Venmo、インスタント転送の料金値上げ!

Mobile World Liveは2018年10月16日に、PayPalのモバイル決済サービスVenmoは、2018年11月からのインスタント・トランスファー(Instant Transfers)のトランザクション料金を引き上げる計画を発表したと報告した。

ユーザーに、Venmoは電子メールで転送金額の1%に相当する新たな手数料が2018年11月6日に発効すると述べた。

PayPalのチーフは、Venmoユーザー数拡大を報告している。

Mobile World Liveは2018年10月19日に、PayPalのVenmoプラットフォームは、顧客登録のための記録的な四半期を発表したPayPalのCEOダン・シュルマン(Dan Schulman)は、ブランドが米国全体で急成長を続けていることを明らかにした。

中国のTencent、香港でWeChat Payの宣伝パートナーSHKPと提携。

Mobile World Liveは2018年10月19日に、中国のインターネット大手騰訊控股(腾讯控股/Tencent/テンセント)は、香港最大の不動産開発会社SHKP(新鴻基不動産/Sun Hung Kai Properties)と提携して、インターネット大手のWeChatモバイル決済サービスの利用を促進していると報告した。

アルティス・ポルトガルの目はモバイル・マネーに向いている。

Mobile World Liveは2018年10月18日に、アルティス(Altice)のポルトガル部門は、2つの銀行との間で、デジタルチャネルを利用し、来年に新世代の金融サービスを提供することについて話し合っていると報告した。

米国証券取引委員会、ブロックチェーン企業相談窓口「FinHub」を開設。

Forbes JAPANは2018年10月20日に、SEC(U.S. Securities and Exchange Commission/米国証券取引委員会)は2018年10月18日、ブロックチェーン技術やAIを活用する企業向けの専用ポータルを開設した。

開設したのは、フィンテック関連のハブとなることを目指す同サイト「FinHub」と呼ばれている。

「FinHub」は、SECの様々なサービスへのアクセスが一本化され、企業はSECの担当者とコミュニケーションをとりやすくなる。

EUが規則変更で、生体認証だけでは口座にログインできなくなる。

Forbes JAPANは2018年10月18日に、ヨーロッパに住む人の多くは、来年のある日、モバイルバンキングの口座にログインするのが面倒になったことに気がつくことになると報告した。

ドイツの小売グループ、モバイル決済の巨人がプッシュ!

Mobile World Liveは2018年10月17日に、Google、Mastercard、VisaおよびWirecardは、EHI Retail Instituteが率いる新たに形成されたコンソーシアムに参加し、ドイツ市場でのモバイル決済への関心を呼び起こしたと報告した。

JCB、ナムアー銀行とクレジットカード発行。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月17日に、JCBの海外事業子会社JCBI(JCB International/JCBインターナショナル)は2018年10月16日に、ベトナム商業銀行ナムアーバンク(NAM A BANK)との提携によるクレジットカードの発行を開始した。ベトナム国内でJCBカードを発行する金融機関としては11行目となる。

米国の政治家がインドのデータについて、要請した。

Mobile World Liveは2018年10月15日に、米国の上院下院議員は、報道に関連した情報に関する新法の論争が起こる数日前に、現地に保管されている市民のデータに対する姿勢を緩和するよう、インドに要請したと伝えられていると報告した。

ロイター通信によると、2人の上級政治家がインドの首相に直接、国境を越えて消費者データを保持する姿勢が米国との「主要な貿易障壁」になる可能性があると警告する手紙を書いたと伝えた。

リップルの仮想通貨が急落中、9月最高値から40%以上も下落!

Forbes JAPANは2018年10月12日に、リップル(Ripple Inc.)の仮想通貨XRPの価格はここ数週間で大幅な下落となっている。XRPの価格は10月10日時点でわずか0.4591ドル付近であり、CoinMarketCapのデータでは9月の最高値0.7694ドルから40%以上の値下がりとなったと報告した。

アナリストらは急激な価格の下落の主要因が、市場のセンチメントの変化にあるとみている。

Digital Capital Managementのマネージングディレクターのティム・エネキン(Tim Enneking)は「XRPの価格は今後のリップルの発表や新たな動きへの期待感から、急上昇を遂げた。しかし、根本的には何の変化も起きていない.」と述べた。

「今回の下落は単純に、現在のXRPにとって適正な価格に値を値を戻しているだけだと考えられる」と彼は続けた。

ベトナム民間商業銀行エクシムバンク、JCBと初の若者向けカード。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月12日に、ベトナム民間商業銀行EXIMBANK(Vietnam Export Import Commercial Joint Stock Bank/エクシムバンク)は、若者をターゲットに据えた初めての国際デビットカードとクレジットカードをJCBと発行すると報告した。

Google Payはドイツで、PayPalとパートナーシップを締結。

Mobile World Liveは2018年10月10日に、Google PayはPayPalとの統合を拡大し、オンライン支払い会社と初めてチームを作り、米国の消費者間での関係を拡大してから1年以上経過して、ドイツの顧客にサービスを提供する。

検索巨人Googleは、2018年06月にドイツの4つの銀行でモバイルペイメントAppを開始したが、ドイツのユーザーはPayPalアカウントをサービスにリンクして購入することもできるようになった。

ドバイで、ブロックチェーン・ベースのデジタル通貨を開始。

Mobile World Liveは2018年10月10日に、ドバイ(Dubai)のクレジット局emCreditは、ブロックチェーン支払いプロバイダPundi Xとフィンテック会社eboocと協力して、小売店での購入や請求の支払いに使用できる新しいデジタル通貨のを作成したと報告した。

Westpacはスマートフォン経由で小切手の支払いを可能にする。

Mobile World Liveは2018年10月10日に、オーストラリアの銀行Westpac(ウェストパック)はモバイル技術を使って、小切手という最も古い支払い方法の1つに新しい命を吹き込むための詳細な計画を発表したと報告した。

