on-the-time.jp

クレジットカードやデビットカードで、改札通過。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年12月03日に、シンガポールのLTA(Land Transport Authority/陸上交通庁)は2018年11月30日に、クレジットカードやデビットカードを使った公共交通機関での非接触型決済サービスの試験事業を拡大すると発表した。

米国のCboe、Bitcoin大暴落の1ヶ月の値動き情報。

不思議なお金の格言と金言とともに、株価などの相場情報を無料で配信してくれる180.co.jpのメールマガジン「貧乏は幸せなお金持ちの近道。」がCboeビットコイン先物相場を公開している。

Bitcoin大暴落の1ヶ月、2018年11月の値動き情報を公開する!

実に、少し上がって、大暴落を繰り返し、2018年11月26日にBitcoinはUS$3,600以下まで落ちた。

世界が、モバイル・マネー・クロス・ボーダー時代に突入した!

Forbes JAPANは2018年11月30日に、モバイル決済の最先端に立つアフリカでは、ケニア発のモバイル決済「M-Pesa(エムペサ)」が、PayPal(ペイパル)やWestern Union(ウエスタンユニオン)と提携し、国際的な送金サービスを充実させようとしていると報告した。

さらに一方で、アフリカ最大の通信キャリアMTNもオレンジと組んで、新たなモバイル決済「Mowali」の立ち上げを宣言した。

アフリカはモバイル決済分野で、今からさらに最もホットな地域になろうとしている。

さらに世界が、モバイル・マネー・クロス・ボーダー時代に突入した!
そこに、ブロックチェーンをどう組み込むか!

中国の事業環境改善で、独自の評価、全国で実施!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年11月30日に、中国の李克強首相が主宰する国務院(中央政府)常務会議は2018年11月28日に、全国のビジネス環境をさらに改善するため、各地で中国独自の事業環境評価を実施していくことを決めたと報告した。

テンセントとLINE、日本でモバイル決済サービスを計画!

Mobile World Liveは2018年11月27日に、日経アジア・レビュー(Nikkei Asian Review)からの情報として、中国のインターネット大手騰訊控股(腾讯控股/Tencent/テンセント)と日本のメッセージングLINEは、2019年に小規模の日本の小売業者向けにモバイル決済アプリを開始する計画で、中国人観光客の波に乗り出すため提携した、とは報じたと報告した。

WorldRemit、バングラデシュの「bKash」と「Brac Bank」との契約を締結。

Mobile World Liveは2018年11月27日に、国際送金会社WorldRemitは、モバイルウォレットの「bKash」と「Brac Bank」との契約を結び、バングラデシュにおける資金送金先の数を大幅に増やしたと報告した。

Softbankより先に、LINEBank設立!?

日本経済新聞 電子版は2018年11月27日に、無料対話アプリのLINEはみずほFG(Financial Group/フィナンシャルグループ)と組んで銀行業に参入すると報告した。

以前から、Softbankは野球チームや携帯電話会社より先に、銀行を作るべきだと言ってきた。
それに、チャンスはいくらでもあった。

LINE、スマホ決済で中国のテンセントと提携。

日本経済新聞 電子版は2018年11月27日に、LINEは中国インターネットサービス大手の騰訊控股(腾讯控股/Tencent/テンセント)と提携し、2019年から訪日中国人客にスマートフォン(スマホ)決済サービスを提供すると報告した。

浅草観光協会も、全店舗に専用端末交渉する時期が来た。

今なら、全店舗無料設置交渉も可能!

小売りや外食の店舗に専用端末を置けば「微信支付(WeChat Pay)」を使える。

訪日客を呼び込みたい中小店舗の囲い込みが狙い。Yahoo!などはアリババ集団(Alibaba/阿里巴巴集团)と提携しており、店舗開拓に向けた陣営作りが進んでいる。

LINEは2018年12月中旬から、決済サービス「LINEPay」を導入していない中小店舗に、「微信支付」も使える専用端末を貸し出す。

レストランなどの店員が端末に金額を入れると、端末にQRコードが示される。利用者がスマホでQRコードを読み込むと、「LINEPay」や「微信支付」で決済できる。

イギリスで、PayPal、iZettleの取引をより深く調査。

Mobile World Liveは2018年11月26日に、イギリスののCMA(Competitive and Market Authority市場独占監視局)は、中小企業にとって有害であるとされるiZettleの支払いの影響について全面的な調査を開始していたと報告した。

PayPalがUS$22億で、iZettleの買収が2018年05月に発表され、しかし、2018年09月にCMAは、2社の評価を別々に完了した。

「ゲノム情報」をブロックチェーンで管理。

Forbes JAPANは2018年11月26日に、ハーバード大学医学部教授で遺伝子学のパイオニアであるジョージ・チャーチ(George Church)と、フォーブスの「30 Under 30」に選出された2人の若者が立ち上げたゲノム解析スタートアップ「Nebula Genomics」がサービスをリリースしたと報告した。

「Nebula Genomics」は、ジョージ・チャーチと24歳のカマル・オバッド(Kamal Obbad)、28歳のデニス・グリシン(Dennis Grishin)によって昨年設立され、これまでにコースラ・ベンチャーズ(Khosla ventures)やArch Venture Partners 、F-Prime Capital Partners などからUS$450万(約5億円)を調達している。

UAEの小売大手、モバイル財布プロバイダ「Beam」を買収。

Mobile World Liveは2018年11月23日に、UAE(United Arab Emirates/الإمارات العربية المتحدة /アラブ首長国連邦)の小売・レジャー会社Majid Al Futtaimは、UAEの最大のモバイル決済プロバイダの1つであるBeamの親会社を買収し、新しい所有者はこのアプリの受諾を急速に拡大することを誓ったと報告した。

銀行連合のスマホ決済で、加盟店手数料、最低の1%台。

日本経済新聞 電子版は2018年11月22日に、全国の銀行や地域金融機関が連携してスマートフォン(スマホ)を使った決済サービスに乗り出すことが分かったと報告した。

