gaYa広告

ペルーで3600万年前の巨大ペンギンの化石を発見。

BBC Newsは、米国のテキサス大学(University of Texas)の古生物学者ジュリア・クラーク(Julia Clarke)と、エール大学(Yale University)の共著者ジェイコブ・ビンター(Jakob Vinther)達のグループがペルーのReserva Nacional de Paracasで発見したと報告した。

ストーンヘンジは、古代の観光地!?

AOL Newsは、世界中に知られたイギリスの古代遺跡ストーンヘンジ(Stonehenge)は、新しい研究調査によって、古代の観光目的地であったかもしれないことを示した報告した。

米国のユタ州で、15本もの角をもつ恐竜など、新種の角竜2種を発見!

AFPは2010年09月24日に、トリケラトプスに代表される角竜類の新種恐竜の化石2種類が、米国西部のユタ(Utah)州の砂漠地帯で発見され、頭がい骨は2.3m長と巨大な角竜を「ユタケラトプス・ゲティ(Utahceratops gettyi)」、5本もの角を持つ角竜を「コスモケラトプス・リチャードソニ(Kosmoceratops richardsoni)」と命名されたと報告した。

エチオピアで人類最古の石器使用跡を発掘された動物の骨で確認した。

AFPは、エチオピア・アファール(Afar)地方の約340万年前の地層から、先のとがった石器で肉をこそぎとったような跡が残る大型ほ乳類の骨の化石を発見したとイギリスの科学雑誌ネイチャー(Nature)2010年08月12日に発表されたと報告された。

東ティモールで小型犬ほどの大きさのネズミの骨格化石を発掘。

AFPは、オーストラリアの考古学者が東ティモール(East Timor)の洞窟で巨大なネズミの骨格化石を発掘し、その詳細を米国自然史博物館(American Museum of Natural History)の会報で発表したと報告した。

寒冷地で97万年前から、人類が生活していた。

AFPは2010年07月10日に、アフリカ大陸から移住した初期の人類が、これまでに考えられていたよりも早い紀元前約80万年から、寒冷地域にも適応していたとする論文が、イギリスの科学雑誌「学誌ネイチャー(Nature)」の2010年07月07日号に掲載されたと報告した。

巨大なクジラをぺろりと食う、シャチのようなマッコウクジラがいた。

AFPは、ベルギーの研究チームが2010年07月01日の英科学誌ネイチャー(Nature)で、巨大なあごと歯を持ち、自分の体の半分ほどの大きさのクジラを捕食していたと考えられる新種のマッコウクジラ類の化石をペルーで発掘したと報告した。

エジプトの古代ヒクソス王朝の地下都市をレーダーで確認。

AFPは2010年06月21日に、エジプト考古最高評議会(Egypt's Supreme Council of Antiquities)のザヒ・ハワス(Zahi Hawass)事務局長が、エジプトの首都カイロ(Cairo)北東部のナイル川下流域の町テルエルダバア(Tal al-Dabaa/Tal al-Daba)付近で、オーストリアの考古学チームが3600年前の古代エジプト・ヒクソス王朝(Hyksos dynasty)の首都アバリス(Avaris)とみられる地下都市を確認したと発表した。

世界最古の革靴を発見!

BBC Newsは、世界最古の革靴が考古学者によってアルメニアの洞窟で発見されたと報告した。

'生きた化石'幽霊ハンター。

BBC Newsは、ドミニカ共和国からBBC Newsの特派員科学レポーターのレベッカ・モレル(Rebecca Morelle)による「Ghost hunters: On the trail of a 'living fossil'(ゴースト・ハンター:'生きた化石'への挑戦)」を配信してきた。

最後の氷河期が終わったのは、海がはき出したCO2。

AFPは2010年06月01日に、イギリスのケンブリッジ大学(Cambridge University)の研究チームが、最後の氷河期が終わったのは南アフリカと南極の間の海底に蓄積されていたCO2(二酸化炭素)が大量に大気中に放出されたことが遠因だったする論文を2010年05月28日に、米国の科学雑誌「サイエンス(Science)」で発表したと報告した。

大規模動物絶滅が、気候変動や流星、彗星の衝撃ではなく、植物群落の転換?

NSF(National Science Foundation/全米科学財団)は、NSFによって支持された研究者は北米である一定の植物群落の消滅と、大型哺乳動物種の後期更新世消滅との関係を調査し、大規模動物絶滅が気候変動ではなく、植物群落で大きな転換を引き起こッたことであったと発表していると報告した。

考古学者はクレオパトラの墓に迫っている?

