gaYa広告

インド・ヨーロッパ語族の言語グループが、分割された。

インド・ヨーロッパ語族の言語グループ(The Indo-European language group)が、この時期に分割されたと、Draugas, English Editionが1996年9月21日に報告した。

中国の黄河平野部が狩猟、採集から、農耕に変化した。

中国の黄河平野部が狩猟、採集から、農耕に変化したと、SFC(San Francisco Chronicle)が2002年3月4日に報告した。

リンゴの原種「Malus Sieversii」が登場した。

カザフスタンのアルマトゥイ(Almaty, Kazakhstan)の周辺で、ほとんどすべてのリンゴの原種「Malus Sieversii」が登場したと、WSJ(Wall Street Journal/ウォール・ストリート・ジャーナル)が2003年7月3日に報告した。

トルコのカッパドキアの周りに、ヒッタイト族が住み着き始めた。

トルコのカッパドキア(Cappadocia)の周りに、ヒッタイト族(Hittites)が住み着き始めたと、米国のスミソニアン協会(Smithsonian Ass.)が1995年5月に報告した。

メソポタミア文明の金細工は、ブルガリアに住んでいた。

熟練した金細工職人として知られる「Proto thracians」が、ブルガリアのバルナ(Varna, Bulgaria)と黒海(Black Sea)周辺に住んでいたと、SFEC(San Francisco Examiner & Chronicle)の日曜版が1998年2月1日に報告した。

初期石版に書かれていた文字で、すでにチーズについて書かれていた。

初期石版に書かれていた文字で、すでにチーズについて書かれていたとHarris Publ著の「Harris' Farmer's Almanac, 1996, N.Y.」が報告している。

古代人が結核(tuberculosis)を患っていた証拠を発見した。

ドイツのハイデルベルグ(Heidelberg)の近くにあるNeolithic遺跡で、若者の骸骨が発掘され、背部椎の4番目と5番目が溶融していることから、結核(tuberculosis)を患っていた証拠を示したと、 René J. Dubos, Jean Dubos著の「The white plague; tuberculosis, man, and society, 1952, Little, Brown & Co.」で報告した。

古代エジプト、ユダヤ、ギリシアで割礼(Circumcision)が行われていた。

古代エジプト、ユダヤ、ギリシアの宗教上の儀式として、割礼(Circumcision)が行われていたと、SFC(San Francisco Chronicle)が1996年5月19日に報告した。

マルタ島の共同墓地「Hypogeum」の年代が確定した。

マルタ(Malta)島で1902年に発見された岩石を切り出した石室墳の共同墓地「Hypogeum」について、SFEC(San Francisco Examiner & Chronicle)の日曜版が2000年9月17日に年代が決定されたと報告した。

スコットランドのオークニー諸島に、人が住み始めた痕跡があった。

スコットランドのオークニー諸島(Orkney Islands)に、人が住み始めた痕跡があったと、SFEM(San Francisco Examiner Magazine)が1999年9月17日に報告した。

ポーランドの考古学遺跡オスロンキには、30の長屋と80の墓があった。

ポーランドの考古学遺跡オスロンキ(Oslonki, Poland)には、30の長屋と80の墓があったと、AM(Archeology Magazine)の1997年3月/4月号が報告した。

北ヨーロッパの首長が、琥珀(amber)を使った取引をしていた。

北ヨーロッパの首長が、琥珀(amber)を使った取引をしていたと、PacDis(Pacific Discovery)が1997年冬号で報告した。

古代にもヘール-ボップ彗星が太陽系を通過した。

ヘール-ボップ彗星(The comet Hale-Bopp)が太陽系を通過したと、SFC(San Francisco Chronicle)が1997年3月28日に報告した。

ピストルスター(The Pistol Star)が大爆発し、拡散した。

1990年代前半に始めてハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)の赤外線で確認され、2万5000光年離れたところにあり、太陽の300倍以上の直径と見積もられている地球と天の川(Milky Way)の間にある「ピストルスター(The Pistol Star)」が大爆発し、拡散したとNASAが1997年10月8日に報告した。

最後のマンモスが、北極圏のWrangel Islandで絶滅した。

最後のマンモス(Mammuthus primigenius)が、北極圏(north of the Arctic Circle)のWrangel Islandで絶滅したと、NH(Natural History)が1998年12月に報告した。

