货)で2018年10月11日に、宮崎県の物産展「宮崎フェア」と県出身のガラス工芸作家である黒木国昭の個展が始まったと報告した。

会期は来月11日までの1カ月間で、裕華国貨が日本関連の催し物を開催するのは今回が初めてになる。

豊洲市場が開場。

日本経済新聞 電子版、朝日新聞デジタル、毎日新聞は2018年10月11日に、2018年10月06日に、世界最大級の魚市場として知られ「日本の台所」と呼ばれてきた中央区の東京都中央卸売市場築地市場が2018年10月06日に、最終営業日を迎え、閉鎖され、2018年10月11日に、豊洲市場(江東区)が開場したと報告した。

果物屋で、今日が食べごろの洋梨!

果物屋で、洋梨を買おうとしたら、4日待ってくれと言われ、待てずに3日目の昨日果物屋で洋梨を購入!

今日が食べごろの洋梨といわれたので、早速、超一流中華食材卸の藤屋の藤木守様からいただいた、パルマ産生ハム・スライスで巻いて食べた!

ネスレ、マレーシアの子会社売却で「ミロ」の新工場建設。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月10日に、スイス系食品大手ネスレ・マレーシア(Nestle (Malaysia) Berhad)は2018年10月09日に、完全子会社2社をフランス乳業大手のラクタリス・グループ(Groupe Lactalis)に売却すると発表した。売却額は1億5,530万リンギ(約42億4,000万円)。売却で得る資金のうち、1億リンギをヌグリスンビラン州チェンボン(Chembong, Negeri Sembilan)で、麦芽飲料「ネスレ・ミロ」の新工場建設に充てる計画。

同工場が完成すると、ミロの生産拠点として世界最大になる。

マレーシアはネスレ・グループにとり主要な製造拠点がある国の1つとなっている。

コカコーラ、タイの王室系ドイカム・フードと提携。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月09日に、米国の飲料大手コカ・コーラ(CocoCola)のタイのボトラー(瓶詰業者)タイ・ナムティップ(Thai Namutippu)は2018年10月08日に、果汁入り飲料「ミニッツメイド(Minute Maid)」の新製品2種類を発表した。CPB(The Crown Property Bureau/タイ王室財産管理局)傘下食品メーカーのドイカム・フード・プロダクツ(Doi Kham Food Product .Co.,Ltd.)から原料の供給を受ける。

米国の著名な投資家ウォーレン・バフェット愛好のステーキハウス、台北進出!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月08日に、台湾各紙が2018年10月06日に、米国の著名な投資家ウォーレン・バフェット(Warren Edward Buffett/1930 - )が行きつけの店として知られるニューヨークのステーキハウス「スミス・アンド・ウォレンスキー(Smith&Wollenski;)」が台湾に出店すると報告した。

築地市場。83年の歴史に幕!

毎日新聞は2018年10月06日に、世界最大級の魚市場として知られ「日本の台所」と呼ばれてきた中央区の東京都中央卸売市場築地市場が2018年10月06日に、最終営業日を迎えたと報告した。

ニチレイ、ベトナムで水産加工工場を新設!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月05日に、ニチレイグループで水産・畜産事業を手がける東京都中央区のニチレイフレッシュ(Nichirei fresh)は、ベトナム子会社のトランス・パシフィック・シーフード(Trans Pacific Seafood)が南部ビントゥアン(Binh Thuan)省に水産加工工場を新設したと発表した。10月半ばに生産を開始する。

マレーシアのハラル輸出2018年は、500億リンギ達成へ!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月02日に、マレーシアの新聞「ニュー・ストレーツ・タイムズ(New Straits Times)」は2018年10月01日に、マレーシアのHDC(Halal Industry Development Corporation/ハラル開発公社)は、2018年通年のハラル(イスラム教の戒律で許されたもの)製品の輸出額が500億リンギ(約1兆3,700万円)に達するとの見通しを示した。

中国、日本からのブタ輸入を全面禁止!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月11日に、中国税関総署(中华人民共和国海关总署)と農業農村省(中华人民共和国农业农村部)は2018年09月28日付で、日本で発生している豚コレラ(猪瘟/swine fever)の流入を防ぐ目的で、日本からのブタとイノシシ、およびこれらの製品の輸入を全面的に禁止する公告を発表し、即日実施した。

直接、間接を問わず輸入を禁止する。

既に発行された検疫許可書も無効とする。

マレーシアのGrab Foodsは、配達員がボイコット!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月01日に、マレーシアの新聞「スター(Star)」は、東南アジアの配車アプリ最大手Grabのマレーシア法人Grab Malaysia(グラブ・マレーシア)は2018年09月28日に、傘下の食品宅配サービス「GrabFoodMy(グラブ・フード)」で配達員のボイコットが発生したことを認めた。報酬支払いスキームの変更が原因というと伝えた。

KFC、ミャンマーで2023年度までに70店舗体制目指す!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月01日に、米国系ファストフードチェーン「KFC(Kentucky Fried Chicken/ケンタッキー・フライド・チキン)」は、ミャンマー国内で店舗数を拡大する意向で、ミャンマーでFC(Franchise/フランチャイズ)権を持つ財閥系持ち株会社YSH(Yoma Strategic Holdings Ltd./ヨマ・ストラテジック・ホールディングス)は、2023年度(23年4月〜24年3月)までに全国で70店舗程度に増やす計画という。

すでに日本で、「遺伝子組み換え食品」を食べている!?