VoA(Voice of America/ボイル・オブ・アメリカ)は、「Archeologists May Be Closing in on Cleopatra's Tomb」を公開し、歴史上でもっとも最も有名な恋の一つ、ローマ戦士アントニーとエジプトの女王クレオパトラは、シェークスピアからハリウッドまで、何回も大きな話題になってきた。
今、ハリウッド・スタイルで知られるエジプトで最高の考古学者は、クレオパトラの墓に迫っているかもしれないと言ったと報告した。

1億5000万年前の始祖鳥の化石で羽の残りが保存されていた。

BBC Newsは、1億5000万年前の始祖鳥(Archaeopteryx)の化石の新しい研究技術は、羽の残りが保存されていたことを示したと報告した。

グレコ-ローマンの時代の女性のミイラを発掘。

AFPは2010年04月13日に、エジプト考古最高評議会(Egyptian Supreme Council of Antiquities)が2010年04月12日に、カイロ(Cairo)の南西約300kmにある300BCまでさかのぼることができる14個の墓が発見されていたバハレイヤ・オアシス(Bahariya Oasis)の古代の墓地跡で、凝った装飾の施された石こうでできたサルコファガス(sarcophogus/石棺)に納められた、約2300年前のローマ時代のミイラを発掘したと発表した。

親子かもしれない190万年前の新種の猿人化石2体を発見。

AFPは、リーR.ベルガー(Lee. R. Berger)の9歳の息子マティユ(Matthew)が最初に南アフリカのユネスコ世界遺産(Unesco world heritage site)に指定されているマラパ(Malapa site)にある洞窟で、190万年前の新種の猿人化石2体を発見したとする論文「Australopithecus sediba: A New Species of Homo-Like Australopith from South Africa」が、米国の科学雑誌「サイエンス(Science)」に掲載されたと報告した。

洞窟で発見された子供の化石は、「失われた鎖の環」かもしれない。

Fox Newsは、ロンドンのサンデー・タイムズ(Sunday Times)からの情報として、洞窟で発見されたCradle of Humankindとして知られている子供の化石骸骨は人の進化で、未知の世界へのステージになるかもしれないと報告した。

ツタンカーメン王は近親相姦で生まれ、マラリアで死亡。

AFPは2010年02月19日に、現代の遺伝子検査とコンピューター技術を駆使した研究によって、古代エジプト王朝のツタンカーメン(Tutankhamun/紀元前1333~1324年)王は、内反足を患い、つえをついて歩き、マラリアにかかって死亡したとする研究報告が2010年02月16日に発表されたと報告した。

グリーンランドの古代人はアジア系だった!?

AFPは、グリーンランド西部のサッカク文化(Saqqaq culture)の永久凍土で見つかった約4000年前の男性の髪のDNAを分析し、ゲノム(全遺伝情報)の約80%を解読したと、デンマークのコペンハーゲン大(University of Copenhagen)などの研究チームが2010年02月10日発表したと報告した。

12cmの小型羽毛恐竜「アンキオルニス(Anchiornis)」の化石から、全身の色を推定。

AFPは、中国のジュラ紀後期(約1億5000万年前)の地層から見つかった背丈わずか12cmの小型羽毛恐竜「アンキオルニス(Anchiornis)」の化石から、全身の色を推定することに成功したと、米国のエール大(Yale University)などの研究チームが2010年02月5日の米国科学誌「サイエンス(Science)」電子版で発表したと報告した。

ツタンカーメンのDNA鑑定結果、2010年2月17日に発表予定。

AFPは2010年02月01日に、エジプト考古最高評議会(Egyptian Supreme Council of Antiquities)のザヒ・ハワス(Zahi Hawass)事務局長が2010年01月31日に、ツタンカーメン王のミイラから採取したDNAの鑑定結果を2010年2月17日に、カイロ(Cairo)のエジプト考古学博物館(Egyptian Museum)で発表することを明らかにしたと報告した。

海から陸への生物進化を覆す足跡を発見!

AFPは、スウェーデンのウプサラ大学(Uppsala University)のパー・アーツバーグ(Per Ahlberg)教授がポーランド南東、ホーリークロス山脈(Holy Cross Mountains)にあるZachelmie採石場で発掘したた約4億年前のものとみられる4足の陸生脊椎動物の保存状態の良い足跡が、進化生物学において主流となっている理論は、2対のヒレを持つ魚から陸生脊椎動物(四肢動物)が進化したという定説を解釈するのに疑問が発生すると報告した。

ピラミッドの建設に従事した労働者の墓群を発掘。

AFPは、エジプト考古最高評議会(Egyptian Supreme Council of Antiquities)のザヒ・ハワス(Zahi Hawass)事務局長が主導する考古学チームが、最大のクフ王(Cheops)のピラミッドの建設に従事した労働者の墓群を発掘したと、ファルーク・ホスニ(Faruk Hosni)文化相が2010年01月10日に発表したと報告した。

馬は、いつ肉から、家畜になったか!

