on-the-time.jp

パタゴニアで1億4000万年前のワニの化石を発見した。

BBCは、パタゴニアで1億4000万年前のワニの化石を発見し、「 Remains of ''Godzilla'' croc found」と報告した。

BC1万900年ころの磁気を持った金属球が大量に見つかった。

ミシガン州、カナダ、アリゾナ州、ニューメキシコ州、カロライナ州で北米のマンモスを大量に殺したかもしれない彗星が衝突したときに見つかる磁気を持ったBC1万900年ころの金属球(magnetic metal spherules, for a comet impact)が大量に見つかったと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

彗星のように大量の鉄隕石が地球を襲った。

BC3万9,000年に250光年離れたところで超新星(supernova)が誕生し、衝撃波と共に7,000年後、彗星のように大量の鉄隕石が地球を襲ったと、米国エネルギー省(U.S. Department of Energy)のバークレー研究所(Berkeley Lab)が報告した。

人間とチンパンジーが同じ環境で共に生息していたことを特定した。

BC51万2000年からBC51万年のチンパンジーの歯と石器を西アフリカのハイランド地域グレート・リフト・バレー(Great Rift Valley)で発見し、チンパンジーが同様の環境で人間と共に生息していたことを特定したと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。。

史上最大の大量絶滅時代シミュレーションを作成した。

コロラドのNCAR(米国大気研究所/the National Center for Atmospheric Research)の科学者Dr. Jeffrey Kiehlが史上で最も大きい大量絶滅時代を詳細に表現した、空前の地球気候を示すコンピュータ・シミュレーションを作成したと報告した。

オーストラリアで巨大動物の約85%が絶滅した。

オーストラリアでBC4万8,000年から4万4,000年に、100ポンド以上の重さがある陸居住巨大動物(Megafauna Australia)の約85%が絶滅したと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

BC3万8,000年の人間の足跡がメキシコの火山灰で発見した。

LJMU(リバプール・ジョン・ムーア大学/Liverpool John Moores University)のシルビア・ゴンザレス博士(Dr.Silvia Gonzalez)を中心とした研究グループが2003年にメキシコのCerro Toluquilla火山の火山灰で発見した人間の足跡が、BC3万8,000年であったとブリストル大学(University of Bristol)が報告した。

チェコで、ネアンデルタールの特徴がある末期の骨を発掘した。

チェコ共和国のMladecにある洞窟(Mladec Caves/Mladecske jeskyne)でネアンデルタールの特徴がある末期の骨を発掘したと、SSFC(Sunday SF Chronicle)が報告した。

有史以前の巨大なラクダの骨を発掘した。

コロラドとカンザスの境界の近くで研究していたカンザス大学(Kansas University)の考古学者McLeanが、有史以前の巨大なラクダの骨を発掘したと、AP通信が報告した。

アフリカからBC6万5,000年頃、東南アジアまで海岸を移動していった。

Geneticists in 2005からの情報として、DNA調査により、アフリカからBC6万5,000年頃、紅海、インド、東南アジアまで海岸を移動していったと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

世界最古と思われる石器時代のポルノグラフィを発掘した。

ドイツのHarald Staeuble of the Archaeological Institute of Saxonyの考古学者Adonis von Zschernitzは世界最古と思われる石器時代のポルノグラフィを発掘したと報告した。

紅海で発見した古代エジプト時代の船の調査レポート。

ボストン大学(Boston University)のチームが2004年12月に紅海のMersa Gawasis湾にある洞窟Wadi Gawasisサイトの中で発見した古代エジプト時代の船について、調査レポートをNewScientist.com NEWSFLASHが報告した。

ティラノザウルスの血管と細胞復元に成功?