日本経済新聞 電子版は2018年09月27日に、最大5%含まれる可能性があるのに、「遺伝子組み換えでない」との表記は誤解を生むと報告した。

原料となる農作物を輸入に頼る日本で、検査や調達のコストが跳ね上がりかねないため、混入リスクをゼロにすることは難しいという。

ベトナムのハノイで、「コールドチェーンワークショップ」が開催。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月27日に、ベトナムのハノイ市内で2018年09月26日に、日越の官民や物流関係者らによる「コールドチェーンワークショップ」が開催されたと報告した。

アジア初のコンテナ利用スタバ、台湾の花蓮で開業。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月27日に、「セブン-イレブン」を運営する統一超商(President Chain Store/プレジデント・チェーンストア)傘下で、米国のコーヒーチェーン「スターバックスコーヒー(Starbucks Coffee
)」を台湾で運営する統一星巴克(統一スタバ)は2018年09月26日に、花蓮県吉安郷(花莲县吉安鄉)で運送用のコンテナを再利用した店舗を開業した。

スターバックスがコンテナ型店舗を開業するのはアジアで初めてという。

台湾、イギリス産豚肉の輸入解禁。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月26日に、台湾の工商時報は2018年09月25日に、イギリスのDIT(Department for International Trade国際通商省)のジョージ・ホリングベリー貿易政策担当相(International Trade Minister, George Hollingbery)は2018年09月24日に、イギリス政府は台湾のAHDB(農業園芸開発委員会Agriculture and Horticulture Development Board)とUKECP(英国輸出証明パートナーシップ/UK Export Certification Partnership)について話し合われ、台湾が近く、イギリス産豚肉の輸入を解禁すると明らかにした。向こう5年間の商機は£5,000万(約74億円)に達するとみていると言ったと報告した。

今年の秋は、毒キノコが大豊作の兆し!

毎日新聞は2018年09月22日に、キノコ狩りの本格シーズンを控え、今年は野生キノコに大豊作の兆しがあると報告した。

各地の里山で野生キノコが大発生し、毒キノコの判別に保健所へ相談に訪れる人もいる。

9月末〜10月の最盛期に向け、新潟県や専門家は「食べられるかどうか分からないものは採ったり、食べたり、近所の人にあげたりしないで」と注意を呼びかけている。

タピオカミルクティー発祥の店、春水堂が香港進出。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月20日に、タピオカミルクティー発祥の店として知られる喫茶店チェーン「春水堂人文茶館(春水堂人文茶馆/春水堂/チュンスイタン)」を手掛ける春水堂実業(春水堂実业)は2018年09月18日に、香港で多くの日本料理レストランを運営するグローバルリンク・リテールマネジメント(Global Link Retail Management)と共に、春水堂のコンセプト店2店を香港に出店すると発表した。

海外出店は日本に続く2カ所目となる。

オーストラリアのグリコ・森永事件!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月17日に、地元各メディアが、オーストラリアの小売り大手ウールワース(Woolworths)のQLD(Queensland/クイーンズランド)州とVIC(Victoriaビクトリア)州の店舗で販売されていたQLD州産のイチゴに、縫い針が混入されていることが分かり、警察が捜査中だと報告した。

農園で働いていた元従業員による犯行との見方が有力だという。針が混入されたイチゴを食べた男性が激しい腹痛で病院で治療を受けたほか、男児が針の入ったイチゴを口にいれる被害が出た。

国内全域でイチゴ販売に自粛ムードが出ている。

NZの乳業最大手フォンテラ、NZ$2億の赤字!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月14日に、The Ashburton Courierは2018年09月13日に、NZ(New Zealand/ニュージーランド)の乳業最大手フォンテラ(Fonterra)は2018年09月13日に、2017/18年度通期(2017年08月〜2018年07月)の決算を発表し、税引き後の損失がNZ$(ニュージーランド・ドル)1億9,600万(約143億2,000万円)と、過去17年で初めて通期決算で赤字転落したことを明らかにしたと報告した。

千疋屋に出荷している山梨のぶどう園。

千疋屋に出荷している山梨のぶどう園から、シャイン・マスカットが届いた。

クール宅配ではなく。普通便!

台湾の微風松高に、スーパードライの期間限定バー開業。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月07日に、アサヒグループホールディングス傘下で、台湾で酒類事業を担う「台湾朝日ビール(臺灣朝日啤酒股份有限公司/アサヒビール台湾)」は2018年09月07日から2018年11月04日まで、台北市信義区のショッピングセンター(SC)「微風松高」で、期間限定バー「Asahi Super Dry×猫下去」をオープンすると報告した。

スタバ、イタリア1号店ミラノでオープン!

朝日新聞デジタルは2018年09月08日に、世界最大のコーヒーチェーン「スターバックス(Starbucks)」のイタリア1号店「Starbucks Reserve Roastery Milan」が2018年09月07日朝(日本時間同日午後)に、ミラノにオープンしたと報告した。

中華食材卸の藤屋のパルマ産生ハム・スライス。

超一流中華食材卸の藤屋の藤木守様から、パルマ産生ハム・スライスをいただきました。

一般に市販されている小さな生ハム・スライスではなく、大きいので、今回はキューリの千切りを巻いて食べてみました。

次は、生春巻きのように、生ハム・スライスでメロンを包んで食べてみようと思います。

タイで、外食関連の見本市。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月07日に、今年で26回目となる外食・ホテル産業関連の国際見本市「FHT(Food & Hotel Thailand/フード&ホテル・タイランド)2018」が2018年09月05日に、タイの首都バンコク(Bangkok)東部のBITEC(Bangkok International Trade & Exhibition Centre)で開幕した。

牛丼チェーン「松屋」、台湾1号店を出店。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月06日に、東京都武蔵野市の松屋フーズ2018年09月05日に、牛丼チェーン「松屋」の台湾1号店を018年09月下旬に台北市の「新光三越百貨台北南西店(中山三越)」で開業すると発表したと報告した。

今後3年以内に10店舗の展開を目指すと伝えている。

今年は、目黒のさんまも大きいかも?