いかにも中央競馬会が喜びそうな情報が、NSF(National Science Foundation全米科学財団)から届いた。

NSFからのサポートによるカザフスタン(Kazakhstan)で調査してきたカーネギー自然史博物館(Carnegie Museum of Natural History)のサンドラ・オルセン(Sandra Olsen)と、彼女の同僚が、馬の家畜化がどのように始まったかということを証明できる証拠を発見したと報告した。

馬は、いつ肉から、家畜になったか!

いかにも中央競馬会が喜びそうな情報が、NSF(National Science Foundation全米科学財団)から届いた。

NSFからのサポートによるカザフスタン(Kazakhstan)で調査してきたカーネギー自然史博物館(Carnegie Museum of Natural History)のサンドラ・オルセン(Sandra Olsen)と、彼女の同僚が、馬の家畜化がどのように始まったかということを証明できる証拠を発見したと報告した。

米国科学誌「サイエンス」が選ぶ2009年の最も重要な科学。

AFPとe! Science Newsは、米国科学誌「サイエンス(Science)」が選ぶ2009年の「最も重要な科学的業績(breakthrough of the year)」の1位に、440万年前に生きていたヒト科の種(hominid species)と、これまでに知られている中では最も古い人類の祖先にあたる、ラミダス猿人の化石の発見が選ばれたと報告した。

女王クレオパトラ時代の女神イシス神殿の石柱。

AFPは2009年12月18日に、エジプトの地中海沿岸都市アレクサンドリア(Alexandria)の沖合で2009年12月17日にヘレニズム(Hellenistic)の時代の終わり頃から紀元前30年までとされ、古代エジプトの女王クレオパトラ(Cleopatra)時代のギリシア人とローマ人によって採用されたエジプトの女神イシス(Isis)を祭った神殿の石柱の一部が引き揚げられたと報告した。

サハラ砂漠で約1億年前のワニ5種の化石が発掘された。

AFPは、サハラ砂漠(Sahara)で米国科学者らが、これまで知られていなかった約1億年前のワニ5種の化石が発掘されたと、2009年11月19日明らかにしたと報告した。

約11万年前の早期現生人類の下顎骨を発見。

新華社は2009年10月28日に、中国科学院古脊椎動物・人類研究所と北京大学崇左生物多様性研究基地の専門家は、「広西壮族(チワン族)自治区崇左市江州区木欖山智人洞(广西崇左江州木榄山智人洞)で約11万年前の早期現生人類の下顎骨を発見した(在廣西壯族自治區崇左市江州區木欖山智人洞發現早期現代人下頜骨)」と明らかにしたと報告した。

北朝鮮、4万-6万年前の人類化石7点発掘。

searchinaは北朝鮮の朝鮮中央通信が、北朝鮮金日成総合大学の考古学者が黄海北道黄州郡の青坡台洞窟で、旧石器時代の遺跡と遺物1万4千点余を発掘したと報道したことを知らせてきた。

フランスで世界最大の恐竜の足跡を発見した。

AFPは2009年10月07日に、CNRS(Centro Nacional de Investigación Científica/National Centre for Scientific Research//フランス国立科学研究センター)が2009年10月06日に、巨大竜脚類のものと見られる巨大な足跡を発見したと発表したことを報告した。

国宝級の恐竜の化石が中国科学技術館に贈呈された。

新華社は2009年08月19日に、雲南省人民政府が2009年08月18日に北京の中国科学技術館へ雲南世界恐竜館が収蔵している国宝クラスの3体の恐竜化石を建国60周年の特別プレゼントとして贈呈したと報告した。

地球外生命の可能性を示す新たな証拠を発見!