銀行Westpacは、顧客がスマートフォンを使用して、小切手で口座に支払うことを可能にすることが国で初めてと主張した。

Wirecardの成長戦略「Mobile key」。

Mobile World Liveは2018年10月10日に、ドイツに本拠を置く金融技術会社Wirecard(ワイヤカード)は、2025年までに取引量を増やす戦略の中心にモバイル決済を配置する計画を詳細に述べていると報告した。

最近ロンドンで2018年10月09日に公開された「Vision 2025戦略(The Vision 2025 strategy)」は、少なくとも€7100億以上の取引額(deliver transaction volume)、€100億以上の売上高(revenue)、€33億以上のEBITDA(Earnings Before Interest Taxes Depreciation and Amortization/税引前利益に支払利息、減価償却費を加えて算出される利益)を提供することを目指している。

LINE、ブロックチェーンで新しいエコシステムを作る!?

日本経済新聞 電子版、ビジネス・インサイダー(Business Insider Japan)は2018年10月09日に、LINEが新たな成長事業として、ブロックチェーン(分散型台帳技術)を使った新ビジネスに乗り出すと報告した。

まず、ブロックチェーンを使った技術基盤を構築。インターネット上のサイトやアプリに投稿して対価のポイントなどを受け取ることができる仕組みをつくると、2018年09月27日の説明会で出沢剛社長が公表した。

LINEは日本やアジアを中心に約2億人の利用者を抱える対話アプリの広告が主な収益源になっている。
これとは全く別の事業として、「新技術を使い新しいエコシステム(生態系)を作る。」と主張した。

イギリス初の仮想通貨取引所が大規模リストラ!

Forbes JAPANは2018年10月09日に、ここ最近、ビットコイン(BTC)のボラティリティ(Volatility/変動率)は下がり続けており、ある指標では17カ月ぶりの低水準となっている。それに伴い、取り引きボリュームも減少中だと報告した。

ただし、最近のBitcoinの価格は安定して下がり続けていない。

安定しているから、取引も少ない。

日本のキャッシュレス化が遅れている理由!?

Forbes JAPANは2018年10月08日に、日本は、使えるキャッシュレス決済手段の種類が非常に豊富な国で、クレジットカードやデビットカード、電子マネーなど、決済に使えるカードの発行枚数も世界有数である。

だから、多くの日本人の財布は、さまざまなカードでパンパンに膨れ上がっていると報告した。

PLDTのデジタル部門、米中の会社が資本参加。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月08日に、フィリピンの通信大手PLDTは2018年10月05日に、デジタル部門Voyager Innovations(ボイジャー・イノベーションズ)に、米国の投資ファンドのKKR(Kohlberg Kravis Roberts/コールバーグ・クラビス・ロバーツ)と中国のインターネット大手騰訊控股(腾讯控股/Tencent/テンセント)が資本参加すると発表したと報告した。

シンガポール、貸金業者(サラ金)からの借り入れ、外国人も制限。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月08日に、シンガポールのMinLaw(Ministry of Law/法務省)とMOM(Ministry of Manpower/人材開発省)は2018年10月04日に、貸金業者(サラ金)からの借り入れに上限を設ける新たな規制を外国人居住者にも適用すると発表したと報告した。

当初はシンガポール人とPR(Permanent Resident/永住権)保持者のみが対象となる予定だったが、外国人についても過剰な借り入れを防ぐため、適用拡大を決めた。

騰訊控股とKKR、フィリピンのPLDTのフィンテック株式持分取得。

Mobile World Liveは2018年10月04日に、中国のインターネット大手騰訊控股(腾讯控股/Tencent/テンセント)とプライベート・エクイティ会社KKR(Kohlberg Kravis Roberts/コールバーグ・クラビス・ロバーツ)は、フィリピンベースのフィンテック・ユニットVoyager Innovations(ボイジャー・イノベーションズ)をさらに武装させるため、PLDTの少数株主持分を取得すると報告した。

サウジアラビアのSTC、国際的な送金について交渉中。

Mobile World Liveは2018年10月04日に、サウジアラビアのSTC(Saudi Telecom Company/サウジ・テレコム・カンパニー)のデジタル財務部門STC Payは、オペレーターの携帯財布アプリに国際送金機能を追加することについてウェスタンユニオン(Western Union)と協議中であると発表したと報告した。

空洞化で、ショッピングセンター、淘汰の時代!

日本経済新聞 電子版は2018年10月04日に、店舗が増え飽和感が漂う一方、事業を支えるテナント数が急減し、ショッピングセンター(SC)の空洞化が進んでいると報告した。

駅前などの好立地でも閉鎖に追い込まれている。

米国のCboe、2018年09月ビットコイン値動き情報。

不思議なお金の格言と金言とともに、株価などの相場情報を無料で配信してくれる180.co.jpのメールマガジン
「貧乏は幸せなお金持ちの近道。」がCboeビットコイン先物相場を公開している。

2018年09月の情報を公開する!