朝日新聞デジタルは2018年09月05日に、外食チェーン各社で秋の味覚サンマのメニューが続々と登場していると報告した。

近年の不漁続きから一転、今年は水揚げの出足が好調で、サンマのサイズが大きくなったり、定食の値下げを検討したりする動きも出てきたと伝えた。

中華食材卸の藤屋のオードブルチキン!

超一流中華食材卸の藤屋の藤木守様から、オードブルチキンをいただきました。

最初はまず、バンバンジーだろうと思い、細かく裂いてと考えていたが、これも贅沢に厚切りにして、キューリの細切りの上にのせ、上からタップリソースをかけてみた。

コカ・コーラが中国で、カフェ・チェーン事業に進出。

Forbes JAPANは2018年09月04日に、米国の飲料大手コカ・コーラ(Coca Cola)が、イギリスに拠点を置くカフェチェーンのコスタ・コーヒー(COSTA Coffee)を買収すると発表した。

競争が最も激しい中国市場で、米国のコーヒーチェーン大手スターバックス(Starbucks)の勢いが削がれることになるかもしれないと報告した。

そう予想する理由は、コスタはすでに、中国国内に約450店舗を構えている。長期にわたって中国での事業を展開してきたコカ・コーラの存在とその潤沢な資金が加われば、コスタは今後、新店舗の開業をさらに加速させることになると考えられる。

韓国、2017年の果物の輸入過去最高。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月05日に、KSC(Korea Customs Service/韓国関税庁)は2018年09月03日に、2017年の果物の輸入額がUS$12億4,000万(約1,376億円)、輸入量は83万4,000トンだったと発表した。

輸入額は2008年比で2.4倍増、輸入量は58.3%増となり、過去最高を記録したと報告した。

中華食材卸の藤屋の広東風チャーシュー!

超一流中華食材卸の藤屋の藤木守様から、広東風チャーシューをいただきました。

中国のアフリカ豚コレラ、感染さらに拡大の可能性も

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年08月31日に、中華人民共和国農業農村省(中华人民共和国农业农村部)は2018年08月29日に、これまでに国内で確認されたアフリカ豚コレラ(非洲猪瘟/African swine fever)の感染は全て有効に処置されたと説明した上で、今後また新たに発生する可能性は否定できないとの認識を示した。

農業農村省は国内でこれまでに確認された4件の感染について、迅速かつ適切な防疫対応を取ったことを強調した。

スタバに似た、インドのコーヒー店に名称変更の仮命令。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年08月30日に、インドの経済新聞「エコノミック・タイムズ(The Economic Times)」は2018年08月29日に、米国のコーヒーチェーン大手のスターバックス(Starbucks)が店名とロゴの酷似を理由にインドの同業を相手取って起こした訴訟で、デリー高等裁判所(Delhi High Court)がスタバの主張を認め、インド企業に店名とロゴ変更の仮命令を出したことが分かったと伝えたと報告した。

高知県が観光PRで、糖度が15度あるメロン使った料理体験も

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年08月27日に、高知県観光コンベンション協会は2018年08月23日に、香港メディアなどを対象とした情報交換会を開いたと報告した。

高知特産メロンのスイーツを作るイベントも行い、食のほか、観光名所や自然、文化など県の魅力を紹介。香港人旅行者の一層の誘致を図った。

アフリカ豚コレラ、中国でさらに浙江省にも感染拡大!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年08月24日に、中華人民共和国農業農村省(中华人民共和国农业农村部)は2018年08月23日に、浙江省温州市に属する楽清市(乐清市)でアフリカ豚コレラ(非洲猪瘟)の感染が確認されたと発表した。

米食品スーパー最大手、プラ製レジ袋、2025年に全廃。

日本経済新聞 電子版は2018年08月24日に、米国の食品スーパー最大手クローガー(Kroger)のCEOロドニー・マクミラン(Rodney McMullen)は2018年08月23日に、プラスチック製の使い捨てレジ袋を2025年までに全店で廃止し、再利用できる袋に切り替えると発表したと報告した。

暑い朝から、柳井様からいただいた今井の冷やしけつねうろん!

賞味期限が今日までなので、晩夏の暑い朝から、柳井様の奥様からいただいた「今井の冷やしけつねうろん」を拝顔、押し頂いて食しています。

京都の八ツ橋訴訟!聖護院側は争う姿勢。

毎日新聞は2018年08月22日に、京都銘菓八ツ橋の老舗京都市の「聖護院八ッ橋総本店」が元禄2年(1689年)創業をうたうのは事実と異なるとして、ライバル社の老舗京都市の「井筒八ッ橋本舗」が聖護院にのれんなどへの記載差し止めと600万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が2018年08月22日に、京都地裁(牧賢二裁判長)で開かれたと報告した。

シンガポールの南洋工科大学は、天然由来成分の食品保存料開発。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年08月21日に、シンガポールのNTU(Nanyang Technological University/南洋工科大学)は16日、天然由来成分100%の食品保存料を開発したと発表した。

