on-the-time.jp

AirAsiaX、2019年02月にKL―福岡便就航。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年11月30日に、マレーシアのLCC(Lightbridge Communications Corporation/格安航空会社)のAirAsiaの長距離部門AirAsiaXは2018年11月29日に、2019年02月28日よりKL(Kuala Lumpur/クアラルンプール)―福岡便を就航すると発表した。

AirAsia、日本とインドネシアを結ぶ直行便が消える!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月24日に、マレーシアのLCC(Lightbridge Communications Corporation/格安航空会社)のIndonesia AirAsia(インドネシア・エアアジア)の長距離部門Indonesia AirAsiaX(インドネシア・エアアジアX)は、2019年01月14日の便を最後に、バリ島―成田の直行便を運休する。

中国の南方航空、2019年にスカイチーム脱退。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年11月19日に、航空大手広州市の中国南方航空(China Southern Airlines)は2018年11月15日に、2019年01月01日から20社加盟の航空連合(アライアンス)の「スカイチーム(SkyTeam)」を脱退すると表明した。

ミャンマー国鉄、マンダレー~ミッチーナ間に急行運行。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年12月11日に、ミャンマー政府系英字紙「グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマー(The Global New Light Of Myanmar)」は2018年12月10日に、MR(Myanma Railways/ミャンマー国鉄)は2018年12月29日から、第2の都市マンダレー(Mandalay)と北部カチン州のミッチーナ(Myitkyina)間で急行列車の運行を始めると伝えたと報告した。

オーストラリアの航空各社、機内手荷物の重量確認を強化。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年12月12日に、オーストラリアの航空各社が2018年12月17日から、機内持ち込み用の手荷物(baggage)の重量確認を強化する方針を明らかにしたと報告した。

オーストラリアの新聞「オーストラリアン(The Australian)」は2018年12月11日に、2018年12月17日から手荷物の重量確認を徹底すると発表したカンタス(Qantas)に続き、格安航空ヴァージン・オーストラリア(Virgin Australia)も2018年12月10日に、手荷物が最大7kgを超えていないか厳しく確認する方針を明らかにしたと報じた。

2018年のシンガポールの有給消化率93%。日本は50%。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年12月12日に、旅行サイト世界大手の米国のエクスペディア(Expedia)が2018年12月10日発表した有給休暇(paid holidays)に関する2018年の国際比較調査によると、シンガポールの有給休暇の消化率は93%となり、2017年から横ばいだった。日本は50%で、3年連続で世界最低水準となっている。

今年で18回目を迎えた同調査は、世界19カ国・地域の18歳以上、1万1,144人を対象に9月に実施した。

ニュースフィクサー、「RT sex doc」

カンボジアの新聞「クメール・タイムズ(Khmer Times/電子版)」は2018年12月10日に、政府が信用していない性的人身売買ドキュメンタリー「My Mother sold Me」の制作を支援したカンボジアのニュースフィクサーは、オランダへの亡命を狙ったとして、タイの当局はバンコクで彼が逮捕されたと報告した。

現存する、日本の最古のパスポート。

日本経済新聞 電子版は2018年12月10日に、写真でみる永田町というコラムで、とんでもないものを発掘し、紹介してきた。

江戸幕府は1866年(慶応2年)に、就学と商業を目的とした海外渡航を解禁した。このとき発券した現存最古のパスポートが、東京・麻布台の外交史料館に残っているという。

AirAsia、ベトナムで合弁、2019年08月に運航開始。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年12月11日に、マレーシアの新聞「ニュー・ストレーツ・タイムズ(New Straits Times)」は2018年12月10日に、マレーシアのLCC(Lightbridge Communications Corporation/格安航空会社)のAirAsiaがベトナムで設立する合弁LCCは、2019年08月から運航を開始する見通しだと伝えたと報告した。

「クフ王のピラミッド」の頂上で、全裸の男女が性行為?!

ハフポスト(Huffpost)の日本語版は2018年12月09日に、登頂が禁止されているエジプトの都市ギザにある「クフ王のピラミッド(Pyramid of King Kufu)」に登り、撮影されたとされる動画が、インターネット上に投稿され、物議を醸していると報告した。

動画には全裸で抱き合う男女が写っており、エジプト当局が捜査する意向を示したと、地元紙「egypt today」などが2018年12月07日に報じた。

CNNによると、動画は2018年12月05日にYouTubeに投稿され、暗闇の中でギザの3大ピラミッド「クフ王のピラミッド」とされる建造物を登る男女が写っている。

そして、頂上で女性が、マリファナかタバコを吸っている。

2人は頂上にたどり着くと、女性が上着を脱ぎ出し、最後は2人が裸で性交渉をしているように見える写真で終わる。

インドネシアの「ライオンエア」、ボーイング機購入中止を検討。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年12月06日に、インドネシアの経済新聞「ビスニス・インドネシア(Bisnis Indonesia)」は2018年12月05日に、インドネシアのLCC(Lightbridge Communications Corporation/格安航空会社)「ライオンエア(Lion Air/ライオン航空)」の社長エドワード・シライト(Edward Sirait)は、「ライオンエア」が運航するのJT610便(ボーイング737MAX8型機、乗員・乗客189人)が2018年10月29日に墜落した事故を受けて、同機材の購入計画を取りやめる可能性があると明らかにしたと伝えたと報告した。

「ライオンエア」が発注済みのボーイング737MAX8は218機。
インドの経済新聞「エコノミック・タイムズ(The Economic Times)」は2018年12月06日に、190機をキャンセルすると報告し、総額US$220億になるという。
「ライオンエア」と「ボーイング」の信頼関係が壊れたようである。

インドの鉄道の安全強化事業、JICAが第1回会合を開催。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年12月05日に、JICA(Japan International Cooperation Agency/国際協力機構)は2018年12月04日に、インドの首都ニューデリーで、技術協力プロジェクト「鉄道安全能力強化プロジェクト(The Project for Capacity Development on Railway Safety)」の第1回合同調整委員会(India-Japan hold first meeting on capacity development on railways safety)を開いたと報告した。