米国で暗号通貨(crypto_currency)の先物取引は、「GXBT Cboe Bitcoin」と「BRR CME Bitcoin」が取り扱われているが、「貧乏は幸せなお金持ちの近道。」では、「GXBT Cboe Bitcoin」だけが公開されている。

ただし、think 180 aroundのWebページには、「GXBT Cboe Bitcoin (USD)」「BRR CME Bitcoin (USD)」が公開されている。

ドバイのマシュレク銀行は、QRコード支払いでMastercardと提携。

Mobile World Liveは2018年10月03日に、ドバイに本拠を置くマシュレク銀行(Mashreq Bank)は、銀行が世界で最初に賞賛した動きであるMastercardとの取引に続いて、消費者銀行アプリケーションにQRコード支払い(QR code payments)を追加したと報告した。

SingtelとAISは、国境を越えた支払いのチームを組んだ。

Mobile World Liveは2018年10月03日に、シンガポールのSingtel Groupとタイの携帯電話事業者AISは、Kasikornbankと提携して、海外で旅行する際に消費者が地元のモバイル財布(mobile wallets)で支払いを行うことを可能にするアジア初のクロスボーダー・モバイル・ペイメント・アライアンス(cross-border mobile payment alliance)なったと言ったと報告した。

アフリカのジンバブエは、新しいモバイル・マネー税を発表。

Mobile World Liveは2018年10月02日に、ジンバブエ(Zimbabwe)は、国家が急成長する技術の利用から得た収益の大きな部分を目の当たりにしているため、モバイル・マネーを固定金利から各取引の価値のパーセンテージに変える方法に変えたと報告した。

台湾の臺中港に、三井アウトレットを開業。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月02日に、三井不動産は2018年10月01日に、台中市西部の台中港にアウトレットモール「三井アウトレットパーク臺中港(Mitsui Outlet Park臺中港/MOP臺中港)」を2018年12月12日にグランドオープンすると発表したと報告した。

中国のテンセントは、ビジネスユニットをシェークして引き上げる。

Mobile World Liveは2018年10月01日に、中国のインターネット大手騰訊控股(腾讯控股/Tencent/テンセント)は、消費者ビジネスの徹底的な再編とエンタープライズ顧客を誘致するための詳細な計画を発表したと報告した。

インドネシアのキャッシュレス化とモバイル決済!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月01日に、NNAの独自調査によるインドネシアのキャッシュレス化の概況や主なモバイル決済事業者の経営実態に関する調査レポート『インドネシアにおけるモバイルペイメントの現状と展望 2018-2019』を発行し、発売したと報告した。

なんと、インドネシアでは、2017年の電子決済取引金額は前年比75%増と驚異的な伸びを示したと伝えている。

ニュージーランド銀行がモバイル・ウォレットを放棄!

Mobile World Liveは2018年09月28日に、ニュージーランドの銀行としてANZが最初に立ち上げたGoogle Payとの互換性を提供するモバイル・ウォレット・サービスの部門を閉鎖する予定だと伝えた。

LINE、ブロックチェーン市場に参入!?

日本経済新聞 電子版は2018年09月28日に、LINEがスマートフォン(スマホ)の次の成長分野として期待する新たな技術インフラとして、新たな基盤を作る目的で「ブロックチェーン(Blockchain)」市場に参入すると報告した。

PayPalは、Venmoの新しいボスを任命。

Mobile World Liveは2018年09月26日に、PayPalは、モバイル決済サービスVenmoの責任者に、アミット・ジャワール(Amit Jhawar)を任命したと報告した。

PayPalは、US$22億以上でiZettleの買収を完了。

Mobile World Liveは、PayPalは、ヨーロッパのPoS(Point-of-Sale)情報端末プロバイダーiZettleをUS$22億で買収を完了したが、引き続きイギリスのCMA(Competition and Markets Authority)のレビューに直面していると報告した。

PayPalはステートメントで、2018年05月に最初に発表された取引は終了し、中小企業の顧客への提供を拡大し、現実の小売を促進するのに役立つと述べた。

しかし、PayPalは、買収を完了する前に、CMAが取引の検証を開始し、「レビューを行っている当局」に協力していると付け加えた。

仮想店舗、自販機サービスなど、続々QRコード決済の普及進む!?

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月25日に、インドネシアで、QRコード(2次元コード)を利用したモバイル決済サービスが増えていると報告した。

スマートフォン用アプリにあらかじめ入金した電子マネーで飲食品や日用品の代金を支払う仕組み。

スマホの急速な普及によって増加する利用者の需要を取り込もうとしている。

MTNは、ウガンダでの支払いで爆発に期待!

Mobile World Liveは2018年09月24日に、MTNウガンダ(MTN Uganda)は、加入者の既存口座にリンクされた支払いカードを追加して、モバイルマネーサービスを拡大するために、MastercardとUBA(United Bank of Africa)と提携したと報告した。

MTNのMoMocardは、Mastercard決済を受け入れ、「広大なネットワーク」を通じて、より迅速かつ安全なオンライン決済を世界中で提供する。

Alipayはグローバルなフットプリントをカナダのリッチモンドに拡張。

Mobile World Liveは2018年09月20日に、Alipayは、中国の旅行者がサービスを利用できる国際的なネットワークに、カナダのリッチモンド市(city of Richmond in Canada)の企業との契約に同意し、拡張したと報告した。

オレンジ銀行のボスは、2018年10月に辞める。

Mobile World Liveは2018年09月20日に、オレンジ銀行(Orange Bank)のCEOアンドレ・コスネ(Andre Coisne)は、モバイル専用の金融プラットフォームが直面している運用上の課題で、次の数週間で辞任する予定になっていると報告した。

このニュースを最初に報告したロイターは、3人の情報筋を引用し、アンドレ・コスネが10月に正式に出て行くと予測した。

アリババ会長マー君。米中貿易戦争受け、「米国で100万人雇用できず!」

日本経済新聞 電子版は2018年09月20日に、中国国営の新華社通信は中国を代表する民間企業EC(E-Commerce/電子商取引)最大手のアリババ集団(Alibaba/阿里巴巴集团)のマー君ことジャック・マー(Jack Ma/馬雲)会長が「米国で100万人の雇用を創出する計画を実現できない」と明らかにしたと報じたと報告した。

マー君は2017年01月09日に米国大統領に就任前のドナルド・トランプ(Donald Trump)と会談した際、米国で100万人を雇用すると確約していた。

オレンジは、スペインでのオレンジ銀行のスタートで詳細を提供。

Mobile World Liveは2018年09月19日に、オレンジは、フランス国内市場でデビューしてから約2年後、2019年09月にスペインで銀行業務を開始すると報告した。