有史以前の戦いで双方が弓矢で武装していたことが判った。

南東のアルジェリアにあるタッシリ・ナジェール(Tassili N'Ajjers Plateau)の岩石に描かれた絵から、有史以前の戦いで双方が弓矢で武装していたことが判った。

イギリス南部に、現在のオランダとフランスからの移民してきた。

イギリス南部に、現在のオランダとフランスのブルターニュ州(French province of Brittany)からの移民が植民してきたと、HT(Historic Traveler Magazine)が1997年3月に報告した。

この日曜日午前9時に、神が世界を創造したと規定した。

アーマー大司教(Archbishop of Armagh)ジェームズ・ウッサー(James Ussher/1581-1656)とケンブリッジ(Cambridge)のジョン・ライトフット博士(Dr. John Lightfoot/1302-1675)が17世紀に、この日曜日午前9時に神が世界を創造したと規定した。

マルタで、集合埋葬が行われていた場所を発掘。

マルタ(Malta)島のZebbug地区で、集合的な埋葬が行われていた場所を発掘したと、AM(Archeology Magazine)の1997年7月/8月号が報告した。

エジプト暦(The Egyptian calendar)ができた。

エジプト暦(The Egyptian calendar)ができたと、WSJ(Wall Street Journal/ウォール・ストリート・ジャーナル)が2005年1月5日に報告した。

イギリスのイリング島沖で1997年に、船の材木が発見された。

イギリスのポーツマスに近いイリング島(Hayling Island near Portsmouth, England)沖で1997年に、古代船の材木が発見されたと、AM(Archeology Magazine)の1997年7月/8月号が「World's Oldest Ship?? 」と報告した。

北オーマンの伝統陶器技術が始まった。

北オーマンの伝統陶器技術が始まったと、AM(Archeology Magazine)の1997年5月/6月号が報告した。

荒野で喰うための馬を飼い慣らし、乳を搾り、乗るようになった。

ボタニ文化(Botai culture)で、荒野で喰うために追いかけていた馬を飼い慣らし、乳を搾り、乗るようになったとScirntific Americanが2009年3月5日に報告した。

人口の増加によって農業と牧草のために森林を浸食した。

マルタ(Malta)島のショルバ・フェース(Skorba phase)が、人口の増加によって農業と牧草のために森林を浸食したと、AM(Archeology Magazine)の1997年7月/8月号が報告した。

中国の四川省広漢市で1976年にむき出しになった大量の象牙を破壊。

中国の四川省広漢市(Guanghan, Sichuan Province, in China)で1976年にむき出しになった大量の象牙をダンプカーが破壊したと、WSJ(Wall Street Journal/ウォール・ストリート・ジャーナル)が1996年9月27日に報告した。

最も古いトウモロコシの穂軸が4700BCから始まった。

研究者は、トウモロコシの穂軸が示唆すると言い、小麦粉とポップコーンを作るために、住民がそれらを使用したことをペルーの古代遺跡で見つけられたといっている。

彼らが見つけた最も古いトウモロコシの穂軸が4700BCから始まったと、ワシントン自然史博物館(Washington's Natural History Museum)の科学者は、言っている。

それらはかつて南アメリカで発見されたポップコーンより早い。

フランスの学者スカリゲルが3つの暦から、ユリウス通日の基準0日とした。

フランスの学者ジョゼフ・スカリゲル(Joseph Justus Scaliger /1540 - 1609)が3つの暦(three major chronological cycles/28 year solar, 19 year lunar, and 15 year Roman Indication/太陽28年周期、月の19年周期、ローマ表示15年周期)から、1582年11月24日にユリウス通日(ユリウス日/modified Julian date/Julian Day Calendar)を発表し、その数えはじめの基準0日とした。

150以上の大きな寺が都市部で発掘された。

ドイツ、オーストリア、スロバキアで2002年から2005年にかけて150以上の大きな寺が都市で発掘されたと、AFPが2005年6月11日に報告した。

氷が溶け始め、イギリスが大陸と分離し、島になった

氷が溶け始め、英仏海峡が形成し、イギリスが大陸と分離し、島になった。

アラスカの「Alutiiq」、7,000年間、島で狩り、釣りをしてきた。

アラスカのネイティブ「Alutiiq」の人達は、7,000年間、島で狩り、釣りをしてきたと、NG(National Geographic)が1994年1月に報告した。報告した。