これまで恐竜の研究は化石からだけだったが、ノースカロライナ州立大学リード研究者Mary Higby Schweitzerが、ティラノザウルスの血管と細胞であるかもしれない7000万年前の軟組織を復元したと報告した。

1万8,000年前の古代人は、より高い思考過程と一致した。

インドネシアのバリのフロレス(Flores)島東にある鍾乳洞で2004年10月にオーストラリアの University of New Englandのマイク・モーウッド教授(Professor Mike Morwood)を中心としたオーストラリアとインドネシア・チームが発見した、1万8,000年前の古代人(Homo floresiensis)頭蓋骨を初めて科学的に調査した結果、より高い思考過程と一致した解剖学的特徴を示したと、ENSが報告した。

1967年にエチオピアで発見されたヒト化石は19万5000年と推定。

1967年にエチオピアで発見されたヒト化石は、2005年に19万5000年と推定されたと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

BC1万1,000年頃に、ベーリング海峡が海に戻った。

最後の氷河期がBC1万3,000年頃に始まり、BC1万1,000人頃に温暖化によって氷が溶け出し、ベーリング海峡が海に戻ったと、South Carolina Sea Grant Consortiumは、Coastal Hertage Volume 19, Number 4,Spring 2005で報告した。

イギリスの科学雑誌「Natur」が、世界最古の楽器を紹介した。

イギリスの科学雑誌「Natur」が、ドイツで発見さられた3万年前のぞうげフルートは最も古い器具だと紹介した。

イランのダム建設で遺跡が埋没。

The Art Newspaperは、イランで建設されている85のダムのうち、少なくても5つはイランの文化的遺産を飲み込もうとしている、例えば2005年3月に完成するSivandダムは、2004年7月にUnescoの世界遺産リストに登録されたBC6世紀のAchaemenidsの中心地とキュロス大王の宮殿(residence of Cyrus the Great)が水没する、また、ペルセポリスへの有名なインペリアル・ルートの一部も水没すると報告している。

女性の骨盤に、矢尻が埋め込まれて発見された。

シシリー島のサンテオドロ洞窟(Grotta di San Teodoro/San Teodoro Cave, Sicily)で、BC1万1,000頃に埋葬された女性の骨盤に、矢尻が埋め込まれて発見されたと、Annali dell'Università degli Studi di Ferrara
Museologia Scientifica e Naturalisticaが報告した。

BC3万5,000年頃のマンモスの象牙から作られたフルートを発掘した。

ドイツのテュービンゲン大学(Universität Tübingen)の考古学者ニコラス・コンラード(Nicholas Conard)がBC3万5,000年頃のマンモスの象牙から作られたフルートが南ドイツのウルム(Ulm )の近くにあるシュバンビアン・ジュラ山(Swabian Jura mountains/Lemberg)にある洞窟から発掘されたと、AP通信が報告した。

TopperサイトでBC4万8,000年頃の人間による居住地を確認した。

Athena Reviewは、サウスカロライナ州アレンデイル・カウンティーのサヴァナ川(Savannah River in Allendale County, SC)に沿ったTopperサイトでBC4万8,000年頃の人間による居住地に関する証拠を見つけたと考古学者Albert Goodyear (University of South Carolina.)が主張したと報告した。

ネアンデルタールの由来討論。

A.Word.A.Dayがネアンデルタール(Neanderthal)の由来を解説した。

ヨルダン高原で、BC1万年頃に狩猟と採集の両方を行っていた。

ヨルダン高原のWadi Hammehと呼ばれたサイトで、民がBC1万年頃に狩猟と採集の両方を受け入れていたと、NH(Natural History)が報告した。

ホモ・エレクトスがインドネシアでBC2万3,000年頃までいた。

ホモ・エレクトス(Homo erectus)がインドネシアでBC2万3,000年頃まで生き残っていたと、AM(Archeology Magazine)が報告した。

フロレス洞窟で高さ1m、25 kgの成人女性骸骨が発掘された。

北西オーストラリアの東に位置し、ジャワとの間にある赤道の島フロレス(island of Flores)の洞窟でBC1万8,000年に高さ3.3フィート(1m)、55ポンド(25 kg)の成人女性骸骨が発掘されたと、AP通信が報告した。

古代鳥類はどのように飛び回った?

新華網は2、中国遼河の西部で発見された1.2億年前の古代鳥類化石について、どのように飛び回っていたか?