インドネシアのガルーダ、年末年始に413便を増便。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年12月05日に、インドネシアの国営ガルーダ・インドネシア航空(Garuda Indonesia Airlines)は2018年12月04日に、2018年12月20日から2019年01月06日までの18日間に、子会社のLCC(Lightbridge Communications Corporation/格安航空会社)シティリンク・インドネシア(City Link Indonesia)と合わせて413便を増便すると発表した。

日本からミャンマーの訪問者、観光ビザ免除で2%増加。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年12月05日に、ミャンマーの新聞「ミャンマー・タイムズ(Myanmar Times/電子版)」は2018年12月04日に、ミャンマーのホテル・観光省(Ministry of Hotels and Tourism, Myanmar)は、日本人の観光ビザ(査証)を免除した2018年10月からの1カ月で、日本からの訪問者数が2%増加したと明らかにした。
2018年12月からの観光業の繁忙期を控え、訪問者のさらなる増加に期待していると伝えたと報告した。

ホテル・観光省の担当者が、第2の都市マンダレーで2018年11月30日に、政府と民間部門の業界関係者が日本人観光客を取り込むための戦略を話し合う会合で説明した。

インド南部ケララ州で、州内4カ所目の国際空港開業。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年12月11日に、インドのPTI(Press Trust of India)通信は、インド南部ケララ州(State of Kerala)で2018年12月09日、州内で4カ所目となる国際空港が開港した。周辺住民による行き来の活発化や、観光客の増加、輸出促進が期待されていると伝えたと報告した。

空港の名称は「カンヌール国際空港(Kannur International Airport)」

インドネシア、観光客にごみ処理料請求!?

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年12月03日に、インドネシアのニュース雑誌テンポ(Tempo/電子版)は2018年12月02日に、インドネシアの環境・林業省(Ministry of Environment and Forestry)と海事調整省(Ministry of Maritime Affairs)は、観光地の訪問者を対象にごみ処理料を課すことを計画している。

訪台中国人観光客の滞留日数、年間120日に設定した改正草案を決議。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年12月03日に、台湾の内政部(内務省)は2018年11月29日に、台湾を訪れる中国人観光客に関する規則「大陸地区人民来台従事観光活動許可弁法(大陸地區人民來臺從事觀光活動許可弁法)」の改正草案を決議したと報告した。

JALなど3社、香港で「農泊」販売開始。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年11月30日に、JAL(JAPAN AIRLINES/日本航空)、仙台市で民泊運営の百戦錬磨(Hyakusenrenma)、JALグループの香港旅行会社JALサテライトトラベル(JAL Satellite Trave/日航天地旅遊)の3社は2018年11月29日に、農家で伝統的な生活体験をする「農泊」を活用した訪日旅行商品を香港で販売すると発表した。

ナマハゲなどの「来訪神」が、ユネスコの無形遺産に決定!

日本経済新聞 電子版、毎日新聞は2018年11月29日に、国連の文化的機関ユネスコ(UNESCO/United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization/国際連合教育科学文化機関)は2018年11月29日にインド洋のモーリシャス(Mauritius)で政府間委員会を開き、日本政府が申請した「来訪神(Raihosin) 仮面・仮装の神々」を無形文化遺産に登録することを決めたと報告した。

2018年01~09月、フィリピンへの外国人旅行者、8%増の536万人。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年11月28日に、フィリピン観光省(Philippine Department of Tourism)によると2018年01~09月の外国人旅行者は前年同期比8.3%増の536万2,533人だった。国・地域別で2位の中国(本土)が34.9%増の97万2,550人と伸び、全体の成長をけん引したと報告した。

マレーシアの「Airbnb」、東南アジアで成長率トップ。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年11月28日に、マレーシアの新聞「ニュー・ストレーツ・タイムズ(News Straits Times)」は2018年11月28日に、米国の「Airbnb(エアビーアンドビー/エアビー)」によると、2018年初めから2018年07月01日までの東南アジア域内でのサービス成長率はマレーシアが首位だったと報告した。

中国企業が、カンボジアの首都プノンペンに観光専門学校開校。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年11月29日に、カンボジアの中国語新聞「柬華日報(柬华日报/電子版)」は、観光業界向けの人材を育成する専門学校「WYTHS(World Youth Tourism and Hospitality School/ワールドユース・ツーリズム・アンド・ホスピタリティー学校)」が2018年11月26日に、カンボジアの首都プノンペンで開校したと伝えたと報告した。

帝都動かず!京王電鉄、ミャンマーでの合弁事業中止!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年11月27日に、東京の京王電鉄(旧京王帝都電鉄)は2018年11月26日に、ミャンマーで計画していた、ホテルとサービスアパート事業を展開する合弁会社の設立を中止すると発表した。

2018年04月の合弁会社設立を予定していたが、合弁契約の諸条件が合意に至らず、2018年03月29日に延期していた。

台湾の長栄航空は、中部国際空港、青森空港、松山空港就航。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年11月27日に、台湾で、唯一の国営通信社である「中央通訊社(Central News Agency/中央通信社)」が2018年11月26日に、台湾航空大手の長栄航空(エバー航空/EVA Air)は、2019年6月6日から台湾桃園国際空港と中部国際空港を結ぶ路線を新たに就航すると発表した。

台湾からの訪日客増加に伴い、就航地を増やすことで新たな商機の獲得を図ると伝えたと報告した。

インドのLCC2社、Webチェックインを有料化!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年11月27日に、インドの経済新聞「ビジネス・スタンダード(Business Standard)」は2018年11月25日に、インドのLCC(Lightbridge Communications Corporation/格安航空会社)IndiGo(インディゴ)とSpiceJet(スパイスジェット)は、オンラインチェックインの利用を有料化すると明らかにしたと報告した。

インド国内の航空業界はコスト増加に苦しんでいるものの、価格競争が激しく各社とも運賃の値上げをできずにいるのが現状である。

直近の四半期決算が赤字だったIndiGoとSpiceJetは負担軽減に向けて、サービスの有料化を決めたものとみられる。

イタリアのピサの斜塔は、17年間で少し真っすぐになった。

毎日新聞は2018年11月24日に、イタリア中部ピサにある世界遺産の観光名所「ピサの斜塔(Torre pendente di Pisa/Leaning Tower of Pisa)」が過去17年の間にわずかに真っすぐになっていたことが2018年11月24日に分かったと報告した。

