on-the-time.jp

2000年前の碑文に、現在のヘブライ語で、エルサレムとあった。

ArtDailyは2018年10月10日に、古代イスラエルの古代考古学者ユヴァル・バルク(Israel Antiquities Authority Yuval Baruch)は2018年10月09日に、第二寺院時代(第一世紀CE)にあったユニークな石碑の碑文を指し、ヘブライ文字で書かれたエルサレムに言及した文字をエルサレムのイスラエル博物館(Israel Museum in Jerusalem)で見つけたと報告した。

日本人起源!ゲノム歴史学で解明へ。

毎日新聞は2018年09月11日に、日本列島に住む人類の起源を、ゲノム(遺伝情報)解析や言語学などの共同研究で解明を目指す新たなプロジェクトを、情報・システム研究機構などの8団体合同の研究チームが始めると報告した。

考古学など文理融合による「ゲノム歴史学」という新手法で取り組む異例のプロジェクトは、日本人がどこから来たのかという謎に迫れるかが期待されると伝えている。

国内最大「むかわ竜」化石取り出し完了!

地震で不謹慎と言われても、毎日新聞は2018年09月05日に、「平成30年北海道胆振東部地震」の震源地が多い北海道むかわ町で見つかった国内最大の恐竜の全身骨格の化石を調査していた北海道大学総合博物館とむかわ町穂別博物館の研究チームは、化石を岩などから取り出す作業を終え、むかわ町内の施設で4日、報道陣に公開したと報告した。

地震で、むかわ町穂別博物館も停電かと思ったが、博物館のWebサイトは開いた!

大型の草食恐竜ハドロサウルス科の一種(通称・むかわ竜)で、調査で部位が特定された頭骨や尾骨など157個は、全体の約6割にあたるという。

推定体長8mの恐竜化石のほぼ全容が判明した。

北海道で、ティラノサウルス類の化石を発見か。

毎日新聞は2018年6月20日に、北海道大学は2018年6月20日に、芦別市で2016年に見つかった恐竜の化石について、ティラノサウルス類の尾椎(びつい)骨(尻尾の骨)の可能性が高いと発表したと報告した。

原始的な種を含むティラノサウルス類は、進化の過程で全長3mから12mほどに巨大化したと考えられている。

チバニアン審査中断中!

毎日新聞は2018年05月12日に、千葉県市原市田淵の地層「千葉セクション」を中期更新世(77万年前〜12万6000年前)の代表地層とし、この時代を「チバニアン(Chibanian/ラテン語で千葉時代)」と命名するかどうかを決めるIUGS(International Union of Geological Sciences/国際地質科学連合)の審査が、申請した研究チームとは別の国内団体からデータへの異議が寄せられたため、2018年04月から中断していると報告した。

「チバニアン」研究チームは「事実無根」と反論。正当性を訴える文書を近く国際地質科学連合に出し、審査継続を求める。

エジプトのツタンカーメン王墓に隠し部屋なかった。

毎日新聞は2018年05月07日に、エジプト考古省Ministry of Antiquities, the Arab Republic of Egypt)は2018年05月06日に、未発見の部屋の存在が指摘されていた古代エジプトのツタンカーメン(Tutankhamun)王(紀元前14世紀)の墓に対するイタリアの研究チームの調査結果を明らかにし、隠し部屋は存在しないと結論付けた。

ドラキュラの故郷で見つかった飛べない頭でっかちの巨大翼竜。

日本経済新聞 電子版は2018年05月28日に、日経ナショナル ジオグラフィック(National Geographic)からの情報として、40年前にルーマニアで発掘された顎の骨の化石が、翼竜のものとしてはこれまでで最大であることが分かり、さらに、頭でっかち巨大翼竜は、独自進化で空飛べなかったと、学術誌「Lethaia」で2018年04月17日に発表されたと報告した。

橿原市の国宝展示ケースから有害ガスを検出!

毎日新聞の2018年04月16日に、日本の初代天皇である神武天皇が祀られている橿原神宮がある奈良県橿原市の奈良県立橿原考古学研究所付属博物館で、奈良県斑鳩町の藤ノ木古墳で出土した国宝の副葬品を納めた展示ケースから、基準値を大幅に超える有機酸ガスが検出されたと報告した。

指の化石解析から、現生人類、8万5000年前にはアラビア半島到達。

AFPは2018年04月10日に、サウジアラビアの砂漠で発掘されたヒトの指の化石の解析結果から、現生人類ホモ・サピエンス(Homo sapiens)はすでに8万5000年前にはアラビア半島に到達していたとする論文が9日、米科学誌「ネイチャー・エコロジー・アンド・エボリューション(Nature Ecology and Evolution)」で発表されたと報告した。

中国と米国の科学者グループ、最古の動物の足跡を発見!

AFPは2018年04月09日に、1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳した情報として、中国科学院(Chinese Academy of Sciences)南京地質古生物研究所(南京地质古生物研究所/Nanjing Institute of Geology and Palaeontology)の陳哲(陈哲/Chen Zhe)研究員は2018年04月07日に、知られている中で世界最古の動物の足跡(最古老的动物“脚印”)の化石を示し、米国の科学雑誌サイエンス(Science)の姉妹誌、「サイエンス・アドバンシズ(Science Advances)」のオンライン版で、この科学研究の成果を報道したと報告した。

イラクにある「世界で最も古い橋」復元計画。

ArtDailyは2018年04月04日に、世界の最も古い橋は、開拓プロジェクトに向けた未来世代への感謝のために、大英博物館のイラク緊急事態遺産管理トレーニング計画(the British Museum’s Iraq Emergency Heritage Management Training Schem)の一部として、保存される必要があると報告した。

角竜類の頭部装飾は、性選択で進化か?

AFPは2018年03月24日に、トリケラトプスなどの角を持つ恐竜が頭部の印象的な装飾を進化させた目的は、自分と同じ種の仲間を認識するためでなく、繁殖相手の気を引くためだった可能性が高いとする研究論文が2018年03月21日に、発表されたと報告した。

角竜類の頭部装飾は、性選択で進化か?

