gaYa広告

宇宙戦艦ヤマトが地球に帰還。

宇宙戦艦ヤマトが地球に帰還は、劇場版が2200年09月05日。テレビアニメ版が、2200年09月06日になっている。

2190年に、遊星爆弾の落下が始まり、2192年04月20日に初めて日本にも、遊星爆弾が落ちた。

2199年08月21日に、冥王星宙域で地球防衛艦隊がガミラス帝国艦隊と交戦し壊滅。この交戦の中に古代守が行方不明になった。2199年10月08日に、ヤマトが地球を発進した。

100万分の3の確立で、小惑星「Apophis」が地球に激突する。

NASAは2009年10月7日に、サッカー場の2.5倍の大きさがある小惑星「Apophis」の新しいデータをNASAのカリフォルニア州パサディナにあるJPL研究所(Jet Propulsion Laboratory in Pasadena, Calif.)で、地球接近小天体科学者(near-Earth object scientists)スティーブ・チェスリー(Steve Chesley)とポール・コダス(Paul Chodas)によって記録されたと報告した。

小惑星「Apophis」が、地球に激突する可能性。

NASAは2009年10月7日に、サッカー場の2.5倍の大きさがある小惑星「Apophis」の新しいデータをNASAのカリフォルニア州パサディナにあるJPL研究所(Jet Propulsion Laboratory in Pasadena, Calif.)で、地球接近小天体科学者(near-Earth object scientists)スティーブ・チェスリー(Steve Chesley)とポール・コダス(Paul Chodas)によって記録されたと報告した。

小惑星「99942Apophis」が地球に大接近する。

天体観測家が、小惑星「99942Apophis」が地球に大接近し、望遠鏡なしで岩石を見ることができる可能性があると報告した。

オーストラリアの主席科学官、水素エネ開発で輸出産業創出。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月12日に、オーストラリアの新聞「シドニー・モーニング・ヘラルド(Sydney Morning Herald)」は2018年10月10日に、オーストラリア連邦政府のアラン・フィンケル主席科学官(Australia's top scientist Alan Finkel)は、自動車や家庭、産業で使用される化石燃料に代わるエネルギー源として水素を開発することにより、二酸化炭素(CO2)排出量を削減し、A$(豪ドル)数10億規模の輸出産業を創出できる可能性があると述べたと伝えと報告した。

World Robot Summitの事前予約開始!

日刊工業新聞社2018年10月05日に、ロボットやAI、IoTなど話題のプログラムを連日開催するWRS(World Robot Summit)2018を東京ビッグサイトで開催すると報告した。

マンダレー港の近代化に、日本が支援。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月05日に、JICA(Japan International Cooperation Agency/国際協力機構)は2018年10月03日にミャンマー(Myanmar)第2の都市であるマンダレー(Mandalay)で、運輸・通信省(Ministry of Transportation and Communications)が進める「マンダレー港開発計画(Mandalay port development project)」を対象に、60億3,300万円を限度とする無償資金協力の贈与契約を締結したと報告した。

ホンダ、GMと自動運転で提携。

日本経済新聞 電子版、東洋経済は2018年10月03日に、一匹狼と言われたホンダと米国のGM(General Motors/ゼネラル・モーターズ)は2018年10月03日に、自動運転技術で提携すると発表したと報告した。

ホンダは2018年10月03日に、自動運転分野のGM子会社GMクルーズホールディングス(GM Cruise Holdings)にUS$7億5,000万(約850億円)を出資した。
事業資金の提供も含め合計3000億円規模を投じて次世代技術を共同開発する。
自動運転ではIT(Information Technology/情報技術)大手などを含めて業種を超えた開発競争が激しくなっている。
規模を追求してきた自動車業界の再編は、データの収集や活用を軸とする新たな段階に入った。

東レ・住化など、車体4割軽い樹脂製3人乗りEV。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月28日に、東レや住友化学、ブリヂストンなどは2018年09月28日に、主要な部材を合成樹脂に置き換えたEV(Electric Vehicle/電気自動車)を公開したと報告した。

モーターなどの駆動部分やバッテリーを除いて金属やガラスを使っていない。車体の重さは全体で4割ほど軽くなり、一回の充電で走行できる距離を大幅に伸ばせるとみている。

試作した電気自動車はコンセプトカーで、大学や素材メーカーなどが参加する内閣府のプロジェクトで3人乗りのEVを試作した。

現代モービス、車載短距離レーダーを開発。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月27日に、現代自動車グループ(Hyundai Automotive Group)の自動車部品メーカー現代モービス(Hyundai Mobis)は自動運転車向けSRR(Short Range Radar/短距離レーダー)を開発したと発表した。

米国のQualcomm、台湾に研究拠点2カ所設立。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月28日に、台湾の経済日報(經濟日報)は2018年09月27日に、米半導体大手のQualcommは2018年09月26日に、台湾子会社の台湾高通(台灣高通股份有限公司/Qualcomm Taiwan Corporation/クアルコム台湾)が、「マルチメディア研究開発センター(Multimedia R&D Center)」と「モバイルAIイノベーションセンター(Mobile Artificial Intelligence Innovation Center)」を設立すると発表した。2019年初旬の運用開始を目指すと伝えたと報告した。

韓国のSKT、4倍速い次世代Wi-Fiを商用化!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月18日に、韓国の通信大手SKT(SKテレコム)は2018年09月17日に、従来の無線LAN「Wi-Fi(ワイファイ)」より4倍速い次世代Wi-Fiサービスを商用化すると発表した。

インドの自動車業界、EV技術者不足が課題。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月17日に、インドの経済新聞「エコノミック・タイムズ(The Economic Times)」は2018年09月16日に、インドのEV(Electric Vehicle/電気自動車)業界が、有能な技術者の不足に直面していると報告した。