従来の人工保存料に比べて保存効果が高いという。

台湾の賓仕国際、香港で日本チーズケーキ店、全店閉鎖!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年08月22日に、香港で台湾系中国茶専門店「天仁茗茶(TenRen's Tea)」などを運営する賓仕国際(賓仕國際/B&Sインターナショナル/B&S International)は2018年08月20日に、香港で展開する福岡発の「てつおじさんのチーズケーキ」ブランドの全3店を閉店すると発表した。

2018年02月には閉店を完了する見通し。

中国で、アフリカ豚コレラ感染拡大。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年08月20日に、中国でアフリカ豚コレラのブタ(非洲猪瘟)への感染が拡大の様相をみせていると報告した。

中華人民共和国農業農村省(中华人民共和国农业农村部)は2018年08月19日に、江蘇省連雲港市の養豚場で感染が確認されたと発表した。

台湾の高雄市、戦前のパイナップル缶詰工場を観光施設に!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年08月22日に、台湾の新聞「聯合報」などは、高雄市大樹区で2018年08月18日に、日本統治時代のパイナップル缶詰工場を活用した観光施設「台湾鳳梨工場(台灣鳳梨工場)」の開業記念式典が開かれたと報告した。

高雄市政府が、現存する工場の建屋を2年掛けて修復した。同じく日本統治時代に建造された周辺の観光スポット、九曲堂駅や下淡水渓鉄橋と併せて、大樹区の観光業の活性化を狙うと報じた。

タイのチュラロンコン大学、ハラル分析研究室を開設。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年08月17日に、タイ国立チュラロンコン大学ハラル・サイエンス・センター(Halal Science Center, Chulalongkorn University, Thailand)のウィナイ(Assoc.Prof.Winai Dahlan, Ph.D. /Biochemistry/Applied Medical Biology)所長は2018年08月16日に、新たな研究施設「タンシー・Dr.スリン・ピッスワン・ハラル・サイエンス・リサーチ・アンド・イノベーション・ラボラトリー(Dr. Surin Pitsuwan Halal Science Research and Innovation Laboratory/PS Lab/PSハラル・ラボ)」を開設したと発表した。

ベトナムで、月餅商戦が本格化。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年08月16日に、ベトナムで09月24日の中秋節を前に、月餅(Moon cake)商戦が本格化していると報告した。

有名レストランやホテルが発売したほか、ファミリーマートも「ドラえもん」のキャラクターを用いた月餅の予約の受け付けを開始している。
2018年09月8日まで予約を受け付ける。卵が一つ入った「ドラえもん」と「ドラミ」の月餅は1個9万ドン(US$4米、約440円)と9万5,000ドン。

ヨックモック、台中1号店を出店。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年08月15日に、東京都千代田区の老舗洋菓子メーカーのヨックモック(YOKUMOKU)は2018年08月15日に、台中市初の常設店を百貨店「台中大遠百(トップシティー台中/Top City Taichung)」にオープンすると報告した。

フィリピンの不健康な外食最大手ジョリビー、上期は2桁の増収増益。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年08月15日に、フィリピンの外食最大手JFC(Jollibee Foods Corporation/ジョリビー・フーズ)が2018年08月14日に発表した2018年上半期(1〜6月)決算は、売上高が前年同期比23.2%増の999億1,000万ペソ(約2,071億円)、純利益は16.1%増の40億5,000万ペソだったと報告した。

江戸の庶民は、関西人より雑穀摂取。

毎日新聞、NHKは2018年08月14日に、江戸時代に出版された本の繊維に紛れ込んだ髪の毛を分析した結果、当時の食生活や地域間で食事の内容が違うことがわかったと、龍谷大学(Ryukoku University)などの研究チームが発表したと報告した。

台湾の乾杯集団、下期は北京などで7店開業。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年08月14日に、日本スタイルの焼き肉店や居酒屋を多角展開する乾杯集団は2018年08月13日に行った記者会見で、今年下半期(7〜12月)に中国と台湾で少なくとも7店を新規出店すると発表したと報告した。

「カレーのCoCo壱番屋」のベトナム1号店オープン。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年08月13日に、「カレーハウスCoCo壱番屋(ICHIBANYA)」のベトナム1号店が、ホーチミン(Ho Chi Minh/胡志明)市で2018年08月12日に開店したと報告した。

ハノイや中部ダナン市といった都市部を中心に、向こう5年で10店舗にすることを目標にしている。

カンボジアの携帯電話スマートのファンドは、出前サイトに出資。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年08月09日に、複数の地元メディアは2018年08月08日に、カンボジアの携帯電話サービス大手スマート・アクシアタ(Smart Axiata)のファンドのCEOトーマス・ハント(Thomas Hundt )は、オンラインの料理宅配サービス「ナム24(Nham24)」に出資すると伝えたと報告した。

仏料理の巨匠ロブション死去。

Forbes JAPANは2018年08月07日に、世界的に知られたフランス料理のシェフ、ジョエル・ロブション(Joël Robuchon/1945 - 2018)が2018年08月06日に、73歳で死去したと報告した。

ジョエル・ロブションは、「すい臓がん」の手術を受けていたことがわかっていた。

友人の料理評論家ジル・ピュドロウスキ(Gilles Pudlowski)はAFPに対し、ロブションは新たなレストランの開店を予定していたスイス・ジュネーブで、膵がんにより亡くなったと説明した。バンジャマン・グリボー(Benjamin Griveaux)政府報道官も、ロブションの死去をツイッター(Twitter)投稿で認めた。

ロブションはその料理によって、多くの人々の記憶に残されている。だが、その“重層的な"ビジネス戦略もまた、彼が提供してきた料理と同様に、素晴らしいものだったと伝えている。

「天丼てんや」、年内に台湾初出店!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年08月06日に、ロイヤルホールディングスは、東京都台東区にある完全子会社のテンコーポレーションが展開する天丼・天ぷら専門チェーン「天丼てんや」の台湾1号店と香港1号店を年内に出店すると発表したと報告した。

食肉をペットボトルでつくる世界!?

