on-the-time.jp

NGが、Solutrian文化時代は、BC2万2,000年から1万8,000年と規定。

BC2万2,000年から1万8,000年をSolutrian文化時代(Solutrian cultural period/Solutrean cultural period)と、NG(National Geographic)が規定した。

BC2万6,000年のイラスト入りビーズ、ボタンなどが発掘された。

BC2万6,000年になると、フランスのドルドーニュバレー(Dordogne Valley)のル・コントがけ洞窟(caves in Le Conte)で、イラスト入りの象牙製のビーズ、ボタンなどが発掘される時代になったと、NG(National Geographic)が報告した。

Gravettian文化時代を、NG(National Geographic)が規定した。

BC3万年からBC2万2,000頃をAurignacian文化時代(Aurignacian cultural period)に続くGravettian文化時代(Gravettian cultural period/Epigravettian/Perigordian/ペリゴール文化時代/後期石器時代)と、NG(National Geographic)が規定した。

BC3万年頃に、腕に入れ墨、頭にはライオンの飾りを付けていた。

BC3万年頃に、ドイツのHohlensteinで腕に入れ墨が彫られた、頭にはライオンの飾りを付けた男性の彫像「Lion man」が発掘されたと、NG(National Geographic)が報告した。

BC3万年頃に、ネックレスやペンダントがあった。

BC3万年頃に、象牙に穴を開け、つなげたネックレスやペンダントにした装飾品が使われるようになったと、NG(National Geographic)が報告した。

Aurignacian文化時代)の始まりをNGが規定した。

BC4万年を旧石器の末期に登場した洞窟アートが多く見られるAurignacian文化時代(Aurignacian cultural period)の始まりと、NG(National Geographic)が規定した。

流星がクラッシュし、その衝撃でダーウィン・ガラスができた。

BC73万年にオーストラリアのタスマニア(Tasmania)で流星が摩擦からクラッシュし、その衝撃でダーウィン・ガラス(DARWIN GLASS)ができたと、NG(National Geographic)が報告した。

BC70万年に新世紀の前半が終わった。

BC70万年に新世紀の前半が終わった(End of the Early Pleistocene)と、NG(National Geographic)が報告した。

「マバ(Maba)」と呼ばれる頭蓋骨の化石が、BC12万年と報告した。

北京のVertebrate Paleontology研究所(Institute of Vertebrate Paleontology and Paleoanthropology, Beijing, China)に保存されている「マバ(Maba/Ma-pa)」と呼ばれる頭蓋骨の化石が、BC12万年と、NG(National Geographic)が報告した。

Klasies River Mouthの洞窟でBC12万年から6万年の人骨が発見された。

アフリカの南端でインド洋を見下ろすことができるKlasies River Mouthの洞窟(Klasies River Caves)でBC12万年から6万年の人骨が発見されたと、NG(National Geographic)が報告した。

ムスティエ文化をNGが規定した。

BC10万年から3万5,000年をムスティエ文化(Mousterian cultural period)と、NG(National Geographic)が規定した。

ネアンデルタールChâtelperronian文化時代をNGが規定した。

BC3万5,000年を「ネアンデルタールChâtelperronian 文化時代(NeandertalChâtelperronian cultural period)」と、NG(National Geographic)が規定した。

シベリアのレナ川支流でBC1万年に豊かな生活をしていた古代人。

ロシアの考古学アカデミーに所属するDr. Yuri Mochanovがシベリアのレナ川支流にあるAldanのDiuktai洞窟(Diuktai Cave/Dyuktai Cave)でBC3万5,000年からBC1万年に豊かな生活をしていた古代人の遺跡を発見したと、NG(National Geographic)が報告した。

旧石器時代末期をNGが規定した。

BC3万5,000年からBC1万年を旧石器時代末期「Upper Paleolithic Period」と、NG(National Geographic)が規定した。

BC3万3,000年頃から文化革命を開始した。

点在している狩猟採集民グループがBC3万3,000年頃から文化革命を開始したと、NG(National Geographic)が報告した。

ヨーロッパの旧石器時代の末期

BC3万3,000からBC9,000年をヨーロッパの旧石器時代の末期(Europe's Upper Paleolithic age)と、NG(National Geographic)が規定した

大マゼラン星雲の中で、超新星がBC17万年に起こった。

光が1987CEで地球に達したとき、初めて大マゼラン星雲(Large Magellanic Cloud)の中で超新星(supernova)がBC17万年に起こったことが検出されたと、NG(National Geographic)が報告した。