ギリシャの南部にあるPeloponneseで、粘土囲炉裏が約70カ所確認。

ヨーロッパとイスラエルの調査チームによって、ギリシャの南部にあるPeloponnese(Πελοπόννησος/Peloponnesus/ペロポネソス)の北西部峡谷の洞窟Klisoura Cave1で、BC3万2,000年からBC2万1,000年の粘土囲炉裏が約70カ所確認されたと、BBC Newsが報告した。

6世紀の木製の幼櫛についていた人間のアタマジラミ。

エジプトのAntinoe市にあった墓で発見された6世紀の木製の幼櫛についていた人間のアタマジラミのクローズアップ写真がNSF(National Science Foundation/全米科学財団)から公開された。

世界最初の「人権の特権」に関して記述を発見した。

The Art Newspaper.comは、イギリスのBM(British Museum/大英博物館)に保管されている、ペルシャ人によってCyrusが征服された後のバビロニア人の慈悲深い処置について紀元前539年にペルシャで書かれ、その内容から世界最初の「人権の特権」に関して記述されたということで有名な粘土シリンダー「Cyrus Cylinder」について、大英博物館のディレクターNeil MacGregorが、テキストには「powerful modern resonances in the context of current conflicts in the region(パワフルで現代的な文には、地域の対立と協調)」があると解説している。

氷河融氷水のダムが、ワシントン州とオレゴン州で何度もあふれた。

BC1万5,000年からBC1万3,000年頃に氷河から出た融氷水のダムがワシントン州とオレゴン州で何度もあふれ出し、土地を浸食したと、California Wild, Magazine of the California Academy of Sciencesが報告した。

ユカタン半島の洞窟でBC1万1,000年頃の骸骨が発見された。

メキシコ市で開催された「Early Man in America Seminar」で、メキシコのユカタン半島の洞窟でBC1万1,000年頃の骸骨が発見されたと、Mexico's National Institute of Anthropology and Historyが報告した。

ケニアのOlorgesalieで、小さい大人の頭蓋骨の断片を発見した。

ケニアのOlorgesalieで、米国人、イギリス人とケニア人のグループが、ホモエレクトス(Homo erectus)のいくつかの特性をもっている小さい大人の頭蓋骨の断片を発見したと、AP通信が報告した。

BC50万年に起こった噴火で北カリフォルニアの溶岩洞ができた。

BC50万年に起こったメディスン・レイクの噴火(Medicine Lake Volcano)で、北カリフォルニアの溶岩洞ができたと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

イスラエルのガリラヤ湖岸で、BC2万1,000年頃食料に大麦っを使用。

イスラエルのガリラヤ湖岸(Sea of Galilee)で石器時代の調査をしたエール大学(Yale University)考古学部(Department of Anthropology)のレポートを公開し、Ohalo IIサイト(Ohalo II site)でBC2万1,000年頃に食料として大麦の使用し、その他の種も発掘したと、PNASが報告した。

北京原人の骨を発見した。

北京から50km(30マイル)南西にある房山(Zhoukoudian)のThe Dragon Bone Hill(龍骨山)の洞窟Longushan caveで、BC67万年〜40万年の「北京原人(Homo erectus pekinensis/ホモ・エレクトス・ペキネンシス)」の骨を1920年〜1930年に発見したと、AM(Archeology Magazine)が報告した。

南アフリカのブロンボス洞窟で、BC7万5,000年頃の装飾用のビーズを発見した。

南アフリカのブロンボス洞窟(Blombos Cave)で発掘された骨には、石を使ったBC7万5,000年頃の加工品は複雑な挙動を示したエッチングがあり、装飾用のビーズであったと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

オレゴン州のPaisley近くにある洞窟で、「糞の化石」を発掘した。

オレゴン州のPaisley近くにある8つの洞窟で、BC1万4,300年頃ころの人間の「糞の化石」を発掘したと、Seattle Timesが報告した。

「北京原人」がBC60万年から30万年に、火を使っていた。

中国の房山(Zhoukoudian)で発掘された遺跡から、「北京原人(Homo erectus pekinensis/ホモ・エレクトス・ペキネンシス)」がBC60万年から30万年に、すでに火を使っていたことが明らかになり、火を食習慣で実践していたと、NH(Natural History)が報告した。

人間の単一先祖である女性「ミトコンドリアル・イブ」調査。

2000年にすべての人間の単一先祖である女性「ミトコンドリアル・イブ(Mitochondrial Eve)」をさかのぼった。

「アダム(Adam)」が、BC5万7,000年ころセックスをして子供を作った。

「アダム(Adam)」と愛称で呼ばれたY染色体を持つアフリカの男性が、BC5万7,000年ころセックスをして子供を作ったと、科学者が2000に発表したと、NH(Natural History)が報告した。