あらゆるところで戦争が始まった。

Charles Van Doren(1926 - )著の「History of Knowledge, 1991, Ballantine Books, N.Y.」は、ありとあらゆるところで戦争が始まったと報告した。

氷河期と氷河期の間の期間に入った。

David Dineley著の「Earth's Voyage Through Time」は、最後の氷河期が終わって、氷河期と氷河期の間の期間に入ったと報告した。

南エジプトでスラブと石の古代遺跡が発見。

南エジプトで1997年まで実施された調査で、スラブと石(slabs and stones)が複合した古代遺跡が発見されたと、AP通信が1998年4月2日に報告した。

オレゴン州のマザマ山が噴火。

オレゴン州のマザマ山(Mt. Mazama)が噴火し、クレーター湖(Crater Lake)ができたと、SFEC(San Francisco Examiner & Chronicle)の日曜版が1997年7月27日に報告した。

オマーンのQurumにあるRas al Hamraが、昔は漁村だった。

オマーンのQurumにあるRas al Hamraで貝と魚の塚が発見され、昔は漁村であったと、AM(Archeology Magazine)の1997年5月/6月号が報告した。

アラスカの「Alutiiq」は、7,000年間、島で狩り、釣りをしてきた。

アラスカのネイティブ「Alutiiq」の人達は、7,000年間、島で狩り、釣りをしてきたと、NG(National Geographic)が1994年1月に報告した。報告した。

ネイティブの人々が、ハドソン湾のBarrensを通って旅行していた。

ネイティブの人々が、北西カナダのハドソン湾(Hudson's Bay)のBarrensを通って旅行していたと、NH(Natural History)が1996年5月に報告した。

エジプトのオアシスEl Faiyumで古代の農村を発見。

エジプトの首都カイロから南に50マイルのオアシスEl Faiyumで、UCLAとオランダ・チームが古代の農村を発見したと、ロサンゼルス・タイムズ(Los Angeles Times)が2008年2月12日に報告した。

マルタで、家畜の骨と陶器の破片を発掘。

マルタのマルサッシュロック(Marsaxlokk)港近くにあるGhar Dalam洞窟(Ghar Dalam cave)で、家畜の骨と陶器の破片を発掘したと、AM(Archeology Magazine)の1997年7月/8月号が報告した。

トラキアの村は、多くの人種に翻弄された。

トラキアの村(Thracian village)のNebet Tepeが、マケドニア人(Macedonians)、ローマ人(Romans)、ビザンティウム人(Byzantines)、ブルガー人(Bulgars)、およびトルコ人(Turks)によって再開発された。

パプアニューギニア、バナナとタロイモが栽培されていた。

パプアニューギニア(Papua New Guinea)の高地で、バナナとタロイモが栽培されていたと、AP通信が2003年6月19日に報告した。

世界の人口は約500万人であった。

SFEC(San Francisco Examiner & Chronicle)の日曜版が、世界の人口は約500万人であったと報告た。

エジプトで王朝ができる前の時代を規定。

R4は、この時期をエジプトで王朝(ディナスティ/dynastic )ができる前の時代「predynastic period of Egypt」と規定した。

遊牧民「Pinto Man」が、南カリフォルニアに住み始めた。

ネイティブ・アメリカンの遊牧民「Pinto Man」が、南カリフォルニアのTwenty-Nine Palms近くの砂漠にある盆地で住み始めた。

ニジェールのGoberoに、第二のグループ「Tenerians」が植民してきた。

ニジェール(Niger)のGoberoに、第二のグループ「Tenerians」が植民してきたとロイターは2008年8月5日に報告した。

グッゲンハイム美術館、エジプトのプレ時代スレート額展示。

グッゲンハイム美術館でアフリカのアートとして(Solomon R. Guggenheim Museum)がオープンし、BC5,100年頃のエジプトのプレ・ディナスティ時代のスレート額が展示された。