旧石器時代をNGが規定した。

旧石器時代(Lower Paleolithic/Early Stone Age)をBC25万年からBC10万年と、NG(National Geographic)が規定した。

南極の凍ったボストーク湖で、BC16万年の氷床コアを採取した。

南極の凍ったボストーク湖(Lake Vostok)があるボストーク・ステーション(Vostok Station)でロシアの科学者が穴を開け、採取した氷床コアをスイスのグルノーブル(Grenoble, Switzerland)の科学者が分析したところ、BC16万年の氷河期までさかのぼることができたと、イギリスの科学雑誌Nature 329で報告した。

世界最古の粘土を焼いてできた11cmの粘土小立像。

チェコのMoravian museumにあるDolni Vestoniceで発掘された世界最古の粘土を焼いてできた11cmの粘土小立像「Venus of Dolní Věstonice」は、BC2万3,000年頃に作られたと報告した。

BC2万4,000年頃の複数の埋葬品が発掘された。

チェコのDolni Vestoniceで、BC2万4,000年頃の複数の埋葬品が発掘された。

76年周期で地球に接近するハレー彗星が地球に最接近した。

1705年にエドモンド・ハレー(Edmund Halley/1656-1742)が1682年に現われた彗星が1758年に戻ってくるだろうと予言したことから命名された76年周期で地球に接近するハレー彗星(1P/Halley)が地球に最接近した。

石器時代(Paleolithic period)の終焉を規定した。

BC1万年を石器時代(Paleolithic period)の終焉と、NG(National Geographic)が規定した。

ピレーネのEnlene洞窟砂で発掘された岩のタブレットがBC1万3,500であった。

R. BegouenとJ. Clottesが、スペインとの国境近く、フランスのアリエージュ(Ariege)にあるピレーネのEnlene洞窟(Enlene cave in the French Pyrenees)で発掘された砂岩のタブレットがBC1万3,500であったと、NG(National Geographic)が報告した。

ハッキリ聞き取れる言葉が話せるようになったのは、BC40万年から30万年。

ニューヨーク市マンハッタンにある私立の医科大学マウントサイナイ医科大学(Mt. Sinai School of Medicine)の解剖学者ライトマン博士(Dr. Jeffrey Laitman)が、ハッキリ聞き取れる言葉が話せるようになったのはBC40万年から30万年と言ったと、NH(Natural History)が報告した。

ホモ・エレクタスがBC30万年頃に、ホモ・サピエンスに屈した。

ホモ・エレクタス(Homo Erectus)がBC30万年頃に、ホモ・サピエンス(Homo Sapiens)に屈したと、NG(National Geographic)が報告した。

もっとも古い生活を知ることができる「Swanscombe skull」が発掘された。

BC30万年からBC20万年の現人類の頭蓋骨の断片で、もっとも古い生活を知ることができる「Swanscombe skull」が、イギリスのCraylands Lane, Swanscombeで発掘されたと、NG(National Geographic)が報告した。

脳のサイズは、BC12万5,000年と現代人がほぼ同じであった。

BC12万5,000年と鑑定されたネアンデルタール・ホモサピエンス(Neandertal Homo sapiens)の脳のサイズは、現代人とほぼ同じであったと、NG(National Geographic)が報告した。

BC10万年頃から死者を埋葬し始めた。

ネアンデルタール(Neanderthals)がBC10万年頃から死者を埋葬し始めたと、NG(National Geographic)が報告した。

クロマニヨン人の彫刻の専門技術がピークを迎えた。

フランスからスペインにかけて生息したクロマニヨン人による石、骨、象牙、粘土を使った彫刻の専門技術が、BC1万6,000年からBC9,000年にピークを迎えたと、NG(National Geographic)が報告した。

火星隕石「ALH84001」は、BC1万1,000年頃に南極に落ちてきた。

南極で発見された火星隕石「ALH84001」は、BC1万1,000年頃に南極に落ちてきた。

島根県斐川町の荒神谷から弥生時代の銅剣358本が発見。

島根県斐川町の荒神谷から、広域農道(出雲ロマン街道)建設にともなう遺跡分布調査で、調査員が田んぼのあぜ道で一片の土器(古墳時代の須恵器)をひろった。

遺跡の南側に『三宝荒神』が祭られている事から荒神谷遺跡と命名され、1984年に、谷あいの斜面を発掘調査したところ、358本の銅剣(どうけん)が出土した。

戦国時代初期の曽国の支配者曽侯乙墓を発掘した。

湖北省随州市で1978年に、戦国時代初期の曽国の支配者曽侯乙墓(Zeng hou yi mu/ZengHouYi's Tomb)が発掘され、中から礼器、楽器、兵器、など1万5千点余りの文化財が出土し、音律の異なる大小の鐘を吊り並べた楽器の一種である曾侯乙墓編鐘(bianzhong/そうこういつぼへんしょう)もはっけんされ、その曾侯乙墓編鐘の複製品が認定された。