Texas Gulf CoastでBC3万6,000年に死んだと考えられるマンモスを発見した。

テキサスA&M大学センター(exas A&M University's Center)の学生と考古学者チームがTexas Gulf CoastでBC3万6,000年に死んだと考えられるマンモスを発見したと、AP通信が報告した。

最後の氷河期時代で氷が、BC2万3,000年から1万8,000年が最大になった。

最後の氷河期時代(Last glacial period/Last Ice Age)で氷が覆っていた部分は、BC2万3,000年から1万8,000年が最大であったと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

シベリアにあるヤナ川でBC2万8,000年頃の狩猟場を発見した。

Arctic Circle(極地)から北に300マイル上ったシベリアにあるヤナ川(Yana River, Siberia)でBC2万8,000年頃の狩猟場らしき場所を発見したと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

ビッグ・スモーキー・バレーで、BC1万年頃の岩石彫刻を発見した。

ネバダ州のビッグ・スモーキー・バレー(Big Smokey Valley of Nevada)で、BC1万年頃の岩石彫刻を発見したとUS Dept. of the Interior, brochure, Battle Mountain, Nevadaが報告した。

Aveline's Holeの洞窟で発見された人骨は、BC1万200年から1万400年。

南イングランドのMendip HillsにあるAveline's Holeの洞窟で発見された人骨は、BC1万200年から1万400年だと、AP通信が報告した。

BC7万年頃に人間のアタマジラミとヒトジラミが分岐した。

BC7万年頃に人間のアタマジラミ(head lice)とヒトジラミ(body lice)が分岐したと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

粘土でできた約7000年前の最初の男の彫像を発掘した。

粘土でできた約7000年前の最初の男の彫像をAdonis von Zschernitzが発掘した。ananovaは2005年4月4日に、ドイツのHarald Staeuble of the Archaeological Institute of Saxonyの考古学者Adonis von Zschernitzが世界最古と思われる石器時代のポルノグラフィを発掘したと報告した。

ルーマニアでBC3万6,000年からBC3万4,000年に人が生活していた。

現在のルーマニアであるPeştera cu Oase, Romaniaで、BC3万6,000年からBC3万4,000年に人が生活していたと見られる洞窟が2002年に発見されたと、PeproTechが報告した。

エチオピアで発見された人間の骸骨の年代判明した。

1997年にエチオピアで発見された人間の骸骨の化石はBC16万年からBC15万4,000年であったと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

アフリカからBC14万年に移動し始め、BC8万年まで続いた。

DNA調査からの情報として、狩猟採集民グループがアフリカからBC14万年に移動し始め、BC8万年まで続いたと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

イタリアの火山灰からBC35万年の足跡が発見された。

イタリアのロカモンフィナ火山(the Roccamonfina volcano in Italy)の火山灰からBC35万年の足跡が発見されたと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

ニューヨークの古代生物学研究所のWebサイトが登場した。

ニューヨークの古代生物学研究所として、マストドンの関連の研究、turritelline腹足類動物を見る研究、および特定しにくい化石を含む数人の異なった研究者の仕事に関する簡潔な情報を提供しているWebサイトが登場した。

メキシコ市で今から約1万3,000年前の若いPeñon女性が発見された。

1959年に中央メキシコのメキシコ市(Mexico City)の空港の近くで、発見された26歳くらいの若いPeñon Womanは、今から約1万3,000年前であるBC1万1,000年頃のものであったとScience EditorのSteve Connorが言ったと、イギリスのThe Independentが報告した。

BC1万5,000年頃に、人間と犬が協力し始めた。

BC1万5,000年頃に犬が何人かの人間と問題解決のために協力し始めたと、WSJ(Wall Street Journal/ウォール・ストリート・ジャーナル)が報告した。

カリフォルニアのMillbrae発見した象の骨の化石は、BC10万年。

カリフォルニアのMillbraeで建設労働者が1943年にむき出しで発見した象の骨の化石は、BC10万年のモノであったと、The Independent, serving Daly Cityが報告した。

スマトラのトバ火山が大爆発し、世界の人口が減った。

インドネシアのスマトラにあるトバ火山(Toba volcanic)がBC7万4,000年頃に大爆発したと、DC(Discovery Channel)が報告した。

紀元前8000年から西暦1500年までの人間について網羅した本を出版した。

バリー・カンリフ(Barry Cunliffe)が紀元前8000年から西暦1500年までを網羅した、約600ページで346点の図版が挿入された「Facing the ocean: the Atlantic and its peoples, 8000 BC-AD 1500」をOxford University Pressから出版した。