森林破壊の原因の70%を占めるなど、環境に大きな負荷をかけている現在の食料生産。いままで通りの生産を続けることは、このままでは不可能だといわれている。
そこでForbes JAPANは2018年2018年08月02日に、新たな希望として注目される「人工肉」について報告した。

台湾のカフェ「跳舞香水」、年内にベトナムで20店展開。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年07月31日に、台湾の外食チェーン肯信國際餐飯は、ベトナムのホーチミン市で傘下のカフェチェーン「跳舞香水(パフューム・ダンス)」のベトナム1号店をオープンしたと報告した。

香港で、鹿児島産の黒毛和牛「浪漫牛」提供。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年07月24日に、鹿児島大学、JA鹿児島きもつき、肉の専門店を展開する大阪市北区の千里屋などは2018年07月23日に、共同で開発・生産した鹿児島産黒毛和牛「きもつき浪漫牛」を香港で発表したと報告した。

日本に先駆け、香港で先行提供する。鹿児島県東南部の肝属(きもつき)郡で生まれた和牛を、同郡で生産された飼料を使って育てたのが特長で、安全と安心を前面に打ち出す。

中国のワクチン不正事件。習主席も徹底追及を指示!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年07月25日に、中国の国営通信の新華社(新华社)は、中東・アフリカ5カ国を歴訪中の中国の国家主席習近平(习近平/President Xi Jinping)は外遊先で2018年07月23日に、吉林省長春市に本拠を置く深圳上場のワクチンメーカー長生生物科技(長生生物)の子会社によるワクチンの不正事件を厳しく批判し、真相究明と責任追及を関係当局に指示したと伝えたと報告した。

インドのマクドナルド、廃油でバイオ燃料を生産。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年07月25日に、インドのPTI(Press Trust of India)通信は2018年07月23日に、インドの南部と西部で米ファストフード・チェーンのマクドナルド(McDonald's)をフランチャイズ展開するHRPL(Hardcastle Restaurants Pvt Ltd/ハードキャッスル・レストランツ)は2018年07月23日に、使用済み調理油をバイオディーゼル燃料に変換し、保冷車の燃料として使用する取り組みを始めると明らかにしたと伝えたと報告した。

香港当局、福島を除く4県産の輸入規制を緩和!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年07月23日に、香港政府食品・衛生局(香港政府食物及衛生局/Food and Health Bureau)は2018年07月20日に、東京電力福島第1原発事故の発生直後から続けている福島、茨城、栃木、群馬、千葉5県の一部食品の輸入停止措置について、条件付きで福島を除く4県産の輸入規制を2018年07月24日正午から緩和すると発表した。

セブン-イレブンのちょい生100円ビール発売中止!革命失敗!

2018年05月10日に、上海のお茶屋さん「臻茶林」を経営しているマネージャーからLinkerInで、ジャック・マー(Jack Ma/馬雲)の経営するアリババ(阿里巴巴集/Alibaba Group Holding)のスーパーに生ビールの自販機「Beer Plus Exclusive Draft Beer」が登場したと報告があった。

毎日新聞2018年07月17日に、日本ではコンビニエンスストア大手のセブン-イレブン・ジャパンが2018年07月17日に、2018年07月17日に、から予定していた生ビールのテスト販売開始を中止したことを明らかにしたと報告した。

豆乳を凝固した中華スイーツ「豆花」の専門店を日本初出店。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年06月22日に、外食事業を展開する東京都港区のフークルは2018年06月20日に、豆乳を凝固した中華スイーツ「豆花(トウファ)」を提供する台湾の専門店「騒豆花(Sao Dou Hua/サオドウファ)」の日本1号店を2018年07月13日に東京都新宿区の商業施設「新宿ミロード」内にオープンすると発表した。

「騒豆花」は劉(りゅう)親子三代に続く台湾の老舗豆花(トウファ)専門店。

サンマ過去最高!1kg=3万3000円。

北海道新聞は2018年07月10日に、今季のサンマ漁の幕開けとなる流し網漁の小型船(10トン未満)が1は2018年07月10日に、釧路港などに初水揚げした。

水揚げ量は振るわず、釧路港の卸売市場で行われた初競りでは1kg3万3000千円と、一昨年の2万9000円を上回る過去最高のご祝儀値がついたと報告した。

スタバが、ストロー全廃!「新タイプのふた」に切り替え。

Forbes JAPANは2018年07月10日に、世界各国のレストランやコーヒー店でプラスチック製ストローの廃止に向けた動きが広がるなか、米国のコーヒーチェーン大手スターバックス(Starbucks)は2018年07月09日に、約2万8000店に上る世界中の全店で、2020年までに従来のストローの使用をやめる方針を発表したと報告した。

アメリカのワシントンDC(Washington DC)に住んでいたマーヴィン・ストーン(Marvin C Stone/1842 - 1899)によって、離れるのを防ぐためにパラフィンで処理をされたマニラ紙(manila paper)を手で回転させ、世界初の現代的な飲用ストローが開発され、特許を取った、偉大なる発明品は、今世界から追い出されようとしている。

1個3億円「金の卵」産む鶏。量産可能に!?