アスワンで、BC8万年と有史以前の男性の骸骨を発掘した。

米国、ポーランド、エジプトの人類学者による国際遠征隊がエジプトのケーナ(Qena)の近く、Dandara templeから2.5knのところにあるTaramsa Hillで、BC8万年と有史以前であると思われた男性の骸骨を発掘したと、Saudi Aramco WorldのVolume 36, Number 5で報告した。

楼蘭の遺跡で、古代少女のミイラが発見された。

中国の新彊ウイグル自治区楼蘭の遺跡で、金髪でフェルト帽、革靴を履いた古代少女のミイラが発見された。

「孔廟」、「孔府」、「孔林」が復元された。

新華社は春秋時代末期の思想家、孔子(紀元前551 - 479)の故郷山東省曲阜(Qufu)市の孔子の没後、魯の哀公によって孔子の旧居跡に建てられた「孔廟(kong miao)」、子直系の子孫が代々暮らした住居「孔府」、孔家の専用墓地「孔林」が復元されたと報じた。

Geologic Historyは、BC8,000年を完新世時代と設定した。

Arthur D. HowardがUC Pressで出版した「Geologic History of Middle California」は、1万年前のBC8,000年を完新世(Holocene/completely-recent)時代と設定した。

カリフォルニア中央海岸にある最後の高い海だなはBC10万年にできた。

カリフォルニア中央海岸の海にある最後の高い海だなはBC10万年にできたと、Arthur D. HowardのGH-ADH(Geologic History of Middle California),Berkeley : University of California Pressが報告している。

海抜4,000m以上の高地であるチベットで恐龍の化石を発見した。

海抜4,000m以上の高地であるチベット自治区のチャムド(昌都/チャムド・サクル/chab mdo sa khul/チャントゥ・ティチュ/changdu diqu)地区で、中国の考古学者赵喜进(Zhao Xijin)が今から1億6,000万 - 1億4,000万年前に生息していたとみられている恐龍の化石を発見した。

BC6万年から1万年を「Acheulian Age」と規定した。

BC6万年から1万年を「Acheulian Age(Axe Age Acheulian)」または、「初期石器時代」と、Franklin Wattsのアフリカ百科事典(Encyclopedia of Africa)が規定した。

巨大な秦代の陶製の兵馬俑坑が発見された。

陝西省臨潼県の秦始皇帝(Qin Shi Huang/BC260 - BC210)陵の東側に、巨大な秦代の陶製の兵馬俑坑(Mausoleum of the First Qin Emperor/へいばようこう)が発見された。

「孫子兵法」などの竹簡4,000枚以上が発見された。

山東省臨沂市銀雀山の前漢時代の墳墓から、「孫子兵法」で有名な「孫子(Sun Tzu)」及び「孫臏兵法(Sun Bin bingfa)」などの竹簡4,000枚以上が発見された。

ヒンズー・クシ山で、石器時代技術を特定するおおきな手がかりを発見。

米国の考古学者L. Dupreeが、北アフガニスタンのヒンズー・クシ山(Hindu Kush mountains)山麓の丘にあるAq KuprukとHazar Sum(Hazar Som)で、BC5万年から2万年の石器時代技術を特定するおおきな手がかりを見つけたと報告した。

BC4万年に最低4回海面が低下した。

David Dineley著の「Earth's Voyage Through Time」は、BC4万年に最低4回海面が低下したと報告した。

考古学者リーキー博士のチームが「第2オーモ」を発見した。

ケニアのナイロビで研究している考古学者リーキー博士(Dr Richard Leakey/1944 - )のチームがエチオピアで第1オーモ(Omo I)」を発見した後、それまでで最古の60万年前のほぼ完全な人間の骸骨「第2オーモ(Omo II)」を発見した。