日本人と中国人がけん引し、2018年10月訪韓外国人客数3割増。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年11月23日に、KTO(Korea Tourism Organization/한국관광공사/韓国観光公社/)によると、2018年10月に韓国を訪れた外国人客数は前年同月比31.1%増の152万7,832人だった。

日本と中国からの観光客増加が寄与した。

マレーシアのAirAsiaX、2018年07~09月期も赤字!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年11月23日に、マレーシアのLCC(Lightbridge Communications Corporation/格安航空会社)大手エアアジア(AirAsia)の長距離部門エアアジアX(AirAsia X)が2018年11月21日発表した2018年7~9月期(第3四半期)決算の最終損益は、1億9,746万リンギ(約53億4,000万円)の純損失を計上し、2期連続で赤字となった。

訪日シンガポール人、2018年10月は9%増。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年11月22日に、JNTO(Japan National Tourism Organization/日本政府観光局)が2018年11月21日に発表した2018年10月のシンガポール人客数(推計値)は、前年同月比9.4%増の3万5,100人となり、同月として過去最高を記録したと報告した。

2018年10月の訪日マレーシア人も、前年同月比0.7%減。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年11月22日に、JNTO(Japan National Tourism Organization/日本政府観光局)が2018年11月21日に発表した2018年10月のマレーシアからの訪日者数(推計値)が前年同月比0.7%減の3万9,100人だったと明らかにした。

タイ、10月外国人旅行者20カ月ぶり下落、0.5%減!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年11月22日に、MOTS(Ministry of Tourism and Sports/กกท/กระทรวงการท่องเที่ยวและกีฬา/タイ観光・スポーツ省)は2018年11月21日に、2018年10月にタイを訪れた外国人旅行者数が前年同月比0.5%減の271万2,033人だったと発表した。20カ月ぶりに前年同月割れとなった。国・地域別でトップの中国が19.8%減と、4カ月連続で落ち込んだことなどが響いたと報告した。

2018年10月の訪日香港人1%減。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年11月22日に、JNTO(Japan National Tourism Organization/日本政府観光局)が2018年11月21日に発表した10月の訪日香港人は、前年同月比0.9%減の16万9,500人(推計値、以下同じ)だった。マイナスは2カ月連続で、今年に入って前年同月を割り込むのは5度目。

右肩上がりの小休止!

上海の採石場跡地にできた巨大高級「地下ホテル」公開。

毎日新聞は2018年12月03日に、中国の上海で、採石場跡地を利用した廬山風景区にある高級ホテルがオープンし、話題を集めていると報告した。

静かな豪華さ、エキゾチックな動植物、世界クラスの料理、スタッフによる暖かい笑顔が迎えてくれると紹介している。

深さ約90m、幅約280mの巨大な穴の壁面に沿って建てられた独特の形で、一般開放が始まった2018年11月20日には多くの見物客が早速訪問した。

Grab、電動スケーターのシェア試験導入!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年11月26日に、シンガポールの配車サービス大手Grabは2018年11月23日に、イノベーション(技術革新)を推進する新部門グラブ・ベンチャーズ(Grab Ventures)がNUS(National University of Singapore/シンガポール国立大学)と共同で、NUS構内で電動キックスケーター(Electric kick skater)のシェアサービスの試験導入をしたと発表したと報告した。

NUSのケントリッジ・キャンパス(Kentridge Campus)で2018年11月19日から3カ月にわたり、NUSの学生や教職員向けにシェアサービスを試験的に提供する。

「丹波篠山山鹿の猿」で有名な「丹波篠山市」誕生。

毎日新聞は2018年11月18日に、出直し市長選、改名進める前市長の酒井隆明が4選を達成したと報告した!

「丹波篠山市」への市名変更の賛否を問う兵庫県篠山市の住民投票が2018年11月18日に、投開票された。

「賛成」は1万3646票で、「反対」の1万518票を上回り、賛成多数となった。

同日あった出直し市長選では改名を進める64歳の前市長の酒井隆明が4選を決め、「丹波篠山市」の誕生に大きく前進した。

エレベーターのケーブルが切れ、95階から落下。

ハフポスト(Huffpost)の日本語版は2018年11月26日に、事故が起きたのは100階建てのジョン・ハンコック・センター(John Hancock Center/Former Hancock Center)で、1969年の完成当時はシカゴ(Chicago)で最も高く、最も美しい夜景が見られるビルとして有名だったアメリカ・シカゴの超高層ビルで2018年11月16日に、95階のエレベーターに乗り込んだ瞬間、支えていたケーブルが切れ、急降下した。

昔、霞ヶ関ビルの会社を訪ねた時、もしケーブルが切れたらと考えたこともあったが、現実に起こった。

カンボジアの空港運営会社、地方空港建設、3州が有望。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年11月16日に、カンボジアの空港運営会社カンボジア・エアポーツ(Cambodia Airports)は、地方での空港の新設または改修・拡張に向け、各地の潜在性を評価した。

カンボジアの中国語新聞「高棉日報(高棉日报/KHMER DAILY電子版)」は、北西部バッタンバン(Battambang)州、北部のストゥントレン(Stung Treng)州、プレアビヒア(Preah Vihear)州が有望視されるとの認識を示したと伝えた。

インドのM&M系二輪、JAWAブランドで新モデル!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年11月16日に、インドの自動車大手M&M(Mahindra & Mahindra Limited/マヒンドラ&マヒンドラ)は2018年11月15日に、子会社クラシック・レジェンズ(Classic Legends)が「JAWA(ヤワ)」ブランドの二輪車3モデルを発売したと発表した。