パナと双日、インドネシアでスマートタウン建設。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月17日に、パナソニックグループと双日グループは2018年09月15日に、インドネシア首都郊外の総合都市「デルタマス・シティ(Kota Deltamas/コタ・デルタマス)」で進めている住宅開発「SAVASA(サバサ)」のマーケティング・ギャラリーとモデルハウスを開設し、第1期の予約受け付けを開始したと報告した。

日本経済新聞、自動運転特許トップ50を公開。

日本経済新聞 電子版は2018年09月13日に、日本経済新聞が東京・文京区の特許分析会社のパテント・リザルト(Patent Result Co. , Ltd.)に依頼して調査した米国における自動車の自動運転で特許競争力がある上位50社を公開した。

上位50社のうち、米国が17社で、日本企業が15社。

東南アジアの若者はIT発展に楽観的!?

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月14日に、WEF(World Economic Forum/世界経済フォーラム)の調査で、ASEAN(Association of South‐ East Asian Nations/東南アジア諸国連合)の若者はITの発展による雇用や収入の変化に楽観的であることがわかったと報告した。

その中で、シンガポールの若者は最も悲観的だった。

世界経済フォーラムは2018年09月11日に、ASEAN主要6カ国(シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ベトナム)の35歳以下を対象に2018年07月に実施したオンライン調査の結果を発表した。

東レ、炭素繊維を2割増産!

日本経済新聞 電子版は2018年09月07日に、ハンガリーやメキシコで最大200億円を投じ工場を増強し、東レは炭素繊維の生産能力を2割引き上げると報告した。

世界シェアの4割を握る東レは、世界的に洋上風力発電EV(Electric Vehicle/電気自動車)向けの需要が拡大すると予測し、先行投資により国際競争力をさらに磨く。

トランプ大統領。日米協議で安倍総理を先制攻撃

日本経済新聞 電子版は2018年09月08日に、米国のドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領は2018年09月07日に、日本との貿易協議に関して「(新しい)合意に達しなければ日本は大変な問題になると認識している。(Japan knows it will be a "big deal" if it cannot reach an agreement with the U.S., the president says.)」と語ったと報告した。遊説先のノースダコタ州に向かう米大統領専用機内で記者団に語ったと、米国のCNBCテレビが報じた。

これもドナルド・トランプ大統領の「たられば未来」天国と地獄!

Facebook、シンガポールにアジア初のデータセンター建設。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月07日に、Facebookは2018年09月06日に、シンガポール西部にアジア初のデータセンターを建設すると発表した。

2018年09月06日には起工式を開催し、シンガポールのチャン・チュンシン(Chan Chun Sing)通産相らが参列した。数百人の雇用が創出される見通しという。

シドニー空港、2039年までの事業予測基本計画草案を公開。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年08月29日に、オーストラリアのシドニー空港(Sydney(Kingsford Smith)Airport)を利用する航空機の利用者数が向こう20年間に大幅に増加し、同空港に乗り入れる航空機の増加率を大きく上回るとの見通しを明らかにしたと報告した。

米国のQualcommは、台湾に運営製造センター設立。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年08月27日に、台湾で、唯一の国営通信社である「中央通訊社(Central News Agency/中央通信社)」は2018年08月24日に、米国の半導体大手のQualcomm(クアルコム)は2018年08月24日に、台湾にCOMET(Center for Operations, Manufacturing Engineering and Testing in Taiwan/運営・製造工程・試験センター)を設立すると発表した。

2019年初めの稼働を目指すと伝えたと報告した。

韓国現代自動車、米国のIoT企業と次世代車で業務提携。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年08月27日に、韓国現代自動車グループ傘下で、2012年04月15日に設立した車載用半導体設計専門会社の現代オートロン(Hyundai Autron Co., Ltd.)は2018年08月23日に、米国のIoT(Internet of Things/モノのインターネット)企業ウインドリバー(Wind River)と、業務提携を結んだと発表したと報告した。

ドイツのVW、2020年に全乗用車を「つながるクルマ」に!

日本経済新聞 電子版は2018年08月24日に、ドイツのVW(VolksWagen/フォルクスワーゲン)は2018年08月23日に、2020年にVW乗用車ブランドのすべての新車をネットに接続可能な「つながるクルマ(IoT Vehicle」にすると発表したと報告した。

関西大学、ナノ微粒子焼成金属で、電気抵抗実質ゼロ実現!

日刊工業新聞は2018年08月22日に、関西大学システム理工学部の佐伯拓准教授らは、ナノメートルサイズ(ナノは10億分の1)の微粒子を焼成した金属を使い、メガヘルツ帯(メガは100万倍)の高い周波数の電圧をかけ、常温での電気抵抗を極めてゼロに近づけることに成功したと報告した。

インドネシア国内初の仮想YouTuber「Shinta VR」

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年08月23日に、VR(Virtual Reality/仮想現実)向けコンテンツ制作などを手掛けるインドネシアのチトラ・ワハナ・テクノロジー(Shinta VR)は2018年08月21日に、国内で初めてとなる「バーチャルユーチューバー(Virtual YouTuber)」事業を開始したと発表した。

シンガポールの南洋工科大学は、天然由来成分の食品保存料開発。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年08月21日に、シンガポールのNTU(Nanyang Technological University/南洋工科大学)は16日、天然由来成分100%の食品保存料を開発したと発表した。

従来の人工保存料に比べて保存効果が高いという。

「タイ科学技術博覧会2018」で、タイの首相が日本パビリオン訪問。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年08月20日に、タイの首都バンコク(Bangkok)郊外で2018年08月16日から「タイ科学技術博覧会2018(Thailand National Science And Technology Fair 2018)」主催MOST(The Ministry of Science and Technology/科学技術省)が開かれ、大勢の来訪者でにぎわっている。