パピルス「Derveni」が、北ギリシャで発見された。

古代ギリシャ、パピルスの巻子本「Derveni」が1962年01月15日に発見された。

BC5世紀後半の哲学者アナクサゴラス(Anaxagoras)のサークルによって生み出された神の誕生についての神統系譜学の寓話的な論評であるオルフェウスの詩(Orphic poem)による哲学の論文であった。

アムッド洞で、ネアンデルタールの化石を日本チームが発見した。

イスラエルのアムッド洞窟(Amud cave)で、BC5万年からBC4万年のホモ・ネアンデルタール(Homo Neanderthal)の化石をHisashi Suzukiが率いた日本チームが発見した。

BC50万年〜25万年前の成人男子頭蓋骨「Petralona Man」を発見した。

ギリシャの村Petralona, Greeceの洞窟でBC50万年〜25万年前の成人男子頭蓋骨「Christos Sarijannidis(Petralona Man)」が村人によって発見された。

香港の九龍にある深水捗で、後漢時代の古墓が発見した。

観光地ではないが、地元の人でにぎわっている。衣料品の卸の店が多く建ち並び、女性物の衣類が激安で売っていて、代表的な電脳街の一つにもなっている香港の九龍にある深水捗(深水歩/Sham Shui Po/サムソイポー)で、香港大学中文学部のイギリス人教授Frederick Sequier Drakeの調査で、後漢時代(紀元25 - 220年)の古墓が発見された。

ソ連が、水素爆弾保有を公表。

1953年にスターリンが死去した後、短期間ソビエト連邦の最高指導者を務めたソ連のゲオルギー・マレンコフ(Георгий Максимилианович Маленков/Georgy Maximilianovich Malenkov/1902 - 1988)首相は「核兵器は世界の破滅を招く」と宣言して、核兵器に反対する立場を表明していたが、1953年08月08日に、ソ連の水素爆弾(hydrogen bomb/thermonuclear weapon/熱核兵器)保有していることを公表し、また、水素爆弾の実験も実施したことを明らかにした。

BC1万4,000年頃の半分人間のハイブリッド像を発見した。

スペインのサンタンデア(Santander)山麓のEl Juyo洞窟(El Juyo Cave/Igollo de Camargo, Cantabria)で、Don Alfredo García Lorenzoが見つけたBC1万4,000年頃の半分人間で、半分がライオンかヒョウのような35cmのハイブリッド像を発見した。

約2000年前の古代蓮の実から育てた花が開花した。

岡山市出身の植物学者大賀一郎が千葉県の東京帝大検見川厚生農場の泥炭層で発見した、約2000年前の弥生時代と推定される古代蓮の実から育てた花が開花した。

群馬県岩宿遺蹟の発掘調査を開始。

日本にも世界史でいう旧石器時代段階に人々が生活していたことをはじめて明らかにした群馬県岩宿遺蹟の発掘調査を1949年09月11日に明治大学考古学研究室の相沢忠洋(Aizawa Tadahiro/1926 - 1989)が開始した。

土器を使っていた縄文時代(世界史では新石器時代にあたる)の人々が日本の最初の住人だと考えていたから、第2次世界大戦の頃までの考古学者は、発掘を進めて赤土(関東ローム層)が出るとそれを「地山」と呼び、それ以上掘ることはしなかった。

ところが、1946年に、切り通しの道となっていた岩宿遺跡を通りかかった相沢忠洋は、切り通しで露出していた赤土(関東ローム層)から、石器を発見した。

ワイズマンがイスラエルの建国を宣言し、イスラエルが建国された。

イギリスのパレスチナ委任統治が終了し、1947年にパリ講和会議に出席して、ヘジャズ国王フセインの皇太子ファイサルとたびたび会い、ファイサル=ワイズマン合意に達し、WZO(World Zionist Organization)代表のワイズマン(Chaim Weizmann/1874-1952)がイスラエルの建国を宣言し、イスラエルが建国された。

トルーマンは国連憲章にサイン。

History Channelは2016年08月08日に、ハリー・S.トルーマン大統領(President Harry S. Truman)は1945年08月08日に国連憲章(United Nations Charter)にサインし、米国は、批准プロセスおよび新しい国際的な組織に参加することを完成するために、最初の国家になったと報告した。

つまり、広島と長崎に原爆を落とすように命令し、簡単に何10万人も殺したたトルーマンが、国連を承認した。
国連が、本当に平和活動ができるのだろうか?