頭蓋骨骨折したネアンデルタールは生きていた。

1979年にフランスのセント・セゼール(Saint Césaire, France)で発見されたBC3万4,000年頃のネアンデルタール(Neanderthal)は、頭蓋骨骨折をしていたが、生存していたことを示していたと、WSJ(Wall Street Journal/ウォール・ストリート・ジャーナル)が報告した。

アフリカからアジアやヨーロッパに人の大移動が最初に起こった。

科学者がDNA調査することにより、BC840,000〜BC420,000年にアフリカからアジアやヨーロッパに人の大移動が最初に起こったことが明らかになったと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

BC1万1,500年から1万200年頃の人間によるマンモスの屠殺場を発掘した。

ウィスコンシン州ケノーシャ(Kenosha, Wisc.)の近くで、BC1万1,500年から1万200年頃の人間によるマンモスの屠殺場(butchery)を発掘したと、AM(Archeology Magazine)が報告した。

3個の縁とリングの上に鉤を示した骨を発掘した。

アフリカの 東ザイール(現在はコンゴ共和国)のLake Rutanzige(Edward Lake)近くで、 Great Rift ValleyにあるKatanda地区でBC8万年頃のシャフトに結ぶためにベースとして、3個の縁とリングの上に鉤を示した骨を発掘したと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

南アフリカのブロンボス洞窟で、洗練されたBC7万5,000年の加工品を発掘した。

南アフリカのブロンボス洞窟(Blombos Cave)で骨を石を使って加工し、切り分けシンボリックな考えを示し、洗練されたBC7万5,000年の加工品が発掘されたと、NSF(National Science Foundation全米科学財団)が報告した。

家庭で飼われていたBC1万4,000年頃の犬の化石を発見した。

ドイツのボン(Bonn-Oberkassel)にある埋葬地で家庭で飼われていたBC1万4,000年頃の犬の化石が発見されたと、archaeology.about.comが報告した。

スペインのアルタミラ洞窟の壁画はBC1万2,500年頃に描かれた。

1879年に弁護士で、アマチュア考古学者であったDon Marcelino Sanz de Sautuola(1831 - 1888)によって発見されたスペインのアルタミラ洞窟(Altamira Cave)の壁画はBC1万2,500年頃に描かれたと、WSJ(Wall Street Journal/ウォール・ストリート・ジャーナル)が報告した。

Mamontovaya KuryaでBC2万8,000年頃にキャンプをした跡を発見した。

ロシアとノルウェーの考古学者がウサ川(Usa River)のMamontovaya KuryaでBC2万8,000年頃にキャンプをした跡を発見したと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

BC15万年に人類がアフリカから移動を開始した。

BC15万年に人類がアフリカから移動を開始したと、WSJ(Wall Street Journal/ウォール・ストリート・ジャーナル)が報告した。

巨大な有袋類「Diprotodon」の化石が発掘された。

高さが2〜3mもあったと言われるBC5万1,000年頃の巨大な有袋類「Diprotodon」の化石がニュー・サウス・ウェールズのコックス・クリーク( Cox's Creek in New South Wales)で発掘されたと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

BC5万3,000からBC4万5,000年にオーストラリアで巨大動物を殺した。

BC5万3,000からBC4万5,000年にオーストラリアにいた古代人が、巨大動物(Megafauna Australia)を破壊したと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

Gravettian文化時代をAM(Archeology Magazine)が設定した。

BC2万6,000年からBC2万年をGravettian文化時代(Gravettian cultural period)と、AM(Archeology Magazine)が設定した。

フランスのCussac洞窟で、2万2,000年前の5体の骨を発掘した。

フランスのDordogne regionのLe Buisson de CadouinにあるCussac洞窟(cave of Cussac)で、新石器時代の地層から2万2,000年前の5体の骨を発掘したと、Marc Dellucが発表した。

BC40万年にお互いのコミュニケーションを可能にしていた。

ホモ・エレクトスの頭蓋骨(homo erectus skull)を調査した研究者が、BC40万年にお互いのコミュニケーションを可能にしていたと発表したと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

