on-the-time.jp

ワシントン州のセントへレンズ山がBC4万年前に生まれた。

ワシントン州のセントへレンズ山(Mount St. Helens)がBC4万年前に生まれたと、SFEC(San Francisco Examiner & Chronicle)の日曜版が報告した。

BC4万年頃にモノ湖が噴火した。

BC4万年頃にカリフォルニア州モノ湖(Mono Lake, Ca.)が噴火し、周囲の山やクレーターを作ったと、PacDis(Pacific Discovery)が報告している。

「Luzia」と命名された20歳〜25歳の女性の頭蓋骨はBC9,500年頃。

1995年頃ブラジルのベロオリゾンテ(Belo Horizonte, Brazil)の近くにあるLapa Vermelha第4洞窟(Lapa Vermelha IV cave)で発見され、「Luzia」と命名された20歳〜25歳の女性の頭蓋骨が、BC9,500年頃のものであったと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

BC2万年頃に古代人がベーリング海を渡って大陸に住み始めた。

一部の考古学者がBC2万年頃に古代人がシベリアからベーリング海を渡って、南方移動し、アメリカ大陸に住み始めたと主張していると、SFC(San Francisco Chronicle)が紹介した。

会話が可能なBC38万年の頭蓋骨がザンビアで発見された。

会話が可能なBC38万年の頭蓋骨がザンビア(The Broken Hill cranium from Kabwe, Zambia)で発見されたと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

BC11万年の頭蓋骨の化石は、近代人サイズの舌下神経管を持っていた。

イスラエルのカバラ洞窟(Kebara cave)で発見されたBC11万年の頭蓋骨の化石は、近代人サイズの舌下神経管(hypoglossal canal)を持っていたと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

フランスで発掘された2体のネアンデルタールは話ができた。

フランスで発掘された2体のネアンデルタール(Neanderthal)はBC7万年と測定され、その化石には近代人のサイズの舌下神経管(hypoglossal canal)があり、話ができたことを暗示していたと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

BC1万2,000年頃のカリフォルニアは、沖の広大な島の一部であった。

BC1万2,000年頃の最後の氷河期の間カリフォルニアは、地質学者が「Santarosae」と呼ぶ、沖の広大な島の一部であったと、SFEC(San Francisco Examiner & Chronicle)の日曜版が報告した。

ペルーで発見された、人間の居住地サイトはBC9,600年であった。

ペルーで発見された、人間の居住地サイトはBC9,600年であったと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

ベーリング海を渡って4つの異なった家系の人が新世界にやってきた。

DNAの鑑定から、BC4万年からBC2万年にベーリング海(Bering Sea)を渡って4つの異なった家系の人種が新世界にやってきたと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

イルクーツク近くの川にある石がBC25万年の歴史があった。

シベリアのイルクーツク(Irkutsk)近くの川にある石がラジオアイソトープ調査でBC25万年であさかのぼることができる歴史があったと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

エチオピアのダカで、古代人の頭蓋骨を発見した。

エチオピアのダカ(Daka, Ethiopia)で、米国の文化人類学者ティム・D.ホワイト(Tim D. White)とベルファニ・アスファウ(Berhani Asfaw)のグループが古代人の頭蓋骨を発見した。

BC2万8,000年頃日本列島の土着民族であるアイヌが確認された。

BC2万8,000年頃日本列島の土着民族であるアイヌが確認されたと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

BC18万6,000年に氷河期が始まった。

BC18万6,000年に氷河期が始まったと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

BC18万6,000年頃に始まった氷河期が、BC12万年頃に後退を開始した。

BC18万6,000年頃に始まった氷河期が、BC12万年頃後退を開始したと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

マルタで、BC18万年のピグミー・カバと象の骨発見した。

マルタのマルサッシュロック(Marsaxlokk)港近くにあるGhar Dalam洞窟で、絶滅したBC18万年のピグミー・カバと象の骨が発見されたと、AM(Archeology Magazine)が報告した。

ネアンデルタールはBC60万年から50万年に、まだアフリカにいた。

近代人の先祖であるネアンデルタール(Neanderthals)はBC60万年から50万年に、まだアフリカで生活していたと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

イギリスのエクセスで、BC20万年の壊れた槍が発掘された。

1911年にイギリスのエクセス(Essex)Clacton-on-Seaで、BC20万年の壊れた槍が発掘されたと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