マンハッタン計画のルーズベルトと、トルーマンは、平和運動に加わる資格はない。

ニューメキシコのサンドラ洞窟(Sandia Cave)が調査された。

ボーイスカウトによって発見された後に、考古学者フランク・ヒッベン(Frank Hibben/1910 - 2002)によって、ニューメキシコのサンドラ洞窟(Sandia Cave)が調査された。

アマチュア考古学者Léon Péricardが発見した彫刻はBC1万4,000であった。

アマチュア考古学者Léon Péricardが発見し、専門考古学者Stéphane Lwoffと共に確認したLussac-les-ChâteauxのLa Marcheサイト(site of La Marche/La Marche cave/La Cave du Marché)の彫刻はBC1万4,000であった。

タスマニアでBC4万年前から成長し続けてきた「shrub」を発見。

オーストラリアの科学者Charles Denison "Deny"が、タスマニアのリモート南西でBC4万年前から成長し続けてきた「shrub(低木)」を発見した。

BC1万4,000年頃の石灰岩スラブにバッファローの浅浮彫りが発見された。

フランスのAngles川添いのAngles sur l'Anglin(Rox-Aux-Sorciers) caveでBC1万4,000年頃の石灰岩スラブの上にバッファローの浅浮彫りがLucien Rousseauによって発見された。

カーターが「ツタンカーメン(Tutankhamun)」の埋葬室を開けた。

イギリス人考古学者のハワード・カーター(Howard Carter/1874 - 1939)が「ツタンカーメン(Tutankhamun)」の埋葬室を開けた。

「ツタンカーメン(Tutankhamun)」の墓の中を世界で最初に見た。

イギリス人のロード・カーナボン(Lord Carnarvon/Earl of Carnarvon/1866 - 1923)と、ハワード・カーター(Howard Carter/1874 - 1939) は3000年前にルクソールの近くで封印された少年王ファラオ「ツタンカーメン(Tutankhamun)」の墓の中を世界で最初に見た。

「ツタンカーメン(Tutankhamun)」の王墓発見。

南エジプトの王家の谷で、イギリス人のロード・カーナボン(Lord Carnarvon/Earl of Carnarvon/1866 - 1923)とハワード・カーター(Howard Carter/1874 - 1939)によって、「ツタンカーメン(Tutankhamun)」は発見された。

ベグエン伯爵の3人の息子が、Les Trois Frèresで旧石器時代の多くの性の画像を発見した。

ベグエン伯爵の3人の息子(Count Bégouën and his three sons)が、フランスのアリエージュ県にある小さなヴォルプ川(Volp River)の洞窟で、旧石器時代の多くの性の画像を発見した。

BC4万年前頃と言われるネアンデルタールの赤ちゃんの骨を発掘した。

フランスの南西部Le Moustierの崖で、BC4万年前頃と言われるネアンデルタール(Neanderthal)の赤ちゃんの骨が有史以前の研究で心を奪われた教師デニス・ペイロニ(Denis Peyrony)によって発掘された。

フランスのピレーネ山脈で、BC1万2,000年頃のバッファローの彫像が発掘。

フランスのピレーネ(Pyranees)山脈にあるLe Tuc d'Audoubert洞窟(Le Tuc d'Audoubert cave)の中で、湿気の多い粘土で作られたBC1万2,000年頃のバッファローの彫像が発掘された。

ベグエン伯爵の3人の息子が、氷河期の動物の性生活を描いた洞窟彫刻を発見。

ベグエン伯爵の3人の息子(Count Bégouën and his three sons)が、フランスのアリエージュ県にある小さなヴォルプ川(Volp River)の洞窟を探検し、いくつもの通路に通じていることを発見し、最後の回廊の端で氷河期の動物の性生活を描いた洞窟彫刻を発見した。

マウエル村で、BC50万年の「ホモ・ハイデルベルゲンシス」が発見された。

ドイツのハイデルベルク近郊のマウエル(Mauer)村で、BC50万年の人間の顎骨「ホモ・ハイデルベルゲンシス(heidelbergensis/Heidelberg Man)」がDaniel Hartmannによって発見された。

ギリシャの考古学者が、アンティキシラ・メカニズムを発見!