第2の波としてBC3万8,000年人間がヨーロッパにやってきた。

第2の波としてBC3万8,000年の石器時代に人間が中央アジアと中東から、ヨーロッパにやってきたと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

BC9,500年からBC6,100年に栄えたAbu HureyraはTaqbaダムで水没した。

Jerf el-Ahmarより40マイル川下でBC9,500年からBC6,100年に栄えたNeolithicサイトAbu Hureyraも1970年代にTaqba Damの建設で水没していると、Archeology Magazineが報告した。

世界最古の古代遺跡Jerf el-Ahmarがダムの下に沈んだ。

ユーフラテスの曲がり角にある世界最古の歴史があるBC9,600年からBC8,500年の古代遺跡Jerf el-Ahmarが、いくつもの村と共に、ダムの下に沈んだと、Archeology Magazineが報告した。

アンダルシアでBC2万8,000年頃のネアンデルタールを発掘。

スペインのアンダルシア(Andalucia, Spain)にあるZafarrayaサイトでBC2万8,000年頃のネアンデルタールを発掘したと、AM(Archeology Magazine)が報告した。

メキシコのポポカテペッル火山がBC2万1,000年頃に噴火した。

メキシコのポポカテペッル火山(Popocatepetl volcano)がBC2万1,000年頃に、1980年にワシントン州のセント・ヘレナ山(Mount St Helens, in Washington State USA)が噴火したと同じような噴火があったと、USGS(U.S. Geological Survey/米国地質調査所)が報告した。

BC8万年〜7万年に人口母集団が突然低下した。

2000年に実施されたMitochondrial DNA(mtDNA/ミトコンドリアの突然変異率/the mutation rate of mitochondria evaluated) in 2000の証拠から、BC8万年〜7万年に人口母集団が突然低下したと、DC(Discovery Channel)が報告した。

もっとも初期の装身具はBC4万年頃に登場した。

解剖学的に研究した結果、もっとも初期の装身具はBC4万年頃に登場したと、AM(Archeology Magazine)が報告した。

世界最初のオイスター・バーを発掘した。

エリトリアの紅海海岸(Red Sea coast of Eritrea)に沿った化石礁で1999年に発掘したBC12万5,000年に人間が道具として使った石器が、「世界最初のオイスター・バー(world's first oyster bar)」であったことを特定したと、テキサス大学オースチン校(University of Texas at Austin)のInstitute for Geophysicsの研究チームが報告した。

リッチモンドで古代に人が住んでいた根拠が発見された。

バージニア州リッチモンドから南に45マイルのThe Cactus Hill siteはBC1万7,000年からBC1万5,000年に、人が住んでいた根拠が2000年に発見されたと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

Pedra Farudaで発掘された人間の歯と頭蓋骨の断片がBC1万3,000年であった。

Niede Guidonが1970年に発掘を開始したブラジルのピアウイ州にあるPedra Farudaで発掘された人間の歯と頭蓋骨の断片がBC1万3,000年であったと、SFEC(San Francisco Examiner & Chronicle)の日曜版が報告した。

Pedra FarudaにあるキャンプファイアーはBC4万8,000年と特定された。

ブラジルのピアウイ州Pedra Farudaにあるキャンプファイアーの「Charcoal」は、1987年に炭素からBC4万8,000年と特定されたと、SFEC(San Francisco Examiner & Chronicle)の日曜版が報告した。

人間の話し言葉がBC20万年頃から始まった。

人間の話し言葉がBC20万年頃から始まったと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

サンフランシスコの西海岸がファラロン諸島の先に6マイル広がった。

サンフランシスコの西海岸が、BC1万5,000年頃ファラロン諸島(Farallon Islands)の先に6マイル広がったと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

コーコラン湖(Corcoran Lake)がBC56万年に上昇し、決壊した。

カリフォルニア州セントラル・バレー(California Central Valley)の内陸部にあったコーコラン湖(Corcoran Lake)がBC56万年に上昇し、決壊したと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

100万年前から生き続けてきたバクテリアを発見した。

南極の凍ったボストーク湖(Lake Vostok)があるボストーク・ステーション(Vostok Station)で100万年前から生き続けてきたバクテリアを発見したと、コロンビア大学(Columbia University)のLamont-Doherty Earth ObservatoryのロビンE.ベル(Robin E. Bell)が報告した。