クラシック・レジェンズは2016年10月に同ブランドの事業権取得を発表していた。

米国議会の超党派諮問機関、香港の「中国化」に懸念!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年11月16日に、香港各紙が2018年11月15日に、米国議会の超党派諮問機関である「米中経済・安全保障審査委員会(U.S.-CHINA | ECONOMIC and SECURITY REVIEW COMMISSION)」は現地時間2018年11月14日に、年次報告書「2018 ANNUAL REPORT」を発表し、香港の「中国化」に懸念を示した。中国政府が香港への政治干渉や司法介入を強めている点に言及し、「香港は徐々に中国本土の都市と区別がつかなくなっている」と指摘したと伝えたと報告した。

インドネシアのチカンペック高速、タンブンでもナンバー規制。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年11月15日に、インドネシアの各メディアが2018年11月14日に、インドネシア運輸省運輸局のブディ・カルヤ・スマディ局長(Budi Karya Sumadi, Minister of Transportation)は2018年11月14日に、首都ジャカルタと東部の工業地域を結ぶチカンペック高速道路(Cikampek highway)で実施している車両ナンバーによる乗り入れ規制について、15日から範囲を拡大すると発表した。現在は「ブカシ・バラット」の入り口(Bekasi Barat Toll Gate)と「ブカシ・ティムール」の入り口(Bekasi Timur Toll Gate)で乗り入れを規制しているが、「タンブン」入り口(Tambun Toll Gate)でもこれを適用すると伝えたと報告した。

インドネシア、2019年の公休日を発表!レバランは9連休。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年11月14日に、インドネシア政府は2018年11月13日に、2019年の公休日(国民の祝日)と有給休暇一斉消化日を発表したと報告した。

ルクマン・ハキム・サイフディン(Lukman Hakim Saifuddin)宗教相、ハニフ(Hanif Dhakiri)労相、シャフルディン(Syafruddin)国家機関強化・官僚改革相の3者が、2018年11月02日に署名した共同通達で決定した。

プリンスホテル傘下の豪ホテル、インド南部ケララ州コーチで開業。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年11月14日に、東京都豊島区プリンスホテル(Prince Hotel)が2017年07月にオーストラリアに設立したホテル運営会社ステイウェル・ホールディングス(StayWell Holdings)は2018年11月12日に、インド南部ケララ州コーチ(Kochi/Cochin)で中級ブランドホテル「レジャーインVKLコーチ(Leisure Inn VKL Kochi)」を開業したと報告した。

マレーシアのMAVCOM、AirAsiaに「KLIA2手数料」徴収禁止。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年11月13日に、マレーシアの経済紙「マレーシアン・リザーブ(Malaysian Reserve)」は2018年11月12日に、MAVCOM(Malaysian Aviation Commission/マレーシア航空委員会)は、LCC(Lightbridge Communications Corporation/格安航空会社)のエアアジア・グループ(AirAsia Group)がKLIA(Kuala Lumpur International Airport/クアラルンプール国際空港)のLCC専用ターミナル「KLIA2」で旅客から3リンギ(約82円)の手数料を徴収することを禁止する方針だと伝えたと報告した。

ジャイロドロンVTOL航空機のコンセプトは、2つのジャイロスコープで安定。

デザインブーム(designboom.com)は2018年11月12日に、「ジャイロドロンコンセプト(gyrodrone concept)」を紹介した。

全日空、スカルノ・ハッタ国際空港第3ターミナルに移転!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月17日に、ANA(All Nippon Airways/全日本空輸/全日空)は2018年10月16日に、2018年11月12日からインドネシアの首都ジャカルタ郊外にあるスカルノ・ハッタ国際空港(Soekarno–Hatta International Airport/Bandar Udara Internasional Soekarno-Hatta)の発着場所を、現在の第2ターミナルから第3ターミナルに移転すると発表したと報告した。

カンボジア、世界最長のドラゴンボートの記録を達成。

カンボジアの新聞「プノンペン・ポスト(The Phnom Penh Post)」は2018年11月13日に、カンボジアは中国で開催された最長のドラゴンボートの世界記録を破ったと、ギネス世界記録裁判官のプラビン・パテール(Guinness World Records adjudicator Pravin Patel)は2018年11月12日月曜日に述べたと報告した。

パナソニック、IoT自転車でモバイクと協業検討。

アジア経済ニュースNNA ASIAと毎日新聞は2018年11月08日に、パナソニックグループで自転車事業を手掛ける大阪府柏原市のパナソニックサイクルテックの片山栄一社長は東京都内で開いた記者会見で2018年11月07日に、「高額なスポーツタイプの電動アシスト自転車に気軽に乗れる機会を提供し、市場の拡大につなげたい。」と述べた。

中国自転車シェアリングサービス大手の北京摩拝科技(Mobike/北京モバイク・テクノロジー)と、モノのインターネット(IoT)技術を搭載した電動アシスト自転車分野での協業の可能性を検討することで合意したと発表したと報告した。

ヨーロッパで、LCCの淘汰進行中!

Forbes JAPANは2018年11月08日に、アイスランド航空(Iceland Airlines)は今週、同じくアイスランドの航空会社WOWエア(WOW Air)を買収すると発表したと報告した。

アイスランド航空グループは2018年11月05日朝の発表で、LCC(Lightbridge Communications Corporation/格安航空会社)であるWOWエアの全株式を購入することに合意したと発表した。

買収には株主の承認が必要となる。

業界は反発しているが、台湾では民宿や農村も旅行業務可能に!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年11月08日に、台湾の4大新聞のひとつ「自由時報」は2018年11月07日に、台湾交通部(交通省)観光局は、民宿やブロガー、農村など旅行業者以外の組織・個人が旅行業務に従事するのを認めるため、観光業に関する規則「発展観光条例」第27条を改正する方針を明らかにしたと伝えたと報告した。

外国人労働者の受け入れ拡大「出入国管理法改正案」閣議決定。

日本経済新聞 電子版は2018年11月02日に、外国人労働者の受け入れ拡大に向けた出入国管理法改正案を閣議決定し、国会提出したと報告した。

その内容は、技能実習生らに限ってきた単純労働で初めて外国人の就労を認める。

移民政策とは異なり、深刻な人手不足に悩む建設、農業、宿泊、介護、造船のほか、一部の製造業や外食などで新たな就労資格を作り、対応する。

香港の「港珠澳大橋」は開通10日目に、目標大きく超えた。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年11月05日に、香港政府運輸署は2018年11月02日に、香港―広東省珠海―マカオを結ぶ海上橋「港珠澳大橋」の各地検問所間を結ぶシャトルバスの台数を増やすと発表した。