AFPは2009年08月19日に、NASA彗星探査機「スターダスト(Stardust)」が2004年に持ち帰ったビルト第2彗星(Wild 2)のちりとガスを分析していたNASAの宇宙生物学者らが、生命体の生成に不可欠なアミノ酸グリシンの痕跡を発見したとする論文を2009年08月18日の科学誌「Meteoritics and Planetary Science」に発表したと報告した。

韓国で最古の鳥脚類の連続歩行跡が報告された。

ScienceDirectは、韓国のJinju Formationの白亜紀前期の湖での12の鳥脚類と考えられる新種のOrnithopodichnus jinjuensisの恐竜足跡を発見したと報告した。

山形で古代ゾウの発掘調査開始。

山形新聞は、1995年に約1600万年前の古代ゾウ「ステゴロフォドン(Stegodon)」の上あごの骨の化石が見つかった鶴岡市田麦俣の田麦川で、古代ゾウの大きさを推定するために必要な骨盤などの化石の発見を目指して2009年08月10日まで3日間の日程で発掘調査が行われたと報告した。

中国で発見されたプテロサウルスの翼構造に関する研究を発表。

AFPは2009年08月08日に、ブラジルのリオデジャネイロ(São Cristóvão, Rio de Janeiro)にある国立歴史博物館(Historic Museum/Museu Nacional/UFRJ)で、中国で発見されたプテロサウルスの翼構造に関する国際研究プログラムとして、「The soft tissue of Jeholopterus (Pterosauria, Anurognathidae, Batrachognathinae) and the structure of the pterosaur wing membrane(ジェホロプテルスの軟組織とプテロサウルスの翼の細胞膜の構造に関する研究)」が2009年8月5日に発表されたと報告した。

スペインで、4億7500万年前に巨大虫が「這った跡」を発見した。

AFPは2009年08月04日に、CSIC(Consejo Superior de Investigaciones Científicas/Spanish National Research Council/スペイン科学研究高等会議)が、4億7500万年前の海に体長1m、体高15cmの巨大な虫(Giant marine worms)が生息していた証拠を発見したと発表したと報告した。

彗星が地球に衝突しても、生き物は死滅しない。

AFPは2009年07月31日に、ワシントン大学(University of Washington)の天文学者ネイザン・カイブ(Nathan Kaib)と天文学教授でネイザン・カイブの博士号アドバイザーで共著者でもあるトーマス・クイン(Thomas Quinn)はNASAとNSF(National Science Foundation/国立科学財団)から資金が提供された地球の歴史におけるいくつの大量絶滅出来事が惑星の表面に衝突するスペース本体によって引き起こされたかを確認するため、太陽系内にあると考えられている彗星雲「オールトの雲(Oort Cloud)」について、コンピューター・シミュレーションを用いて過去12億年にわたる形成過程を追って、彗星が地球に衝突しても、地球の生き物は死滅しないだろうという予測をした論文が、2009年07月30日の科学誌「サイエンス(Science)」で発表したと報告した。

オーストラリアで新種の恐竜の化石を発見した。

AFPは、オーストラリアの自然史博物館「Australian Age of Dinosaurs Museum of Natural History」が、オーストラリア・クイーンズランド(Queensland)州ウィンストン(Winton)の湖で、新種の恐竜3頭の化石がクイーンズランド博物館のDr Alex Cookをはじめとするチームによって発掘されたと、クイーンズランド州のアナ・ブライ(Anna Bligh)首相が発表したことを報告した。

ビルマで発見された猿の化石は、より人間に近い!

AP通信(Associated Press)からの情報としてFox Newsは、研究者がリリースした研究によれば、最近ビルまで発見された猿の化石は、人間がアフリカからよりむしろ、アジアの霊長類から進化して人間が誕生したことを証明するかもしれないと言っていると報告した。

宇宙理論「Lyman-alpha blobs(ライマン-アルファの一滴)」

NASAは、現在から20億年前に宇宙の約15%直径数十万光年を形成したという宇宙理論「Lyman-alpha blobs(ライマン-アルファの一滴)」の莫大なエネルギーの源を特定するために、NASAのChandra X-ray Observatoryで、水素ガスの29の巨大な一滴の研究発表が行われたと報告した。

ドイツでまた、約3万5000年前の「フルート」を発掘した。

ドイツ南西部シェルクリンゲン(Schelklingen)にあるホーレ・フェルス(Hohle Fels)洞窟の遺跡から、約3万5000年前の後期旧石器時代にマンモスの牙や鳥の骨で作られた「フルート」を独テュービンゲン大(University of Tübingen)の研究チームが発掘し、25日付の英科学誌「ネイチャー(Nature)」に発表したと報告した。

初期のヨーロッパ人は、人食い人種だった。

AFPは、スペイン北部のアタプエルカ(Atapuerca)遺跡で発掘された「初期のヨーロッパ人」の遺骨から、先史人類たちが人肉を食べ、しかも子どもの肉を好んでいたことが明らかになったと報告した。

中国ワインの時代がやって来る!