メキシコでトウモロコシ耕作が行われていた。

沈殿物から、すでにメキシコでトウモロコシ(maize)耕作が行われていたと、SFC(San Francisco Chronicle)が2001年5月18日に報告した。

米国の考古学者チームがオアシスで都市の遺跡を発掘し、農耕の跡を発見。

エジプトのアンティーク最高会議(Egypt's supreme council of antiquities)が、米国の考古学者チームがFayyum(Faiyum)オアシスで都市の遺跡を発掘し、農耕の跡を発見したと言ったと、AFPが2008年1月29日に報告した

イランのザグロス山脈でワインが作られた。

イランのザグロス山脈(Zagros Mountains)の村でワインが作られたと、AM(Archeology Magazine)の1996年9月/10月号が報告した。

三内丸山遺跡で集落跡が見つかった。

日本の本州北部にある青森県青森市の三内丸山(sannaimaruyama)遺跡で、中期縄文時代の家や長屋の穴、墓、小立像、動物像など集落跡が見つかったと、AM(Archeology Magazine)の1997年3月/4月号が報告した。

サハラは青々した牧場で、植林されていた。

サハラ(Sahara)の洞窟絵画と同様に、干上がっている川床を調査した結果、サハラには青々した牧場があり、植林もされていたことを発見したと、Armento, Nash, Salter著の「Across the Centuries, Social Studies Text ed. by, Wixson, 1991,Houghton Mifflin Co., Boston」が報告した。

旧約聖書の「ノアの方舟(Noah's Ark)」現象が発生した。

氷河が溶けて地中海と、現在では黒海(Black Sea)として知られる氷河が溶けて出来た淡水湖が自然に膨らみ、境が決壊して地中海(Mediterranean Sea)が流れ出し、また同じほどの期間をかけて黒海の淡水が地中海に流れ込んだことが、1999年に行われた古代の海岸線調査で明らかになったと、ワシントンポスト(The Washington Post )が1999年9月26日に報告した。

炭素レベルが上昇し始め、天気のパターンMilankovitch cyclesからの逸脱。

炭素レベルが上昇し始め、ミランコビッチ・サイクル(Milankovitch cycles)と呼ばれる天気のパターンからの逸脱を引き起こしたと、Econが2003年12月2日に報告した。

アメリカン・インディアンのワッポー族が、Konocti山に移動した。

アメリカン・インディアンのワッポー族(Wappo Indians)が、北カリフォルニアのKonocti山(Mt. Konoct)の周りに移動したと、Flyer on Indian Springsが1995年7月に報告した

アメリカン・インディアンのホーカン族が、Miwoksに住み着いた。

アメリカン・インディアンのホーカン族(Hokan Indians)が、北カリフォルニアのMiwoks(Miwuk/Mi-Wuk/Me-Wuk)に住み着いたと、SFEC(San Francisco Examiner & Chronicle)の日曜版が1998年10月4日に報告した。

ワイオミング州Hells Gapに、人間が住み始めた

ワイオミング州Hells Gapに、人間が住み始めたと、SFC(San Francisco Chronicle)が1997年9月1日に報告した。

Neolithicの民族は、Y染色体パターンと高度な農業をヨーロッパに伝え始めた。

Neolithic文化の民族は、新しいY染色体パターンと高度な農業の生き方を中東からヨーロッパに伝え始めたと、SFC(San Francisco Chronicle)が2000年11月10日に報告した。

セルビアにあるLepenski Virのサイトは、簡単な家を建てた部族が占領した。

現在のセルビアにあるアイロン・ゲイツ(Iron Gates)渓谷のドナウ川沿い(Danube River)にあったLepenski Virのサイト(The site of Lepenski Vir)は、簡単な家を建てた部族が占領したと、AM(Archeology Magazine)の1997年3月/4月号が報告した。

モルドバのDnister川河口にある古代遺跡から、青銅器時代の遺跡が見つかった。

ルーマニアとウクライナの国境に近いモルドバ(Moldova)のDnister川河口にある古代遺跡から、青銅器時代(Bronze age settlements)の遺跡が見つかったと、SFC(San Francisco Chronicle)が1997年01月28日に報告した。