混雑に対応するため、バス運営業者が投入する車両台数を従来の120台から150台以上に増強する。

みずほ銀行、海南省商務庁と業務協力覚書を締結。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年11月02日に、みずほ銀行は2018年11月01日に、同行と中国現地法人のみずほ銀行(中国)が、海南省商務庁と業務協力覚書を締結したと発表した。

海南省商務庁との業務協力覚書を締結するのは邦銀として初めてという。

「広深港高鉄」開通で、海洋公園の本土客1割増。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年11月01日に、香港と中国本土を結ぶ高速鉄道「広深港高鉄(広深港高速鉄道/廣深港高速鐵路/广深港高速铁路/XRL/Guangzhou-Shenzhen-Hong Kong Express Rail Link)」香港区間の開通から1カ月が過ぎ、香港島のテーマパーク「香港海洋公園(オーシャンパーク/Ocean Park Hong Kong)」が本土客増加の恩恵を受けているようだと報告した。

渋谷ハロウィンで逮捕者続出!

ハフポスト(Huffpost)の日本語版は2018年10月29日に、ハロウィン直前の週末、渋谷駅前で軽トラが横転させられるなどの騒動が起きた。

痴漢や盗撮、暴行などの容疑で逮捕者も出たことを受け、長谷部健渋谷区長は2018年10月29日に、声明で憤りをぶちまけた。

ベネチアで記録的浸水!悪天候で高潮、名所封鎖!

毎日新聞は2018年10月30日に、イタリアのANSA通信(Agenzia Nazionale Stampa Associata)などが「水の都」として知られるイタリア北部ベネチア(Venice/Venezia)で2018年10月29日に、悪天候のために高潮が起き、水位が通常より最大156cm上昇、市内の約75%が浸水した。観測記録が残っている1872年以来、4番目の高水位だと報じていると報告した。

アムステルダム、観光客を抑制、インバウンドの恐怖!「歓迎できない!」

朝日新聞デジタルは2018年10月29日に、世界各国が観光客誘致にしのぎを削る中、オランダのアムステルダム市では観光客の抑制にかじを切った。

迷惑行為が目立ち!

はめを外す外国人が多く、住民への影響を無視できなくなったためだ。

それはすでに、日本でも渋谷でハロインに起こった!

インドネシアの墜落機が見つかり、「生存者はいない模様」

毎日新聞、日本経済新聞 電子版は2018年10月29日に、インドネシア国家捜索救助庁(Indonesian National Search and Rescue Agency)は、インドネシアのジャカルタ(Jakarta)発で、ジャカルタの北約450kmのパンカルピナン(Pancalpinan/北部バンカ島/Pulau Bangka)行きLCC(Lightbridge Communications Corporation/格安航空会社)「ライオンエア(Lion Air/ライオン航空)」のJT610便(ボーイング737MAX8型機、乗員・乗客189人)が2018年10月29日午前6時20分にジャカルタ近郊のスカルノ・ハッタ国際空港(Soekarno–Hatta International Airport/Bandar Udara Internasional Soekarno-Hatta)を離陸し、約10分後午前6時半(日本時間同8時半)に消息を絶ってから連絡が取れなくなって、ジャカルタ北部の海に墜落したとみられ、国家捜索救助庁は記者会見でダイバーが潜水して機体などを捜索にあたっていたが、海上に墜落したと発表したと報告した。

タイ・エアアジア、2018年12月にコロンボ直行便就航。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月25日に、タイの新聞「クルンテープ・トゥラキット(กรุงเทพธุรกิจ/Krungthep Thurakit/ビジネス)」は2018年10月24日に、マレーシア系LCC(Lightbridge Communications Corporation/格安航空会社)のタイ・エアアジア(Thai AirAsia)は、2018年12月14日にタイの首都バンコク(Bangkok/ドンムアン空港/Don Muang Airport)とスリランカ(Sri Lanka)の最大都市コロンボ(Colombo)を結ぶ直行便を開設すると発表したと報告した。

フィリピン運輸省、ダバオ空港など2社に開発優先権。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月24日に、フィリピンの運輸省(Philippine Department of Transportation)は2018年10月23日に、ミンダナオ地方のダバオ国際空港(Davao International Airport)と西ビサヤ地方アクラン州のカリボ国際空港(Kalibo International Airport)の開発・運営で、民間企業2社をOPS(Operational Priority Substances優先事業者)に認定したと発表したと報告した。

香港―広東省珠海―マカオを結ぶ海上橋開通。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月18日に、香港官営放送RTHKは2018年10月17日に、香港―広東省珠海―マカオを結ぶ海上橋「港珠澳大橋」の開通式典が2018年10月23日に珠海で開かれると伝えた。

台湾の列車事故で、18人死亡。

AFPは2018年10月22日に、台湾北東部宜蘭県で2018年10月21日に、有名な沿岸観光ルートに入った後、特急列車が脱線して、少なくとも18人が死亡した。これは25年以上にわたり最悪の鉄道事故になったと報告した。

事故現場からの航空写真は、特急列車「Puyuma Express(普悠瑪号/普悠瑪列車)」が完全に脱線し、北東イラン郡の路線を横切ってジグザグに横たわっている写真を示した。

鉄道管理者は、台東南部の都市の新馬駅(新馬車站/Xinma station)付近で列車の8台の客車が脱線し、5台に人が乗っていたと指摘し、366人が乗っていたと付け加えた。

マレーシアのAirbnb運営、高齢者の小遣い稼ぎで人気。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月23日に、マレーシア(Malaysia)の高齢者の間で米国の「Airbnb(エアビーアンドビー/エアビー)」を通じた民泊サービスが人気担っていると報告した。