すでに、東南アジアなどで実用化されているシステムと同様、小売店の店頭でQRコードを読み取り、顧客の預金口座から買い物代金を引き落とす仕組みで、2020年4月に本格的に稼働させる。

加盟店手数料は最低水準の1%台で調整している。現金を使わないキャッシュレス決済への異業種参入が広がるなか、銀行連合によって主導権の確保を狙う。

ただし、ユーザーからの手数料が問題である。

もう、手数料で稼ぐというせこいビジネスはスマートフォン時代で終わっている。

米国のSEC、未登録のトークン販売に違法判決!仮想通貨ICOに罰金。

Forbes JAPANは2018年11月20日に、SEC(U.S. Securities and Exchange Commission/米国証券取引委員会)はICOを通じ、未登録のセキュリティトークンを販売し、合計US$2700万を調達した2つのスタートアップ企業に、罰金を課すことをアナウンスしたと報告した。

アップルとサムスン、アゼルバイジャンでモバイル・マネー決済を開始。

Mobile World Liveは2018年11月23日に、Mastercardのアゼルバイジャンでのトップ役員のコメントによると、アップル(Apple)とサムスン(Samsung)が2019年に、アゼルバイジャンでモバイルウォレット・サービス(mobile wallet services in Azerbaijan)を開始する予定だと報告した。

Alipay香港は、香港の駅でm-支払いを開始。

Mobile World Liveは2018年11月16日に、香港のMTR社は、蚂蚁金服务集团(螞蟻金融/Ant Financial/アント・フィナンシャル)の地方モバイル決済部門Alipay香港に、2020年中頃から領域の大量輸送システムにQRコードベースの支払いを導入する契約を結んだと報告した。

シンガポールのGrab、来年初めにも海外送金サービス開始。

また、LINEの強烈なライバル登場!

クロスボーダーが加速し始めた!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年11月19日に、シンガポールの配車サービス大手Grab(グラブ)は2018年11月15日に、Grabのモバイル決済システム「GrabPay(グラブペイ)」で来年初めにも海外送金サービスの提供を開始すると発表した。

「coinbase」CEOは35歳。仮想通貨業界の新ビリオネア!

Forbes JAPANは2018年11月15日に、仮想通貨分野ではここ数カ月にわたる相場のメルトダウンにより、US$6000億(約68兆円)以上の富が消し飛んだとされている。
その一方で、米国最大の仮想通貨取引所を運営する人物の資産額がUS$10億を超え、ビリオネアの仲間入りを果たしていたことが判明した。

その人物とは、仮想通貨取引所「coinbase(コインベース)」の共同創業者で、CEOのブライアン・アームストロング(Brian Armstrong)である。コインベースは10月末に実施した資金調達ラウンドで、新たにUS$3億を調達したが、その際の企業価値はUS$80億とされた。

モロッコ、モバイル決済を更新。

Mobile World Liveは2018年11月14日に、モロッコの中央銀行(Morocco’s central bank)と電気通信規制当局(telecommunication regulator)は、当局が現金の使用を削減しようとしているように、モロッコ全土のモバイル決済プラットフォーム「Mウォレット(M-wallet)」を共同で開始したと報告した。

米国のWestern Unionは、HKTウォレット契約。

Mobile World Liveは2018年11月13日に、送金の巨人Western Union(ウェスタンユニオン)は、香港オペレーターHKTの財務部門Tap&Goアプリに国際的な現金の送金を追加するために、提携を発表して、今週に2番目の主要なモバイル・ウォレット取引を発表した。

今回の契約により、Tap&Goアプリのモバイル・ウォレットのユーザーは、送金業者のプラットフォームに接続されているWestern Unionはのエージェント、銀行、その他のモバイル・アプリにお金を送金することができる。

同様に、200カ国以上の消費者や企業は、Western Unionのさまざまなチャネルを通じて、Tap&Goアプリのモバイル・ウォレットに直接現金を送ることができる。

螞蟻金融、UEFAと最終提携を締結。

Mobile World Liveは2018年11月12日に、中国に拠点を置く支払い巨人が引き続き世界市場への参入を拡大するため電子決済サービス「支付宝(Alipay/アリペイ)」を運営する蚂蚁金服务集团(螞蟻金融/Ant Financial/アント・フィナンシャル)は、ヨーロッパのサッカー協会のUEFA(Union of European Football Associations/ヨーロッパサッカー協会)とのスポンサー契約を締結したと報告した。

パキスタンの監視組織は、テレノアの銀行取引をクリアにした。

Mobile World Liveは2018年11月07日に、パキスタンの新聞「Daily Pakistan」は
パキスタンの独占監視委員会(The Competition Commission of Pakistan)が、テレノール・マイクロファイナンス・バンク(Telenor Microfinance Bank)の株式45%を電子決済サービス「支付宝(Alipay/アリペイ)」を運営する蚂蚁金服务集团(螞蟻金融/Ant Financial/アント・フィナンシャル)が取得することを承認したと報告した。

ECJ、ハンガリー・ブランドのモバイル決済システムを違法と判断。

Mobile World Liveは2018年11月07日に、ECJ(European Court of Justice/欧州司法裁判所)は、ハンガリーの国営携帯決済システムNemzeti Mobilfizetesiを支配し、一連の支払いサービスの権限を独占して運営され、使用され、欧州法を破ったと宣告した。

ケニアのSafaricom、Western Unionとの取引を拡大!

Mobile World Liveは2018年11月06日に、Safaricomは、送金会社国際振替巨人ウエスタンユニオン(Western Union)との取引を延長した後、m-Pesaアプリに現金を送受信できる国際送金先の数を拡大したと報告した。

タイの仮想通貨事業者は、市場が3年間で500%成長することを期待。

タイのNNT(National News Bureau of Thailand)は2018年11月06日に、タイの仮想通貨事業者Icoraは、タイの市場が500%以上成長すると予想されるため、タイの仮想通貨市場は3年後にアジアで上位5位に達する可能性があると述べていると報告した。

Venmo、インスタント転送の料金値上げ!