オマーンのマスカットで古代のキャンプファイアーの灰が見つかった。

1983年に、オマーンのマスカット(Muscat, Oman)で古代のキャンプファイアーの跡と見られる灰が見つかったと、AM(Archeology Magazine)の1997年5月/6月号が報告した。

アナトリアで、方鉛鉱から作ったリード・ビーズを発見した。

1,100度に達する炉を使って、方鉛鉱から作ったリード・ビーズがアナトリア(Anatolia)で発見された。

草食動物で巨大なナマケモノが南米で絶滅した。

草食動物で巨大なナマケモノ「milodon(Mylodon darwini))」が南米で絶滅したとSFEC(San Francisco Examiner & Chronicle)の日曜版が1996年11月24日に報告した。

唐辛子は、チリではなく、エクアドルで使い始めたと報告した。

カルガリー大学(University of Calgary)の3人の研究者Dr. Raymond、Dr. Linda Perry、と学生のSonia Zarrilloが「レッド・ホット・チリペッパー研究スパイス(Red hot chili pepper research spices up historical record)」を発表し、唐辛子(chili peppers/Capsicum spp.)は、チリではなく、エクアドルで使い始めたと報告したと、ワシントンポスト(Washington Post)が2007年2月16日に報告した。

湖があったとされる砂漠地帯が、緑化されていたことを証明。

ニジェール(Niger)のGobero州(Gobero region of Niger)にある乾いた元湖があったとされる砂漠地帯が、緑化されていたことを証明する大量の骸骨を発見したと、シカゴ大学(University of Chicago)のポール・セレント教授(Professor Paul Sereno)と彼のチームが2008年8月14日に報告した。

北ギリシアで有史以前の農耕跡を2カ所発掘。

考古学者が北ギリシア(northern Greece)で有史以前の農耕跡を2カ所で発掘したと、AP通信が2005年11月28日に報告した。

最後の大きな海面上昇が起こって、氷河期が終わった。

David Dineley著の「Earth's Voyage Through Time, 1974, A.A. Knopf, N.Y.」は、最後の大きな海面の上昇が起こって、氷河期が終わったと報告している。

牛を飼い始めた。

考古学的な記録から、Academy, Newsletter of the California Academy of Sciencesは、このころから、飼い牛が始まったと1996年7月/8月に報告している。

メソポタミアで、潅漑(irrigation)が開発され、始まった。

メソポタミアで、潅漑(irrigation)が開発され、始まったとEconが2003年12月20日に報告した。

氷河湖が膨大な排水をし、ハドソン海峡とラブラドル海に流れ込んだ。

マニトバ(Manitoba)、サスカチェワン(Saskatchewan)、ノースダコタ(North Dakota)、オンタリオ(Ontario)、およびミネソタ(Minnesota)の地域を覆った氷河が溶け出し、氷河湖Agassiz-Ojibway(glacial lake Agassiz-Ojibway)は、膨大な排水をし、その流れはハドソン海峡(Hudson Strait)とラブラドル海(Labrador Sea)に送り込まれた。

世界で最初に北イラクのジャルモ(Jarmo)で都市が出来た。

世界で最初に北イラクのジャルモ(Jarmo)で都市が出来たと、SFEC(San Francisco Examiner & Chronicle)の日曜版が2000年07月16日に報告した。

ニューポート・ビーチに、アメリカン・インディアンが住んでいた。

カリフォルニア州ニューポート・ビーチ(Newport Beach, CA.)に、アメリカン・インディアンが住んでいた。

中国のJiahuで発見されたフルートの年代が明らかになった。

1980年代に中国のJiahuで発見されたフルートの年代が明らかになったと、SFC(San Francisco Chronicle)が1999年09月23日に報告した。

陶器の破片から、すでにワインが作られていたことが明らかになった。

北部中国のJiahu村(Jiahu village)で2004年に陶器の破片が発見され、このときすでにワインが作られていたことが明らかになったと、ペンシルバニア大学(University of Pennsylvania)のDr. Patrick McGovernが言ったと、ロイターが2004年12月7日に報告した。

北ヨーロッパで、現在の琥珀と同じペンダントが作られていた。

デンマークをはじめとするスカンジナビアなど、北ヨーロッパで初期に起こったMesolithic(Middle Stone Age)文化時代(BC 9300-6800)では、現在の琥珀と同じようなペンダント(amber pendants)が作られていたと、PacDis(Pacific Discovery)が1997年冬号で報告した。