ArtDailyは2017年05月17日に、ギリシャの考古学者バラレリオス・スタイス(Valerios Stais)は1902年05月17日にアンティキシラ・メカニズム(Antikythera Mechanism)を0発見したと報告した。

アンティキシラ・メカニズムは、天文学の星の位置を計算するようにデザインされた古代機械式コンピュータである。

古代王国クノックス宮殿の遺跡発掘を開始した。

イギリスの考古学者アーサー・エバンス(Sir Arthur John Evans/1851-1941)がクレタ島で紀元前3000年頃から青銅器を使用していた古代王国クノックス宮殿遺跡(palace of Knossos at Crete)の発掘を開始した。

BC2万5,000年頃の象牙の彫像

フランスのBrassempouy, Landes in Franceの近くGrotte du Papeの洞窟(Grotte du Pape Cave)で発掘された「Venus of Brassempouy」と呼ばれる象牙の彫像がBC2万5,000年頃であったと報告された。

ユージン・デュボアが、ジャワ原人の歯を発見した。

インドネシアのジャワのスマトラ島(island of Sumatra)Trinil近くで、オランダの解剖学者ユージン・デュボア(Marie Eugène François Thomas Dubois/1858 - 1940)が最初のホモエレクトススカルキャップ(Homo erectus skullcap)であるジャワ原人の歯を発見し、その2ヶ月後に頭蓋骨を発見した。

ツタンカーメンで知られるイギリスの考古学者ハワード・カーターが生れた。

ハワード・カーター(Howard Carter/1874 - 1939)といえば、エジプトでツタンカーメン(Tutankhamun)の墓の主要な発見者として注目されたイギリスの考古学者とエジプト学者であったが、彼がいつ生まれたかということになると、知っている人は少ない。

彼は1874年05月09日に、ロンドンのケンジントン(Kensington)で生まれた。

シャンポリオンがエジプト象形文字の解読に成功。

フランスの考古学者シャンポリオン(Jean-François Champollion/1790 - 1832)が1822年09月14日に、ロゼッタ・ストーンの古代エジプト語のヒエログリフ(hieroglyph/神聖文字)の解読に成功した。

ただし、文字の解読については、イギリスのトマス・ヤング(Thomas Young/1773 - 1829)かフランスのシャンポリオン(Jean-François Champollion/1790 - 1832)かという論争も長年行われている。

しかし、このように複数の言語で書かれたものは、その後、多く発見されている。

例えば、イランの首都テヘランの国立博物館の入り口には、4面に古代ペルシャ語を加えた四種類の文字で記述されている四角い石柱がある。

エジプトのカイロにある国立博物館にも、複数の言語で書かれた石板がある。

さらの現在戦闘中のシリアのアレッポには、未解読の古代文字が複数一つの石に彫り込まれている石碑もある。

私個人としては、心情的に横取りしたイギリス人ではなく、発見したフランス人にしたい。

私の手元には、ナポレオンのエジプト遠征記のイラスト復刻版「Description de l'Egypte : Publiée par les ordres de Napoléon Bonaparte」の初版やシャンポリオが解説した本の復刻版「Principes généraux de l'écriture sacrée égyptienne appliquée à la représentation de la langue parlée Broché – Coffret, 1 décembre 1984」なども持っている。

ナポレオン・エジプト遠征で、ロゼッタ・ストーンを発見。

ナイル川のデルタ地帯にあるロゼッタ近郊のジュリアン要塞を建造するための資材として、ローマあるいは中世時代に運び出され、少しずつ使われていった神殿の一部から、ナポレオン・ボナパルト(Napoléon Bonaparte/1769 - 1821)のエジプト遠征(l'expédition d'Égypte)に同行していたフランス軍兵士ピエール=フランソワ・ブシャール(Pierre-François-Xavier Bouchard/1772 - 1832)大尉が1799年07月15日に、エジプトの港湾都市ロゼッタ(Rosetta)で再発見された石柱には、古代のヒエログラフィ、ヒエラティ、ギリシャ文字3つの言語が刻まれていることがわかった。

ケルト族の侵入を防ぐための「ハドリアヌスの長城」の建設を開始。

古代ローマ帝国が、ヨーロッパ大陸に領土を広げていった2千年ほど昔、当時はまだヨーロッパの辺境の島国であったイギリスにもローマ軍が上陸し、じょじょにローマ帝国領として掌握していった。

古代ローマ帝国が最大に成ったのは、第13代皇帝トラヤヌス(Trajanus)帝のときであった。

その後を継いだ第14代皇帝ハドリアヌス(Hadrian)帝は、さらなる領土拡大政策をとり、広大化した帝国の領土保全と安定に力を注ぐことにした。こうして、紀元0122年09月13日に、北イングランドに古代ローマ帝国の北限の国境として、ケルト族の侵入を防ぐためハドリアヌスの長城(Hadrian's Wall)の建設を開始した。

あなたは、「X'mas」をイエスの誕生日と信じていますか?