Mobile World Liveは2018年10月16日に、PayPalのモバイル決済サービスVenmoは、2018年11月からのインスタント・トランスファー(Instant Transfers)のトランザクション料金を引き上げる計画を発表したと報告した。

ユーザーに、Venmoは電子メールで転送金額の1%に相当する新たな手数料が2018年11月6日に発効すると述べた。

楽天は、KDDIのパートナーとして、モバイルを立ち上げる。

Mobile World Liveは2018年11月01日に、2019年10月に日本のモバイル空間に入る予定の楽天は、オペレーターが決済サービスを開始するのを受けて、KDDIの4Gネットワークを利用する契約を結んだと報告した。

KDDIは、「4Gモバイルネットワークで楽天にローミングサービスを提供する」と共同声明で明らかにした。

この契約により、楽天は「打ち上げから全国でLTEサービスを提供する」ことが可能になる。

このサービスは2026年3月まで提供され、電子商取引に独自のネットワークを構築する膨大な時間を与える。

FacebookのCEOは、モバイル決済の開始を約束。

Mobile World Liveは2018年11月01日に、FacebookのCEO(Chief Executive Officer/最高経営責任者)マーク・ザッカーバーグ(Mark Elliot Zuckerberg)は、MessengerとWhatsAppブランドで支払いサービスを展開するというFacebookのコミットメントを再確認したが、サービスでは、直接的な収益をもたらさないと述べた。

関西電力が、電柱に宅配ロッカー設置実証実験開始。

日本経済新聞 電子版は2018年11月01日に、関西電力は2018年11月01日に、電柱に宅配ロッカーを設置して、荷物を受け取れる実証実験を始めたと発表したと報告した。

ドイツの郵政企業体ドイチェポスト(Deutsche Post)が2001年09月18日に、世界で初めて宅配ロッカー「Packstation」を開始して、宅配ロッカーの試行錯誤が続いている。

2019年03月中旬までの期間限定で、京都府精華町の電柱3本にタッチパネルのついた宅配ロッカーを取り付けた。

「WeChat Pay」、香港系のシンガポール・グループ600店で導入。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月24日に、香港系の小売り大手DFSG(Dairy Farm Singapore/デイリー・ファーム・シンガポール・グループ)は2018年10月23日、2018年11月01日からシンガポールのセブン-イレブン(Seven-Eleven)など600店余りで、モバイル決済サービス「WeChat Pay(微信支付/ウィーチャットペイ)」を導入すると発表したと報告した。

「WeChat Pay」は中国IT大手の騰訊(テンセント)が提供する。

MTN、モバイル・マネー目標のエッジに近い。

Mobile World Liveは2018年10月31日に、MTNグループ(MTN Group)は、2022年までにモバイル・マネー・ユーザー数を3倍にするという目標に向かって進展したため、3つの市場でモバイル・マネーの加入者数が四半期成長で2桁を記録した。

米国のCboe、2018年10月ビットコイン値動き情報。

不思議なお金の格言と金言とともに、株価などの相場情報を無料で配信してくれる180.co.jpのメールマガジン
「貧乏は幸せなお金持ちの近道。」がCboeビットコイン先物相場を公開している。

2018年10月の情報を公開する!

米国で暗号通貨(crypto_currency)の先物取引は、「GXBT Cboe Bitcoin」と「BRR CME Bitcoin」が取り扱われているが、「貧乏は幸せなお金持ちの近道。」では、「GXBT Cboe Bitcoin」だけが公開されている。

ただし、think 180 aroundのWebページには、「GXBT Cboe Bitcoin (USD)」「BRR CME Bitcoin (USD)」が公開されている。

スイスの都市で、勃興するフィンテック4社。

Forbes JAPANは2018年10月30日に、ヨーロッパのフィンテック都市といえばロンドン(London)、ダブリン(Dublin)、ベルリン(Berlin)が有名だが、今それらを追い上げているのが、スイスの都市チューリッヒ()、ジュネーヴ(Genève)、ローザンヌ(Lausanne)などであると報告した。

CoinCheck、新規口座開設、一部仮想通貨の入金・購入再開!

CoinCheck(コインチェック)は2018年10月30日に、「新規口座開設、一部仮想通貨の入金・購入再開のお知らせ」を配信し、コインチェック株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:勝屋敏彦、以下当社)は、2018年01月26日に発生した不正アクセスによる仮想通貨NEMの不正送金に関連し、お客様の資産保護及び不正送金の原因究明のため部分的にサービスを停止し、業務改善計画の策定とその実行により、経営管理態勢及び内部管理態勢の改善を図ってきた。

CCCとSBIが、Tポイントで株投資できるスマホ証券設立。

日本経済新聞 電子版は2018年10月27日に、レンタル大手「TSUTAYA」を運営するCCC(Culture Convenience Club Co.,Ltd./カルチュア・コンビニエンス・クラブ)はSBI証券と共同で共通ポイント「Tポイント」で株式投資ができるサービスを始めると報告した。

新会社を設立し、2019年04月にも開始することを計画している。

スマートフォン(スマホ)を使って1ポイントから取引に使える手軽さが特徴で、狙いは、若年層を中心に投資の初心者を呼び込むことを望んでいる。

オレンジはモバイル・マネー関連で急増。

Mobile World Liveは2018年10月25日に、オレンジ(Orange)は、MEA(中東・アフリカ)で、オレンジ・マネー(Orange Money)に登録した顧客数は、前年同期比25%増の4,020万人に達したと言ったと報告した。

オレンジは、モバイル・マネー・サービスからの収益は、利益を更新中で、MEAのフットプリント全体で前年比34%増加したと述べているが、サービスの特定の収益を損なうものではない。

マレーシアのソフトスペース、スマホでカード決済アプリ立ち上げ!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月26日に、マレーシアのフィンテック・ベンチャー事業者「ソフトスペース(SoftSpace)」は2018年10月25日に、マレーシアのカード決済ネットワーク「マイデビット(MyDebit)」による取引がスマートフォンで行える専用アプリ「ファスタップ(Fasstap)」を立ち上げたと発表した。

いよいよ日本も2019年には、デジタル・マネーの給与時代到来。

日本経済新聞 電子版は2018年10月24日に、厚生労働省は企業などがデジタル・マネーで給与を従業員に支払えるよう規制を見直す方針を固めたと報告した。

日本のキャッシュレス化を後押しする狙いで、2019年にも銀行口座を通さずにプリペイドカードやスマートフォン(スマホ)の資金決済アプリなどに送金できるようにする。

WorldRemit、ギャンブル幹部を新CEOに任命!