朝日新聞デジタルは2018年09月04日に、産業技術総合研究所などの研究グループが、がんや肝炎の治療薬に使われる有用なたんぱく質を含んだ卵を産むニワトリをゲノム編集技術によって作り出すことに成功したと報告した。

大腸菌などを使う手法はすでにあるが、今回の方法を使えばより安価に大量生産できるという。

カンボジアの北西部バッタンバンで、コメの貯蔵乾燥施設稼働。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年07月05日に、カンボジアの北西部バッタンバン(Battambang)州で2018年07月03日に、コメの貯蔵・乾燥施設が正式に稼働したと報告した。

ネスレ、タイの高架鉄道駅に初のコーヒースタンド開設。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年07月04日に、スイス系食品大手ネスレ・タイ(Nestlé Thailand)は2018年07月3日に、バンコクのBTS(Bangkok Mass Transit System/高架鉄道/バンコク・スカイトレイン/Bangkok Skytrain)チットロム駅(Chit Lom Station)構内にコーヒースタンド「ネスカフェ・ハブ(Nescafé Hub)」の1号店を開設したと発表した。

大塚製薬、シンガポールで「イオンウォーター」販売開始。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年07月03日に、大塚製薬はシンガポールで2018年07月01日からイオン飲料「ポカリスエット イオンウォーター」の販売を正式に開始したと報告した。

これで同製品の海外展開は台湾、インドネシア、韓国に続き4カ国・地域目となる。

江戸時代の文献を基に、「かば焼き発祥は浦和」を宣言。

毎日新聞は2018年06月30日に、江戸時代から続くとされる、かば焼きの伝統を守ろうと、さいたま市浦和区などのウナギ料理店などが「ウナギのかば焼き発祥の地」としてPR活動に力を入れていると報告した。

発祥地には諸説あるが、関係者は「ウナギに興味を持つきっかけになれば」と意気込んでいる。

台湾電機大手の東元、トルコアイス「MADO」を台湾で展開。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年06月29日に、台湾の工商時報は2018年06月28日に、台湾電機大手の東元電機(TECO Electric and Machinery)の黄茂雄会長は27日、トルコの老舗アイスブランド「MADO」と提携し、台湾でトルコアイス店「MADO」を展開する計画を明らかにした。

東元が展開する13番目の飲食ブランドとなると伝えたと報告した。

駿河湾のサクラエビ記録的な不漁!

毎日新聞、静岡新聞は2018年06月28日に、スルガ銀行の不正のせいか?国内で駿河湾でのみ水揚げされるサクラエビの2018年04〜06月の水揚げ量が312トンと過去30年間で最低となる記録的不漁となったと報告した。

静岡県桜えび漁業組合は資源保護のため、漁期を前倒しして終了する事態になった。

また、静岡県信用漁業協同組合連合会(静岡信漁連)は漁業者への緊急融資を始めるなど、関係者が対応に乗り出した。

静岡信漁連による緊急融資は2018年06月20日から開始した。運転資金などとして300万円を限度額に低利子で貸し出す。

回転寿司の「がってん寿司」の台湾1号店開業。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年06月28日に、回転寿司チェーン「がってん寿司」の台湾1号店が2018年06月27日に、台北市内湖区で開業したと報告した。

海外進出は中国、韓国に次いで3カ国・地域目。

価格高騰や食意識向上で、インドネシアで即席麺需要が減少。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年06月25日に、WINA(World Instant Noodles Association/世界ラーメン協会)によると、2017年のインドネシアでの即席麺需要(推計値)は前年比3%減の126億2,000万食だった。

インドネシア国内需要は4年連続で減少している。Gapmmi(Gabungan Asosiasi Pengusaha Makanan dan Minuman Indonesia/インドネシア飲食品業者連合)は、価格高騰や食の意識向上が要因とみている。

ハイボール「1強」打破狙う!キリンとアサヒ。

朝日新聞デジタルは2018年06月23日、ハイボール人気が続く中、ブームの火付け役となったサントリースピリッツが圧倒的なシェアをもつ市場に風穴を開けようと、キリンビールやアサヒビールが新商品や新たな飲み方を打ち出していると報告した。

タイで一風堂、初のバー併設店を開業。

ラーメン店とバー?

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年06月25日に、外食事業を展開する福岡市の力の源ホールディングスは2018年06月21日に、タイの首都バンコクでラーメン店チェーン「一風堂(Ippudo)」の9店舗目をオープンした。

今回は、タイ初のバーを併設した店舗となる。

ということは、タイ以外ではバーを併設したラーメン店があるのだろうか?

世界で、日本産食材サポーター店の3千店目は、香港の店。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年06月21日に、JETRO(Japan External Trade Organization/日本貿易振興機構/ジェトロ)は2018年06月20日に、「日本産食材サポーター店認定制度」の世界3,000店目として、香港島・コーズウェーベイ(銅鑼湾)にある日本料理店に認定証を授与したと報告した。

香港では780店目になり、世界最多となる。

ベビースター、台湾で山頭火とコラボ。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年06月15日に、スナック菓子「ベビースターラーメン」などを製造・販売する三重県津市のおやつカンパニーの台湾子会社「優雅食」は2018年06月20日から、北海道・旭川発祥のラーメン店「らーめん山頭火」とのコラボ商品「しおとんこつらーめん味の『らーめん山頭火』ベビースタードデカイラーメン」をコンビニエンスストアの「セブン―イレブン」台湾全店で販売すると報告した。

ミャンマーのマンゴ、シンガポール輸出停止。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年06月21日に、ミャンマー産の「セインタロン・マンゴー(Sein Ta Lone mangoes)」のシンガポール向け出荷が2018年06月初めから中断していると報告した。