中国といえば、浙江省紹興市の「紹興酒」、老酒などが良く知られていたが、中国のワインの歴史は、4,600年以上さかのぼることができる。

火星で、約34億年前の湖の痕跡を発見した。

AFPは2009年6月19日に、米国のコロラド大学(University of Colorado)のCU-Boulder Assistant Professor Brian HynekとCU-Boulder Research Associate Mindi Searlsの研究者Gaetano Di Achilleらが、米国の地球物理学会誌「Geophysical Research Letters」に火星で、約34億年前の湖の痕跡を発見したという論文を発表したと報告した。

世界最古のマテリアルは、44億歳。

NASAは、地上最古のマテリアルは、オーストラリアのナレー・グネス・テランにあるジャック・ヒルズ(Jack Hills of Australia's Narre Gneiss Terrane)で沈殿物の片麻岩から見つかったジルコン鉱物(zircon mineral)は44億年であったと特定されたことを報告した。

12万年以上眠り続けたバクテリアが目覚めた!

Fox Newsは、グリーンランドの氷の塊の下で捕らえられた12万年以上が眠り続けていた小さい細菌が目覚めたと報告した。

宇宙の「幽霊」が、ブラックホールの辺りをうろついている。

NASAは、「'Ghost' Remains After Black Hole Eruption」を公開し、NASAのチャンドラX線天文台(Chandra X-ray Observatory)は、宇宙「幽霊(ghost)」が遠方の超大質量ブラックホールの辺りをうろついていることを発見したと報告した。

約39億年前から起こった連続小惑星激突は地球を不毛にしなかった。

NASAは、コロラド大学地質科学部(University of Colorado's Department of Geological Sciences)のオレーグ・アブラモーブ(Oleg Abramov)とスティーブン・J・モジェシス(Stephen J. Mojzsis)がおこなった、約39億年前に起こって、20〜2億年前まで続いたLHB(Late Heavy Bombardment)として知られている小惑星が連続して地球を重爆撃した激突現象の発生に焦点を合わせコンピュータ・モデル化計画の研究調査結果をイギリスの雑誌「ネイチャー(Nature)」5月21日号で「Microbial Habitability of the Hadean Earth during the Late Heavy Bombardment」で発表したと紹介した。

天地創造、新しい世界(New World)の誕生

NASAは2009年5月8日に、誕生してまだ間もない惑星を概念として「冷温星(cool star)」を仮定した画像を公開した。

6億3000万前に死んだ星の爆発ガンマー線解析!

NASAは2009年4月28日に、NASAのスウィフト衛星(Swift satellite)と国際天文学者チームが、宇宙で6億3000万前(現象が起こった時期の5%未満)に死んだ星の爆発ガンマー線解析に挑戦したと報告した。

洞窟での古代細菌調査が明らかにしたモノ

NSF( National Science Foundation/国立科学財団)は、ゲオマイクロ生物学のジェン・マカラディ(Jenn Macalady)を中心としたグループが、細菌は暗くて、無酸素環境に適合し、進化していることを発見したと報告した。

内蒙古でサウロルニトイデスの化石を発見した。

中国通信は新華社からの情報として2009年3月17日に、米国のシカゴ大学(The University of Chicago)が2009年3月16日にシカゴ大学の科学者と中国の科学者が内蒙古自治区西部の蘇紅図(苏红图)地区で、湖沼堆積物の中から約8,000〜9,000万年前に生息していた幼年期の恐竜「中国似鳥竜(サウロルニトイデス/Saurornithoides)」の化石11体を発見したと報告した。

重慶市南川で、1億3500万年前の恐竜の化石を発見した。

人民網日本語版は、重慶市南川区宣伝部が同区福寿郷で、今から約1億3500万年前の竜脚類恐竜の化石が発見されたと発表したと報告した。

ネアンデルタール人のゲノムの60%をカバーする30億のDNAを配列分析。

1999年にクロアチアのVindija洞窟(Vindija cave)で見つけられたネアンデルタールをドイツのマックスプランク研究所(Max Planck)でSvante Paabo教授がネアンデルタール人のゲノムの60%をカバーする3,000,000,000のDNAを配列分析し、遺伝的な地域への手掛かりを与えることができたと、BBC Newsが報告した。