Mobile World Liveは2018年10月22日に、WorldRemitは、野心的なグローバル展開計画を推進する新しいチーフエグゼクティブとして、ギャンブルのブックメーカーPaddy Power Betfair元社長ブレオン・コルコラン(Breon Corcoran)を任命したと報告した。

PayPalのチーフは、Venmoユーザー数拡大を報告している。

Mobile World Liveは2018年10月19日に、PayPalのVenmoプラットフォームは、顧客登録のための記録的な四半期を発表したPayPalのCEOダン・シュルマン(Dan Schulman)は、ブランドが米国全体で急成長を続けていることを明らかにした。

中国のTencent、香港でWeChat Payの宣伝パートナーSHKPと提携。

Mobile World Liveは2018年10月19日に、中国のインターネット大手騰訊控股(腾讯控股/Tencent/テンセント)は、香港最大の不動産開発会社SHKP(新鴻基不動産/Sun Hung Kai Properties)と提携して、インターネット大手のWeChatモバイル決済サービスの利用を促進していると報告した。

アルティス・ポルトガルの目はモバイル・マネーに向いている。

Mobile World Liveは2018年10月18日に、アルティス(Altice)のポルトガル部門は、2つの銀行との間で、デジタルチャネルを利用し、来年に新世代の金融サービスを提供することについて話し合っていると報告した。

米国証券取引委員会、ブロックチェーン企業相談窓口「FinHub」を開設。

Forbes JAPANは2018年10月20日に、SEC(U.S. Securities and Exchange Commission/米国証券取引委員会)は2018年10月18日、ブロックチェーン技術やAIを活用する企業向けの専用ポータルを開設した。

開設したのは、フィンテック関連のハブとなることを目指す同サイト「FinHub」と呼ばれている。

「FinHub」は、SECの様々なサービスへのアクセスが一本化され、企業はSECの担当者とコミュニケーションをとりやすくなる。

EUが規則変更で、生体認証だけでは口座にログインできなくなる。

Forbes JAPANは2018年10月18日に、ヨーロッパに住む人の多くは、来年のある日、モバイルバンキングの口座にログインするのが面倒になったことに気がつくことになると報告した。

ドイツの小売グループ、モバイル決済の巨人がプッシュ!

Mobile World Liveは2018年10月17日に、Google、Mastercard、VisaおよびWirecardは、EHI Retail Instituteが率いる新たに形成されたコンソーシアムに参加し、ドイツ市場でのモバイル決済への関心を呼び起こしたと報告した。

JCB、ナムアー銀行とクレジットカード発行。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月17日に、JCBの海外事業子会社JCBI(JCB International/JCBインターナショナル)は2018年10月16日に、ベトナム商業銀行ナムアーバンク(NAM A BANK)との提携によるクレジットカードの発行を開始した。ベトナム国内でJCBカードを発行する金融機関としては11行目となる。

米国の政治家がインドのデータについて、要請した。

Mobile World Liveは2018年10月15日に、米国の上院下院議員は、報道に関連した情報に関する新法の論争が起こる数日前に、現地に保管されている市民のデータに対する姿勢を緩和するよう、インドに要請したと伝えられていると報告した。

ロイター通信によると、2人の上級政治家がインドの首相に直接、国境を越えて消費者データを保持する姿勢が米国との「主要な貿易障壁」になる可能性があると警告する手紙を書いたと伝えた。

リップルの仮想通貨が急落中、9月最高値から40%以上も下落!

Forbes JAPANは2018年10月12日に、リップル(Ripple Inc.)の仮想通貨XRPの価格はここ数週間で大幅な下落となっている。XRPの価格は10月10日時点でわずか0.4591ドル付近であり、CoinMarketCapのデータでは9月の最高値0.7694ドルから40%以上の値下がりとなったと報告した。

アナリストらは急激な価格の下落の主要因が、市場のセンチメントの変化にあるとみている。

Digital Capital Managementのマネージングディレクターのティム・エネキン(Tim Enneking)は「XRPの価格は今後のリップルの発表や新たな動きへの期待感から、急上昇を遂げた。しかし、根本的には何の変化も起きていない.」と述べた。

「今回の下落は単純に、現在のXRPにとって適正な価格に値を値を戻しているだけだと考えられる」と彼は続けた。

ベトナム民間商業銀行エクシムバンク、JCBと初の若者向けカード。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月12日に、ベトナム民間商業銀行EXIMBANK(Vietnam Export Import Commercial Joint Stock Bank/エクシムバンク)は、若者をターゲットに据えた初めての国際デビットカードとクレジットカードをJCBと発行すると報告した。

Google Payはドイツで、PayPalとパートナーシップを締結。

Mobile World Liveは2018年10月10日に、Google PayはPayPalとの統合を拡大し、オンライン支払い会社と初めてチームを作り、米国の消費者間での関係を拡大してから1年以上経過して、ドイツの顧客にサービスを提供する。

検索巨人Googleは、2018年06月にドイツの4つの銀行でモバイルペイメントAppを開始したが、ドイツのユーザーはPayPalアカウントをサービスにリンクして購入することもできるようになった。