BC1万2,000年に、犬と人間が同棲していた化石を発掘。

犬と人間が同棲していたことが明らかになった化石は、BC1万2,000年に発掘されたと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

BC40万年に人間とオオカミの骨が同じ場所で見つかった。

BC40万年に人間とオオカミの骨が同じ場所で見つかっていると、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

13万5,000年前に人の周囲で犬が暮らしていた。

DNA調査の結果13万5,000年前に人の周囲で犬が暮らしていたことを証明したと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

BC78万年の人類の化石を発見。

スペインの科学者がBC78万年の人類の化石を発見したと報告した。

BC4万1,000年頃アフリカのスワジランド(で鉄を探し出した。

BC4万1,000年頃アフリカのスワジランド(Africa's Swaziland)で鉄を探し出したと考古学者が言ったと、SFEC(San Francisco Examiner & Chronicle)の日曜版が報告した。

最大の鼻音幅があったBC60万年の頭蓋骨の化石が発見。

エチオピアのボーデ(Bodo, Ethiopia)でBC60万年の頭蓋骨「Bodo Man, Ethiopia(Bodo D'Ar Acheulean)」の化石が発見され、その頭蓋骨はそれまでで最大の鼻音幅があったと、AM(Archeology Magazine)が報告した。

イギリスのボックスグローブで、BC50万年のサイ肩甲骨の化石を発見。

イギリスのボックスグローブ(Boxgrove, England)で、BC50万年のサイ肩甲骨「rhinoceros」の化石が発見されたと、AM(Archeology Magazine)が報告した。

北ラオスに、BC1万3,000年頃の何100もの石壺がある。

北ラオスのPlain of JarsにはBC1万3,000年頃の何100もの石壺があると、NH(Natural History)が報告した。

アジアで見つかった最古のホモ・サピエンス。

アジアで見つかった最古のホモ・サピエンス(Homo Sapiens)は、BC4万年であったと、NH(Natural History)が報告した。

中国のもっとも若いホモ・エレクトスが BC43万年に登場した。

中国のもっとも若いホモ・エレクトス(Homo erectus)が BC43万年に登場したと、NH(Natural History)が報告した。

ハワイのマウイ島にあるハレアカラ楯状火山がBC80万年に現れた。

ハワイのマウイ島にあるハレアカラ楯状火山(Haleakala shield volcano)がBC80万年に現れたと、SFCM(San Francisco Chronicle Magazine)が報告した。

中央シベリアの単純なツールが、BC37万年から26万年と特定された。

中央シベリアのDiring Yuriakhの氷土で発見された、unifacialなチョッパーとして知られる石の破片と単純なツールが熱ルミネセンス(thermoluminescence)によってBC37万年から26万年と特定されたと、AP通信が報告した。

日本の縄文文化で、稲作、金属の使用などが大陸から伝わってきた。

BC1万年からBC400年頃に日本の縄文文化(Jomon culture of Japan)で、稲作、金属の使用などが大陸から伝わり、狩猟・漁労・採集活動が行われたと、Archeology Magazineが報告した。

3万年前に北シベリアで人間の住居が見つかったと発表した。

ロシアの考古学アカデミーRussian Archeologist Yuri Mochanov of the Yakutish Academy of Sciencesが1981年に少なくとも3万年前に北シベリアで人間の住居が見つかったと発表したと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

小さな街の泥炭炭坑で、最古の木製槍を発掘した。

ドイツの研究者がShöningenという小さな街の泥炭(brown coal mine)炭坑で、最古の木製槍が見つけたと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

BC10万年にハワイで起こった激震で、4時間後に日本で大津波を起こした。

BC10万年にハワイで起こった激震が4時間後に日本で大きな津波を起こしたと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

トリニダード島は、BC1万1,000年からBC4,000年には南米の一部だった。

トリニダード島(Trinidad and Tobago)がBC1万1,000年からBC4,000年には南米の一部だったと、SFEC(San Francisco Examiner & Chronicle)の日曜版が報告した。

チリのモンテ・ベルデに住む人はBC1万800年から1万300年と特定。

チリのモンテ・ベルデ(Monte Verde, Chile)の村チームが、文化人類学(anthropologists)によってBC1万800年から1万300年と特定されたと、USA Todayが報告した。