History Cannelが「The Birth of Christ?」と聞いてきた。
信仰深いヨーロッパのチャンネルが、大胆な質問である。
でも、ほとんどの人が、何となく気がついている。

人の日(人日)と七草粥、小豆粥。そして爪切り!

古来中国では、正月の1日を「鶏の日」、2日を「狗(犬)の日」、3日を「猪の日」、4日を「羊の日」、5日を「牛の日」、6日を「馬の日」とし、それぞれの日にはその動物を殺さないようにしていた。そして、7日目を「人の日」として、犯罪者に対する刑罰は行われないことにした。

つまり、これらを中国では食べていたということで、人が人を食っていた。
篠田 統著「中国食物史」には、子供の料理法もある。

東方朔の『占書』(东方朔占书)にある中国の古い習俗で、正月1日から6日までは獣畜を占い、7日には人を占うところから、「人日」というようになった。

歯、顎、そしゃく筋などで、ホミニンに大きな変化が訪れた。

約250万年前、大きな歯、顎、そしゃく筋などからの転換から、ヒト族、類人猿を除く現生種と絶滅種の人類を表す用語ホミニン(Hominins)に大きな変化が訪れたことが見て取れると言っている。

光武帝が生まれた。

9年に外戚の王莽(Wang Mang/おう・もう)に滅ぼされた前漢王朝を再興し、後漢の初代皇帝である光武帝(Guangwu Di/こうぶてい/姓は劉/名は秀/字紀元前5年 - 57)が、景帝の子で長沙王となった劉発の末裔として、建平元年12月甲子に生まれた。

エジプトの女王クレオパトラVIIが自殺した。

エジプトの女王クレオパトラVII(Cleopatra VII/Клеопатра/Κλεττατρα Φιλοατωρ/c.69 BC - 30 BC)は、将来の初代ローマの皇帝オクタビア(Octavian)に対する戦いで、彼女の軍の敗北に続いて、自殺した。

ローマが創設された!

History Channelは2018年04月21日に、伝説によると、紀元前753年04月21日(April 21, 753 B.C.)にロムルス(Romulus)と双子の弟レムス(Remus)は、ローマで、それらが孤児になった幼児として、雌オオカミにより授乳されたサイトに見つけたと報告した。

実際には、その神話が紀元前4世紀に端を発したロムルスとレムスおよびローマの設立の正確な日付は、紀元前1世紀(the first century B.C.)にローマの学者にマルクス・テレンティウス・ウァロ(Marcus Terentius Varro)によって課された

マヤ暦の始りの日。

マヤ暦(Maya Long Count Calendar)とは、メキシコ及び中央アメリカ北西部にあった高度文明を有していたメソアメリカ(Mesoamerica)文明で使用されていた長期間の時を表現する暦Long Count Calendar(La Cuenta Larga/長期暦)で、マヤ諸都市の石碑に刻まれていたことでひろく知られるようになった。

元祖マヤ族神、神話の治世を開始

学者によって「GI」といわれた元祖マヤ族神は、神話の治世を始めた。

世界で最初の大都市が出現した。

世界で最初の大都市が、ペルシャ湾に注ぐチグリスとユーフラテス(Tigris and Euphrates)川の岸に沿って出現したと、Exploring Ancient World Cultures, 1996が報告した。

イタリアのトリノにある「聖骸布」は、制作年代が特定された。

イタリアのトリノにあるエジプト博物館(Egyptian museum in Turin, Italy)に展示されている、キリストが十字架から降ろされた後に包んだ布と伝えられていた「聖骸布(A linen shroud)」が科学調査によって、制作年代が特定されたと、SSFC(Sunday SF Chronicle)が2006年1月22日に報告した。

フランスのルーブル美術館の「Knife of Gebel-el-Arak」の年代が特定された。

フランスのルーブル美術館に展示してある、象牙のグリップに狩りと戦闘の絵が彫られたエジプトの「Knife of Gebel-el-Arak」の年代が特定されたと、WSJ(Wall Street Journal/ウォール・ストリート・ジャーナル)が1998年2月1日に報告した。