マレーシアの新聞「ニュー・ストレーツ・タイムズ(News Straits Times)」は2018年10月20日に、提供側として、小遣い稼ぎの手段になっており、2017年は60歳以上の高齢者800人が2万6,700件の予約を受け付け、計560万リンギ(約1億5,200万円)の収入を得たと伝えた。

駐フィリピンの羽田大使、税制改革審議で対日配慮要求。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月22日に、駐フィリピン羽田浩二日本大使は2018年10月19日に、マニラ市で開かれたPCCI(Philippine Chamber of Commerce and Industry/フィリピン商工会議所)主催の「第44回フィリピン・ビジネス会議(44th Philippine Business Conference)」で講演し、フィリピン議会で審議中のCTRP(Comprehensive Tax Reform Program/包括的税制改革)第2弾の法案審議について、法案には、多くの日系企業が登録する、PEZA (Philippine Economic Zone Agency/フィリピン経済区庁)による税制優遇の縮小が盛り込まれているため、日系企業の意見に配慮するよう求めたと報告した。

世界遺産「サグラダ・ファミリア」は、無許可建築だった!?

ハフポスト(Huffpost)の日本語版は2018年10月21日に、イタリアのANSA通信などが2018年10月19日に、スペインのバルセロナ(Barcelona, Spain)で建設中の世界遺産「サグラダ・ファミリア(La Sagrada Família/聖家族教会)」が、133年ぶりに建築許可が下りることになったと報じたと報告した。

つまり、不法建築が世界遺産だった。

ビザなし制度悪用し、クルーズ船で入国後、171人失踪。観光難民?

日本経済新聞 電子版は2018年10月19日に、ビザなしで入国できる制度を悪用し、クルーズ船で入国した外国人が失踪するケースが相次いでいると報告した。

ビザなしで入国できる制度が導入された2015年から2018年06月末までの失踪者は計171人にのぼり、密航を手引きするブローカーの存在も浮かぶという。

警察当局は「不法就労の温床になりかねない」として警戒を強めていると伝えた。

JNTOがシンガポールで、日本へのMICE誘致イベント実施。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月17日に、JNTO(Japan National Tourism Organization/日本政府観光局)は2018年10月16日に、シンガポールで日本へのMICE(Meeting/corporate conferences, Incentive/corporate training and incentive travel, Convention/by international organizations and academic groups and Event/Exhibition/including exhibitions and trade shows)/会議、視察、国際会議、展示会・見本市)誘致を目的としたセミナー・商談会を実施したと報告した。

カンボジアの外国人観光客数、2018年01〜08月は12%増。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月16日に、MOT Cambodia(Ministry of Tourism Cambodia/カンボジア観光省)によると、2018年01〜08月の外国人観光客数は前年同期比11.7%増の約394万9,759人だった。

全体の3割強を占める中国人が7割増加する一方、他国からの観光客は前年を割り込む国が多かった。

ついに、この時代が来た!訪日中国人が09月に、5年ぶりの減少!

最大の訪日外国人中国。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月17日に、JNTO(Japan National Tourism Organization/日本政府観光局)は2018年10月16日に、2018年09月に日本を訪れた中国人旅行者数が前年同月比3.8%減の65万2,700人(推計値)だったと発表した。

インドネシアの首都の車両ナンバー規制、年末まで延長。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月15日に、インドネシア運輸省(Kementerian Perhubungan/Ministry of Transportation)所管のBPTJ(Agen transportasi Metropolitan Jakarta/ジャカルタ首都圏交通機構)は、ジャカルタの主要道路で実施している、車両ナンバープレート末尾の偶数奇数による通行規制について、2018年12月31日まで規制期間を延長すると明らかにした。当初はアジアパラ競技大会が閉幕する2018年10月13日までを予定していた。

仁徳陵、宮内庁と地元の堺市が、初の共同発掘調査へ!

日本経済新聞 電子版は2018年10月15日に、宮内庁は2018年10月15日に、仁徳天皇陵として管理する日本最大の古墳、大山(だいせん)古墳(全長486m、5世紀)を地元の堺市と共同で発掘すると発表したと報告した。

皇室の祖先の墓である陵墓について、宮内庁はこれまで外部の立ち入りを厳しく制限してきた。
「適切な保全管理には、地元の知見や協力が必要」と判断し、発掘調査に外部の専門家を初めて受け入れる。

JR東日本、シンガポールで秋・鉄道テーマにした催し開催。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月15日に、JR東日本がシンガポール中心部で運営する飲食店「ジャパン・レール・カフェ(Japan Rail Cafe)」は、2018年10月14日まで4日間にわたり、日本の秋をテーマにした大型イベント「オータム・イン・ザ・トレイン(Autumn in the Train)」を開催したと報告した。

中国では、ホテルのチェックイン時に顔写真の撮影義務化が始まった。

Forbes JAPANは2018年10月14日に、2018年07月上旬から08月にかけて約1カ月間、中国の東北三省(遼寧省、吉林省、黒龍江省)の都市や辺境エリアを訪ねた時の情報を紹介した。

中国では、もはや大都市圏より地方のほうが暮らしやすいのではないか?
しかも、スマホによる決済システムと、それに連動したさまざまな生活サポートアプリが普及し、サービスを競い合っている。

たとえば、中国では乗り捨て自由のシェアサイクルが普及し、市民の足となっている。

この種のサービスが日本より進んでいることを改めて実感するのは、中国のオンライン旅行大手Ctripが提供するTrip.comのアプリをダウンロードしておけば、中国のホテルや航空券、鉄道の予約が簡単にでき、その場でモバイル決済もできる。

食事や打ち合わせが長引き、何時の列車に乗ればいいか決められないときでも、駅に向かうタクシーの中で最速の便を予約できる。

こうした移動手段のお手軽なスマホ予約・決済は、中国ではいまや常識となっている。大都市圏だけでなく、地方の町や農村でもそうだ。

いまの中国はQRコード社会でもある。現地の人が手渡してくれるホテルやレストランなどのビジネスカードや名刺には、当たり前のようにQRコードが付いている。それをスマホでスキャンすると、アプリが立ち上がり、それぞれの施設や企業の情報が公開される。

いびつなインバウンド政策の犠牲者。ベトナム人実習生らの相次ぐ死!