人生で困難な時期、それを乗り越える4つの方法。

人生において、2つの絶対的な真実があるとすれば、その一つは変化は避けられないということ、そしてそのもう一つは、変化への対応方法が、そこからの回復と、その生活の質を左右するということになると、Forbes JAPANは2018年08月17日に報告した。

未来は常に、予測することはできない。愛する人が病気になったり、自分自身が病気になったり、転職・失職や、パートナーとの出会い、別れを経験したりする。

時には、大地が動くような大きな変化を経験し、二度と安定を見つけることはできないと感じることもある。

香港のHKTSP、5年内に500社に企業育成。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年08月17日に、香港の「経済日報(經濟日報)」などが2018年08月16日に、香港政府系ハイテク産業団地の香港科学園(Science Park/サイエンスパーク)を運営・管理するHKSTP(Hong Kong Science & Technology Parks Corporation/ホンコン・サイエンス&テクノロジー・パークス・コーポレーション/香港科技園公司)の査毅超(Sunny Chai/サニー・チャイ)董事局主席は2018年08月15日に、科学園内で育成する企業の数を、5年以内に500社に増やす考えを明らかにしたと報告した。

現在の268社から2倍近くにする。

中国の野望!世界最速のスパコン「天河3号」で、米国を超える!

Forbes JAPANは2018年08月13日に、次世代のコンピュータ領域で用いられる言葉「エクサスケール(exascale)」、もしくは「Eクラス」が現実化してきた。

「Eクラス」のスーパーコンピュータは、人間の頭脳の神経回路に匹敵する計算能力を持つとされ、演算速度が毎秒100京回に達するといわれる。

韓国財閥ハンファの日本の子会社、日本で仮想発電所の実証実験!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年08月09日に、韓国財閥ハンファグループ(한화그룹/Hanwha Group)の日本法人で、太陽光発電関連事業などを手掛けるハンファQセルズジャパン(Hanwha Q Cells Japan)が、日本でソフトバンクグループのVPP(Virtual Power Plant/仮想発電所/バーチャル・パワー・プラント)構築の実証実験に参画する。工場や一般家庭に散在する蓄電池や発電設備などを遠隔から統合・制御し、あたかも1つの発電所のように機能させるためのプロジェクトで、経済産業省の応募案件。外資系の太陽電池モジュールメーカーの参加は同社が初という。

横浜の日揮、マレーシアのペトロナスとLNG生産性向上事業で合意。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年08月07日に、横浜の日揮(JGC Corporation)は2018年08月06日に、マレーシアの国営石油ペトロナス(PETRONAS/Petroliam Nasional Berhad)の100%子会社ペトロナス・リサーチ(PETRONAS Research)と空冷式LNG(Liquefied Natural Gas/液化天然ガス)プラントの生産性向上に関する協業に合意したと発表した。

大手3メーカー、インドネシアで新モデルやAI搭載車を発表!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年08月03日に、インドネシアの自動車市場でシェアの7割を占める大手日系自動車メーカー3社は、「GAIKINDO(Gabungan Industri Kendaraan Bermotor Indonesia/The Association of Indonesia Automotive Industries/ガイキンド/インドネシア自動車製造業者協会)」が2018年08月02日開幕したインドネシア国内最大のモーターショー「GIIAS 2018(GAIKINDO Indonesia International Suto Show 2018/ガイキンド・インドネシア・インターナショナル・オートショー2018)」で、新モデルやAI搭載車など各種コンセプトカーを披露したと報告した。

シンガポール民間航空庁と欧州安全機関、AirBusは、ドローン安全基準策定。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年07月16日に、CAAS(Civil Aviation Authority of Singapore/シンガポール民間航空庁/新加坡民航局)は2018年07月12日に、EASA(European Aviation Safety Agency/欧州航空安全機関)、欧州航空機大手エアバス(Airbus)と、ドローン(drone/小型無人機)に関する航空安全基準の策定で提携したと発表した。

LG、スマート都市プラットフォーム「シティーハブ」を発売。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年07月09日に、LGグループのシステム会社LG CNSは、IoT(Internet of Things/モノのインターネット)結合型のスマートシティー統合プラットフォーム「シティーハブ(Cityhub)」を発売したと発表したと報告した。

インドのビスタラ航空、デリーの空港に接客ロボット導入!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年05月31日に、インドのビスタラ(Vistara)航空は2018年05月29日に、首都ニューデリーのIGIA(इंदिरा गांधी अंतरराष्ट्रीय हवाई अड्डा/Indira Gandhi International Airport/インディラ・ガンジー国際空港)のラウンジに2018年07月05日にAI(Artificial Intelligence/人工知能)を活用した接客ロボット「ラダ(RADA)」を導入すると発表したと報告した。

千葉工大、乗れる変形ロボを開発。

日本経済新聞 電子版は2018年07月04日に、千葉工業大学未来ロボット技術研究センター(fuRo)は2018年07月04日に、乗り物に変形するロボット「CanguRo(カングーロ/イタリア語でカンガルーを意味する)」を発表したと報告した。

「CanguRo」は、搭乗型の変形ロボット・ RideRoid(ライドロイド)シリーズの新型機である。

買い物などを助けるほか、自動でバイクのような形になり移動もサポートする。

ドイツのボッシュ、シンガポール・ポリテクニックと人材育成で提携。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年07月05日に、ドイツの自動車部品大手ボッシュ(Bosch)は2018年07月04日に、シンガポール・ポリテクニック(Singapore Polytechnic/国立技術高等専門学校)と製造分野の人材育成で覚書を交わしたと報告した。

韓国のネイバー、京都大大学院と研究交流。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年07月03日に、LINEの親会社、韓国IT大手ネイバー(NAVER/네이버)の社内独立企業「サーチ&クローバ(Search & Clova)」が、京都大学大学院情報学研究科と研究交流を行った。日本の大学との交流は早稲田大学に続く2校目と報告した。

JAXA、空飛ぶ電気旅客機実現へ!