ドバイで、ブロックチェーン・ベースのデジタル通貨を開始。

Mobile World Liveは2018年10月10日に、ドバイ(Dubai)のクレジット局emCreditは、ブロックチェーン支払いプロバイダPundi Xとフィンテック会社eboocと協力して、小売店での購入や請求の支払いに使用できる新しいデジタル通貨のを作成したと報告した。

Westpacはスマートフォン経由で小切手の支払いを可能にする。

Mobile World Liveは2018年10月10日に、オーストラリアの銀行Westpac(ウェストパック)はモバイル技術を使って、小切手という最も古い支払い方法の1つに新しい命を吹き込むための詳細な計画を発表したと報告した。

銀行Westpacは、顧客がスマートフォンを使用して、小切手で口座に支払うことを可能にすることが国で初めてと主張した。

Wirecardの成長戦略「Mobile key」。

Mobile World Liveは2018年10月10日に、ドイツに本拠を置く金融技術会社Wirecard(ワイヤカード)は、2025年までに取引量を増やす戦略の中心にモバイル決済を配置する計画を詳細に述べていると報告した。

最近ロンドンで2018年10月09日に公開された「Vision 2025戦略(The Vision 2025 strategy)」は、少なくとも€7100億以上の取引額(deliver transaction volume)、€100億以上の売上高(revenue)、€33億以上のEBITDA(Earnings Before Interest Taxes Depreciation and Amortization/税引前利益に支払利息、減価償却費を加えて算出される利益)を提供することを目指している。

LINE、ブロックチェーンで新しいエコシステムを作る!?

日本経済新聞 電子版、ビジネス・インサイダー(Business Insider Japan)は2018年10月09日に、LINEが新たな成長事業として、ブロックチェーン(分散型台帳技術)を使った新ビジネスに乗り出すと報告した。

まず、ブロックチェーンを使った技術基盤を構築。インターネット上のサイトやアプリに投稿して対価のポイントなどを受け取ることができる仕組みをつくると、2018年09月27日の説明会で出沢剛社長が公表した。

LINEは日本やアジアを中心に約2億人の利用者を抱える対話アプリの広告が主な収益源になっている。
これとは全く別の事業として、「新技術を使い新しいエコシステム(生態系)を作る。」と主張した。

イギリス初の仮想通貨取引所が大規模リストラ!

Forbes JAPANは2018年10月09日に、ここ最近、ビットコイン(BTC)のボラティリティ(Volatility/変動率)は下がり続けており、ある指標では17カ月ぶりの低水準となっている。それに伴い、取り引きボリュームも減少中だと報告した。

ただし、最近のBitcoinの価格は安定して下がり続けていない。

安定しているから、取引も少ない。

日本のキャッシュレス化が遅れている理由!?

Forbes JAPANは2018年10月08日に、日本は、使えるキャッシュレス決済手段の種類が非常に豊富な国で、クレジットカードやデビットカード、電子マネーなど、決済に使えるカードの発行枚数も世界有数である。

だから、多くの日本人の財布は、さまざまなカードでパンパンに膨れ上がっていると報告した。

PLDTのデジタル部門、米中の会社が資本参加。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月08日に、フィリピンの通信大手PLDTは2018年10月05日に、デジタル部門Voyager Innovations(ボイジャー・イノベーションズ)に、米国の投資ファンドのKKR(Kohlberg Kravis Roberts/コールバーグ・クラビス・ロバーツ)と中国のインターネット大手騰訊控股(腾讯控股/Tencent/テンセント)が資本参加すると発表したと報告した。

シンガポール、貸金業者(サラ金)からの借り入れ、外国人も制限。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月08日に、シンガポールのMinLaw(Ministry of Law/法務省)とMOM(Ministry of Manpower/人材開発省)は2018年10月04日に、貸金業者(サラ金)からの借り入れに上限を設ける新たな規制を外国人居住者にも適用すると発表したと報告した。

当初はシンガポール人とPR(Permanent Resident/永住権)保持者のみが対象となる予定だったが、外国人についても過剰な借り入れを防ぐため、適用拡大を決めた。

騰訊控股とKKR、フィリピンのPLDTのフィンテック株式持分取得。

Mobile World Liveは2018年10月04日に、中国のインターネット大手騰訊控股(腾讯控股/Tencent/テンセント)とプライベート・エクイティ会社KKR(Kohlberg Kravis Roberts/コールバーグ・クラビス・ロバーツ)は、フィリピンベースのフィンテック・ユニットVoyager Innovations(ボイジャー・イノベーションズ)をさらに武装させるため、PLDTの少数株主持分を取得すると報告した。

サウジアラビアのSTC、国際的な送金について交渉中。

Mobile World Liveは2018年10月04日に、サウジアラビアのSTC(Saudi Telecom Company/サウジ・テレコム・カンパニー)のデジタル財務部門STC Payは、オペレーターの携帯財布アプリに国際送金機能を追加することについてウェスタンユニオン(Western Union)と協議中であると発表したと報告した。

空洞化で、ショッピングセンター、淘汰の時代!

日本経済新聞 電子版は2018年10月04日に、店舗が増え飽和感が漂う一方、事業を支えるテナント数が急減し、ショッピングセンター(SC)の空洞化が進んでいると報告した。

駅前などの好立地でも閉鎖に追い込まれている。

米国のCboe、2018年09月ビットコイン値動き情報。

不思議なお金の格言と金言とともに、株価などの相場情報を無料で配信してくれる180.co.jpのメールマガジン
「貧乏は幸せなお金持ちの近道。」がCboeビットコイン先物相場を公開している。

2018年09月の情報を公開する!