日本に観光で来ることができるベトナム人はまだ少ない!

彼らにとって日本で働くことも、インバウンドの一環で、多くが来日しているのが現状である。

朝日新聞デジタルは2018年10月14日に、日本で暮らす外国人留学生や技能実習生が増える中、仕事や生活で追い詰められ、命を落とす若者もいると伝えた。

インドネシアで10回目の旅行展、来場者5万人目標。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月12日に、JNTO(Japan National Tourism Organization/日本政府観光局)は2018年10月12日から、首都ジャカルタの商業施設「コタ・カサブランカ(Kota Kasablanka)」で、旅行展「ジャパン・トラベル・フェア2018(Japan Travel Fair 2018)」を開催した。

同様のフェアは今回で10回目になる。

日本政府観光局、アプリで災害情報を多言語で発信。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月12日に、JNTO(Japan National Tourism Organization/日本政府観光局)、日本を訪れる外国人旅行者に、スマートフォン用アプリで観光地の案内だけでなく、地震や豪雨などの自然災害が発生した場合には、緊急時の災害情報も発信している。

今年は日本各地で自然災害が相次いだため、急増しているインドネシアからの訪問客も安心して旅行を楽しめるようにアプリの機能を改善したと報告した。

シンガポールの空港の大型複合施設、ポケモン専門店が入居!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月12日に、シンガポールのチャンギ空港(Singapore Changi Airport)を運営するCAG(Changi Airport Group/チャンギ・エアポート・グループ)は2018年10月11日に、現在建設中の大型複合施設「ジュエル・チャンギ・エアポート(Jewel Changi Airport/负责星耀樟宜)」の小売りスペースに入居する90%以上が決まり、280ブランドを発表したと報告した。

日本のパスポートは、世界最強で、ビザなし渡航先が最多になった。

毎日新聞は2018年10月10日に、永住権取得などに関するコンサルタント会社「ヘンリー・アンド・パートナーズ(Henry & Partners)」が2018年10月09日に発表したレポートを紹介し、「日本の旅券(パスポート)が世界最強に」-。査証(ビザ)なしで渡航できる国・地域の数を比べた「パスポート・ランキング」で、日本のパスポートがシンガポールを上回り1位になったと報告した。

香港で、震災後初の北海道PRを副知事が呼び掛け!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月10日に、北海道の辻泰弘副知事は2018年10月09日に、地震によって落ち込んだ外国人観光客の回復に向け、震災復興をアピールし、香港で開かれた北海道のPRイベントに参加し、道内観光の魅力を売り込んだと報告した。

胆振東部地震後、北海道では外国人観光客らの宿泊予約のキャンセルが相次ぎ、300億円に及ぶ被害が出ている。

国内からの観光客数は回復してきているが、海外からは遅れているという。

香港の尖沙咀のオフィス価格、2年で24%上昇!

香港で不景気感が漂い始めているが、アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月09日に、香港の経済新聞「香港経済日報(香港經濟日報網)」は、香港不動産仲介大手の美聯集団(Midland Holdings/ミッドランド・ホールディングス)の子会社、美聯工商舗(Midland IC&I/ミッドランドIC&I)は、尖沙咀に位置するオフィスの価格が向こう2年で24%上昇するとの見方を示した。

タイ・エアアジア、インド2路線を12月に増設を発表。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月11日に、マレーシア系LCC(Lightbridge Communications Corporation/格安航空会社)のタイ・エアアジア(Thai Air Asia)は2018年10月08日に、タイ首都バンコクのドンムアン国際空港(Don Mueang International Airport)とインド東海岸の2都市を結ぶ直行路線を開設すると発表した。

このサービスは、インド人によるタイでの買い物目的の利用を見込んでいる。

マレーシア人の旅行先は、東アジアが人気!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月08日に、マレーシアの経済紙「マレーシアン・リザーブ(Malaysian Reserve)」は2018年10月05日に、旅行予約サイトのエクスペディア(Expedia)は、外部データに基づき、2018年のマレーシア人に最も人気の旅行先が台湾、日本、香港、韓国など東アジア方面であることを明らかにしたと伝えた。

銀座は、最近中国人が少し減って、マレーシア人、ベトナム人、台湾人が増えたと言っている。

もっとも、本当にその違いが聞き分けられるのかは疑問!

三越伊勢丹銀座店地下の化粧品売り場が、物凄い!

EVとロボットで旅行バッグもクレージーになった。

旅行バッグがモーター・バイクになった!

その名前は「Modobag」

世界で最初のEVになる旅行バッグ。
そのサイズは、機内持ち込み可能なサイズ。

シンガポール移民局、電子入国カードの試験運用開始。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月04日に、ICA(Immigration & Checkpoints Authority of Singapore/シンガポール移民局)は2018年10月04日から3カ月間にわたり、「電子入国カード(ICA electronic Immigration card)」の試験運用を行うと報告した。

観光の落とし穴!LCC(格安航空会社)で注意すべき10のこと。

Forbes JAPANは2018年11月04日に、デンマークの航空会社プリメーラ・エア(Primera Air)は2018年10月02日に突然経営破綻し、運航を停止した。結果、数百人の旅行客が足止めされ、さらに数千人分の航空券が無効となり、旅行業界には衝撃が走った。

8歳の少女、スウェーデンの湖で「鉄器時代の古剣」を発見!

ハフポスト(Huffpost)の日本語版は2018年10月05日に、スウェーデンの湖で、8歳のスウェーデン生まれのアメリカ人少女サーガ・バネチェク(Saga Vanecek)が、バイキング時代以前のものとみられる剣を発見した。このニュースは「8歳の少女が湖から剣を引き抜いた」などと世界で報じられ、ネット上では新たな物語(サーガ)の誕生かというような、盛り上がりを見せていると報告した。

ロシア富豪の360億円ヨット、台風避け宮津湾に寄港!