米国とカナダでBC1万900年頃、鬼火(Wildfires)が起こった。

米国とカナダでBC1万900年頃突発的に、すべてをなぎ倒し、大気バランスを崩すような鬼火(Wildfires)が起こったと、EarthFilesが報告した。

古代人が生き延びるためにKostenkiサイトが重要な役割を担った。

氷河期が来たBC2万1,000年から1万8,000年に古代人が生き延びるためにウクライナのビン川(River Don)のそばのKostenkiサイト(The site of Kostenki )が重要な役割を担ったと、donsmaps.comが報告した。

タスマニアでは、ワラビー、ウォンバット、フクロネズミ喰うために追いかけ始めた。

「Tasmania - History, Culture & Tasmania Outdoors (Chapter)」で、氷河期が終わろうとしていたBC1万2,000年頃オーストラリアのタスマニア(Tasmania)では、ワラビー(wallabies)、ウォンバット(wombats)、フクロネズミ(possums)を押しのけた人間が、それらを喰うために追いかけ始めたと、Lonely Planet Magazineが報告した。

1億年前のヤモリの足が入った琥珀を発見。

オレゴン州立大学(Oregon State University)とロンドン自然科学博物館(Natural History Museum in London)が、1億年前のヤモリの足が入った琥珀を発見したと、ScienceDailyが報告した。

BC4万1,000年頃の巨大なカンガルーの頭蓋骨を発見。

AP通信は、2000年にタスマニア北西のMt. Crippsにある厚い多雨林の洞窟の中で、BC4万1,000年頃のモノと考えられる巨大なカンガルー(giant kangaroo )の頭蓋骨を発見したと報告した。

古代アナログ・コンピュータとアルキメデス。

IHT(International Herald Tribune)は、Antikythera Mechanismのより厳密な実験調査により、古代ギリシャ技術として、科学者は、装置が日食を予測するだけではなく、オリュンピア紀の4年サイクルでカレンダーを組織化もしたことが判ったと報告した。

1万1500年前の50年間で、突然気温が20°以上上昇し、氷河期が終わった。

1万1500年前に50年間で突然20°以上気温が上昇し、氷河期が終わったと、ScienceDailyが報告した。

2つの遺伝学的に異なった巨大なグループの1つがBC4万3,000年頃に絶滅した。

ペンシルバニア大学生化学と分子生物学(Penn State University genomicists)の准教授ウェブ・ミラー(Webb Miller)とミラーとステファン・C.シュスター(Stephan C. Schuster)は、2つの遺伝学的に異なった巨大なグループの1つがBC4万3,000年頃に絶滅したと報告した。

チリのMonte Verdeは、BC1万2,000年に何人かのグループが生活していた。

Southern University of Chile in Valdiviaのマリオ・ピノ博士(Dr. Mario Pino)はChinchihaupi Creekの発掘調査によって発掘された証拠から、チリのMonte VerdeはBC1万2,000年に何人かのグループが生活していたことが明らかになった。

アフリカのナミビアで発見された最古の岩絵画。

アフリカのナミビア(Namibia)にあるTwyfelfontein areaで発見された最古の岩絵画がBC2万6,000年から1万6,000年までさかのぼることができると、Econが報告した。

古代アフリカからヨーロッパ、アジアへの大移動は、大干ばつが影響。

アフリカからヨーロッパ、アジアへの大移動は、BC13万5,000年からBC9万年に西アフリカで起こった大干ばつが大きく影響していたと、WSJ(Wall Street Journal/ウォール・ストリート・ジャーナル)が報告した。

BC7万年の大干ばつで、西アフリカの人口は約2,000人に減った。

遺伝学研究調査からBC7万年に起こった大干ばつにより、西アフリカの人口は2,000人くらいにまで減ったかもしれないと、WSJ(Wall Street Journal/ウォール・ストリート・ジャーナル)が報告した。

新説!エジプトのピラミッドは、どのように建設されたか!?

ボストン・グローブ(Boston Globe)は、フィラデルフィアのドレクセル大学(Drexel University)の材料工学の教授Michel W. Barsoumと、フランスのサンカンタンのGeopolymer Instituteで古代の建築材料について研究するJoseph Davidovitsで、頭が痛くなるような新説を実験していると報告した。

岩シェルターでBC3万5,000頃の石器を発見した。

University of New England(ニューイングランド大学)考古学教授Iain Davidsonのグループが、オーストラリアのパース(Perth)から北西に900km行ったHope Downs iron ore mine(ホープダウンズ鉄鋼山)の岩シェルターでBC3万5,000頃の石器を発見したと、AP通信が報告した。