AFPは2018年03月24日に、トリケラトプスなどの角を持つ恐竜が頭部の印象的な装飾を進化させた目的は、自分と同じ種の仲間を認識するためでなく、繁殖相手の気を引くためだった可能性が高いとする研究論文が2018年03月21日に、発表されたと報告した。

Facebook、「民衆を導く自由の女神」を裸理由に掲載禁止!

AFPは2018年03月19日に、Facebookは2018年03月18日に、フランスの巨匠画家ウジェーヌ・ドラクロワ(Eugene Delacroix)の傑作「民衆を導く自由の女神(Liberty Leading the People)」を使用した広告を、上半身裸の女性を描写しているとの理由で掲載禁止としたことは間違いだったと認めたと報告した。

旧石器後期、1万6000年前の墓を発見!

AFPは2018年03月18日に、1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳した情報として、中国の広西チワン族自治区(广西壮族自治区/Guangxi Zhuang Autonomous Region)南寧市(南宁市/Nanning)隆安県(隆安县/Long'an)にある娅怀洞(婭怀洞/ahuaidong)遺跡で3年前から発掘を続けていた広西文物保護・考古研究所は2018年03月12日に、約1万6000年前の墓と、完全な形の頭骨を含む化石人骨、1万点以上の石器を発見したと発表したと報告した。

ウィーンの博物館が、Facebookに検閲能力がないと非難!

AFPは2018年03月01日に、旧石器時代の傑作とされる彫像「ウィレンドルフのビーナス(Venus of Willendorf)」の画像が、交流サイト(SNS)最大手Facebookの検閲により同サイト上から削除されたことを受け、同像を展示するNHMW(Naturhistorisches Museum Wien/オーストリア・ウィーン自然史博物館/NHM Vienna)は2018年02月28日に、検閲を批判したと報告した。

アフリカゾウ現生2種。古代種のように異種交配はなかった。

AFPは2018年02月27日に、古代のゾウやマンモスは、交雑と遺伝子の変化を経て新しい生息地や気候への適応を行ってきたが、アフリカに生息する現生2種では、このような異種交配はみられないという研究論文が2018年02月26日に、発表されたと報告した。

世界最古の洞窟壁画と、ネアンデルタール人の複雑な感性。

AFPは2018年03月31日に、世界最古の洞窟壁画は、ヨーロッパに現生人類が現れる2万年以上前にネアンデルタール人(Neanderthals)によって描かれていたと報告した。

絶滅した人類の祖先も、私たちのように象徴的思考が可能だったことを示しているという。

足跡の化石が、1億1000万年前のトカゲも二足走行を示唆。

AFPは2018年02月16日に、走る際に4足走行から2足走行に一瞬で切り替えることができる一部トカゲの能力は、速力を出す必要性によって進化したものと考えられているが、これは最近に始まったことではないとする研究論文が2018年02月15日に、発表されたと報告した。

ギザ西部の墓地で優れた壁画で飾られた、古代エジプトの巫女の墓を初公開。

AFPとArtDailyは2018年02月04日に、エジプトの考古学チームは2018年02月03日に、カイロから約20km南の大墓地ギザ西部、高原の墓地で発見された保存状態の良い希少な壁画で飾られた古代王朝の巫女(みこ)の墓を公開したと報告した。

1万1500年前の女児の遺伝子は、新集団に所属すると判明。

AFP、ArtDailyは2018年01月04日に、米国のアラスカ州中部で見つかった1万1500年以上前に死亡したとみられる女の乳児の骨を調べたところ、この女児がこれまでに知られていなかった集団に属していたことが分かったと報告した。

2018年01月03日に発表された論文によると、女児のゲノム研究は、米大陸への人類の定住に関する理解に新たな光を当てるものだという。

米国の大学チーム、最古の生命痕跡を確認。

AFPは2017年12月19日に、オーストラリアで見つかった35億年前の極小の化石に生命の痕跡を確認したと、米国大学の研究チームが2017年12月18日に、PNAS(Proceedings of the National Academy of Sciences/米国科学アカデミー紀要)で発表したと報告した。

ニュージーランドで、「怪物」サイズのペンギンの化石発見!

AFPは2017年12月13日に、ニュージーランドで体長170cmに達する新種の巨大ペンギンの化石が発見されたと報告した。

古代エジプトの重要人物か?ルクソール近郊の墓でミイラ1体発見!

AFPは2017年12月10日に、エジプト考古省(Ministry of Antiquities, the Arab Republic of Egypt)は、同国の考古学者が南部ルクソール(Luxor)からナイル(Nile)川を隔てた地域にあるこれまで探索されていなかった墓2つのうち1つからミイラ1体が発見されたと述べたと報告した。

サウジアラビアの砂漠に謎の構造物。

毎日新聞は、サウジアラビアのハラット・カイバー地区(Harrat Khaybar region)砂漠地帯に、古代に造られたとみられる用途不明の石の構造物が400近くあることを、オーストラリア人の研究者が米Googleの衛星写真を利用したサービス「Google Earth」を使って確認したと、オーストラリアのメディアなどが2017年11月13日までに伝えた。

地球史に、千葉にある地磁気反転の痕跡が「チバニアン」濃厚。

日本経済新聞 電子版は、地球の磁場(地磁気)が反転した痕跡を残す千葉県市原市の地層が、地球の歴史で約77万〜12万6千年前の年代を代表する基準地に認められる見通しとなったことが2017年11月13日に分かったと報告した。

茨城大学や国立極地研究所などの日本チームとイタリアチームの申請に対し、国際学会IUGS(International Union of Geological Sciences/国際地質科学連合)の専門部会で投票が行われ、日本の申請を妥当だと認めた。

隕石落下が、数百kmずれていたら…恐竜は、今も君臨?

東北大などは、6600万年前に地球に落ちた巨大隕石(いんせき)の衝突地点が、実際よりもし数百kmずれていれば、恐竜は絶滅せずに現在も繁栄していた可能性があるとする分析結果をイギリスに科学誌サイエンティフィックリポーツ(Scientific Reports)に発表した。

マンモスの化石にはなぜ雄が多いのか?