学校の先生が見つけた骸骨が、DNA 調査の結果9,000年前のもの。

1903年にロンドンから西に130マイル行ったチェダー地下洞窟(underground caves at Cheddar)で学校の先生Adrian Targettによって発見された男性の骸骨「Cheddar Man」が、DNA調査の結果9,000年前のものであったと、SFC(San Francisco Chronicle)が1996年3月4日に報告した。

1974年に道路工事中に発見されたAin Ghazalの農耕定住地

1974年に道路工事中、ヨルダンのアンマンに近い場所で、Neolithic時代のむき出しになって発見されたAin Ghazalの農耕定住地の年代が特定されたと、SSFC(Sunday SF Chronicle)が2003年11月9日に報告した。

世界初のNeolithicb文化時代にできた都市部集合地Catalhoyuk

トルコの南中央部コンヤ(Konya)の近くにある世界初のNeolithicb文化時代にできた都市部集合地Catalhoyukのサイト(Çatalhöyük, Turkey)の年代が特定されたと、AM(Archeology Magazine)の1997年3月/4月号が報告した。

シャラ(Shara)で、定期的に動物の乳搾りが始まった。

シャラ(Shara)で、定期的に動物の乳搾りが始まったと、SFEC(San Francisco Examiner & Chronicle)の日曜版が1997年11月2日に報告した。

ケネウィック原人の骸骨年代が9,200年前であった。

1996年7月28日にワシントン州Kennewickのコロンビア川(Columbia River at Kennewick, Washington)で発見された骸骨の年代が9,200年前であったと、SFC(San Francisco Chronicle)が1999年10月16日に報告した。

ミズーリ洞窟で、古代人のサンダルを発見した。

ミズーリ洞窟(Missouri cave)で、University of Oregon Museum of Natural and Cultural Historyの研究者が、古代人のサンダルを発見したとSFC(San Francisco Chronicle)が1998年7月3日に報告した。

ネバダ州ファロンで1940年に発見されたミイラは、9,400年以上古い。

ネバダ州ファロン(Fallon)から13マイル東の洞窟で、考古学者S.M.とジョージアウィーラー(Georgia Wheeler)によって1940年に発見されたミイラが1996年に、9,400年以上古いことが判ったと、SFC(San Francisco Chronicle)が1996年4月27日に報告した。

人間の骨の近くに猫の骨があった墓地をキプロスで発掘した。

人間の骨の近くに猫の骨があった墓地をNeolithic時代のキプロス(Cyprus)のヒロキティア(Khirokitia/Choirokoitia)にあった遺跡「Shillourokambos」で発掘したと、2004年04月21日に報告した。

有史以前のアメリカン・インディアンは、North Cascades National Parkで移住していた。

有史以前のアメリカン・インディアンはワシントン州で6,600フィートの高度にあるNorth Cascades National Parkで移住していたとNG(National Geographic)が1990年3月に報告した。

1994年に起こったミシシッピー洪水で、考古学的記録の5〜10%が流された。

イリノイ流域の人が生活していた地域で、1994年に起こった凄いミシシッピー洪水で、考古学的記録の5〜10%が流されたと、NG(National Geographic)のGeographica,が1994年1月に報告した。報告した。

ヨセミテのEl Portalで、人が住んでいたと確認できる証拠を発見した。

ヨセミテ(Yosemite)国立公園のEl Portalで、人が住んでいたと確認できる証拠を発見したと、SFEC(San Francisco Examiner & Chronicle)の日曜版が1997年5月18日に報告した。

世界で最古の生きている木

公式に、世界で最古の生きている木(spruce/えぞ松)が中央スウェーデンのダーラルナ(Dalarna)で根付いて、生きているとウメアア大学(Umeaa University)が2008年4月16日に報告した。

メキシコのGuila Naquitz洞窟で、人間が住んでいた。

メキシコのオアカカ(Oaxaca, Mexico)近くの、Guila Naquitz(White Cliff/ホワイト・クリフ)と命名された洞窟で、人間が住んでいたことを確認した。