ペンシルベニア州には、BC1万7,500年から人間が居住していた。

ペンシルベニア州のMeadowcroftサイトで、BC1万7,500年から人間が居住していたと、USA Todayが報告した。

BC3万3,000年頃の地震により、サンフランシスコ湾を形成し始めた。

BC3万3,000年頃巨大で破壊的な地震が発生し、ゴールデンゲート(Golden Gate)を作り始めたと、SFEC(San Francisco Examiner & Chronicle)の日曜版が報告した。

ゴールデンゲートに海水が流れて、初期のサンフランシスコ湾を形成した。

海洋水域の上昇により、ゴールデンゲート(Golden Gate)に海水が流れて、初期のサンフランシスコ湾を形成したと、SFC(San Francisco Chronicle)が1999年12月20日に報告した。

ロサンゼルスの地下トンネルでマストドンの歯とラクダ顎が見つかった。

ロサンゼルスの地下トンネルでBC28年前のマストドン(mastodon)の歯とラクダ顎(camel jaw)が見つかったと、ニューヨークタイムズ(New York Times)が報告した。

MesolithicとNeolithic民族が交錯した最も詳しい記録をデンマークで発見。

BC9,000年からBC8,000年のMesolithicとNeolithic民族の最も詳しい記録が、多数の沼沢地のあるデンマークにあったと、PacDis(Pacific Discovery)が報告している。

チェダーの洞窟で、BC1万年頃に加工された琥珀が発見された。

イギリスのロンドンから西に130マイル行ったチェダーの洞窟(Cave in Cheddar Gorge, England)で、BC1万年頃に加工された琥珀が発見されたと、PacDis(Pacific Discovery)は冬号で報告した。

モノ湖はBC76万年に存在していたことを証明した。

科学者がカリフォルニア州モノ湖(Mono Lake, Ca.)がBC76万年に存在していたことを証明したと、PacDis(Pacific Discovery)が報告している。

アルカリ性で塩分濃度の高い塩湖モノ湖がBC76万年にすでにあった。

カリフォルニア州にあるアルカリ性で塩分濃度の高い塩湖モノ湖(Mono Lake in California)がBC76万年にすでにあったと、PacDis(Pacific Discovery)が報告している。

BC60万年から25万年に、言語があった。

書籍「From Lucy to Language: The Record of Human Evolution, Simon & Schuster」で、ドナルド・ジョハンソン(Donald Johanson)とブレーク・エドガー(Blake Edgar )が、BC60万年から25万年に、言語があったと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

エチオピアでBC13万年に、本当のホモ・サピエンスが登場した。

ドナルド・ジョハンソン(Donald Johanson)とブレーク・エドガー(Blake Edgar)が著書「From Lucy to Language: The Record of Human Evolution.」で、エチオピアでBC13万年に、本当のホモ・サピエンス(Homo Sapiens)が登場したと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

BC9万年の陶器の年代が、かなり正確にわかるようになった。

BC9万年の陶器の年代が、カリウム・アルゴン・デート(Potassium-argon dating)と熱ルミネッセンス(thermoluminescence)を使用することで、かなり正確にわかるようになったと、SFEC(San Francisco Examiner & Chronicle)が報告した。

Carbon-14を使った放射性炭素年代測定法。

Carbon-14を使った放射性炭素年代測定法(carbon dating process)が4万年前まで測定できると、SFEC(San Francisco Examiner & Chronicle)の日曜版が報告した。

ソロ川で、ホモ・エレクトスと特定された化石を発掘した。

ジャワ人の街Ngandongの近くを流れるソロ川(Solo River)で、ホモ・エレクトスと特定されたBC5万3,000年から2万7,000年の化石を発掘したと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

BC60万年に火星が爆発し、微生物がメタンを作り出した。

火星からの隕石 「EETA 79001」を分析することにより、BC60万年に火星(Mars)が爆発し、微生物がメタンを作り出した証拠を発見したと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

2つの異なった文化を持つグループの猟師が一緒に住んでいた。

BC9,500年頃にリトアニア(Lithuania)のテリトリーで、2つの異なった文化を持つグループの猟師が移動してきて住んでいたと、Draugas, English Editionが報告した。

熱帯雨林はBC2万8,800年からBC1万2,200年に、氷河で覆われていた。

西アマゾン川の小さなパタ湖(Lake Pata)の沈殿物を1996年に分析し、豊富な熱帯雨林はBC2万8,800年からBC1万2,200年の北半球氷河期に氷河で覆われていたと、ミシガン大学(Univ. of Michigan)のUniversity of Michigan Center for Great Lakes and Aquatic Sciencesが報告した。