AFPは2017年11月03日に、マンモスの化石にはなぜ雄が多いのか?
この謎を解明したとする研究論文が2017年11月02日に、米国の科学誌カレント・バイオロジー(Current Biology)に発表されたと報告した。

ユタ州の糞の化石から、草食恐竜は、甲殻類も食べた!

AFPは2017年9月22日に、一部の草食恐竜は、草木だけではなく、実は甲殻類も食べていた可能性を示す分析結果が、2017年9月21日のイギリス科学誌ネイチャー(Nature)に掲載されたと報告した。

草食恐竜の食習慣に関するこれまでの認識に一石を投じるものだと伝えている。

ネアンデルタール人の成長過程は、現生人類と類似!?

もっとも、ネアンデルタール人に紙おむつは無かっただろうが!

AFPは2017年09月22日に、スペインで発見された初期人類ネアンデルタール(Neanderthal)人の少年の頭蓋骨の分析で、その成長パターンが現生人類の少年と酷似していたことを示唆する結果が得られた。

ルクソールで、古代エジプトの金細工職人の墓発見。

AFPは2017年09月10日に、エジプト考古省(Ministry of Antiquities, the Arab Republic of Egypt)は、古代の神殿や墓が集中する南部ルクソール(Luxor)で、アモン神(Amun)に仕えた金細工職人の墓を発見し、女性1人とその子ども2人のミイラも見つかったと発表した。

墓は約3,500年前、新王国(New Kingdom/紀元前16世紀〜11世紀)時代のもので、ルクソールのナイル(Nile)川西岸のドゥラ・アブル・ナガ(Draa Abul Nagaa)共同墓地で発見された。

古代のヒゲクジラ類、肉食動物のような鋭利な歯があった。

ArtDaily、AFPは2017年08月30日に、ヒゲクジラ類は古代、肉食動物のライオンのように極めて鋭い歯を持っていたとする論文が2017年08月30日に、イギリス王立協会(Royal Society)の専門誌「バイオロジー・レターズ(Biology Letters)」に発表されたと報告した。

藻の大発生が、多細胞動物の出現を後押し!?

AFPは、地球上の生命の進化が30億年近くの間、単細胞の段階でほぼ足踏み状態を続けていた結果、海の中は細菌類で満ちあふれることとなった。

だがその後、赤道付近の海でも厚さ2kmに及ぶ氷が張っていた地球の全球凍結が約6億5000万年前に融解したことで、藻類が爆発的に増加し、すべての状況が一変したとする研究論文が2017年08月16日ni、発表されたと報告した。

チレサウルスは、恐竜進化の「ミッシングリンク(失われた環)」か?

AFPは2017年08月18日に、チリ南部で13年前に、体の輪郭が肉食恐竜ベロキラプトルによく似た風変わりな草食恐竜「チレサウルス(Chilesaurus)」の化石が発掘された。
この風変わりな草食恐竜は、恐竜の進化の「ミッシングリンク(失われた環/missing-link)」だとする研究結果が2017年08月16日に、発表されたと報告した。

ジュラ紀に生息していたワニに、イギリスのバンドから「レミーのワニ」と命名。

AFPは2017年08月09日に、音楽好きのイギリス科学者チームが2017年08月09日に、ジュラ紀の海に生息していたワニを、イギリスの伝説的ヘビーメタルバンド「モーターヘッド(Motorhead)」のリーダーで、2015年に死去した「レミー(Lemmy)」ことイアン・キルミスター(Ian Kilmister)にちなみ「Lemmysuchus(レミスクス)」と命名したことを明らかにしたと報告した。

なぜか、ドイツの一流雑誌や新聞が、この情報を取り上げている。

ラテン語で「レミーのワニ」と名付けられたこのワニは、体長約5.8mで頭蓋骨は1m以上に達したと考えられている。既に絶滅し、今日のイリエワニ(入江鰐/Crocodylus porosus)に似ているが、その関係は遠縁でしかない。

考古学者はイスラエルのガラリア湖の近くで使徒ピエトロの生誕の地を特定。

ArtDailyは2017年08月08日に、イスラエルの北部ガラリア湖(Sea of Galilee)の近くの考古学の発掘サイトで、聖ピエトロ(ペトロ/Saint Peter)の家があった聖書に登場する村の場所を2017年08月06日に特定したと報告した。

大型よろい恐竜は、大きな困難に直面していた。

AFPは2017年08月04日に、2011年にカナダの鉱山でもの凄く保存状態の良い化石が発見されたが、1億1000万年前に生きていたこの恐竜が当時、大きな困難に直面していた証拠が2017年08月03日に、研究論文で発表された。今回の研究でこの恐竜の正式な学名も決定したと伝えている。

表皮とうろこが化石化して残っていたドラゴンのようなこの恐竜は、ノドサウルス科の新種で、学名は博物館技師のマーク・ミッチェル(Mark Mitchell)にちなんだ「ボレアロペルタ・マークミッチェリ(Borealopelta markmitchelli)」とされた。

エルサレムのバビロニアによる破壊の証拠を、ダビデの町で見つけた!

ArtDailyは、エルサレム旧市街の近く、ダビデの町考古学公園(the City of David archeological park near Jerusalem's Old City)のサイトで、発掘プロジェクトのディレクターであるIAA(the Israel Antiquities Authorityイスラエル古代遺跡権限)のジョー・ウジール(Joe Uziel)は、陶器でできた数個の頭を発掘し、最近バビロニア人によるエルサレムの破壊の証拠として、確実にしたと報告した。

羽毛恐竜の抱卵温度は、ニワトリと同程度。

AFPは2017年06月29日に、オウムに似たくちばしを持つ二足歩行の羽毛恐竜に、現生鳥類と共通の特徴がもう一つあったとする研究論文が2017年06月28日に発表され、この羽毛恐竜は卵を抱き、ニワトリと同じくらいの温度に温めていたという。

ブルガリアは、サバンナだった!?