米国で暗号通貨(crypto_currency)の先物取引は、「GXBT Cboe Bitcoin」と「BRR CME Bitcoin」が取り扱われているが、「貧乏は幸せなお金持ちの近道。」では、「GXBT Cboe Bitcoin」だけが公開されている。

ただし、think 180 aroundのWebページには、「GXBT Cboe Bitcoin (USD)」「BRR CME Bitcoin (USD)」が公開されている。

ドバイのマシュレク銀行は、QRコード支払いでMastercardと提携。

Mobile World Liveは2018年10月03日に、ドバイに本拠を置くマシュレク銀行(Mashreq Bank)は、銀行が世界で最初に賞賛した動きであるMastercardとの取引に続いて、消費者銀行アプリケーションにQRコード支払い(QR code payments)を追加したと報告した。

SingtelとAISは、国境を越えた支払いのチームを組んだ。

Mobile World Liveは2018年10月03日に、シンガポールのSingtel Groupとタイの携帯電話事業者AISは、Kasikornbankと提携して、海外で旅行する際に消費者が地元のモバイル財布(mobile wallets)で支払いを行うことを可能にするアジア初のクロスボーダー・モバイル・ペイメント・アライアンス(cross-border mobile payment alliance)なったと言ったと報告した。

アフリカのジンバブエは、新しいモバイル・マネー税を発表。

Mobile World Liveは2018年10月02日に、ジンバブエ(Zimbabwe)は、国家が急成長する技術の利用から得た収益の大きな部分を目の当たりにしているため、モバイル・マネーを固定金利から各取引の価値のパーセンテージに変える方法に変えたと報告した。

台湾の臺中港に、三井アウトレットを開業。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月02日に、三井不動産は2018年10月01日に、台中市西部の台中港にアウトレットモール「三井アウトレットパーク臺中港(Mitsui Outlet Park臺中港/MOP臺中港)」を2018年12月12日にグランドオープンすると発表したと報告した。

中国のテンセントは、ビジネスユニットをシェークして引き上げる。

Mobile World Liveは2018年10月01日に、中国のインターネット大手騰訊控股(腾讯控股/Tencent/テンセント)は、消費者ビジネスの徹底的な再編とエンタープライズ顧客を誘致するための詳細な計画を発表したと報告した。

インドネシアのキャッシュレス化とモバイル決済!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月01日に、NNAの独自調査によるインドネシアのキャッシュレス化の概況や主なモバイル決済事業者の経営実態に関する調査レポート『インドネシアにおけるモバイルペイメントの現状と展望 2018-2019』を発行し、発売したと報告した。

なんと、インドネシアでは、2017年の電子決済取引金額は前年比75%増と驚異的な伸びを示したと伝えている。

ニュージーランド銀行がモバイル・ウォレットを放棄!

Mobile World Liveは2018年09月28日に、ニュージーランドの銀行としてANZが最初に立ち上げたGoogle Payとの互換性を提供するモバイル・ウォレット・サービスの部門を閉鎖する予定だと伝えた。

LINE、ブロックチェーン市場に参入!?

日本経済新聞 電子版は2018年09月28日に、LINEがスマートフォン(スマホ)の次の成長分野として期待する新たな技術インフラとして、新たな基盤を作る目的で「ブロックチェーン(Blockchain)」市場に参入すると報告した。

PayPalは、Venmoの新しいボスを任命。

Mobile World Liveは2018年09月26日に、PayPalは、モバイル決済サービスVenmoの責任者に、アミット・ジャワール(Amit Jhawar)を任命したと報告した。

PayPalは、US$22億以上でiZettleの買収を完了。

Mobile World Liveは、PayPalは、ヨーロッパのPoS(Point-of-Sale)情報端末プロバイダーiZettleをUS$22億で買収を完了したが、引き続きイギリスのCMA(Competition and Markets Authority)のレビューに直面していると報告した。

PayPalはステートメントで、2018年05月に最初に発表された取引は終了し、中小企業の顧客への提供を拡大し、現実の小売を促進するのに役立つと述べた。

しかし、PayPalは、買収を完了する前に、CMAが取引の検証を開始し、「レビューを行っている当局」に協力していると付け加えた。

仮想店舗、自販機サービスなど、続々QRコード決済の普及進む!?

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月25日に、インドネシアで、QRコード(2次元コード)を利用したモバイル決済サービスが増えていると報告した。

スマートフォン用アプリにあらかじめ入金した電子マネーで飲食品や日用品の代金を支払う仕組み。

スマホの急速な普及によって増加する利用者の需要を取り込もうとしている。

MTNは、ウガンダでの支払いで爆発に期待!

Mobile World Liveは2018年09月24日に、MTNウガンダ(MTN Uganda)は、加入者の既存口座にリンクされた支払いカードを追加して、モバイルマネーサービスを拡大するために、MastercardとUBA(United Bank of Africa)と提携したと報告した。

MTNのMoMocardは、Mastercard決済を受け入れ、「広大なネットワーク」を通じて、より迅速かつ安全なオンライン決済を世界中で提供する。

Alipayはグローバルなフットプリントをカナダのリッチモンドに拡張。

Mobile World Liveは2018年09月20日に、Alipayは、中国の旅行者がサービスを利用できる国際的なネットワークに、カナダのリッチモンド市(city of Richmond in Canada)の企業との契約に同意し、拡張したと報告した。

オレンジ銀行のボスは、2018年10月に辞める。

Mobile World Liveは2018年09月20日に、オレンジ銀行(Orange Bank)のCEOアンドレ・コスネ(Andre Coisne)は、モバイル専用の金融プラットフォームが直面している運用上の課題で、次の数週間で辞任する予定になっていると報告した。

このニュースを最初に報告したロイターは、3人の情報筋を引用し、アンドレ・コスネが10月に正式に出て行くと予測した。

アリババ会長マー君。米中貿易戦争受け、「米国で100万人雇用できず!」

日本経済新聞 電子版は2018年09月20日に、中国国営の新華社通信は中国を代表する民間企業EC(E-Commerce/電子商取引)最大手のアリババ集団(Alibaba/阿里巴巴集团)のマー君ことジャック・マー(Jack Ma/馬雲)会長が「米国で100万人の雇用を創出する計画を実現できない」と明らかにしたと報じたと報告した。