国立研究開発法人JAXA(Japan Aerospace Exploration Agency/宇宙航空研究開発機構)は2018年07月02日に、電気を使って飛ぶ旅客機の技術開発を目指す組織「ECLAIR(Electrication ChaLienge for AIRcraft/航空機電動化)コンソーシアム」を設立したと報告した。

タタとマヒンドラのEV公用車、性能悪で政府高官が利用拒否!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年06月28日に、インドのライブミント(Livemint/電子版)によると、インドの自動車大手タタ・モーターズ(Tata Motors)とM&M(Mahindra & Mahindra Limited/マヒンドラ&マヒンドラ)が政府に公用車として供給したEV(Electric Vehicle/電気自動車)に性能が悪く、航続距離が短いため、政府高官は利用を拒否するという問題が生じていると報告した。

ホンダのアシモ、実用型にシフトし、開発取り止め。

日本経済新聞 電子版は2018年06月28日に、ホンダがヒト型ロボット「アシモ(ASIMO)」の開発を取りやめていたことが2018年06月28日に分かったと報告した。

ホンダはアシモの開発で培った技術を生かし、介護用など実用的なロボット開発にシフトする。

シンガポールで、CTと放送・メディアの展示会が開幕。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年06月27日に、シンガポールで2018年06月26日に、ICT(Information and Communication Technology/情報通信技術)や放送・メディアの展示会「ConnecTechAsia(コネクテックアジア)」が開幕した。
IoT(Internet of Things/モノのインターネット)やAI(Artificial Intelligence人工知能)、VR(Virtual Reality仮想現実)をはじめとする最新テクノロジーを手掛ける約1,800社が出展している。

韓国のLG電子、ASにチャットボット導入。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年06月13日に、韓国のLG電子(LG Electronics)がASサービスにAI(Artificial Intelligence/人工知能)を使った自動会話システムの「チャットボット」を韓国と米国で導入したと報告した。

LG電子が顧客サービスにAIを活用するのは初めてで、「チャットボット(chatbot)」には、LG電子が開発した深層学習(Deep Learning/ディープラーニング)をベースのAIプラットフォーム「Deep ThinQ」を採用した。

これにより、時間が経つほどにサービスの向上が期待できる。

GrabとImpact Hub、カンボジアの起業家支援で提携。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年06月15日に、世界で共同オフィス事業を手掛けるImpact Hub(インパクト・ハブ)はは2018年06月12日に、カンボジアの起業家支援に向けてシンガポール系配車アプリ大手のGrab(グラブ)と覚書を交わしたと報告した。

インドのタタ、西部で15万kWの太陽光事業受注。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年06月13日に、インドの電力大手タタ・パワー(Tata Power)は2018年06月11日に、完全子会社のTPREL(Tata Power Renewable Energy/タタ・パワー・リニューアブル・エナジー)が西部マハラシュトラ(Maharashtra)州で出力15万キロワット(kW)の太陽光発電所の整備を受注したと発表した。

サムスン電子の社内ベンチャー、次々成果

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年06月08日に、韓国のサムスン電子(Samsung Electronics)で、社内ベンチャー事業とそこから独立したスタートアップ企業の活動が活発だと報告した。

その中には、最新技術を活用した製品・サービスの販売も始まっている。

インドのアザー電動二輪、第1弾は2車種発売!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年06月06日に、インドの電動二輪車メーカーのアザー・エナジー(Ather Energy)は2018年06月05日に、電動スクーター「450」と「340」を発売したと発表した。

アザー・エナジーの第1弾となり、電動二輪車市場に本格参入した。

京都府の蓄電のコネックス、インドでEV電池の再利用調査!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年06月04日に、次世代蓄電池の開発を手掛ける京都府精華町のコネックス・システムズ(CONNEXX SYSTEMS)は2018年05月31日に、インドで中古EV(Electric Vehicle/電気自動車)のバッテリーを太陽光発電の蓄電池として再利用するための調査を開始すると発表したと報告した。

約1年の調査を経て実証事業を始め、最短で2020年の実用化を目指す。

「GO」と連動する任天堂スイッチ向けポケモン新作発売。

日本経済新聞 電子版は2018年05月30日に、任天堂が出資するポケモンは2018年05月30日に、人気ゲーム「ポケットモンスター」シリーズの新作を任天堂の「ニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)」向けに発売すると発表したと報告した。

ポケモンの本編が「ニンテンドースイッチ」で発売されるのは初めてになると伝えている。

韓国の万都とネイバー、自動運転技術の開発で提携!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年05月28日に、韓国・漢拏グループで自動車部品を手がける万都は2018年05月25日に、IT大手ネイバー(NAVER Corporation/네이버 주식회사)のR&D(Research and Development/研究・開発)部門の子会社ネイバーラブス(Naver Plus)と、共同で自動運転技術のR&Dを行うMOU(Memorandum Of Understanding/覚書)を結んだと報告した。

ドイツのアウディ、インドで2020年にEV投入を計画。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年05月24日に、インドの経済新聞「ビジネス・スタンダード(Business Standard)(電子版)」は2018年05月22日に、ドイツ高級自動車メーカーのアウディ(Audi)は、インドで2020年にEV(Electric Vehicle/電気自動車)を投入する方針を示したと報告した。

リバティハウスの親会社GFG、EV製造拠点をVIC州に変更か!?