ArtDailyは2017年06月18日に、AFPが2017年06月16日に報告した情報から、700万年前、ブルガリア(Bulgaria)の南の部分でヒマワリとトウモロコシ畑は、ガゼルとキリンが歩き回るアフリカのサバンナに似ていたと報告している。

そして多分、また最も初期の人間の祖先が驚異的に、ほとんどのどの科学者もここまで信じていなかったが、アフリカから来た。

古生物の巨大七面鳥は、飛ぶこともできた。

AFPは2017年06月15日に、オーストラリアにはかつて、カンガルーほどの大きさの飛ぶことのできる七面鳥に似た鳥が生息していたと、古生物学者らが2017年06月14日に、発表した。

今回の研究では、広い範囲から見つかった化石や骨を分析し、既に絶滅した鳥類5種を新たに同定したという。

人類の起源の定説覆す化石発見。世界中が大騒ぎ!

AFP、ArtDaily、毎日新聞、日本経済新聞 電子版、朝日新聞デジタルは2017年06月08日に、現生人類ホモ・サピエンスは、30万年前にアフリカに生息し、現代の人々とそう変わらない顔つきをしていたとする論文が2017年06月07日に、発表された。

この研究結果は、人類の起源が定説より10万年早かったことを示している。

20年来の通説は、ホモ・サピエンスは約20万年前にアフリカ東部に現れたと言われて来た。

ティラノサウルスは、羽毛ではなくうろこに覆われていた。

最近の研究ではT・レックスの祖先がうろこではなく、羽毛で覆われていたことを示す証拠が見つかったという主張が展開され、T・レックスも同じだったのではないかとされていた。

しかし、AFPは、大型肉食恐竜ティラノサウルス・レックス(T・レックス、Tyrannosaurus rex)は鳥類のような羽毛ではなく、爬虫(はちゅう)類に見られるうろこに覆われていたとする研究結果が2017年06月07日に、イギリス王立協会(Royal Society)の専門誌バイオロジー・レターズ(Biology Letters)に発表されたと報告した。

地質時代に「千葉時代」を申請。

毎日新聞は2017年05月30日に、茨城大学などの研究チームは2017年06月07日に、千葉県市原市田淵にある地層を77万年前〜12万6000年前の地質時代を代表する地層と認定するようIUGS(International Union of Geological Sciences/国際地質科学連合)に申請する。もし、認められれば国内の地層では初めてで、この時代は「チバニアン(Chibanian)(ラテン語で千葉時代)」と命名されることになると報告した。

日本車が爆弾に改造される街。

朝日新聞デジタルは、イスラム過激派組織「IS(Islamic State/イスラム国家)」の実態が、次第に明らかになりつつある。

イラク北部モスル(Mosul)では、政府軍などによる奪還作戦の進行に伴い、武器製造工場などが相次いで見つかっている。
処刑場や宗教警察を使った恐怖統治についても、住民が重い口を開きだしたと報告した。

ツタンカーメンの大引っ越し!

ArtDailyは、AFPからの情報として、エジプトに首都カイロでは、ツタンカーメン(Tutankhamun)のベッド、古代戦車などが、カイロの大通りを引っ越していった。

エジプトに首都カイロの中心地にあったエジプト博物館(Egyptian Museum)から、ピラミッドの近く、カイロの郊外で新しく建設された雄大エジプト博物館(The Grand Egyptian Museum)に移されている間、2017年5月23日にエジプト少年王ツタンカーメンの古代戦車が、カイロ(Cairo)の町を移動していった。

雄大エジプト博物館の建設は、US$10億より多く必要であった。
また、予定より遅れた。

類人猿からの人類の分岐は、アフリカではなく、ヨーロッパで起きた!?

AFPは2017年05月23日に、500万年前のアフリカで人類は類人猿から枝分かれした。
この長年の定説に疑問を投げかける研究論文が2017年05月22日に発表された。

研究は、分岐がそれよりも早い時期にヨーロッパで起きた可能性があるとしていると報告した。

石垣島で、旧石器時代の人骨19人分を確認。

毎日新聞は、沖縄県立埋蔵文化財センター(西原町)は2017年05月19日に日、沖縄県石垣島の白保竿根田原(しらほさおねたばる)洞穴遺跡の5年間(2012〜16年)の発掘調査で、旧石器時代の人骨を1000点超、少なくとも19人分確認したと発表したと報告した。

出土量は世界最大級で、国内最古の全身骨格の人骨もあった。
沖縄県立埋蔵文化財センターは洞穴を墓にして風葬のように葬ったと判断した。

旧石器時代の人骨の葬送と墓域が分かるのは初で、国内最古とみられる。

日本の墓制の起源や当時の葬送概念を考える上で重要な成果となる伝えている。

エジプト中部で「前代未聞」の地下墓地からミイラ17体見つかる。

AFPは2017年05月14日に、エジプト中部ミニア(Minya)県の砂漠地帯で地下墓地からミイラ17体が見つかったと、エジプト考古省(Ministry of Antiquities, the Arab Republic of Egypt)が2017年05月13日に発表した。

首都カイロ(Cairo)南方の同地では「前代未聞」の発見だという。

考古省の発表によると、ミニア県トゥーナ・エル・ゲベル(Tuna el-Gebel)地域で、エジプトの考古学チームが地下墓地内の通路を奥へと進んでいったところ、複数の回廊に横たえられていたミイラ、計17体を発見したと報告した。

初期ヒト属「ホモ・ナレディ」 と現生人類「ホモ・サピエンス」が共存!?

AFPは2017年05月10日に、初期ヒト属「ホモ・ナレディ」と現生人類「ホモ・サピエンス」は、同時期にアフリカで共存していた可能性があるとする最新の研究結果が2017年05月09日に、発表されたと報告した。

これは、人類進化の理解を変える可能性のある成果だという。

巨大なオビラプトロサウルス類の新種、中国で発見!