マンモス「Jarkov Mammoth」を氷と共に切り出し、掘り出した。

フランスの極地探検家バーナード・ブルジェ(Bernard Burguès)が1999年3月に、シベリアのハタンガ(Khatanga)の永久凍土で1997年に発見したBC1万8,000年頃の完全な状態で保存されていた4.57mのマンモス「Jarkov Mammoth」を氷と共に切り出し、掘り出したと、American Quaternary Associationが報告した。

1万5,000年から1万2,000年を石器時代とSFECが規定した。

1万5,000年から1万2,000年をSolutrean phase of the Upper Paleolithic(Solutreanの石器時代)と、SFEC(San Francisco Examiner & Chronicle)の日曜版が規定した。

BC1万8,000年頃、イベリア半島から、Solutreanがアメリカの東海岸に漂着した。

ニューメキシコ大学(University of New Mexico)考古学部の研究者は、BC1万8,000年頃、イベリア半島(Iberian peninsula)から大西洋を横断して、Solutreanがアメリカの東海岸に漂着したと報告した。

アメリカ大陸にBC1万3,000年頃最初の人間が到着した。

Vanderbilt Universityの考古学者で文化人類学者のTom Dillehayをはじめとする何人かが、アメリカ大陸にBC1万3,000年頃最初の人間が到着したと、AM(Archeology Magazine)が報告した。

BC9,000年からBC8,000年のトナカイ畜産する遊牧民の家があった。

モンゴルのゴビ砂漠(Mongolian Gobi Desert)で、BC9,000年からBC8,000年の小集団の猟師で、トナカイ畜産する遊牧民の家があった。

フランスのMoula-Guercy洞窟で食人習慣があった。

フランスと米国の考古学チームが1991年と1993年にフランスのローヌ川(Rhone River)から80m昇ったMoula-Guercy洞窟(Moula-Guercy, Ardèche, France)で発見したBC12万年から8万年のネアンデルタール(Neanderthals)の骨の断片から、食人習慣(evidence of cannibalism)があったことを示したと、カリフォルニア大学バークレー校(University California, Berkelry)が報告した。

ハワイのカウアイ山の火山活動がBC3万8,000年頃に終わった。

ハワイのカウアイ山(Kauai, Ha.)の火山活動がBC3万8,000年頃に終わったと、SFEC(San Francisco Examiner & Chronicle)の日曜版が報告した。

BC5万年に流星がアリゾナのバーリンガー・クレーターを作った。

BC5万年に流星がアリゾナのバーリンガー・クレーター(Barringer Meteorite Crater)を作ったと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

タラスコンのNiaux洞窟は、氷河期のBC1万2,000年からあった。

フランスのタラスコン(Tarascon, France)のNiaux洞窟(Ariège - Niaux Cave/Local Name: Grotte de Niaux)は氷河期のBC1万2,000年までさか上ることができると、SFEC(San Francisco Examiner & Chronicle)の日曜版が報告した。

サンタ・ローザ島で発見された女性の骨は、BC1万1,000年からBC1万3,000年。

1959年にカリフォルニア沖のチャンネル国立公園にあるサンタ・ローザ島(Santa Rosa Island)のArlington Canyonで発見された女性の骨は、1999年に実施された2回のテストで、BC1万1,000年からBC1万3,000年であったことが判ったと、Los Angeles Timesが報告した。

ネアンデルタールがBC40万年前に話せるようになった。

デューク大学の研究者が化石の頭蓋骨から舌下神経管(hypoglossal canal)を研究して、ネアンデルタール(Neanderthal)がBC40万年前に話せるようになったことを示唆し、研究者の中で大きな話題になったと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

北米でBC1万900年頃、マンモスが大量絶滅した。

北米でBC1万900年頃、マンモスが大量絶滅したと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

インドネシアの島から最初の人間がオーストラリアに渡った。

BC5万3,000からBC5万年にインドネシアの島から最初の人間がオーストラリアに渡ったと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

BC2万2500年頃のハイブリッドの骸骨を発見した。

ポルトガルの考古学者ジョアン・ジルホー博士(Dr. Joao Zilhao)がレペッド・バレー(Lapedo Valley)でネアンデルタール(Neanderthal)とホモ・サピエンス(Homo sapiens)の特徴の両方を共有したBC2万2500年頃のハイブリッドの骸骨を発見した。

総件数:914最初12345678910最後