Squareは現金appで銀行口座の複製を見ている。

Mobile World Liveは2018年09月19日に、Squareは、プラットフォームを銀行口座のように運営する方法を検討するため、従来の銀行サービスでP2P決済アプリケーションを強化することを検討していると報告した。

Recodeの年次コードコマース会議(Code Commerce conference)で、CNBCはSquare CFOのサラ・フリアー(Sarah Friar)が、Squareは貯蓄商品を含む多くのアイデアを探求しており、顧客が株式を取引できるようにしていることを明らかにした。

ケニア政府、モバイル税計画を前進。

Mobile World Liveは2018年09月19日に、ケニア政府は、通信サービスや携帯電話の送金について、消費者の価格上昇を招く可能性のある税の引き上げを提案したと報告した。

ロイター通信はケニアのウフル・ケニヤッタ大統領(Kenya’s president Uhuru Kenyatta)が、通信時間(airtime)とデータ(data)サービスの消費税率が10%から15%に上昇することを提案し、携帯電話送金手数料を10%から12%に引き上げることを提案した。

金融とITを融合した産業団地「金融科技創新園区(フィンテック園区)」開業。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月19日に、台湾で金融とITを融合したフィンテックを専門とする産業団地「金融科技創新園区(金融科技創新園區/FintechSpace/フィンテック園区)」が2018年09月18日に開業したと報告した。

同業他社との交流を通して、業界での知名度向上を図りつつ、当局との意思疎通を強化し、台湾での事業を拡大していく考えで作られた。

タイのテスコロータス全店で、「QRコード」決済導入。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月18日に、イギリス系の大手ディスカウントストア「テスコ・ロータス(Tesco Lotus)」をタイで展開するエカチャイ・ディストリビューション・システム(Ek-Chai Distribution System Co., Ltd. )は2018年09月17日に、全店舗で「QRコード」決済を導入したと発表した。

カンボジアのアクレダ銀行、公共交通に「QRコード」導入!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月18日に、カンボジアの新聞「クメール・タイムズ(Khmer Times/電子版)」は2018年09月15日に、カンボジアの首都プノンペン(Phnom Penh)で、2018年09月15日から公共バスと水上タクシーの運賃支払いで2次元コード(QRコード)による電子決済が可能になったと伝えたと報告した。

ついに、カンボジアにも「QRコード」を使ったモバイル・マネーが登場した。

「Zaif」のテックビューロ、仮想通貨67億円分流出!

日本経済新聞 電子版は2018年09月20日に、大阪市の仮想通貨交換会社のテックビューロ(Tech Bureau/Zaif)は2018年09月20日に、不正アクセスによって仮想通貨「ビットコイン」などが流出したと発表したと報告した。

被害額は約67億円とみられ、このうち約45億円は顧客の資産という。

テックビューロは金融情報サービスを手掛けるフィスコ(FISCO)のグループ会社など2社に資金・技術面での支援を要請した。

顧客資産は「被害が及ばないよう準備を行う予定」としている。

インドネシアは支払いのために、「QRコード」標準を推進。

Mobile World Liveは2018年09月12日に、インドネシアの 「ジャカルタ・ポスト(The Jakarta Post)」はインドネシアの中央銀行が、「QRコード」を使って支払いを標準化するために、支払いサービス提供者からの代表とワーキンググループを結成したと伝えたと報告した。

ソフトバンクがRCSを率いてブロック決済を行う。

Mobile World Liveは2018年09月12日に、ソフトバンクは、RCS(Rich Communication Services)グローバル・メッセージング規格とTBCASoftのブロックチェーン・プラットフォームに基づいて、クロスキャリア方式のモバイル決済サービスを開発中であると発表した。

日本の電気通信事業者は、TBCAsoftとSynchronoss Technologiesと提携し、モバイル決済サービスの実証実証を目的としたもので、ユーザーはデバイスから直接さまざまな店舗での購入を行うことができる。

Paytmのチーフは競争の脅威を演じる。

Mobile World Liveは2018年09月12日に、インドのペイメント・プロバイダPaytmの創設者でCEOビジャ・シャルマは(Vijay Sharma)はロイターに対して。自国の競争激化が野心的な成長計画を妨げないと自信を持っていると、語ったと報告した。

ハイプロファイルのプレーヤーAlibabaとSoftBankに支えられているPaytmは、インドが2016年後半に高価値の通貨手形を禁止した後、同国におけるデジタル決済の重要性が高まっていることを見てきた。

MTNの悲劇、マネー上のクラウド・ライセンスの進捗状況。

Mobile World Liveは2018年09月12日に、ナイジェリア規制当局は、MTNのナイジェリアの立場が、ナイジェリアの最新号に続くものとなるかどうかは不明であるが、事業者はすぐにモバイル・マネー・ライセンスを申請することを許可されるように訴えたと報告した。

タイのSCG、供給網管理にブロックチェーン導入!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月13日に、タイの素材最大手SCG(Siam Cement Group/サイアム・セメント)は2018年09月12日に、SCGのサプライチェーン取引にブロックチェーン(分散型台帳)技術を導入すると発表した。

OrangeのVC部門は、ペイメント・スタート・アップYocoに投資。

Mobile World Liveは2018年09月07日に、オレンジ(Orange)のデジタル・ベンチャーは、スタート・アップのB投資として、南アフリカで未公開のYocoにUS$1600万を出資したと報告した。

Yocoは、南アフリカの中小のビジネスに、販売ソフトウェアとハードウェアのモバイルのポイントを供給している。

PayPalのCEO、ベライゾンの取締役会に就任。

Mobile World Liveは2018年09月07日に、米国で最大の携帯電話事業会社ベライゾン(Verizon)の取締役会は、PayPalのCEOダン・シュルマン(Dan Schulman)を取締役に任命した。