AFPは2017年05月10日に、現在の中国中部にあたる地域に生息していた巨大な鳥に似た恐竜が、このほど新種であることが分かったと報告した。

研究者らは、この恐竜がつくる大きな巣について、モンスタートラックのタイヤよりも大きいと説明している。

この恐竜は「Beibeilong sinensis」と命名された。「中国の赤ちゃん恐竜」を意味する。

エジプトで、約4000年前の花壇とみられる遺跡を発見!

毎日新聞は2017年05月05日に、エジプト南部ルクソール(Luxor)近郊の古代都市テーベの埋葬地で、約4000年前の花壇とみられる遺跡が見つかったと、エジプトのメディアが2017年05月03日伝えたと報告した。

内部が整然と正方形の区画に仕切られ、花や植物が植えられていたと推測されている。

13万年前の北米に人類が居た?

日本経済新聞 電子版は2017年04月27日に、米国のカリフォルニア州の約13万年前の地層から出土したゾウの祖先「マストドン」の化石に、人為的にたたきつけたと考えられる鋭利な傷や割れ目があることが分かったと、サンディエゴ自然史博物館(San Diego Natural History Museum)などのチームが2017年04月27日付のイギリス科学誌ネイチャー(Nature)に発表したと報告した。

想像を絶する環境で生きた最古の多細胞生物か?24億年前の菌類様化石。

AFPは2017年04月25日に、南アフリカで偶然発見された化石は、これまで最古とされていたものよりさらに12億年古い菌類である可能性が高いとの研究論文が24日、発表された。植物でも動物でもない生物群、菌類の進化の物語を書き換える発見だという。

2億4800万年前の足跡の化石を発見。

AFPは2017年04月21日に、スペインのピレネー山脈(Pyrenees)で、約2億4700万〜2億4800万年前の化石化した足跡を発見したとの研究報告が発表されたと報告した。

これまで知られていなかった新種の爬虫(はちゅう)類が残したものと考えられると伝えている。

古代裁判官の墓から10の棺、ミイラ5体。副葬品1000点発掘。

毎日新聞、ArtDailyは2017年04月19日に、エジプト南部ルクソール(Luxor)で、古代エジプト第18王朝(18th Dynasty/紀元前16〜13世紀)の裁判官のものとみられる墓が見つかったと古代遺跡省(the antiquities ministry)が発表したと、電子版政府系新聞アルアハラム(al-Ahram/الأهرام)などが2017年04月18日に伝えたと報告した。

10の棺と、8体のミイラ、小さな人形など1000点超の副葬品があり、考古省は「重要な発見」と意義を強調した。

アリの「農耕」習性は、3000万年前に獲得か!?

AFPは2017年04月13日に、人類が食用植物を育てるために地面に種をまく方法を考え出すはるか前に、アリは制御された環境で「作物」を栽培していたとする研究結果が2017年04月12日に発表されたと、報告した。

「農耕」習性のあるアリはこれまでに数十種知られている。これらのアリは、主にコロニーの幼虫の餌にする目的で地下の農場で菌類を栽培する。

そのうちの数種のアリは、このプロセスを次の段階に進めている。
栽培する菌類を、もはや野生では生きられないように全面的に改良しているというのであった。
これは、人が食用として栽培する一部の遺伝子組み換え作物が、農薬など人の介入なしでは成長できないのと非常によく似ている。

恐竜のさらにその祖先は、ワニ似?

恐竜の生息していた時代にも巨大なワニがいたが----

AFPは2017年04月14日に、恐竜の進化における「ミッシングリンク(失われた環)」が、タンザニアで1930年代に発見された化石が一助となって特定された。この恐竜の祖先は、首が長く、四足歩行でワニに似た姿をしていたという。

フランスの考古学者は、大きなGallo-Romanモザイクを発掘。

ArtDailyは2017年04月13日に、フランスの考古学者は2017年04月11日に、南フランスのウゼス(Uzès)で60m平方もり、保存状態が極めて良い紀元1世紀頃のガロ-ロマンス・モザイク(Gallo-Roman mosaic)を発掘したと報告した。

州の博物館デュラック・オキタニィ(Drac Occitanie)の元で、古代から中世の町ウゼスを発掘していた。

人間が人間を喰う。古代人のカニバリズムと、その目的。

AFPは2017年04月07日に、現生人類を含め、古代の人類が人の肉を食べるカニバリズム(cannibalism/食人)をしていたのは、栄養価の高い食事を取るためというより、儀礼的な目的のためだった可能性の方が高いとする異色の研究論文が2017年04月06日に、発表されたと報告した。

オーストラリア西部で、恐竜21種の足跡発見!

AFPは2017年03月27日に、オーストラリアの研究者らは2017年03月27日に、オーストラリア西部の海岸地帯で異なる21種の恐竜の足跡が発見されたと発表した。研究者らはこの発見について「前代未聞」の規模であるとし、映画『ジュラシック・パーク(Jurassic Park)』の世界さながらだと評している。

インドで発見の藻類化石は、世界最古の多細胞植物か?

AFPは2017年03月15日に、インドで見つかった16億年前の化石2個に紅藻類が含まれているとする研究論文が、2017年03月14日に発表されたと報告した。
これらは地球上で発見された最古の植物状生命体の可能性があるという。

3千年前のファラオ像2体、カイロのスラムで発掘。

さすがエジプト!AFPは、3000年以上前の古代エジプトのファラオ(王)像2体が、カイロ(Cairo)首都圏の住宅地でエジプトとドイツの考古学チームによって発掘されたと報告した。

像が見つかったのは、カイロ首都圏北東部のマタリア(Mattarya)地区で、かつて古代エジプト王朝の首都ヘリオポリス(Heliopolis)があり、現在は労働者・中産階級の住宅が立ち並ぶスラムであった。

Jihadistトンネルは、モスルでアッシリア時代の翼を付けた雄牛をむきだしにした。

ArtDailyは、狭いトンネル全体が暗闇で、迷宮を通ると、それらが突然出現する。
モスルの地下で、アッシリア帝国時代の2頭の大きい翼を付けられた雄牛がそっくりそのまま見つかった。