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年05月21日に、イギリスの鉄鋼商社リバティハウス(Liberty House)のサンジープ・グプタ(Sanjeev Gupta)会長が、SA(South Australia/南オーストラリア)州で当初検討していたEV(Electric Vehicle/電気自動車)の製造拠点建設案について、計画をVIC(Victoriaビクトリア)州に変更する可能性があることを明らかにしたと報告した。

インドは、大都市でEV用充電施設を3kmごとに設置。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年05月17日に、インドの経済新聞「エコノミック・タイムズ(The Economic Times)」は政府関係者の話として、インド政府はEV(Electric Vehicle/電気自動車)用の充電施設について、人口100万人以上の大都市や環境配慮型都市(スマートシティー)では3kmごとの設置を提案する方針だと伝えたと報告した。

充電網の整備は、EVの普及に向けた取り組みの一環である。

スラム拡大懸念。世界人口の過半が都市在住。

日本経済新聞 電子版は2018年05月17日に、DESA(Department of Economic and Social Affairs/国連経済社会局)が2018年05月16日に発表した2018年「世界都市化展望」(World Economic Situation and Prospects as of mid-2018)で、都市部に暮らす人が世界人口の55%を占めることがわかった。1950年には30%だったが、2050年までに68%と全体の3分の2を超える。よりよい教育や医療を受けられる人が増える一方、途上国ではスラム拡大の懸念もあると報告した。

「巨菌草」、中国の研究者が育成。新たな食用植物になるか?

AFPは2018年05月13日に、東方新報(东方新报)からの情報として、7mも成長する草を見たことがあるだろうか。記者は、中国・広東省(广东省/Guangdong)肇慶市(肇庆市/Zhaoqing)徳慶県(德庆县/Deqing)播植鎮(播植镇/Bozhi)にある食用植物やキノコ類の研究機関である国家菌草産業示範基地(国家菌草产业示模范基地)で「巨菌草(Jujuncao)」と呼ばれる草を見たと報告した。

北京地下鉄12号線、無人運転。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年05月10日に、鉄道交通制御システム大手の北京市のCRSC(China Railway Signal & Communication Corporation/中国鉄路通信信号/中国铁路通信信号股份有限公司/中国通号/中国通号网)は、北京市で建設が進む地下鉄12号線の次世代信号システムを落札したと発表した。

オーストラリアのMinRes、リチウム権益で提携を模索。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年05月03日に、オーストラリアのWA(Western Australia/西オーストラリア)州の鉱業サービス会社MinRes(ミンレス/Mineral Resources/ミネラル・リソーシズ)のリチウム事業の権益を巡り、日本や中国企業からの関心が集まっているもようだと報告した。

オーストラリアの新聞「オーストラリアン(The Australian)」は2018年05月02日に、MinResは2018年05月01日、WA州ポートヘッドランド(Port Hedland)近くに保有する世界最大のリチウム鉱床の権益最大49%を放出し、オフテイク権(引き取り権)契約を視野に、少数のパートナー企業との提携を模索することを明らかにしたと伝えた。

エネルギー分野で、日印が協力強化、新プラン構築。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年05月02日に、日本とインド両政府は2018年05月01日に、「第9回日印エネルギー対話(9th India-Japan Energy Dialogue)」の会合をインドの首都ニューデリーで開催した。

世耕弘成経済産業相(Minister of Economy, Trade and Industry (METI) Mr. Hiroshige Seko)と電力・再生可能エネルギー担当シン閣外相(Shri R K Singh, Minister of State (IC) for Power and New & Renewable Energy, Government of India)が共同で議長を務め、両国間のエネルギー協力をさらに強化することで合意したと、報告した。

フィリピンの「慰安婦像」撤去。

毎日新聞は2018年04月28日に、フィリピンの首都マニラで2017年12月に建立された慰安婦問題を象徴する女性像が2018年04月27日夜に、撤去されたと報告した。

地元当局者はフィリピンメディアに「公共事業道路省が下水道改良事業のために撤去した」と理由を語った。

任天堂社長46歳の古川俊太郎取締役が昇格。

日本経済新聞 電子版は2018年04月26日に、経営の若返りを図り、変化の激しいゲーム業界で継続的にヒット商品を生み出すための体制変更を進める任天堂は2018年04月26日に、68歳の君島達己社長が相談役に、46歳の古川俊太郎取締役が社長に昇格する人事を発表したと報告した。

韓国が、自動車輸出拠点として、ヤンゴンで工業団地計画。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年04月26日に、ミャンマーの新聞「ミャンマー・タイムズ(Myanmar Times/電子版)」は2018年04月25日に、韓国が、ミャンマー最大都市ヤンゴン(Yangon)で新たな工業団地の設立を計画していることが明らかになったと伝えたと報告した。

中国、3年計画で太陽光発電産業スマート化、推進。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年04月24日に、中国工業情報省(中华人民共和国工业和信息化部)などは、太陽光発電産業のスマート化に向けた2020年までの行動計画「智能光伏产业发展行动计划(2018-2020年)」を発表した。

製造工程の自動化や情報管理のIT化を推進する。

ブロックチェーンで、太陽光発電の電力取引実験を開始。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年04月26日に、関西電力は2018年04月25日までに、オーストラリアの電力関連ベンチャー企業パワーレッジャー(Power Ledger)と共同で、ブロックチェーン技術を採用し、太陽光発電施設を持つ消費者が余剰電力をほかの消費者と直接取引するシステムの実証実験を大阪市で開始したと発表したと報告した。