ベライゾンは声明の中で、ダン・シュルマンは、「主要なモバイル決済会社」の責任者として、世界の何十億人もの人々の生活を楽にする金融サービスの変革に焦点を当てた。」取締役に任命したことによって、事業と機会についての重要な見通しが与えられたと説明した。

Razer Pay、2019年01〜03月期にシンガポールで提供開始。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月10日に、米国のゲーム用周辺機器メーカー大手レイザー(Razer)は2019年01〜03月期に、シンガポールで同社の電子決済システム「Razer Pay(レイザーペイ)」の提供を開始する計画だと報告した。レイザーの共同創業者で最高経営責任者(CEO)のミンリャン・タン(Min-Liang Tan)が2018年09月07日に、自身のフェイスブックページで発表したと報告した。

スウェーデン発の信頼で成り立つ決済「Klarna」を生んだ男!

Forbes JAPANは2018年09月11日に、スウェーデン発のフィンテック企業「Klarna(クラーナ)」の共同創業者でCEOのセバスチャン・シーミアトコブスキー(Sebastien Siemiatkowski)はかつて、バーガーキングの店舗で働いていた。

そこで彼は、凍ったパテをグリルに流し込むのが仕事だった。

同じ職場で知り合ったのが、後に一緒に起業することになるニコラス・アダベルス(Niklas Adalberth)だった。

2018年09月06日に、オランダのアムステルダムで開催されたForbesの「30アンダー30サミット(30UNDER30 Summit)」で、セバスチャン・シーミアトコブスキーはクラーナの創業当初の思い出を振り返った。

香港のクレジットカード利用残高、2018年06月末で2.9%増。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月07日に、香港の英字新聞「スタンダード(The Standard)」などは2018年09月06日に、米国の信用照会機関のトランスユニオン(TransUnion/環聯)からの情報として、2018年06月末時点で香港のクレジットカード利用者1人当たりの利用残高はHKS(香港ドル)3万9,000(約55万4,100円)となり、前年同月末から2.9%増えた。

オーストラリアの年金受給70歳への引き上げ、首相が撤回。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月06日に、オーストラリアのスコット・ジョン・モリソン(Scott John Morrison/1968 - )首相が2018年09月05日に、老齢年金の受給開始年齢を70歳に引き上げる計画「Increase the Age Pension qualifying age to 70 years - Budget 2014-15」を撤回した。

2018年09月05日に、Bitcoinが急落した原因。

Forbes JAPANは2018年09月07日に、2018年08月下旬以降、じりじりとした反発で80万円台を回復したBitcoinだったが、日本時間2018年09月05日夜辺りから下げ足を強め、急落した原因は、米国の大手投資銀行GS(The Goldman Sachs Group, Inc./ゴールドマン・サックス)が、仮想通貨デスク設立計画をホールドすると伝わったことが悪材料視されたようだと報告した。

それは一時期、2018年08月23日以来となる70万円台割れの場面が見られるなど、さえない推移となっている。

BBVAは、デジタル未来と格闘しているバンキング産業を要求。

Mobile World Liveは2018年09月04日に、LIVE FROM OPERATIONS TRANSFORMATION FORUM 2018からの情報として、多くの金融サービス企業は、業界がデジタル化によって変革するにつれて、「過去には欠けている」と、スペインのBBVAバンクのデレク・ホワイト(Derek White)が顧客ソリューションの世界的責任者である主張していると報告した。

タイで、クーポン配信ガッチャ、東南アで初展開。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月05日に、クーポンサービスを手掛ける東京都港区グランドデザインなどは2018年09月04日に、クーポン配信により来店や販売促進を行うアプリ「Gotcha!mall(ガッチャ!モール)」をタイで展開すると発表した。

東南アジア市場に導入するのは今回が初めてになる。

「ガッチャモール」は、参加企業の割引クーポンや景品を「カプセルトイ」形式で提供するアプリ。

登録料は無料。

Alipayの利用が、海外取引で急速に成長。

Mobile World Liveは2018年09月03日に、2019年07月と08月に中国本土以外で処理されたAlipayの取引数は、顧客ベースで人気のある海外小売業者との取引が功を奏しているように見え前年比で260%増加したと報告した。

過去2年間で、Alipayは中国の旅行者が頻繁に訪れる小売業者と、顧客が祝日や出張中にアプリを使い続けることを確実にするための一連の契約を結んだ。

日本のLINEが、仮想通貨を開始したと報告した。

Mobile World Liveは2018年09月03日に、日本のメッセージング・プラットフォームLINEは、ユーザーがブロックチェーンベースのAppサービスで報酬を受け取ったり、購入することを可能にするロイヤルティ・プログラムの一環として、仮想通貨を開始したと報告した。

会見でLINEは、デジタル・コインと、メッセージング・プラットフォーム内で分散アプリケーション・サービスを使用できるようにするブロックチェーン・ネットワーク「Link Chain」を独自に開発したと発表した。

ICO支援事業のMBKブロックチェーン、シンガポールの地場同業と提携。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月05日に、不動産投資などを手掛ける東京都千代田区マーチャント・バンカーズ(MBK Co., Ltd.)は2018年09月03日、資金調達「ICO(Initial Coin Offering/新規仮想通貨公開)」支援事業の完全子会社MBKブロックチェーンがKim Sun Hoが代表を務めるシンガポールのメーカーズ・ファーム(MAKERS FARM PTE. LTD)と業務提携することで基本合意したと発表した。

仮想通貨の荒波をサバイブしたもの凄い女性投資家。

Forbes JAPANは2018年09月02日に、投資と言う化け物が住む世界で、とくに市場は乱高下を繰り返す激しい荒波の仮想通貨分野で、自分の信念を貫き、生き残ってきたベンチャーキャピタリストの女性ジャラ・ジョバンプトラ(Jalak Jobanputra)を紹介した。

中途半端な考えでは、生き残れない。

米国のCboe、2018年08月ビットコイン値動き情報。

不思議なお金の格言と金言とともに、株価などの相場情報を無料で配信してくれる180.co.jpのメールマガジン
「貧乏は幸せなお金持ちの近道。」がCboeビットコイン先物相場を公開している。

半年ほど、この情報の配信は中止していたが、少し流れが変わったようなので、2018年08月の情報を公開する!