しかし、IS(Islamic State/イスラム国家)グループを北部イラクの主要な都市から立ち退かせる戦いで、むきだしの考古学の宝物をトンネルに保存することは、時間に対する競争であった。

jihadistsは、噂によれば2014年07月に収納された丘の下で人工物を略奪するために、ナビ・ユナス神社(Nabi Yunus shrine)の墓であった予言者ジョナ(Prophet Jonah)を、それらがダイナマイトで爆破し、トンネルのネットワークを掘った。

イラク治安部隊が、ISが破壊したモスルの博物館を奪還。

AFPは、イスラム過激派組織「IS(Islamic State/イスラム国家)」の戦闘員らが考古学上貴重な遺物を破壊する様子を自分たちで撮影したことで知られるイラク北部モスル(Mosul)の博物館を、イラクの治安部隊が2017年03月07日に、奪還したっと、現地警察が発表したと報告した。

ケナガマンモス、遺伝子の「破綻」で絶滅か?

AFPは2017年03月03日に、数千年前に絶滅しているケナガマンモス(woolly mammoth)の絶滅に至る過程において、その生存能力を阻害する遺伝子変異が、減少する個体数の群れの中で次々と発生していたとする研究論文が2017年03月02日に、発表されたと報告した。

かつては北米やロシア・シベリア(Siberia)に最も多く生息していた草食動物の一種だったケナガマンモスは、狩猟による影響の増大や気候温暖化などの脅威にさらされ、3700年前に地球上から姿を消した。

NZで発見の化石で、古代の巨大ペンギン、恐竜と共存。

AFPは2017年02月24日に、ニュージーランドで発見された巨大ペンギンの足の骨の化石から、ペンギンの祖先が恐竜と同じ時代に地球上に存在していたことが分かったという研究結果が2017年02月23日に、発表されたと報告した。

約6550万年前に起きた小惑星の衝突で非鳥類型恐竜が絶滅する以前、超大型のペンギンが角竜類のトリケラトプスや肉食のティラノサウルスといった恐竜と同じ空気を吸っていたということになる。

ただし、小惑星の衝突で非鳥類型恐竜が絶滅したというのは、一つの提案であるが、確実ではない。

NASA科学者が、メキシコ鉱山で6万年前の生きた微生物を発見。

AFPは2017年02月21日に、NASA科学者が最長6万年にわたりセレナイト(selenite)の結晶内部に閉じ込められていた、生きた微生物をメキシコの鉱山で発見したと報告した。

NASAの宇宙生物学研究所(Astrobiology Institute)のペネロープ・ボストン(Penelope Boston)が2017年02月17日に、米国のボストン(Boston)で開催のAAAS(American Association for the Advancement of Science/米国科学振興協会)の2017 AAAS Annual Meeting会合で行った研究発表によると、この奇妙な古代微生物は、亜硫酸塩、マンガン、酸化銅などを摂取して生きられるように進化したと考えられるという。

古代の開拓跡か?アマゾン熱帯雨林に謎の円形溝。

AFPは2017年02月07日に、南米アマゾン(Amazon)の熱帯雨林は、1492年のヨーロッパ人による南北アメリカ大陸入植のはるか以前から、数千年にわたって先住民により手が加えられていたとする研究論文が、発表されたと報告した。

ブラジルの一部地域から、円形の溝などが多数発見された。

これまでに確認されている円形の溝あるいは地上絵(geoglyph)の数は数百に上る。
作られた目的は不明だが、ここで何らかの儀式が行われていた可能性もあるという。

人類最古の祖先は、肛門のない5億4000万年前の袋状生物か?

AFPは2017年01月31日に、イギリスの科学誌ネイチャー(Nature)からの情報として、人類から進化系統をさかのぼることができる最古の生物は、約5億4000万年前に生息していた卵形の生き物である可能性が高いとの研究結果が2017年01月30日に、発表されたと報告した。

この生物は、摂食と排せつを同じ大きな開口部から行っていたという。

イランの古代岩壁画、経済制裁解除で研究進展に期待!

AFPは、イランの丘陵地帯や砂漠の平原地帯をほぼ単独で長年にわたり調査し続け、古代の岩壁画を数多く発見したイラン人考古学者がいる。

イラン中部の町ホメイン(Khomein)郊外の岩が散在する荒涼とした場所にもこうした岩壁画はあった。貴重な壁画がこのような場所に存在していたとはにわかに信じがたいほどだと伝えている。

ラスコー洞窟壁画の芸術センター完成。

毎日新聞、ArtDailyは2016年12月12日に、仏南西部ドルドーニュ県の世界遺産で、約2万年前に描かれたラスコー洞窟(Lascaux caves)壁画を復元した「Le Centre International de l’Art Pariétal Montignac Lascaux(モンティニャック・ラスコー国際洞窟壁画芸術センター)」が完成し、2016年12月10日にオランド仏大統領(French President Francois Hollande)らが出席して落成式典が行われたと報告した。

猿人ルーシーは、1日の3分の1以上を樹上で過ごした!?

AFPは2016年12月02日に、現生人類の古代の祖先とされる猿人「ルーシー(Lucy)」は、木の上のすみかで1日の3分の1以上を過ごしていた可能性が高いとする最新の研究結果が2016年11月30日、発表されたと報告した。

また、「ルーシー」は、高い木から落ちて死んだ?

NTTドコモの携帯基地局建設。遺跡無断で掘削!