ミャンマー政府系英字紙「グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマー(The Global New Light Of Myanmar)」は2018年06月19日に、輸出業者によるミャンマーでの商標権侵害が発覚したためだと伝えた。

ドイツの料理宅配サービスFoodPanda、2017年注文件数が2倍。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年06月20日に、マレーシアの新聞「ニュー・ストレーツ・タイムズ(New Straits Times)」は2018年06月19日に、料理宅配サービスを手掛けるドイツのフードパンダ(FoodPanda)のマレーシア事業が急成長している。

エースコック、ベトナムでカップ麺の新商品を発表。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年06月20日に、エースコックベトナム(acecook vietnam)は2018年06月18日に、カップ麺と袋麺で新たな商品を発表したと報告した。

イオン、生産履歴分かるウナギのみ販売へ 代用かば焼きも

土用のうなぎの季節が近づき、アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年06月18日に、イオン(AEON)は2018年06月18日に、かば焼きなどの商品にするウナギの資源保護に向け、2023年までに生産履歴などを管理できるものに限った販売を目指すと発表したと報告した。

コーヒーかすを紙カップにしたルイサコーヒー。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年06月14日に、台湾のコーヒーチェーン店「路易莎咖啡(ルイサコーヒー)」を運営する路易莎咖啡職人は2018年06月13日に、台北市内で開いた会見で、NCKU(National Cheng Kung University/國立成功大學/成功大学)や機能性衣料メーカーの興采実業(興采實業/Singtex/シングテックス)と共同で、コーヒーかすを再利用した紙カップやメニュー表などを開発したと発表したと報告した。

成功大学は、学生が中心となり、約3カ月をかけてコーヒーを抽出した後のかすから作ったリサイクル紙で紙カップなどを開発した。

興采実業は、コーヒーかすから作った従業員用ユニフォームを開発した。

イオンが、ベトナムで初のサプライヤー会議を開催。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年06月12日に、イオン(AEON Vietnam)は2018年06月11日、国内外のイオングループへのベトナム産品の調達拡大などを目的に、ホーチミン市(Ho Chi Minh City)内で取引先約120社を集めた会議を開催した。イオングループ横断でサプライヤーを集めた大規模な会議をベトナムで開くのは初めてで、日本マーケットの情報や日本やベトナムでの調達方針を説明したと報告した。

ホーチミン市で、外資に照準あてた高級イベント会場「OPUSサイゴン」

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年06月11日に、ホーチミン市(Saigon, Ho Chi Minh City)でベトナム料理レストラン「マンダリン(Mandarine)」「ホイアン(Hoi An)」を経営する地場オリエンタル・サイゴン(Oriental Saigon)は、外資の法人需要開拓に乗り出し、ベトナム式建築でアジア料理や生演奏などを提供する高級催事場1区の高級イベント会場兼レストラン「OPUSサイゴン(OPUS Saigon/Opus Sài Gòn)」があると紹介した。

日本の商社JALUX、バンコクで日本産の生鮮卸売市場開業へ

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年05月28日に、双日や日本航空(JAL)などが出資する商社JALUX(ジャルックス)は2018年06月09日に、タイの合弁会社「J VALUE(ジェーバリュー)」を通じて、タイで初めての日本生鮮卸売市場「トンロー日本市場」を開業する。

お菓子メーカーの白木屋食品、台湾の全聯が買収。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年06月11日に、細菌研究を手掛ける景岳生物科技(ジェンモントバイオテック)は2018年06月08日に、保有する日本の菓子メーカー「白木屋食品(White Wood House Foods/ホワイトウッドハウスフード)」の全株式を、スーパーチェーン台湾最大手の全聯実業に7億9,200万台湾元(約29億円)で売却すると発表した。

景岳は先ごろ、累積赤字の拡大を理由に白木屋食品の店舗と工場の運営を停止すると発表していた。

台湾の「カバラン」の金車、初のビールを発売。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年06月07日に、台湾の4大新聞のひとつ「自由時報」は2018年06月06日に、ウイスキー「カバラン(Kavalan)」の製造・販売やコーヒーチェーンなどを手掛ける金車(King Car)関係事業は2018年06月06日に、同社初のビールブランド「柏克金(BUCKSKIN/バックスキン)」の製品を2018年06月06日から販売すると発表したと報告した。

当初の年産量は1万トン。

ビールは、「HEFEWEIZEN(ヘーフェヴァイツェン)」「MUNICH HELLES(ミューニック・へレス)」の2種類を販売する。

香港の翠華が、日本式と香港式のファストフード2ブランド立ち上げ!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年06月07日に、香港の「経済日報(經濟日報)」は2018年06月05日に、香港の茶餐庁(香港式大衆カフェ)チェーン大手の翠華控股(Tsui Wah Holdings Limited/翠華集團/翠華餐廳集団)は2018年06月05日に、新たに日本式の丼物と香港式の軽食を提供するファストフードの新ブランド店をそれぞれ立ち上げたと発表した。収益源の拡大に向け、若い世代をターゲットに集客を図ると伝えたと報告した。

新たに立ち上げたのは、日本式の丼物を提供する「廿一堂」と、香港式の軽食を扱う「軽。快翠」。

昨年、捨てられたうなぎの「かば焼き」2.7トン。約13,650匹!