米国で暗号通貨(crypto_currency)の先物取引は、「GXBT Cboe Bitcoin」と「BRR CME Bitcoin」が取り扱われているが、「貧乏は幸せなお金持ちの近道。」では、「GXBT Cboe Bitcoin」だけが公開されている。

ただし、think 180 aroundのWebページには、「GXBT Cboe Bitcoin (USD)」「BRR CME Bitcoin (USD)」が公開されている。

ウェスタンユニオン、グローバルモバイル展開を目指す。

Mobile World Liveは2018年08月31日に、国際振替巨人ウエスタンユニオン(Western Union)は、モバイル取引を可能にすることに重点を置いて、200カ国の顧客にデジタル現金転送サービスを提供することを予定していると報告した。

ウエスタンユニオンのデジタル組織は現在、「経済ハブ(economic hubs)」とみなされる限られた地域から、200以上の都市で銀行口座やモバイル・ウォレットとの取引を処理していいる。 他の国からの転送はエージェント・ネットワーク(agent network)を使用している。

XoomはRiaとの取引で、アフリカ、東ヨーロッパをターゲットとする!

Mobile World Liveは2018年08月29日に、PayPalのユニットXoomは送金会社Ria Money Transferとパートナーシップを結び、ユーザーが送金できる場所の数を拡大し、世界の70%に達する取引になったと報告した。

Tyroは、Alipayの取引を押し上げる。

Mobile World Liveは2018年08月29日に、オーストラリアの企業銀行Tyroは、Alipayとの契約を結び、中国の決済機関で顧客からの支払いを2万社以上の企業が受け入れることを許可したと報告した。

オーストラリアとニュージーランドへの中国人訪問者はすでにAlipayを使用して10,000の場所で商品やサービスの支払いができる。 しかし、オーストラリアとニュージーランドでAlipayで署名した最初のビジネスバンキング契約としてTyroを歓迎する取引は、支払い方法を受け入れることができる商人の数を3倍にするだろうと予測している。

Googleは、インドだけでTezブランドの使用を廃止。

Mobile World Liveは2018年08月28日に、Googleはインドでペイメント・アプリ「Tez」をGoogle Payとして再編し、同ブランドを世界中のモバイル金融サービス事業として結びつけていると報告した。

さらば株式市場!こんにちは仮想通貨。

日本経済新聞 電子版は2018年08月28日に、世界的な資金余剰を背景に、企業と市場の関係が変わりつつある。

非公開化を選ぶ企業が増え、世界の上場企業数は減少に転じたと報告した。

長期的に見れば、世界の上場企業数は実は2000年代半ばから伸び悩みが鮮明となっている。

ニューヨークで貿易センタービルが崩壊し、株式市場は停滞し始めた。
大きな時代の転換点であった!

ガーナは、モバイル・マネー強盗多発で保護を強化!

Mobile World Liveは2018年08月23日に、ロビーグループであるガーナ通信局(Ghana Chamber of Telecommunications)は、ガーナの中央銀行と協力して、セクターを規制し、モバイル・マネー・ベンダーを保護するため、攻撃の後にガイドラインを導入したと報告した。

Modern Ghanaは、暴力の増加の後に、今週モバイル・マネー・オペレーターに対する悲劇が報告された。
都市アクラ(Accra)で、ベンダーを銃撃し、売り手が殺されたと報じた。

Samsung Payは、グローバル拡張早まる

Mobile World Liveは2018年08月22日に、韓国のスマートフォン大手のSamsung Payは、アフリカで最初の市場である南アフリカで支払いプラットフォームを展開したと報告した。

これにより、Samsung Payは、6大陸で利用できるようになった。

コストコは、小売りブースでApple Payを提供。

Mobile World Liveは2018年08月21日に、小売店コストコ(Costco)は現在、米国の750の店を横切ってApple Payを受け入れて、その存在においてiPhoneメーカーの支払いプラットフォームに主要な景気づけを与えるていると報告した。

MacRumorsの報告によれば、選別されたコスコの店舗での試行に続き、そのロールアウトは、近い将来ガソリンスタンドにApple Pay機能を追加する予定だという。

中国のモバイル決済、2Qは73%増!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年08月22日に、中国人民銀行(人民银行/中央銀行)が2018年08月20日発表した第2四半期(2018年04〜2018年06月)の決済システム運用統計「2018年第中国人民银行发布第二季度支付体系运行总体情况」によると、モバイル端末を使った決済件数は149億2,400万件に上り、前年同期比73.1%増加した。

金額ベースでは60.2%増の62兆8,800億元(約1,010兆4,000億円)だったと報告した。

Comviva、コロンビアでモバイル・マネー・サービスを展開。

Mobile World Liveは2018年08月20日に、モビリティ・ソリューション・プロバイダのコムビバ・テクノロギーズ(Comviva Technologies)は、新しいデジタル金融サービスを提供する契約を結び、コロンビアでの存在を拡大したと報告した。

Alipay、リアルタイム・デジタル税金還付サービスを展開。

Mobile World Liveは2018年08月20日に、Alipayは世界で初めてペーパーレスの税金還付サービスを開始し、韓国を訪れた中国人観光客がモバイル・ペイメントAppを通じて還付金を受け取れるようにしたと主張していると報告した。

仮想通貨のマイニング・ツール企業「Bitmain」が上場へ!