アラスカとシベリアの間の陸橋がBC1万2,000年頃終わった。

最後の氷河期にできたアラスカとシベリアの間の陸橋がBC1万2,000年頃終わったと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

BC1万6,000年頃に北米の西海岸で急速に氷河が後退し、南へ移動できるようになった。

BC1万6,000年頃に海面が低くなったことで陸橋になったベーリング海峡(Bering Strait land bridge)を越えた人が、北米の西海岸で急速に氷河が後退したことから、南へ移動できるようになったと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告している。

「糞」の化石は、BC1万2,300年頃であった。

オレゴン州のPaisley近くにある8つの洞窟で発掘された「糞」の化石をDNA鑑定した結果、BC1万2,300年頃であったと、nprが報告した。

最古のヨーロッパ人発掘!

スペインの考古学者達が120万年前の人骨の一部「顎骨」を発掘したと、イギリスの科学雑誌ネイチャー(Nature)が報告した。

BC10万年に多くの人がアフリカを捨て中東に移動した。

2008年のDNA調査(2008 DNA evidence indicated)から、BC10万年に多くの人がアフリカを捨て中東に移動したと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

中国の河南州許晶で、BC10万年からBC8万年の人間の骸骨発掘した。

BC10万年からBC8万年の人間の骸骨が2年間で16片、中国の河南州許晶(Xuchang in China's Henan province)から15kmほど離れた場所で発掘されたと、AFPが報告した。

小さな昆虫が、世界最大の恐竜を接滅させたかもしれない。

Fox Newsは、オレゴン大学(Oregon State University in Corvallis, Ore)の昆虫学者George O. Poinar, Jr.が、小さな昆虫によって、世界最大の動物であった恐竜を接滅させたかもしれないと言う新しい本「What Bugged the Dinosaurs?Insects, Disease, and Death in the Cretaceous,」を出版したと報告した。

野外の古代遺跡として知られる「Sungir(Sunghir)」

ロシアのモスクワから東に約192km離れたウラジミール(Vladimir)にある野外の古代遺跡として知られる「Sungir(Sunghir)」で、BC2万6,000年頃に人は何千もの象牙の彫刻ビーズと小さいホイール形の骨の飾りで埋葬されていたと、Econが報告した。

Internet2と図書館が接続され、米国で高速公共サービス開始!

Dr.Webが、Information Todayからの情報としてミズーリ州スプリングフィールドのグリーンカウンティーの図書館(Springfield-Greene County Library)にInternet2が接続され、都市エリアの25万人が利用できるようになったと報告した。

5300万年前のクモをデジタル処理で解析する科学者達。

BBCは、イギリスのマンチェスター大学(Manchester University)とベルギーのゲント大学(Ghent University)の科学者が1mmの生物5300万年前のクモを元の外観としてX線ベースの医療画像処理テクニック「Very High Resolution X-Ray Computed Tomography」を使用することで再現に成功したと報告した。

南アフリカのモーセル湾で、BC16万4,000年の住居跡を発見した。

南アフリカのモーセル湾(Mossel Bay)の近くにあるゴルフ場のすぐそばにあったPinnacle Pointの洞窟で、BC16万4,000年の住居跡を発見したと、ニューヨークタイムズ(New York Times)が報告した。

北シリアの地下で1万1000年前に描かれた壁画を発見し、発掘に成功した。

フランス人考古学者のCNRS調査隊が、北シリアの地下で1万1000年前に描かれたといわれる壁画を発見し、発掘に成功したとロイターが報告した。

世界で最古のダイヤモンドを発見した。

National Geographicは、ドイツのミュンスターにあるウエストファーレン・ウイルヘルム大学(Westfalische Wilhelms-Universitaet in Munster, Germany)の地質学者トルシュテン・ガイスラー(Thorsten Geisler)が西オーストラリアで世界最古のダイヤモンドを発見したと報告した。

キプロス沖の海底にあったツールは、島に来た航海者が使用した。

Hellenic Institute of Marine Archaeologyが、キプロス沖の海底にあった2つのサイトで見つけたツールが、約1万年前に島に来た航海者によって使用されたことが明らかになったと、AP通信が報告した。

2回の大洪水が、BC45万年から18万年に発生した。

科学者がソナーを使って調査した結果、2回の大洪水がBC45万年から18万年に発生したと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

泥と氷からのDNA調査で、BC80万年〜BC45万年の昆虫を発見した。

科学者がグリーンランドの泥と氷からのDNA調査で、BC80万年〜BC45万年に松(the presence of pine)、いちい(yew)、ハンノキ木(alder trees)、および昆虫(insects)がいたことを明らかにしたと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