毎日新聞は、山梨県教育委員会は2016年11月24日に、山梨県南アルプス市内の遺跡2カ所で、NTTドコモが携帯電話の基地局を無断建設していたと発表した。工事の孫請け業者の社員が、市から「文化財の調査は不要」との公文書を偽造してドコモに報告していたという。

これは、個人レベルではなく、企業の偽造である。

宮崎県えびの市で、鮫皮巻の大刀出土。

毎日新聞は、宮崎県えびの市教育委員会などは2016年10月24日に、宮崎県えびの市の島内地下式横穴墓群139号墓(6世紀前半、古墳時代後期)で出土した大刀(たち)が、柄(つか)に朝鮮半島特有の装飾「鮫皮巻(さめがわまき)」を施したものとしては国内最古であることが判明したと発表した。

クフ王ピラミッドの空間発見は、「ミュー粒子」を利用。

これまで、エジプトの調査で、早稲田大学の吉村作治教授のチームが知られていたが、今回のクフ王ピラミッドの空間発見は、名古屋大学のの素粒子物理学研究者らのほか、エジプトやフランスの専門家が参加していた。

また、その技術は、ピラミッドを破壊せずに内部の様子を探る試みで、宇宙線から生じ、厚さ数キロの岩盤を突き抜けるほど、物を通り抜けやすい性質を持つ「ミュー粒子」を利用した。

調査チーム、ギザの大ピラミッドで新たに2つの「空洞」発見。

AFPは2016年10月16日、エジプトのギザの大ピラミッド(Great Pyramid of Giza)」に、これまで知られていなかった2つの「空洞」が存在する可能性があることが、ラジオグラフィ(X線撮影)を用いたスキャン調査で判明した。

ピラミッドの謎解明を目指すプロジェクト「スキャンピラミッド(Scan Pyramids)」の科学者らがに、明らかにした。

恐竜時代の鳥の発声器官、最古の化石発見。

AFPは2016年10月13日に、鳴き声を発する鳥が、恐竜時代に生息していたことを示す驚くべき化石を発見したとする研究論文が、イギリスの科学誌ネイチャー(Nature)で発表された。

ティラノサウルス・レックス(T・レックス、Tyrannosaurus rex)や他の恐竜たちも、われわれ人間と同様に鳥の鳴き声で目覚めていたのかもしれないが、それは美しいさえずりというよりは、「クラクション」といった音に近かったようであると報告している。

最古級の旧約聖書写本、最新技術で開いた。

AFPは2016年09月22日に、極めてもろくなった状態の古代ヘブライ語の巻子本をデジタル処理によって「開き」、史上最古級の旧約聖書写本の中身を明らかにしたとの研究論文が2016年09月21日に、発表したと報告した。

「アンティキティラ島の機械」発見の沈没船で、2000年前の人骨を発見。

AFPは2016年09月20日に、考古学者チームは、古代から現存する最も複雑な技術工芸品の一部である「アンティキティラ島の機械(Antikythera Mechanism)」が見つかったのと同じ地中海(Mediterranean Sea)の沈没船で、2000年前の人骨を発見した。英科学誌ネイチャー(Nature)が2016年09月19日に伝えたと報告した。

ネイチャーによると、ギリシャのアンティキティラ(Antikythera)島の沖合で2016年08月31日に発見されたこの人骨からDNAを抽出できれば、人骨の身元に関する手掛かりが明らかになる可能性があるという。

サムスンは、League of LegendsであるからMilkを閉鎖する。

ブライアン・シャフィン(Bryan Chaffin)はMacObserverで、最初にブライアン・シャフィンのハートは、ミルク酸敗(Milk souring/腐った牛乳)に巻き込まれた外に出る従業員であった。

それは、ブライアン・シャフィンが、この怒号において言う必要があろうとしている唯一の良い物についてである。

マヤ文明のピラミッドの下に水路発見!

AFPは2016年07月26日に、メキシコの考古学者らは、古代マヤ文明の国王の墳墓があるピラミッドの下に水路があることを発見した。この水路は死者の国へと続く象徴的な通路を表していた可能性があると言っていると報告した。

新種肉食恐竜の化石発見。

AFPは2016年07月21日に、約8000万年前の新種の肉食恐竜の化石がアルゼンチンで見つかった。
研究論文が、「巨大な泥棒」として知られる恐竜の仲間だと、発表されたと報告した。

レーザー技術で、カンボジアの失われた都市の詳細を解明。

AFPは2016年06月13日に、カンボジアのアンコールワット(Angkor Wat)近くのジャングルの下に眠っていたはるか昔の都市について、レーザー技術を使った調査で新たに詳細が判明したと、考古学チームが2016年06月12日にロンドンのRoyal Geographic Society in Londonで全体を2016年06月13日月曜日に発表すると報告した。

世界最大の宗教遺跡群に見え隠れする文明についての理解が進んでいる。

調査は数年前から行われていたが、新たに分かったのは、クメール王朝(Khmer Empire)の都市の広がりと寺院群が誇る規模の大きさであった。

科学者はミステリー『ホビット(Hobbit)』のありそうな祖先を見つける。

アルジャジーラ(Al Jazeera)とAFPは、インドネシアの島フローレス(Indonesian island of Flores)で発掘された化石は、人類学の最も興味をそそるミステリーのうちの1つを解決できると報告した。

数十万年に日付を戻して書いているインドネシアの島の新しくむき出された化石は、たった今、「ホビット」とニックネームを付けられた小さい人種のミステリーを解決できたところである。

また、イスラエル沖で古代ローマの沈没船から貴重な遺物をダイバーが発見!

AFPは、IAA(Israel Antiquities Authority/イスラエル考古学庁)は2016年05月16日に、地中海に面する古代の港湾遺跡カイサリア(Caesarea)の沖合で1600年前に沈没した商船から発見された、銅像や貨幣を含む古代ローマ時代の希少な遺物を公開したと報告した。

オーストラリアで、「世界最古」の石斧を確認。

AFPは、オーストラリアで1990年代に発見された石の破片が、知られている限りで世界最古の石斧の一部だった可能性があると科学者らが2016年05月11日に、発表したと報告した。

石片は、約5万年前に人類が初めて同大陸に到達した直後のものとみられるという。

ツタンカーメン王の墓の「隠し部屋」、専門家ら異議!