Forbes JAPANは2018年08月20日に、現代のゴールドラッシュといえる仮想通貨の採掘(マイニング)ブームで、デジタル・ツールがデジタル版つるはしの役割を果たした仮想通貨のマイニング分野で最大手企業が「Bitmain Technologies Ltd(ビットメイン)」が、企業価値1.5兆円と評価され、上場すると報告した。

仮想通貨取引業者より先に、マイニング・ツール企業がどんどん上場へ!

金融取引ではないので、容易に上場できる!

インドの仮想通貨に対する裁判所の決定が遅れ、憶測が飛び交う。

ASIA TIMEは2018年08月17日に、インドのブロックチェーン弁護士(blockchain lawyer)は、「憶測(speculation)」として、政府の「仮想通貨トークン(crypto tokens)」をリリースすることを計画すると主張していると報告した。

インド政府は、デジタル通貨(digital currencies)の一時的な禁止の後に、仮想通貨(crypto-currencies)について、規則の発表のため、9月の締め切りを提案した。
しかし、それは現在ありそうにないようである。

インドで憶測が飛び交う危険!

Walmartの決算好調で、創業者一族は、Amazonのベゾスを抜く!

Forbes JAPANと日本経済新聞 電子版は2018年08月17日に、米国小売り最大手ウォルマート(Walmart)が2018年08月16日に発表した2018年05〜07月期決算は、前年同期と比較可能な既存店売上高が4.5%増えた。
米国景気の拡大を受け、過去10年で最も大きな伸びとなった。

カンボジアのプノンペン国際空港、駐車場で自動精算機導入。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年08月16日に、カンボジアの新聞「クメール・タイムズ(Khmer Times/電子版)」、「プノンペン・ポスト(The Phnom Penh Post)」は、カンボジアのプノンペン国際空港(Phnom Penh International Airport)は、2018年08月16日から駐車場で自動精算機の運用を始める。駐車場の利用台数は1日平均3,000台に達しており、交通混雑の緩和が期待されると伝えたと報告した。

空港当局によると、US$100万(約1億1,100万円)を投じ、8機の自動精算機を設置した。

銀行口座を持たない10億人の農民と、アフリカ金融革命。

「人類最後のフロンティア」アフリカ大陸。

Forbes JAPANは2018年08月15日に、2050年にその人口は25億人に達し、数年以内にアフリカ大陸は世界の中で最も注目される市場になると報告した。

中国やインド、東南アジアのような巨大マーケット発展の歴史を考えると人口成長には経済の成長が常に伴ってきた。

現在アフリカでは、人口313万人が暮らすケニアのナイロビ(Nairobi, Kenya)や、2100万人のナイジェリアのラゴス(Lagos, Nigeria)のような大都市が生まれ、その高さを競うように日々続々と高層ビルが建設されている。

韓国、モバイル支払いの成長に強気!

Mobile World Liveは、韓国のFSS(Financial Supervisory Service/金融監督局)は、モバイル決済取引の価値が2018年に倍増し、27.9兆ウォン(US$250億)になると予測していると報告した。

WorldRemit、Safaricomの支払いを円滑にする。

Mobile World Liveは2018年08月14日に、SafaricomとWorldRemitは直接のパートナーシップ契約に調印し、ケニアのm-Pesa財布への国際現金振替のスピードと安全性を高める動きに出ていると報告した。

日本のPIXEL、シンガポールの日系ソフト開発会社と業務提携。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年08月14日に、ITを活用した革新的な金融サービスのフィンテックやカジノ関連事業などを手掛ける東京都港区のピクセルカンパニーズ(PIXEL Companyz)は2018年08月13日に、シンガポールの日系ソフトウエア開発会社チェーンベース(Chain Base Pte. Ltd.)と業務提携したと発表した。カジノ・プラットフォームの共同開発などを行う計画だと報告している。

「リラより安全」と、トルコでBitcoin取引が急増!

Forbes JAPANは2018年08月13日に、トルコでは経済危機の高まりとともに、Bitcoinや仮想通貨の取引ボリュームがここ数日で急増していると報告した。

トルコ最大の仮想通貨取引所「Koinim」は、Bitcoinの取引高が63%の急増となったと報告した。
一方、「CoinMarketCap」のデータでも、トルコの取引所「BTCTurk」と「Paribu」の取引量がそれぞれ、35%増と100%増になっている。

トルコでは仮想通貨がまだ規制されておらず、新たに仮想通貨の取引を始める人も多い。

仮想通貨香港企業が、「東証上場企業」に買収提案。

日本経済新聞 電子版は2018年08月09日に、東京証券取引所第2部のある上場企業が2018年06月に、香港拠点の仮想通貨会社ノア・アーク・テクノロジーズ(Noah Ark Technologies)から事実上の買収提案を受けたから、「市場の番人」である東証に緊張が走っている。

国内で仮想通貨業者と認められていないノアが、東証の上場企業を傘下に収めることに問題はないのか?
仮想通貨と距離を置いてきた東証には戸惑いも広がると報告した。

モバイル・マネー・プロバイダーは統合技術を理解してほしい主張。

Mobile World Liveは2018年08月09日に、GSMAモバイル・マネーの責任者ネイサン・ナイドー(Nathan NaidooIはMobile World Liveのインタビューで、モバイル・マネー・オペレータは、次の成長段階に目を向け、「現代化」し、統合技術を取り入れる必要があると語ったと報告した。

RFIDタグ、マレーシアで2019年01月から全国高速道で稼働。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年08月10日に、マレーシアの全国の高速道路料金所で2019年1月から、無線自動識別(RFID)タグを利用した決済システムが導入される予定で、現行の非接触型自動決済システム「スマートタグ(Smart Tage)」や非接触型自動決済カード「タッチンゴー(Touch Go)」も引き続き使用できる。これらの決算システムを運営するタッチンゴーが2018年08月08日に発表した。

テレフォニカ、パートナーシップでコロンビアのお金を再生。

Mobile World Liveは2018年08月07日に、テレフォニカ・コロンビア(Telefónica Colombia)、国営銀行バンコ・アグラリオ(Banco Agrario)、モビリティ・ソリューション・プロバイダのコムビバ・テクノロギーズ(Comviva Technologies)は、伝統的な金融サービスにアクセスすることなく、農村人口を対象とした6ヶ月間のモバイル・ウォレット試験に参加したと報告した。

Safaricomチーフは、競争リポートの発見で攻撃!