実験期間は2018年04月24日〜2019年03月31日となっている。電力を供給する生産消費者(プロシューマー)と供給を受ける消費者は、パワーレッジャーが開発した電力直接取引(電力P2P/P2P energy trading)システムを利用し、仮想通貨を利用した取引を模擬的に行う。

運動ニューロン疾患で死亡した学生が提供した幹細胞の研究。

AFPは2018年04月14日に、東方新報(东方新报)からの情報として、MND(Motor Neuron Disease/運動ニューロン疾患)で亡くなった北京大学(Peking University)学生の婁滔(Lou Tao)から提供された細胞を活用した研究が、中国の安徽省(Anhui)幹細胞学会と中国科学技術大学(University of Science and Technology of China)の細胞医学連合実験室で、運動ニューロン疾患の早期発見と、より効果的な治療法の研究を目指して進められていると報告した。

量子コンピュータも解けぬ暗号新技術開発。

日本経済新聞 電子版は2018年02月25日に、量子コンピュータでも解読が困難な新しい暗号技術の選定を米国政府が進めていると報告した。

米国政府が、2017年12月に69の候補を公表し、KDDI総合研究所など日本で開発された技術が残った。

量子コンピュータの実用化が近づき、現在の暗号技術では安全性を保てなくなりかねない。

3〜5年かけて検証する方針で、残った暗号は「国際標準」として影響力を増すことになる。

南鳥島沖の海底で、レアアース数百年分発見!

朝日新聞デジタルは2018年04月15日に、精密機器の製造に欠かせないレアアースの世界需要の数百年分が、東京の小笠原諸島の南鳥島周辺の海底にあることが、早稲田大学や東京大学などのチームの調査でわかったと報告した。

レアアースがあるのは、本州の南東約2,000kmにある南鳥島のさらに南約250kmの深さ約5700mの海底。

一帯は日本の排他的経済水域内にあたる。

問題は、深さ約5700mの海底から、どう掘り出すか!?
また、純度は?
種類は?

インドで、日本発の「知るカフェ」、4店舗目開業。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年04月10日に、京都市のエンリッション(ENRISSION)は2018年04月09日、IIT(भारतीय प्रौद्योगिकी संस्थान/Indian Institute of Technology/インド工科大学)デリー校(Delhi)にインド国内4店舗目となるカフェチェーン「知るカフェ(shirucafe)」を開業したと報告した。

自動運転中の事故、車の所有者に賠償責任?

なんのための自動運転なのか?
政府は、自動運転を信用していない?

日本経済新聞 電子版は2018年03月30日に、政府は2018年03月30日に、自動運転中の車の事故について、原則として車の所有者に賠償責任を負わせる方針を決めたと報告した。

東レ、風力発電向け需要から、ハンガリーに炭素繊維新工場。

日本経済新聞 電子版は2018年03月28日に、力発電など再生可能エネルギーの市場拡大が素材産業の需要構造に影響を及ぼし始めたと報告した。

東レは、100億円強を投じて子会社に工場を新設し、生産能力を2割以上引き上げ、ハンガリーで炭素繊維の生産を増強する。

東レが2014年に580億円で買収した炭素繊維大手の米国のゾルテック(Zoltek)が持つドナウ川河畔のハンガリー北部の拠点に新工場を建設する。

ソフトバンクと、サウジは、21兆円、太陽光発電に投入!

朝日新聞デジタルは2018年03月29日に、ソフトバンクグループの孫正義(Masayoshi Son)会長兼社長とサウジアラビア(المملكة العربية السعودية/Kingdom of Saudi Arabia)のムハンマド・ビン・サルマン(Mohammed bin Salman/محمد بن سلمان بن عبد العزيز آل سعود)皇太子が、滞在先の米国のニューヨークで2018年03月27日夜(日本時間28日)に記者団と会見し、世界最大となる計200GW(ギガワット)の太陽光発電事業をサウジで始めると明らかにした。

2037年の御堂筋の完成100周年に向け、御堂筋完全歩道化計画。

毎日新聞は2018年03月27日に、吉村洋文市長を委員長に、大阪のメインストリート「御堂筋」の将来像を検討している委員会の提言案の全容が判明したと報告した。

パナソニック、京都で自動運転車の公道実験を初公開。

日本経済新聞 電子版は2018年03月27日に、パナソニックは2018年03月27日に、京都府けいはんな学研都市の関西文化学術研究都市で自動運転の公道実験を初めて公開したと報告した。

パナソニックの自動運転システムを搭載した車が時速15〜19キロkmで走り、停止線で一時停止した。

けいはんな学研都市では昨秋から、企業などが自動運転車の走行実験ができるようになった。

パナソニックはテレビで培った映像技術をいかして自動運転システムの開発を進めている。

シンガポールで、車両番号認識システム、主要道路で試験導入。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年03月28日に、シンガポールのLTA(Land Transport Authority/陸上交通庁)は2018年03月26日、次世代型の道路交通管理システムを試験導入すると発表した。

2018年03月26日から来年にかけて、高速道路や主要幹線道路沿いでANPR(Automatic Number Plate Recognition/自動ナンバープレート認識)システムとDSRC(Dedicated Short Range Communications/狭域通信)システムを運用。実際の道路交通環境下での技術の有用性、信頼性を確かめると報告した。

中国の深圳で、700mの高層ビル着工。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年03月28日に、中国の南方都市報などが2018年03月27日に、深圳市で2018年03月26日に、高さ700mの計画で高層ビル「世茂深港国际中心(世茂深港国際中心)」が着工したと報告した。投資額は400億〜500億元(約6,700億〜8,400億円)に上る見通し。完成すれば深セン市で最も高いビルになると伝えたと報告した。

KDDI、沖縄の野球場で4K映像同時配信。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年03月28日に、KDDIは2018年03月26日に、沖縄県の野球場で、多数の観客に向けに大容量映像をタブレット端末に同時配信する実証実験を行い、実験に成功したと発表したと報告した。

