gaYa広告

ニスラウス国有林にある粘土フロアー(clay floor)ができた。

サンフランシスコから東に150マイルにあるスタニスラウス国有林(Stanislaus National Forest)にある粘土フロアー(clay floor)ができた。

南アフリカのMidrandで発見された人工の洞窟が作られた。

南アフリカのヨハネスブルグ近く、Midrandで発見された人工の洞窟が作られたと、AP通信が1999年1月14日に報告した。

南米のアンデス山脈に住むインディオがジャガイモの栽培を始めた。

南米のアンデス山脈に住むインディオがジャガイモの栽培を始めたと、HistoryNet daily Quizが1998年5月10日に報告した。

アジアの民族が、台湾の島に植民した。

アジアの民族が、台湾の島に植民したと、SSFC(Sunday SF Chronicle)が2007年2月18日に報告した。

バルト海の民族文化を形成し始めた。

初期のMesolithic時代は気候が暖まり、北から鹿を追って南下してきたPaleolithic文化の狩猟民族と、西から移動して、滞在していた猟師が交換し、バルト海の民族文化(the ethnic groups of Baltic culture)を形成し始めたと、Draugas, English Edition.が1996年10月12日に報告した。

フロリダ(Florida)に人間が到着した。

フロリダ(Florida)に人間が到着したと、NH(Natural History)が1996年11月が報告した。

複雑なデザインの銛の先が登場した。

複雑なデザインの銛の先(Harpoon heads of intricate design)が登場し、木製のシャフトに取り付けられ、容易に取り替えられるようになったと、NG(National Geographic)が1988年10月に報告した。

人間は特殊なやり投げ器「spear thrower」などを開発した。

約1万1000年前に米国大陸などでマンモスが絶滅し始め、人間は特殊なやり投げ器「spear thrower」などを開発したと、WSJ(Wall Street Journal/ウォール・ストリート・ジャーナル)が1995年10月24日に報告した。

1万1000年前のマストドンの屠殺場に関する証拠を発見した。

南ミシガンのハイスラーサイト(Heisler site in southern Michigan)で、1980年の後半にフィッシャー(Daniel C. Fisher)教授が1万1000年前のマストドン(mastodon)を発掘していたとき、氷河期の猟師による屠殺場(butchery)に関する証拠を発見したとミシガン大学(University of Michigan)のLSA Magazineが1995年5月8日に報告した。

コネチカットにカリブー(Caribou)が生息していた。

コネチカット(Connecticut)にはカリブー(Caribou)が生息していたと、WSJ(Wall Street Journal/ウォール・ストリート・ジャーナル)が1998年9月03日に報告した。

ペルー海岸に積もっている貝塚は、BC9000年頃から始まった。

ペルー海岸に積もっている貝塚は、熱帯の軟体動物の食事を反映し、BC9000年頃から始まったと、SFC(San Francisco Chronicle)が1996年9月13日に報告した。

BC9000年の世界最大都市は、イラクのシェミ・シャニダールであった。

当時の世界最大の都市は、イラクのクルド人が住むシェミ・シャニダール(Zawi Chemi Shanidar)で、150人が住んでいたとSFEC(San Francisco Examiner & Chronicle)の日曜版が2000年8月27日に報告した。

プラトンがBC360年に、Timaeusという島がBC9000年にあったと書いた。

プラトン(Plato)がBC360年にTimaeus(Τίμαιος/Timaios)とCritiasで、アトランティス(Atlantis/ΑΤΛΑΝΤΙΣ/Ατλαντις)という大陸がBC9000年に存在したと書いた。

ヨルダンのLower Jordan Valleyで、炭化した9つのイチジクの果実を発見した。

ヨルダンのLower Jordan Valleyにある初期Neolithic文化の村ギルガル「Gilgal I(Jericho)」で、 11,400年前の炭化した9つのイチジクの果実(nine carbonized fig fruits stored)を2006年6月2日に発見したと報告した。

BC9,500年の小人「ロミート2(Romito 2)」は、1.2m未満の背丈。

イタリアのカラブリア(Calabria)地区の洞窟から発掘された、BC9,500年の小人「ロミート2(Romito 2)」は、form of chondrodystrophyで正常な軟骨の成長不足に悩んで、4フィート(1.2192m)未満の背丈しかなかったとNGが1998年10月に報告した。

総件数:915最初12345678910最後
広告募集中