ネアンデルタールとホモ・サピエンスが先祖と分かれた。

ネアンデルタール(Neanderthals/Homo neanderthalensis)とホモ・サピエンス(Homo Sapiens)がBC20万年に、一般的な先祖と分かれたと推測されたと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。。

国連総会特別本会議で「包括的核実験禁止条約」の最終案を採択。

CTBT(Comprehensive Nuclear-Test-Ban Treaty/包括的核実験禁止条約)とは、宇宙空間、大気圏内、水中、地下を含むあらゆる空間における核兵器の実験的爆発及び他の核爆発を禁止する条約で、この条約の趣旨及び目的を達成し、この条約の規定の実施を確保する等のために、CTBTO(Preparatory Commission for the Comprehensive Nuclear-Test-Ban Treaty Organization/包括的核実験禁止条約機関)が設立された。

また、条約の遵守について検証するために、国際監視制度、現地査察、信頼醸成措置等から成る検証制度を設けている。

国連総会特別本会議で1996年09月10日に、CTBTの最終案を採択した。
日本は1996年09月に署名、1997年07月に批准した。

ユタ州のラホンタン湖が、BC1万2,000年頃に水位が最高になった。

ユタ州の北西に広がるラホンタン湖(Lake Lahontan)が最後の氷河期でBC1万2,000年頃に最終段階となり、水位が最高になったと、NH(Natural History)が報告した。

BC2万年からBC1万年を一般にウエットな時代と規定した。

BC2万年からBC1万年を一般にウエットな時代(generally wet period)と、NH(Natural History)が規定した。

BC78万年の人類の化石を発見。

スペインの科学者がBC78万年の人類の化石を発見したと報告した。

ジャワ諸島フロレス島でBC80万年に初期の人間がいた。

オランダの考古学者がインドネシアのジャワ諸島フロレス島(island of Flores)でBC80万年に初期の人間がいたことを証明した証拠を提示したと、PacDis(Pacific Discovery)が報告している。

アイルランド・エルクが温暖な気候でBC8,600年頃から生息し始めた。

アイルランド・エルク(Irish Elk/Megaloceros giganteus)が温暖な気候のヨーロッパと西アジア中でBC8,600年頃から生息し始めたと、NH(Natural History)が報告した。

メガロセロス・ギガントスの最後の生息記録。

アイルランドでメガロセロス・ギガントス(Megaloceros giganteus)と呼ばれる「エルク(Elk )」の最後の生息記録が1万600年前まで残っていたと、NH(Natural History)が報告した。

フランスのピレーネ山脈Le Portalにある洞窟絵画をマドレーヌ文化と規定した。

フランスのピレーネ山脈Le Portalにある洞窟絵画が、放射性炭素調査によってBC9,600年頃の洞窟絵画末期になり、その時期を「Magdalenian(マドレーヌ文化)」と呼ぶとNH(Natural History)が報告した。

フランスのショーベにある洞窟絵画は、約BC3万400年。

フランスのショーベ(Chauvet, France)にある洞窟絵画は、放射性炭素日付により、約BC3万400年とされ、初期Aurignacian文化時代(Aurignacian cultural period)の洞窟アートであると、NH(Natural History)が報告した。

四川涪陵区Gaojiaで、BC10万年の1,000以上ツールが見つかった。

揚子江が大きくうねる四川涪陵区Fengdu近くのGaojiaで、BC10万年の小さな石でできた1,000以上ツールが見つかったと、NH(Natural History)が報告した。

BC9万年に人間がレバント地方(Levant)かヨーロッパ本土に移住した。

BC9万年に人間がレバント地方(Levant)かヨーロッパ本土に移住したと、NH(Natural History)が報告した。

パプアニューギニアの石器文化は、BC5万年に始まった。

パプアニューギニア(Papua New Guinea)の石器文化は、BC5万年に始まったと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

フランス中央部で発掘された石器は、それまでよりかなり洗練された。

フランス中央部で1950年代に発掘されたBC3万4,000年頃のネアンデルタール(Neanderthal)には、同時にそれまでよりかなり洗練された石器が発見されたと、Newsweekが報告した。

氷河は.北米でニュージャージーからシアトルまで後退を開始。

BC1万6,000年を過ぎると氷河は北米でニュージャージー(New Jersey)からシアトル(Seattle)まで後退を開始したと、NH(Natural History)が報告した。