毎日新聞2018年10月02日に、京都府宮津市の宮津湾に潜水艦のような白い船が浮いていると報告した。

宮津海上保安署などによると、全長119m、5959トンのモーターヨット「A」。乗組員は50人。

日本のスターツ、自社施工ホテルをプノンペンで開業。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月03日に、スターツコーポレーション(Startz Corporation)は2018年10月01日に、カンボジアの首都プノンペン中心部に建設していた4つ星ホテル「ホテル エミオン プノンペン(Hotel Emion Phnom Penh)」を開業したと発表した。観光などの短期滞在のほか、出張者など長期滞在の需要を取り込む。

スターツグループにとって海外初の自社施工・運営ホテルとなる。

日本政府観光局、海外21カ所目のマニラ事務所開設。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月02日に、JNTO(Japan National Tourism Organization/日本政府観光局)は2018年10月01日に、海外事務所は21カ所目となるフィリピンにマニラ事務所を開設したと報告した。

世界遺産の興福寺中金堂の再建完了!

日本経済新聞 電子版は2018年10月01日に、世界遺産の奈良市の興福寺(Kohfukuji)は、悲願だった中金堂の再建がいよいよ完成し、2018年10月07日から11日まで、落慶法要を営むと報告した。

中金堂は8世紀の創建以来、7度焼失。きらびやかさを誇った奈良時代・天平期の威容を、約300年ぶりに取り戻すと伝えた。

在日タイ大使館、福岡市にも総領事館を開設。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月01日に、在日タイ王国大使館(Royal Thai Embassy)は2018年09月25日に、経済や教育など、地方での対日関係の強化を目的に、2018年10月1日付で福岡市に総領事館を開設すると発表したと報告した。

福岡総領事館の臨時事務所は、福岡市博多区の「JRJP博多ビル」3階に開設された。

九州、沖縄、中国地方の13県を管轄する。

ただし、まだ在日タイ王国大使館には、福岡総領事館の情報はない。

東京タワーから、テレビ電波配信終了!

ハフポスト(Huffpost)の日本語版は2018年10月01日に、東京のシンボルとして親しまれている東京タワーが、2018年09月30日でテレビの電波塔としての役割を終えたと報告した。

日本政府観光局、香港消費者にゆるたびをPR。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月02日に、JNTO(Japan National Tourism Organization/日本政府観光局)は2018年09月29日から2018年10月01日まで、香港新界・将軍澳の商業施設「イースト・ポイント・シティー(東港城)」で、日本の観光や文化を紹介するイベント「日本“ゆるたび"秋の文化祭」を開催したと報告した。

インド政府は、高速鉄道建設など、1154億円の円借款契約に調印。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月01日に、JICA(Japan International Cooperation Agency/国際協力機構)は2018年09月28日に、インド政府との間で総額1,154億5,000万円を限度とする2件の円借款貸付契約に調印したと報告した。

シンガポールで6社に、自転車シェア免許交付。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月01日に、シンガポールのLTA(Land Transport Authority/陸上交通庁)は2018年09月28日に、自転車シェアサービス事業者としての免許申請を行った7社のうち、6社に免許を交付すると発表した。

ミクロネシアのチューク空港で、旅客機オーバーラン!海に。

毎日新聞は2018年09月28日に、ABC(Australian Broadcasting Corporation/オーストラリア放送協会)などからの情報として2018年09月28日に、太平洋のミクロネシア連邦ベノのチューク空港(Chuuk Airport in Weno, Federated States of Micronesia)で、ニューギニア航空(New Guinea Airlines)の旅客機が滑走路をオーバーランして海に突っ込んだと報告した。

The Sacbee Beeによれば、ミラクル!誰も死ななかった!と報告している。

キャセイとカンタス共同運航で、提携。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月24日に、香港の航空大手キャセイパシフィック航空((國泰航空有限公司/Cathay Pacific Airways Limited)は2018年09月21日に、オーストラリアのオーストラリアの航空会社カンタス(Australian airline Qantas)と共同運航(Code share/コードシェア)便の運航で提携し、2018年09月28日から実施すると発表したと報告した。

今年の「日本秋祭in香港」の概要を発表。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月28日に、香港の日本総領事館は2018年09月27日に、今年で3回目となる「日本秋祭in香港」の概要を発表したと報告した。

10〜11月を中心に、芸術や文化、スポーツ、食などをテーマとした多彩な130以上のイベントを展開し、香港市民に日本の魅力を伝える。

シンガポール客向けに、超豪華列車「瑞風」の貸切運行!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月10日に、JR西日本の超豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」が、海外からの旅行客向けに初めて貸し切り運行を行ったと報告した。

シンガポールからの旅行客30人が、超豪華列車「瑞風」で山陰地方の周遊を楽しんだ。

「広深港高鉄」の開通で、裕福な本土客は増える。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月27日に、香港の英字新聞「スタンダード(The Standard)」は2018年09月26日に、香港―深セン―広州を結ぶ高速鉄道「広深港高鉄(広深港高速鉄道/廣深港高速鐵路/广深港高速铁路/XRL/Guangzhou-Shenzhen-Hong Kong Express Rail Link)」の香港区間が2018年09月23日に開通したことを受け、香港の観光業界団体TIC(Travel Industry Council of Hong Kong/香港旅遊業議會/香港旅遊業議会)は、中国本土から香港を訪れる裕福な個人旅行者が増える可能性を指摘した。

一方で、団体ツアーの数には大きな影響はないとみている。

シンガポール2019年01月から、駐輪場でQRコード読み取り義務化。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月26日に、シンガポールのLTA(Land Transport Authority/陸上交通庁)は2018年09月25日に、自転車シェアサービスによる放置自転車や迷惑駐輪対策として、公共の駐輪場でQRコードの読み取りを求める制度を2019年01月に導入すると発表した。

自転車シェアサービスの利用終了時にスマートフォンでQRコードの読み取りを行わなかった場合、S$(シンガポール・ドル)5(約413円)を課金するよう事業者側に義務付ける。暦年で1年間に3回、不適切な駐輪を行った利用者には、最長1年にわたって自転車シェアサービスの利用を禁止する。

gaYa広告
総件数:1557最初12345678910111213141516最後
広告募集中