西南極氷床は、1年あたり約2インチ(5cm)後退し始めた。

西南極氷床は1年あたり約2インチ(5cm)のレートで後退し始めたと、SFC(San Francisco Chronicle)が2003年1月3日に報告した。

メソポタミアでもっとも原始的な書法を開発した。

Charles Van Doren(1926 - )著のHistory of Knowledge, 1991, Ballantine Books, N.Y.は、現代のイラクがあるメソポタミアでもっとも原始的な書法を開発したと報告した。

砂漠の中東で、温順なトラネコを捕食動物に変え、家庭で飼い始めた。

遺伝子分析により、遠く離れた砂漠の中東で、温順なトラネコを捕食動物に変え、家庭で飼い始めたと、Live Scienceが「House Cats' Wild Ancestor Found」で2007年06月28日に報告した。

大陸地殻は塑性流動で、バルト海、北極、北米の五大湖がリバウンド。

David Dineley著の「Earth's Voyage Through Time」は、大陸地殻は何らかの塑性流動で、リバウンドが最も劇的に示されているという良い証拠がバルト海、北極、北米の五大湖のPleistoceneビーチで発見されたと報告している。

カリフォルニアの中央部は、BC8000年頃に安定形成が始まった。

Ocean Beachの砂、サンフランシスコの西の丘、サクラメントデルタ(Sacramento Delta)の沈泥と泥、 川の沖積層で底に達したと、Arthur D. Howard著のGeologic History of Middle California, 1979, UC Press.が報告した。

ピグミーマンモスが、カリフォルニアの海岸や島から消えた。

ピグミーマンモス(Pigmy mammoths)が、カリフォルニア海岸やチャンネル・アイランド(Channel Islands)領域から消えたと、SFEC(San Francisco Examiner & Chronicle)の日曜版が1999年6月25日に報告した。

研削工具が、Cross Creekサイトで発見された。

研削工具(Grinding tools)が、Holocene時代のSan Luis ObispoのCross Creekサイト(Cross Creek Site/CA-SLO-1797), San Luis Obispo)で発見されたと、SFC(San Francisco Chronicle)が1999年6月25日に報告した。

メソポタミアで、食糧、家畜、および不動産管理で粘土板を使い始めた。

現在のイラクがあるメソポタミアの住民は、食糧、家畜、および不動産管理の動向をおさえるために、はっきりと形成された粘土で、丸、ディスク、円錐、シリンダ、三角形のシンボルを使い始めたと、ノーベル物理学賞を受けたAT&T Bell LabsのArno Penzias著「Ideas and Information, 1989, Touchstone, NY, NY」が報告している。

ネバダ州ユカ山が噴火し、放射性長期貯蔵のサイトが破壊された。

ネバダ州ラスロップ・ウェルズ・コーン(Lathrop Wells Cone)のユカ山(Yucca Mountain)が噴火し、数マイル離れた放射性長期貯蔵のサイトが破壊されたと、米国のスミソニアン協会(Smithsonian Ass.)が1995年5月に報告した。

グランドキャニオンの火山が噴火し、Vulcan's Throneが形成された。

アリゾナ州Toroweap Canyonのグランドキャニオン(Grand Canyon)内側峡谷の縁で火山が噴火し、Vulcan's Throneが形成されたと、NH(Natural History)が1997年9月に報告した。

アリゾナ州のウォルマート建設調査で、ラクダの骨を発掘。

アリゾナ州メサ(Mesa, Az.)の郊外McKellips Roadの近くにあったLindsay Roadで、ウォルマート店(Wal-Mart store)を建設するため調査していた人が、有史以前のラクダの骨を発掘したと、AP通信が2007年4月28日に報告した。

アメリカ・インディアンが、フロリダ住んでいたことを確認した。

アメリカ・インディアンの部族が、フロリダの現在の街ペリー(Perry)近くのアウチラ川(Aucilla River)に住んでいたことが確認された。

米国で初期の古代バッファロー狩猟者は、「フォルサム人」と命名。

1927年にコロラド自然史博物館(Colorado Museum of Natural History)の館長であったJesse Dade Figginsによって、米国で初期の古代バッファロー狩猟者は、近くの町にちなんで、「フォルサム人(Folsom People)」と命名された。

総件数:915最初12345678910最後