ヨーロッパ、北米、中近東、中国で亜種オオカミのを飼いならした。

1985年に「家庭犬の起源(Origins of the Domestic Dog)」を発行したZooarchaeologyのスタンリーJ.オルセン(Stanley J. Olsen)が古代狩猟民がBC1万3,000年からBC8,000年に北ヨーロッパ、北米、中近東、および中国で様々な亜種オオカミのを飼いならしたと、NH(Natural History)が報告した。

ボンヌヴィル湖が、のユタ州、ネバダ州、アイダホ州を覆っていた。

BC2万3,000年頃はボンヌヴィル湖(Lake Bonneville)が、現在のユタ州、ネバダ州、アイダホ州を覆っていたと、NH(Natural History)が報告した。

BC70万年にカリフォルニア州のロング・バレーで火砕流が発生。

BC70万年にカリフォルニア州のロング・バレー(Long Valley)で火砕流(pyroclastic flow)が発生したと、PacDis(Pacific Discovery)が報告した。

東半分のマウイが約100万年前にできたことを理論づけた。

ハレアカラ(Haleakala)の噴火で、東半分のマウイ(Maui)約100万年前にできたことを理論づけた。

BC11万7000年の人間による足跡が発見された。

南アフリカのケープタウンから60マイル離れたLangebaan Lagoonで、BC11万7000年の人間による足跡が発見された。

SFCは、BC13万年からBC3万年を中石器時代と設定した。

BC13万年からBC3万年をMSA(中石器時代(The Middle Stone Age)と、SFC(San Francisco Chronicle)が設定した。

BC10万年頃の槍のような武器を発掘した。

アフリカの 東ザイール(現在はコンゴ共和国)のLake Rutanzige(Edward Lake)近くで、BC10万年頃の槍のような武器を発掘したと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

ワシントン州のセント・ヘレナ山がBC1万3,000に噴火した。

ワシントン州のセント・ヘレナ山(Mount St Helens, in Washington State USA)がBC1万3,000に噴火したと、米国のスミソニアン協会(Smithsonian Ass.)が報告した。

BC1万3,000年にミズーラ湖が大氾濫した。

BC1万3,000年にミズーラ湖(Lake Missoula)が大氾濫したと、米国のスミソニアン協会(Smithsonian Ass.)が報告した。

白鳥座(the Cygnus Loop)でBC1万3,000年頃に超新星が爆発した。

NASAのJeff Hesterは、白鳥座(the Cygnus Loop)でBC1万3,000年頃に超新星(supernova)が爆発したと報告した。

カナーボン国立公園でBC1万7,500年頃の人工物を発掘した。

D.J.マルヴェイニー博士(Dr. D.J. Mulvaney)が1961年と1964年にオーストラリアのクイーンズランドにあるカナーボン国立公園(Carnarvon National Park)でBC1万7,500年頃の人工物を発掘したと、San Francisco Chronicle Magazineが報告した。

南部オーストラリアの岩石で発見された彫刻は、BC4万2,700年。

San Francisco Examiner & Chronicleは、1992年に南部オーストラリアの岩石で発見された彫刻は炭素測定の結果、BC4万2,700年であったと報告した。

五大湖(Great Lakes)がBC1万3,000年頃できてきた。

五大湖(Great Lakes)がBC1万3,000年頃できてきたと、NH(Natural History)が報告した。

マンモスの象牙で作られたドットのサークル模様はBC1万3,000年頃で。

シベリアのイルクーツク州(Irkutsk District)で、バイカル湖(Lake Baikal)の近くにあるベラヤ川(Belaya river)沿いのマルタ(Mal'ta/село Мальта)で発掘された、マンモスの象牙で作られたドットのサークル模様はBC1万3,000年頃であると報告した。

Divje Babe siteでBC4万3,000年頃に熊の骨で作られたフルートを発掘した。

スロベニアのイドリカ川(The Idrijca River in Slovenia)の渓谷にあるDivje Babe siteで考古学者のIvan Turkが、BC4万3,000年頃に熊の骨で作られたフルートのような楽器を発掘した。

新石器時代をWorld Historyが規定した。

BC1万年からBC3.500万年を新石器時代(Neolithic/New Stone Age)と、World Historyが規定した。

The Nez Perceは、BC1万年頃フランスから来た。

The Nez Perceは北米インディオのSahaptinファミリーで、BC1万年頃フランスから来ていたと、Webster's Unabridged Dictionaryが報告した。