BC13万年に家庭の猫はヤマネコから分離していった。

野生のヤマネコと家庭の猫約1,000匹のDNAを鑑定した結果、BC13万年に家庭の猫はヤマネコから分離していったと、LiveScience.comが報告した。

北米で未知の理由により、次々とマンモスが絶えていった。

北米で未知の理由により、BC3万8,000年に次々とマンモスが絶えていったと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

キャメロン監督の「The Lost Tomb of Jesus」を棄却した。

すでに多くのブログやメディアで報告している、映画「タイタニック」監督で、オスカー受賞者ジェームス・キャメロン(James Cameron)が製作したドキュメンタリーとして、Discaveryが月曜日に全世界で放送する番組「The Lost Tomb of Jesus」に対し、Scientific Americanは、宣伝妙技としてそれを棄却した人もいると報告した。

古代インディオ、マンモス、ラクダ、バッファロー、馬を追いかけていた。

ニュ−メキシコ州に住んでいた古代インディオであるクロービス(Clovis)がBC1万 1,050年から1万200年頃、マンモス、ラクダ、バッファロー、馬を追いかけていたことが明らかになったと、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

BC3万年から1万4,000年に北米で東海岸から卓越風が吹いていた。

BC3万年から1万4,000年に北米で東海岸から卓越風(prevailing winds)が吹いていたと科学者が言っていると、SFC(San Francisco Chronicle)が報告した。

ロシアのBC4万2,000年頃の遺跡から、歯、人工物が発見された。

ロイターは、ロシアのモスクワから南に約250マイル離れたビン川(Don River in Russia)のthe Kostenki archeologicalサイトでColorado University at Boulderの考古学者がBC4万5,000年からBC4万2,000年頃の遺跡から、歯とともに、多くの道具、ビーズ、象牙の彫刻など、人工物が発見されたと報告した。

エル・シドロン洞窟で発見されたネアンデルタールは人を喰う習慣があった。

スペインのアストゥリアス地域(Asturias region of Spain)にあるエル・シドロン洞窟(El Sidrón cave)で、ネアンデルタールの骨から、BC4万1,000年の食人習慣(evidence of cannibalism)に関する証拠を報告した。

シリアの砂漠でBC10万年に生息していた古代動物の骨を発見した。

シリアの砂漠でBC10万年に生息していたと言われる象ほどのラクダ「Syrian Camel」の骨をダマスカス(Damascus)から北に250km行ったパルミラ州で猟師が発見したと、AP通信が報告した。

330万年前に生きていた少女。

New Scientistは、330万年前に生きていた若い少女の驚くほど美しく完全な骸骨の覆いがエチオピアで取られたと報告した。

ゴーハムの洞窟でネアンデルタールが、難を避けるため住んでいた。

BC2万6,000年頃にゴーハムの洞窟(Gorham's Cave)でネアンデルタールの小さなグループが、難を避けるため住んでいたと、ジブラルタル博物館(Gibraltar Museum)が報告した。

「愛」をささやくときなどに使うすべての「花」の原種はどこから来たか?

newscientistは、コロラド大学ボルダー校(University of Colorado at Boulder)のウィリアム・フリードマン(William Friedman)は、「どこから、すべての花が来ましたか?(Where have all the flowers come from?)」というテーマで研究し、「FLOWERINGプラントは、かつて地球にあった植物の最もさまざまのグループです。」といっている。

エチオピアで、BC50万年〜20万年の頭蓋骨が発見された。

エチオピアのAfar regionのガービス川(Gawis river)流域ででBC50万年〜20万年の頭蓋骨が発見されたと、ロイターが報告した。

ツタンカーメンは白ワイン好きだった。

これまで古代のエジプトでは、赤ワインが来世に同伴するために墓に置かれたという記録はあるが、白ワインに関する記録が全く無かったが、スペインのUniversity of Barcelonaで研究しているRosa Lamuela-Raventosと仲間が、ツタンカーメンは白ワイン好きだったというとんでもない発見をしたと報告してきた。

BC1万年の世界人口が約500万人であった。

BC1万年の世界人口が約500万人であったと、Econが報告した。

オーストラリアで、2万年までさかのぼれる人間の足跡を発見した。

オーストラリアで、2万年までさかのぼれる何百もの人間の足跡が南西シドニーのWillandra Lakes(ウィランドラ湖群)の近くの乾燥湖地帯で発見されたと、ロイターが報告した。

gaYa広告
総件数:915最初12345678910最後
広告募集中