AFPは2016年05月09日に、エジプトのハリド・アナニ(Khaled al-Anani)考古相は、古代エジプト王ツタンカーメン(Tutankhamun)の墓にあるとされる隠し部屋の存在を確かめるには、新たな技術が必要と述べた。

隠し部屋をめぐっては、イギリスの考古学者が、ツタンカーメン王の義母ネフェルティテイ(Nefertiti)王妃の遺体が埋葬されている可能性を指摘している。

米国ではできないが、イギリスでできること13項目。

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、オバマ大統領は、女王の90番目の誕生日のお祝いの一部として、女王とEU国民投票キャンペーンについての任務として、昼食のためのイギリスに着陸した。

それは、少なくともきっと大統領とファーストレディ、およびそれらが、臨時の作業リストを持つってObamasイギリスを訪問する最後である。

そこで、オバマは、それらのために3日を持ち、あるポイントでデイビッド・キャメロンと話をはめ込む必要があるだけである。

従って、ルイス・ドーレ(Louis Doré)には、彼が、最高司令官として、どうしても米国で彼がすることができなかったことを、イギリスにいる間に、バラクが試すべき少しの提案をした。

絶滅した「殺し屋」クジラの歯を発見!

AFPは、オーストラリアの海辺で、絶滅したマッコウクジラ「キラースパームホエール(killer sperm whale)」の巨大な歯の化石が見つかったと報告した。

約500万年前のもので、南北米大陸以外でこのクジラの化石が発見されたのは初めてであったと伝えている。

5000年前のミイラ「アイスマン」、3Dプリンターで復元。

AFPは、アルプス(Alps)の氷河で25年前に発見された約5000年前の男性のミイラ「エッツィー(Ötzi/Oetzi)」(通称アイスマン、Iceman)の等身大の復元が、3Dプリンターで作製されたと報告した。

エッツィーが保管されている、イタリア北部ボルツァーノ(Bolzano)の南チロル考古学博物館(South Tyrol Museum of Archeology)によると、既存のCTスキャンデータを基に樹脂で複製を作り、米国人アーティストのゲーリー・スターブ(Gary Staab)が数か月かけてそれに彫刻と塗装を施した。

アップルは、iPhoneの寿命を3年と想定。

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、アップルは、iPhoneの寿命を3年と想定している。Apple Watchも寿命を3年と想定している。Macコンピュータは寿命を4年と想定している。
アップルは、MacOSのブランド名をOS Xに変更したとき、アップルは、続くことを間違いポイントで予定しすぎたと報告している。

アテネで、古代の「集団墓地」発見!

AFPは2016年04月15日に、ギリシャの首都アテネ(Athens)近郊で、男性の骨80体が埋められた集団墓地2か所が見つかったと報告した。

考古学者らは、これらの人骨について、古代アテネの僭主(せんしゅ)になろうと反乱を起した貴族キュロン(Cylon)の追随者らのものである可能性があると伝えている。

ISは、モスルの近く、古代の都市ニネベの門を破壊。

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、イスラム過激派組織「IS(Islamic State/イスラム国家)」はモスル(Mosul)の近くでニネベ(Nineveh)の古代の都市にゲートを破壊した。グループは2014年以来モスルをコントロールし、多い文化的な人工物を破壊した.

このゲートは、Mashqiゲート(Mashqi Gate)、また神のゲートとして知られ、ニネベの古代アッシリア都市をガードした多くの雄大なゲートのうちの1つであった。

バイブルにおいて参照されるBC7世紀のニネベは、当時、世界の中で最も大きい都市であった。

聖書が書かれた時の新しい証拠を提供する陶器発見。

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は2016年04月12日に、バイブルが書かれた時の新しい証拠を提供する陶器発見し、陶器において書かれた軍隊の記録を分析することにより、リテラシーがエルサレム・エリートのためではなかったことだけが示唆されると報告した。

2,500年前の粘土に書かれたレターのコレクションは、聖書についての年齢数世紀の疑問に答えるのに役立っているかもしれない。

破壊前のパルミラと、ISから奪回後のパルミラの写真比較。

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、イスラム過激派組織「IS(Islamic State/イスラム国家)」から奪回された1週後に、前後のシリーズは、ISにより起こされた破壊の範囲を示しているパルミラ(Palymra)の古代シリアサイトで起きたことが明らかになったと報告した。

ISグループは、イースターの日曜日にサイトから追放されて、政府軍が引き継いで以来、ジャーナリストは初めて中に入ることが許された。
写真は、そのいくつかが数1000年の歴史がある寺院と彫像をISが破壊する行為を示した。

特報!シリア国軍が、古代の都市パルミラを完全に奪還!

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は2016年03月27日に特報として、シリアのメディアリポートによると、イスラム過激派組織「IS(Islamic State/イスラム国家)」のジハーディスト・グループ(The Isis jihadist group)は古代シリア都市のパルミラ(ancient Syrian city of Palmyra)から追放されて、政府軍は「完全なコントロール」を取り戻したと報告した。

交戦するグループの上の主要な象徴的な勝利であるものにおいて、シリアの国営TVリポートは、軍隊のソースを引用し、軍隊が民兵組織同盟国の助けによって都市を取り戻したと伝えている。

バシャー大統領アル・アサドに忠実な軍隊(Forces loyal to President Bashar al-Assad)は、2016年03月27日日曜日の朝.「パルミラの都市の上の完全なコントロール」を奪還したと、 軍隊のソースは言った。

紀元前約1万500年頃からアイルランドに人間が存在していた。

AFPは2016年03月21日に、アイルランドの洞窟で発見されたクマの骨を分析した結果、これまで考えられていたより2500年早い紀元前約1万500年頃からアイルランドに人間が存在していたことが分かったと、研究者らが2016年03月20日に、明らかにした。

ツタンカーメンの墓が、複数の秘密の室を持っている。

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、日本の研究調査が、ネフェルティティの休息場所(Nefertiti's resting place)に光を当てることができた後に、、エジプトの役員は、ツタンカーメン墓(Tutankhamun tomb)が、複数の室を持っていると言ったと報告した。

遺伝子操作で「先祖返り」、恐竜の脚持つニワトリ胚を作成。

AFPは2016年03月16日に、遺伝子操作によって、恐竜のような脚を形成するニワトリの胚を作成したとする研究が今月、学術誌エボリューション(Evolution)に掲載されたと報告した。

総件数:911最初12345678910最後
広告募集中