中石器時代を「World History, 4th ed., 1994」が規定した。

BC1万5,000年からBC1万年を中石器時代(The Mesolithic or Middle Stone Age)と、D.C. Heath著の「World History, 4th ed., 1994」が規定した。

イラクのザグロス山で、墓から8種類の花粉粒を採取した。

イラクのザグロス山(Zagros mountains)にある大きな洞窟Shanidarで発掘されたBC6万年の男性ネアンデルタールの墓から、8種類の花粉粒を採取したと、WH(World History)が報告した。

新疆ウイグルで男女のミイラ10数体が発見された。

新疆ウイグル自治区郡善県(Xinjiang Uygur Autonomous Region Qiemo)の火焔山の中腹で、2千年以上前のものと見られる男女のミイラ(Mummy)10数体が発見された。

「巫山猿人」が発見された。

1985から86年にかけて「長江山峡古代生物考察隊」が巫山県内の龍骨坡遺跡で発掘調査を行ったところ、約200万年前に生息していた古いタイプの人類の化石を発見した。

BC3万5,000年頃の男達は絶え間ない争いに明け暮れていた。

Charles Van Doren(1926 - )著のHistory of Knowledge, 1991, Ballantine Books, N.Y.は、BC3万5,000年頃の男達は絶え間ない争いに明け暮れていたと報告した。

江西省で商時代の大規模墳墓が発見された。

新華社は「江西省で商時代の大規模墳墓が発見された」と報じた。
江西省吉安市新干県大洋洲郷で砂を採取していた農民が1989年9月に遺跡を発見した。

ティラノザウルスREXの骨格化石が発見された。

History Channelは2016年08月12日に、化石ハンターのスーザン・ヘンドリクソン(fossil hunter Susan Hendrickson)は、サウスダコタのファイス(Faith, South Dakota)にある断崖近くで、突き出ている3つの莫大な骨格を発見した。

それらは、その発見者の後で、これまで発見されたことがある過去最大のティラノザウルスREX骨格(Tyrannosaurus rex skeleton)で、6500万年前のスー(Sue)の一部であると判明した。

驚異的に、スーの骨格は完全な90%より多くあり、極めて保存がよかった。

スイスのベルン大学には、BC1万年からの氷が格納されている。

スイスのベルン大学(Bern - Institut für Exakte Wissenschaft/Climate and Environmental Physics, Physics Institute, University of Bern)には、BC1万年からの氷が格納されているとJonathan Weiner著の「The Next One Hundred Years」は報告している。

北スカンジナビアの広大な氷が海の中に消え、海面が毎世紀10フィート上昇。

北スカンジナビアの広大な氷「Barents Ice Shelf」がBC1万3,000年頃に崩れ、海の中に消えたため、5世紀に渡って海面が毎世紀10フィート上昇したと、Jonathan Weiner著の「The Next One Hundred Years」は報告している。

BC1万6,000年頃に、マンハッタン島は分厚い氷の下であった。

氷河が最大になっていたBC1万6,000年頃に、マンハッタン島は分厚い氷の下であったとJonathan Weiner著のThe Next One Hundred Yearsは報告している。

BC5万年にはアフリカの人間より、ホモ・サピエンスが2倍賢くなっていた。

BC5万年には、アフリカの人間より、ホモ・サピエンス(Homo Sapiens)が2倍賢くなっていたと、Jonathan Weiner著「The Next One Hundred Years」が報告している。

家畜化と農耕の普及直前をナトゥフ文化段階を規定した。

BC1万年を動物の家畜化と農耕の普及直前の「ナトゥフ文化(Natufian cultural)」段階と、NG(National Geographic)が規定した。

フランスのラスコーの洞窟の洞窟アートがBC1万5,000年頃と規定した。

フランスのラスコーの洞窟(Lascaux caves)の洞窟アートがBC1万5,000年頃と、NG(National Geographic)が規定した。

BC1万6,000年頃に、最後の氷河期が最大になった。

BC1万6,000年頃の様子を解説し、最後の氷河期が最大になったと、NG(National Geographic)が報告した。

マドレーヌ文化時代を規定した。

BC1万8,000年から1万1,000年をマドレーヌ文化時代(Magdalenian cultural period)と、NG(National Geographic)が規定した。

BC1万8,000年を兵器デザインの革新が起こった。

BC1万8,000年を兵器デザインの革新が起こったと、NG(National Geographic)が報告した。

gaYa広告
総件数:913最初12345678910最後