マー君は2017年01月09日に米国大統領に就任前のドナルド・トランプ(Donald Trump)と会談した際、米国で100万人を雇用すると確約していた。

オレンジは、スペインでのオレンジ銀行のスタートで詳細を提供。

Mobile World Liveは2018年09月19日に、オレンジは、フランス国内市場でデビューしてから約2年後、2019年09月にスペインで銀行業務を開始すると報告した。

Squareは現金appで銀行口座の複製を見ている。

Mobile World Liveは2018年09月19日に、Squareは、プラットフォームを銀行口座のように運営する方法を検討するため、従来の銀行サービスでP2P決済アプリケーションを強化することを検討していると報告した。

Recodeの年次コードコマース会議(Code Commerce conference)で、CNBCはSquare CFOのサラ・フリアー(Sarah Friar)が、Squareは貯蓄商品を含む多くのアイデアを探求しており、顧客が株式を取引できるようにしていることを明らかにした。

ケニア政府、モバイル税計画を前進。

Mobile World Liveは2018年09月19日に、ケニア政府は、通信サービスや携帯電話の送金について、消費者の価格上昇を招く可能性のある税の引き上げを提案したと報告した。

ロイター通信はケニアのウフル・ケニヤッタ大統領(Kenya’s president Uhuru Kenyatta)が、通信時間(airtime)とデータ(data)サービスの消費税率が10%から15%に上昇することを提案し、携帯電話送金手数料を10%から12%に引き上げることを提案した。

金融とITを融合した産業団地「金融科技創新園区(フィンテック園区)」開業。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月19日に、台湾で金融とITを融合したフィンテックを専門とする産業団地「金融科技創新園区(金融科技創新園區/FintechSpace/フィンテック園区)」が2018年09月18日に開業したと報告した。

同業他社との交流を通して、業界での知名度向上を図りつつ、当局との意思疎通を強化し、台湾での事業を拡大していく考えで作られた。

タイのテスコロータス全店で、「QRコード」決済導入。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月18日に、イギリス系の大手ディスカウントストア「テスコ・ロータス(Tesco Lotus)」をタイで展開するエカチャイ・ディストリビューション・システム(Ek-Chai Distribution System Co., Ltd. )は2018年09月17日に、全店舗で「QRコード」決済を導入したと発表した。

カンボジアのアクレダ銀行、公共交通に「QRコード」導入!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月18日に、カンボジアの新聞「クメール・タイムズ(Khmer Times/電子版)」は2018年09月15日に、カンボジアの首都プノンペン(Phnom Penh)で、2018年09月15日から公共バスと水上タクシーの運賃支払いで2次元コード(QRコード)による電子決済が可能になったと伝えたと報告した。

ついに、カンボジアにも「QRコード」を使ったモバイル・マネーが登場した。

「Zaif」のテックビューロ、仮想通貨67億円分流出!

日本経済新聞 電子版は2018年09月20日に、大阪市の仮想通貨交換会社のテックビューロ(Tech Bureau/Zaif)は2018年09月20日に、不正アクセスによって仮想通貨「ビットコイン」などが流出したと発表したと報告した。

被害額は約67億円とみられ、このうち約45億円は顧客の資産という。

テックビューロは金融情報サービスを手掛けるフィスコ(FISCO)のグループ会社など2社に資金・技術面での支援を要請した。

顧客資産は「被害が及ばないよう準備を行う予定」としている。

インドネシアは支払いのために、「QRコード」標準を推進。

Mobile World Liveは2018年09月12日に、インドネシアの 「ジャカルタ・ポスト(The Jakarta Post)」はインドネシアの中央銀行が、「QRコード」を使って支払いを標準化するために、支払いサービス提供者からの代表とワーキンググループを結成したと伝えたと報告した。

ソフトバンクがRCSを率いてブロック決済を行う。

Mobile World Liveは2018年09月12日に、ソフトバンクは、RCS(Rich Communication Services)グローバル・メッセージング規格とTBCASoftのブロックチェーン・プラットフォームに基づいて、クロスキャリア方式のモバイル決済サービスを開発中であると発表した。

日本の電気通信事業者は、TBCAsoftとSynchronoss Technologiesと提携し、モバイル決済サービスの実証実証を目的としたもので、ユーザーはデバイスから直接さまざまな店舗での購入を行うことができる。

Paytmのチーフは競争の脅威を演じる。

Mobile World Liveは2018年09月12日に、インドのペイメント・プロバイダPaytmの創設者でCEOビジャ・シャルマは(Vijay Sharma)はロイターに対して。自国の競争激化が野心的な成長計画を妨げないと自信を持っていると、語ったと報告した。

ハイプロファイルのプレーヤーAlibabaとSoftBankに支えられているPaytmは、インドが2016年後半に高価値の通貨手形を禁止した後、同国におけるデジタル決済の重要性が高まっていることを見てきた。

MTNの悲劇、マネー上のクラウド・ライセンスの進捗状況。

Mobile World Liveは2018年09月12日に、ナイジェリア規制当局は、MTNのナイジェリアの立場が、ナイジェリアの最新号に続くものとなるかどうかは不明であるが、事業者はすぐにモバイル・マネー・ライセンスを申請することを許可されるように訴えたと報告した。

タイのSCG、供給網管理にブロックチェーン導入!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月13日に、タイの素材最大手SCG(Siam Cement Group/サイアム・セメント)は2018年09月12日に、SCGのサプライチェーン取引にブロックチェーン(分散型台帳)技術を導入すると発表した。

OrangeのVC部門は、ペイメント・スタート・アップYocoに投資。

Mobile World Liveは2018年09月07日に、オレンジ(Orange)のデジタル・ベンチャーは、スタート・アップのB投資として、南アフリカで未公開のYocoにUS$1600万を出資したと報告した。