ペルー北部の主要な海岸の近くで儀式的な広場を発見した。

2008年に、ドイツとペルーのNational Culture Instituteの考古学者チームがペルー北部の主要な海岸の近くで儀式的な広場を発見したと、AP通信が2008年2月26日に報告した。

「バベルの塔」が、ある1つの言語を話す人々によって建設された。

イラクのバビロンにある「バベルの塔(Tower of Babel)」が、ニムロデ(Nimrod)王国が統治していたシャイナー(Shinar)に住む、ある1つの言語を話す人々によって建設されたと、Econが2008年2月27日に報告した。

レイニエ山のOsceola泥流がピュージェット湾までを覆った。

ワシントン州のレイニエ山(Mount Ranier)からのOsceola泥流(Osceola mudflow)が、レイニエ(Rainier)からピュージェット湾(Puget Sound)までを覆ったと、SFEC(San Francisco Examiner & Chronicle)の日曜版が1998年7月12日に報告した。

エジプトの古代遺跡で、複雑な技術をもっていたことを証明。

ヒエラコンポリス(Hierakonpolis)として知られているエジプトの古代遺跡「Kom El-Ahmar」域で5年間研究しているチームが、古代を支配した人達が複雑な技術をもっていたことを証明できる貴重な資料を発掘したと、AP通信が2005年4月22日に報告した。

エジプトの墓地で、労働者階級の住民のミイラ化を明らかにした。

ヒエラコンポリス(Hierakonpolis)として知られているエジプトの墓地で、労働者階級の住民のミイラ化に関する証拠を明らかにしたと、AM(Archeology Magazine)の2001年9月/10月号が報告した。

レイニエ山からのOsceola泥が、ピュージェット湾までを覆った。

ワシントン州のレイニエ山(Mount Ranier)からのOsceola泥流(Osceola mudflow)が、レイニエ(Rainier)からピュージェット湾(Puget Sound)までを覆ったと、SFEC(San Francisco Examiner & Chronicle)の日曜版が1998年7月12日に報告した。

マルタ島のGantija地域で、最初の巨石寺院が建設された。

マルタ(Malta)島のGantija地域で、最初の巨石寺院(Megalithic Temples)が建設されたと、AM(Archeology Magazine)の1997年7月/8月号が報告した。

内蒙古で発展した新石器時代遺跡で、「玉」の欠片が発見された。

中国で最も古い芸術として知られる内蒙古(Nei Mongol)で発展した新石器時代(Neolithic jade)のHongshan culture(The Hongshan Neolithic Culture/紅山文化)遺跡のYangtze River上流域で、「玉(jade)」の欠片がいくつか発見されたと、WSJ(Wall Street Journal/ウォール・ストリート・ジャーナル)が1998年2月19日に報告した。

シュメール人とバビロニア人が60進法を使用していた。

歴史家のエリック・テンプル・ベル(Eric Temple Bell)は、シュメール人とバビロニア人(Sumerians and Babylonians)が60進法(sexigesimal/(base 60)を使用していたと言ったと、Charles Van Doren著「History of Knowledge,」 1991, Ballantine Books, N.Y.が報告した。

ニューメキシコのBat Caveで、ポップコーンの欠片を発掘した。

1948年にハーバード大学(Harvard University)の考古学者で、Peabody MuseumのサポーターであったHernert W. Dickが、ニューメキシコ(New Mexico)のBat Caveで、ポップコーンの欠片を発掘した。

ユダヤ暦(Jewish calendar/Hebrew calendar)の最初の年

ユダヤ暦(Jewish calendar/Hebrew calendar)の最初の年で、ユダヤ教の新年祭「ローシュ・ハッシャーナー(Rosh Hashana)」の始まりの日。

アイルランドで、約120個のくさび墓に、600年間も埋葬されてきた。

アイルランドで、約120個のくさび墓があるPoulnabrone Dolmen in County Clareは、BC3,200年に終わるまで600年間も埋葬されてきたと、SFEC(San Francisco Examiner & Chronicle)の日曜版が2000年11月12日に報告した。

インド・ヨーロッパ語族の言語グループが、分割された。

インド・ヨーロッパ語族の言語グループ(The Indo-European language group)が、この時期に分割されたと、Draugas, English Editionが1996年9月21日に報告した。

中国の黄河平野部が狩猟、採集から、農耕に変化した。

中国の黄河平野部が狩猟、採集から、農耕に変化したと、SFC(San Francisco Chronicle)が2002年3月4日に報告した。

総件数:913最初12345678910最後
広告募集中