NHKで2018年04月以降、AIアナ「ヨミ子」がリポーターとして出演。

毎日新聞は2018年03月26日に、NHKは2018年3月26日に、総合テレビで放送している「ニュースチェック11」(月〜金曜、午後11時15分〜)で2018年04月以降、毎週水曜にAI(Artificial Intelligence/人工知能)で合成音声を読み上げる3DCGを使ったバーチャルな女性の映像アナウンサー「ニュースのヨミ子」をリポーターとして出演させると発表したと報告した。

しかし、これは決して新しいとは呼べない。

中国、スマートマニュファクチャリング大国になるための課題。

AFPは2018年03月25日に、1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳した情報として、中国の労働者人口で確保して来た中国経済成長の原動力が、中国の労働者人口が頭打ちに近づく中、いかにしてIoT(Internet of Things/モノのインターネット)とAI(Artificial Intelligence/人工知能)などを活用した「スマート・マニュファクチャリング(Smart manufacturing)」を発展させ、中国の経済成長の新たな原動力とするかが製造業界で注目されていると報告した。

ベトナムのビンファスト、EVなど人気投票結果を発表!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年03月23日に、ベトナムの新聞「ダウトゥ(Dau Tu[Vietnam Investment Review])/電子版』は2018年03月23日に、ベトナムのコングロマリット(複合企業)、ベトナム投資グループのビングループ(Vingroup)の子会社で、自動車の生産を目指すビンファスト(VINFAST)が実施した、EV(Electric Vehicle/電気自動車)と小型車のデザインに関する人気投票の結果を発表したと報告した。

Uber車両の自動運転で、歩行者はねて殺す!

日本経済新聞 電子版は2018年03月20日に、米国の多くのメディアが、米国のライドシェア最大手Uber Technologies(ウーバー・テクノロジーズ)の自動運転車が2018年03月18日に、アリゾナ州で歩行者をはね、死亡させる事故が起きたと報告した。

中国、小型衛星80基打ち上げる衛星IoTプロジェクトに着手。

AFPは2018年03月22日に、東方新報(东方新报)からの情報として、CASC(China Aerospace Science and Technology Corporation/中国航天科技集团/中国航天科技集団)第四研究院は2018年03月15日に、子会社である中国航天行雲科技(中国航天行云科技)を正式に設立し、衛星IoT(Internet of Things/モノのインターネット)プロジェクトに着手したと報告した。

日本の大手銀行3グループが、単純作業のコンピュータ利用広げる。

毎日新聞は2018年3月14日に、三井住友フィナンシャルグループ(FG)、三菱UFJFG、みずほFGの大手銀行3グループが、比較的単純な事務作業をコンピュータに記憶させて自動化するRPA(Robotic Process Automation/ロボットによる業務自動化)の活用を拡大していると報告した。

もともと数字を扱う事業であり、コンピュータ化に向いていた。

超低金利などで厳しい経営環境が続く中、省力化やコスト削減の切り札として、RPAの導入が加速化している。

鉄鋼のポスコとサムスン、チリで電池部材生産。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年03月13日に、韓国の鉄鋼大手のポスコ(POSCO)とバッテリーメーカーのサムスンSDI(Samsung SDI)は共同で、チリに575億ウォン(約58億円)を投じ、EV(Electric Vehicle/電気自動車)向けリチウムイオン電池の主要部材となる正極材の生産工場を設け、世界的に拡大するリチウムイオン電池の需要を取り込むことを計画してると報告した。

石油公社とタタ、燃料電池バスの実証実験を開始。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年03月14日に、IOC(Indian Oil Corporation/インド石油公社)は2018年03月12日に、自動車大手のタタ・モーターズ(Tata Motors)と共同で国内初の水素で走る燃料電池バスの実証実験を開始したと発表した。

誤ニュース(Fake News)は、真実ニュースより20倍速く拡散。

日本経済新聞 電子版、毎日新聞は2018年03月09日に、米国のMIT(Massachusetts Institute of Technology/マサチューセッツ工科大学)のチームが、米国の科学誌「サイエンス(Science)」で2018年03月09日に、Twitterでは、誤った内容のニュース(Fake News)は正しいニュースよりも20倍速く、より広く拡散するとの調査結果を発表したと報告した。

阿里雲(アリババ・クラウド)、香港でスマートシティー建設参画。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年03月09日に、香港の新聞「明報」は2018年03月08日に、中国EC(E-Commerce/電子商取引)最大手アリババ集団(Alibaba/阿里巴巴集团)の傘下で、クラウド・コンピューティング事業を手掛ける阿里雲(Alibaba Cloud/アリババ・クラウド)の香港・マカオ・韓国地区ゼネラルマネジャーを務める劉彬星は2018年03月07日に、香港でのスマートシティー建設参画に向けて香港政府と積極的に交渉していると明らかにした。

中国の国産ジェットC919、累計受注815機に!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年03月07日に、新華社が2018年03月07日に、中国初の国産中型ジェット旅客機「C919」の設計責任者呉光輝は2018年03月06日に、C919の累計受注機数が現時点で815機に上ったと明らかにしたと報告した。

台湾の原能会、第2原発2号機の再稼働を承認。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年03月06日に、台湾で、唯一の国営通信社などがである「中央通訊社(Central News Agency/中央通信社)」は2018年03月05日に、台湾の行政院(内閣)原子能委員会(原能会)は2018年03月05日に、公営の台湾電力(台電)が申請していた第二核能発電廠(第2原発 核二)2号機の再稼働申請の審査結果について、再稼働を承認すると発表したと報告した。