Yocoは、南アフリカの中小のビジネスに、販売ソフトウェアとハードウェアのモバイルのポイントを供給している。

PayPalのCEO、ベライゾンの取締役会に就任。

Mobile World Liveは2018年09月07日に、米国で最大の携帯電話事業会社ベライゾン(Verizon)の取締役会は、PayPalのCEOダン・シュルマン(Dan Schulman)を取締役に任命した。

ベライゾンは声明の中で、ダン・シュルマンは、「主要なモバイル決済会社」の責任者として、世界の何十億人もの人々の生活を楽にする金融サービスの変革に焦点を当てた。」取締役に任命したことによって、事業と機会についての重要な見通しが与えられたと説明した。

Razer Pay、2019年01〜03月期にシンガポールで提供開始。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月10日に、米国のゲーム用周辺機器メーカー大手レイザー(Razer)は2019年01〜03月期に、シンガポールで同社の電子決済システム「Razer Pay(レイザーペイ)」の提供を開始する計画だと報告した。レイザーの共同創業者で最高経営責任者(CEO)のミンリャン・タン(Min-Liang Tan)が2018年09月07日に、自身のフェイスブックページで発表したと報告した。

スウェーデン発の信頼で成り立つ決済「Klarna」を生んだ男!

Forbes JAPANは2018年09月11日に、スウェーデン発のフィンテック企業「Klarna(クラーナ)」の共同創業者でCEOのセバスチャン・シーミアトコブスキー(Sebastien Siemiatkowski)はかつて、バーガーキングの店舗で働いていた。

そこで彼は、凍ったパテをグリルに流し込むのが仕事だった。

同じ職場で知り合ったのが、後に一緒に起業することになるニコラス・アダベルス(Niklas Adalberth)だった。

2018年09月06日に、オランダのアムステルダムで開催されたForbesの「30アンダー30サミット(30UNDER30 Summit)」で、セバスチャン・シーミアトコブスキーはクラーナの創業当初の思い出を振り返った。

香港のクレジットカード利用残高、2018年06月末で2.9%増。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月07日に、香港の英字新聞「スタンダード(The Standard)」などは2018年09月06日に、米国の信用照会機関のトランスユニオン(TransUnion/環聯)からの情報として、2018年06月末時点で香港のクレジットカード利用者1人当たりの利用残高はHKS(香港ドル)3万9,000(約55万4,100円)となり、前年同月末から2.9%増えた。

オーストラリアの年金受給70歳への引き上げ、首相が撤回。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月06日に、オーストラリアのスコット・ジョン・モリソン(Scott John Morrison/1968 - )首相が2018年09月05日に、老齢年金の受給開始年齢を70歳に引き上げる計画「Increase the Age Pension qualifying age to 70 years - Budget 2014-15」を撤回した。

2018年09月05日に、Bitcoinが急落した原因。

Forbes JAPANは2018年09月07日に、2018年08月下旬以降、じりじりとした反発で80万円台を回復したBitcoinだったが、日本時間2018年09月05日夜辺りから下げ足を強め、急落した原因は、米国の大手投資銀行GS(The Goldman Sachs Group, Inc./ゴールドマン・サックス)が、仮想通貨デスク設立計画をホールドすると伝わったことが悪材料視されたようだと報告した。

それは一時期、2018年08月23日以来となる70万円台割れの場面が見られるなど、さえない推移となっている。

BBVAは、デジタル未来と格闘しているバンキング産業を要求。

Mobile World Liveは2018年09月04日に、LIVE FROM OPERATIONS TRANSFORMATION FORUM 2018からの情報として、多くの金融サービス企業は、業界がデジタル化によって変革するにつれて、「過去には欠けている」と、スペインのBBVAバンクのデレク・ホワイト(Derek White)が顧客ソリューションの世界的責任者である主張していると報告した。

タイで、クーポン配信ガッチャ、東南アで初展開。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月05日に、クーポンサービスを手掛ける東京都港区グランドデザインなどは2018年09月04日に、クーポン配信により来店や販売促進を行うアプリ「Gotcha!mall(ガッチャ!モール)」をタイで展開すると発表した。

東南アジア市場に導入するのは今回が初めてになる。

「ガッチャモール」は、参加企業の割引クーポンや景品を「カプセルトイ」形式で提供するアプリ。

登録料は無料。

Alipayの利用が、海外取引で急速に成長。

Mobile World Liveは2018年09月03日に、2019年07月と08月に中国本土以外で処理されたAlipayの取引数は、顧客ベースで人気のある海外小売業者との取引が功を奏しているように見え前年比で260%増加したと報告した。

過去2年間で、Alipayは中国の旅行者が頻繁に訪れる小売業者と、顧客が祝日や出張中にアプリを使い続けることを確実にするための一連の契約を結んだ。

日本のLINEが、仮想通貨を開始したと報告した。

Mobile World Liveは2018年09月03日に、日本のメッセージング・プラットフォームLINEは、ユーザーがブロックチェーンベースのAppサービスで報酬を受け取ったり、購入することを可能にするロイヤルティ・プログラムの一環として、仮想通貨を開始したと報告した。

会見でLINEは、デジタル・コインと、メッセージング・プラットフォーム内で分散アプリケーション・サービスを使用できるようにするブロックチェーン・ネットワーク「Link Chain」を独自に開発したと発表した。

ICO支援事業のMBKブロックチェーン、シンガポールの地場同業と提携。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月05日に、不動産投資などを手掛ける東京都千代田区マーチャント・バンカーズ(MBK Co., Ltd.)は2018年09月03日、資金調達「ICO(Initial Coin Offering/新規仮想通貨公開)」支援事業の完全子会社MBKブロックチェーンがKim Sun Hoが代表を務めるシンガポールのメーカーズ・ファーム(MAKERS FARM PTE. LTD)と業務提携することで基本合意したと発表した。

総件数:3469最初1234567891011121314151617181920...最後