毎日新聞、共同通信は2018年06月04日に、絶滅の恐れがあるニホンウナギなどのかば焼きが昨年、確認できただけで2.7トンも捨てられていたなどとする小売業者の販売実態アンケートの結果を2018年06月04日に、グリーンピース・ジャパンが発表したと報告した。

タイは、宇宙食として「フルーツの王様」ドリアンを宇宙に送る。

AFPは2018年06月02日に、タイは、宇宙食としての利用を念頭に、「フルーツの王様」と言われるドリアン(Durio zibethinus/durian)を宇宙に打ち上げる実験を計画していると報告した。

宇宙から、東南アジアで最も臭いフルーツの匂いが降り注ぐ!

JICA、専門医療人材100人を養成を支援。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年06月05日に、JICA(Japan International Cooperation Agency/国際協力機構)がミャンマーで支援する、国内初のME(Medical Engineer/専門医療人材/メディカルエンジニア/CE/Clinical Engineer)の教育コース開講式が2018年06月01日に、実施主体となるUMT-Y(University of Medical Technology,Yangon/ヤンゴン医療技術大学)で行われたと報告した。

大塚製薬、インドネシアでオロナミンCの生産・販売開始。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年06月04日に、大塚製薬は2018年06月01日に、インドネシア子会社のアメルタインダ大塚(Amerta Indah Otsuka)が2018年06月01日に、炭酸栄養飲料「オロナミンCドリンク」の生産と販売を開始したと発表し、同日に発売した。

ファイト一発(Melawan 1)

静岡の肉まん、韓国の梨泰院に出店!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年06月04日に、静岡県の中華料理店「長太郎飯店」が2018年06月01日に、韓国のソウルの梨泰院(이태원)に韓国で初となる肉まん専門店をオープンしたと報告した。

ミャンマーは2020年に、中間層1000万人と予測。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年06月04日に、ミャンマーの新聞「イレブン(Eleven)電子版」は2018年05月31日に、ミャンマーの大手財閥SPA(Serge Pun & Associates | Myanmar/サージ・パン・アンド・アソシエーツ・ミャンマー)傘下でSGX(Singapore Exchange Limited/シンガポール取引所)上場のYSH(Yoma Strategic Holdings Ltd./ヨマ・ストラテジック・ホールディングス)は、2020年までにミャンマーの中間所得層人口が1,000万人に達すると予測して事業を推進していると報告した。

ここで問題は、SPAの考える中間層の概念である。

香港の飲食店経営で知られる叙福楼、3年で27店開設。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年06月01日に、大公報などが2018年05月31日に、香港で中華レストランチェーンなどを展開する叙福樓集團(LH Group/叙福楼集団)の黄傑龍(Simon Wong Kit-Lung/サイモン・ウォン)会長は2018年05月30日に、日本料理を中心としたアジア料理のレストランの開設を加速させ、今後3年で27店を新規出店する計画を明らかにしたと伝えたと報告した。

ヨマ、中国火鍋の小肥羊をミャンマーで年内に開業。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年05月31日に、ミャンマーの大手財閥SPA(Serge Pun & Associates | Myanmar/サージ・パン・アンド・アソシエーツ・ミャンマー)傘下でSGX(Singapore Exchange Limited/シンガポール取引所)上場のYSH(Yoma Strategic Holdings Ltd./ヨマ・ストラテジック・ホールディングス)は2018年05月30日に、中国最大級のモンゴリアン火鍋専門店「小肥羊(しゃおふぇいやん/リトルシープ/Little Sheep)」をミャンマーで展開すると発表したと報告した。

天津市を本拠とする食品大手即席麺の康師傅、第1四半期は64%増益。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年05月30日に、天津市を本拠とする香港上場の食品大手「康师傅控股有限公司(康師傅控股有限公司/Tingyi Holding Corp.)」が2018年05月30日に発表した第1四半期(1〜3月)決算は、純利益が前年同期比64.3%増の7億1,200万元(約120億5,080万円)だったと報告した。

イオン・マレーシア、2018年第1四半期は6.6%増益。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年05月30日に、イオン・マレーシア(Aeon Malaysia)が発表した2018年1〜3月期(第1四半期)決算は、売上高が前年同期比3.5%増の11億1,429万リンギ(約307億円)、純利益が前年同期比6.6%増の2,794万リンギだった。

小売り部門、不動産管理サービス部門ともに堅調だったと報告している。

フィリピンもハラル製品輸出を軸足に、食品見本市でPR!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年05月28日に、フィリピン最大級の食品見本市「IFEX(International Food Exhibition/世界フード博覧会)」が、マニラ首都圏パサイ市で2018年05月25〜27日に開催された。

主催する貿易産業省傘下のCITEM(国際貿易センター)は、ミンダナオ地方の特産品とハラル(Halal/حلال/イスラム教の戒律に従ったもの)製品が今後の輸出を伸ばす鍵とみて、国内外の参加者にアピールした。

海苔養殖の母は、イギリス人だった!?

昔、海苔を食べていたら、日本人はカーボン・ペーペーを食べていると言った人もイギリス人だった。

日本経済新聞 電子版は2018年05月28日に、すしやおにぎりなどを日常的に食べる日本人にとって身近な食材である海苔(のり)。

この海苔の養殖技術を導いたのが、ランカシャー州リーで生まれたイギリスの海藻学者であるキャサリン・メアリー・ドゥルー・ベイカー博士(Kathleen Mary Drew-Baker/1901 - 1957)だったと報告している。

柿の種が入ったチョコバー「柿の種サンダー」を知っているか?

毎日新聞は2018年は05月28日に、東京都小平市にある有楽製菓が2018年05月28日に、チョコバーの中に柿の種が入った「柿の種サンダー」を期間限定で復活販売すると発表したと報告した。

gaYa広告
総件数:662最初1234567最後