Mobile World Liveは2018年08月07日に、Safaricom(サファリコム)のCEOボブ・コリモア(Bob Collymore)は、ケニア通信とモバイルマネーマーケット(Kenyan communications and mobile money markets)へのレポートの結論を棄権し、その勧告がイノベーションを妨げ、競合他社の投資不足に報いると述べた。

ボブ・コリモアによると、ケニア通信局(Communications Authority of Kenya)のICT部門が委託したCapitalFMの調査では、「Safaricomの顧客を処罰する。」と述べている。

消費者リポートは、P2P支払いサービスでApple Pay Cashが最も良いと評価。

アンドリュー・オル(Andrew Orr)はMacObserverで2018年08月07日に、米国のConsumer Reports(消費者リポート)は2018年08月06日に、5種類のプラットフォームの比較で、Apple Pay Cashが最も使いやすいP2P支払いサービスであると伝えている。

Apple Pay Cashが比較されたのは「Zelle」「Square Cash」「Venmo」と「Facebook payments」であった。

比較のチェックは、、データ・セキュリティ、プライバシー、カスタマー・サポート、およびアクセスであった。

ウガンダのモバイル・マネー使用額はUS$180万まで減少。

Mobile World Liveは2018年08月02日に、デイリー・モニター(Daily Monitor)からの情報によると、ウガンダで論争を巻き起こしているモバイル・マネー税の実施後2週間で、処理された取引の価値は€6,620億(US$182百万)に減少したと報告した。

「資金調達の冬」を迎えはじめた中国で、ブロックチェーン企業は活況。

Forbes JAPANは2018年08月02日に、中国ではこの数年、記録的な規模の資金がテクノロジーセクターに流れ込み、スタートアップの評価額が高騰していたが、ここにきて中国政府が金融リスクの回避を模索し始め、投資環境は大きく変わり、ベンチャーキャピタルは資金調達に苦労し始め、ベンチャーキャピタルや調査会社は「資金調達の冬」の到来を警告していると報告した。

モバイルウォレットを支配する非接触カード。

Mobile World Liveは2018年07月31日に、ジュニパー・リサーチ(Juniper Research)によれば、2020年に非接触型技術を使って行われたUS$2兆の取引のうち、モバイル・ウォレットがわずかUS$4,000億を処理すると予測されているため、非接触決済の大半はカードを使用して引き続き行われると述べたと報告した。

「トークン・エコノミー」に挑戦する人たち。

Forbes JAPANは2018年07日29日に、自称コラムニストという田中 宏和は、1994年から「田中宏和運動」を始め、これまでに139人の同姓同名の田中宏和に会ってきたという。

仕事で、東京・大手町にあるフィンテックに取り組むスタートアップのシェアオフィス「FINOLAB(フィノラボ)」を見学し、懇談の場で「既存のブロックチェーン技術を使って、簡単に田中宏和さんたちの通貨をつくれますよ。」と、聞いたと報告した。

つまり、田中宏和たちの「トークン・エコノミー」ができるという。

仮想通貨「Ethereum」が下落する理由。

Forbes JAPANは2018年07月28日に、仮想通貨市場で第2位の時価総額を誇る「Ethereum」の価格は、今年に入り36%下落した。しかし、一部の専門家は「Ethereum」の下落はこれらかも続くとみていると報告した。

確かに、「Ethereum」と「Bitcoin Cash」はほとんど同じような価格だった。
2017年10月15日には、「Ethereum」が「Bitcoin Cash」を大きく追い越したこともあった。
しかし、今では「Bitcoin Cash」は、「Ethereum」の倍額になっている。
私はいつも、そんなバカな!と言っている。

「Bitcoin Cash」一時金融操作が行われたのではないかということで、捜査対象になっているという噂もあった。

PayPalは厳しい競争にもかかわらず、Venmoの爆発を報告。

Mobile World Liveは2018年07月26日に、PayPalは、第2四半期の米国のソーシャル・ペイメントVenmoの急速な成長を報告した。
取引の処理はUS$140億で、前年比78%増となった。

Apple Pay Cashを利用している人への注意!

日本で、Apple Pay Cashを利用している人に会ったことはないが、アメリカでは、困難な立場に立たされた人が増えているようだ。

アンドリュー・オル(Andrew Orr)はMacObserverで2018年07月26日に、Apple Pay Cashアカウントで大きなお金を動かす時には注意する必要があると警告した。

米国の支払いの巨人は、Paytmのデータストレージでクラッシュ!

Mobile World Liveは2018年07月25日に、ロイターからの情報として、米国のデジタル決済会社からの圧力により、インドは新しいデータストレージ規制の改訂を検討したが、その不満は一流のモバイル・ウォレット会社Paytmでクラッシュにつながったと、報告した。

Vodafoneのチーフ、m-Pesaの拡張計画を支持。

Mobile World Liveは2018年07月25日に、Vodafone GroupのCEOのヴィットーリオ・コラオ(Vittorio Colao)は登壇し、子会社のVodacomのアフリカでのm-Pesaを「実演」成長の機会として歓迎し、サービスの潜在性とサービスから得られる社会的利益の両方を強調した。

gaYa広告
総件数:3432最初1234567891011121314151617181920...最後