シャープ、ベトナムのTTCのメガソーラー建設を受注。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年02月27日に、シャープは2018年02月26日に、ベトナムの複合企業TTC(Thanh Thanh Cong/タインタインコン)グループ傘下のGEC(Gia Lai Hydropower Joint Stock Company/ザーライ電力)が中部トゥアティエンフエ(Tỉnh Thừa Thiên-Huế/省承天)省で計画していた、出力約48メガワット(MW)の太陽光発電所の建設を受注し、2018年02月23日に調印したと発表した。

米国データ会社による平昌冬季オリンピック予測と実際。

産経ニュースが2018年01月11日に公開した、スポーツデータの分析、提供などを行う米国のデータ専門会社グレースノート(Gracenote)は2018年01月10日に、平昌冬季オリンピック開幕30日前に合わせて全種目のメダル予測を発表し、日本はメダル総数で過去最高の15個、金メダルは1998年長野五輪の5個に次ぐ4個であった。

グレースノート(Gracenote)は、ニールセン(Nielsen Holdings)の子会社である。

最新の競技結果や選手の動向を分析し、現時点でオリンピックが行われたとの想定で算出した。

芝浦工大、マレーシアの日本人学校でロボットセミナー開催。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年02月26日に、芝浦工業大学の「ロボットセミナー」が、マレーシアのスランゴール州のJSKL(Japanese School of Kuala Lumpur/クアラルンプール日本人学校)で2018年02月24日〜25日の2日間、開催されたと報告した。

子どもたちはロボット製作と競技を通じ、問題解決に向けて知識や技術を活用する「アクティブ・ラーニング」を実体験した。

参加した子どもたちと保護者からは継続開催の望む声が上がっている。 

川崎重工、タイのオレンジライン向け掘進機3機を受注。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年02月26日に、川崎重工業は2018年02月23日に、タイの首都バンコク(Bangkok)で開通予定のMRT(首都圏鉄道)「オレンジライン(Orange line)」のトンネル掘削工事向けに、シールド堀進機3機を受注したと発表したと報告した。

シールド堀進機の設計・製作・海上輸送などを担当する。
2019年02月から08月にかけて順次納入する予定。

米国のアップル、コバルトの直接購入検討。

日本経済新聞 電子版は2018年02月22日に、米国の米国の新聞「ブルームバーグ(Bloomberg)」などが、米国のアップル(Apple)が電池に使うレアメタル(希少金属)のコバルトの長期・直接購入に向け、採掘会社と交渉をしていることが分かったと伝えていると報告した。

レアメタルのコバルト(cobalt)はリチウムイオン2次電池に不可欠で、最近は自動車各社がEV(Electric Vehicle/電気自動車)の普及を見据えて購入を増やしている。

巨大企業による「コバルト争奪戦」は、市況にも影響を及ぼしそうだと分析している。

韓国で、GaNを用いた半導体材料を初めて開発。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年02月23日に、韓国の半導体材料メーカー「IVワークス(IV Works)」が2018年02月21日に、パワー半導体向けのトランジスタ材料であるGaN Wafer(窒化ガリウムウエハー)の国産化に初めて成功したと発表したと報告した。

電解コンデンサーなしで、寿命5倍のLED電源を開発。

日本経済新聞 電子版と日刊工業新聞のニュースイッチは2018年02月20日に、創業50年のプリント基板のパイオニア川崎市の信夫設計(shinobu sekkei)は、電解コンデンサーを使わない長寿命の発光ダイオード(LED)照明用電源「永久電源」を開発したと報告した。

一般的なLED向け電源の約5倍に当たる20万時間以上の耐久性を実現する。

量子コンピューター進化の先、仮想通貨も丸裸になるか?

日本経済新聞 電子版は2018年02月14日に、ネット・IT コラム(テクノロジー) 科学&新技術として、量子コンピューターの魅力について報告してきた。

中国、世界最大で、アジア初の無人船試験場建設に着手。

AFPは2018年02月14日に、国営新華社(Xinhua)通信が2018年02月13日に、中国は、係争水域の南シナ海(South China Sea)に面した港の沖合で、無人船(Unmanned Ships)航行技術の試験場建設に着手したと報告した。

新華社通信によれば、試験場はマカオに接する中国南部の港湾都市珠海(Zhuhai)沖に建設されている。

北欧の新興EVメーカー、インドで2020年に第1弾モデル投入!

アジア経済ニュースNNA ASIAは、スウェーデンの新興EV(Electric Vehicle/電気自動車)メーカーのユニティ(Uniti)は2018年02月08日に、インドで2020年をめどに第1弾モデルを投入する方針を明らかにしたと報告した。

住友林業、2041年までに、高さ350mの木造超高層建築実現へ!

日本経済新聞 電子版は2018年02月08日に、住友林業は2018年02月08日に、2041年までに高さ350mの木造の超高層建築物を実現する「W350計画」を発表したと報告した。

まずは20年代前半に高さ70mの木造建築物の実現を目指す。

計画を進める中で、350mのビルを建てるための技術やコスト、法制度などのハードルをすべてクリアすることが目標になる。

韓国のSKTと中国のアリババは、次世代ICTで協力!?

アジア経済ニュースNNA ASIAは、韓国通信最大手のSKT(SK telecom/SKテレコム)は、同社の朴正浩(Jung Ho Park/パク・ジョンホ)社長と中国EC(Electronic Commerce/電子商取引)最大手のアリババ集団(Alibaba/阿里巴巴集团)の馬雲(马云/Jack Ma/ジャック・マー)会長が、次世代のICT(Information and Communication Technology/情報通信技術)技術に関する協力について協議したと2018年02月08日に発表したと、報告した。

総件数:1057最初1234567891011最後