gaYa広告

香港のスタンダード・チャータード銀行。Appで現金引き出し!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年03月19日に、イギリス系香港の金融大手スタンダード・チャータード銀行(Standard Chartered Bank)は2019年03月18日に、スマートフォンAppを使って現金自動預払機(ATM)から現金を引き出せるサービスを始めたと発表した。

金融庁、投資家保護で、金儲け主義の仮想通貨交換業に新たな規制を導入。

日本経済新聞 電子版は2019年03月18日に、過度な投機を抑えるため、少ない元手で多額を売買できる証拠金取引などを金融商品取引法で定めるのことを柱に、金融庁は仮想通貨の取引に新たな規制を導入すると報告した。

規制の網が広がるため、現物以外の交換業者には別途、金商法上の登録制が始まることになる。
登録までに1年半という明確な期限もつくり、審査の長期化を防ぎつつ、不正な取引にも目が届くようにして投資家保護を目指すことになった。

JR東海、訪日客に対応し、QRコードで新幹線乗車。

日本経済新聞 電子版は2019年03月15日に、JR東海はスマートフォンに表示するQRコードで東海道新幹線に乗り降りできるようにすると報告した。

東京―新大阪間で2020年代前半にも導入するとみられ、訪日外国人などIC乗車券を持たない乗客でも、紙のきっぷを使わないチケットレス乗車ができる。

2020年に訪日客4000万人を目指す政府目標に向け、企業の対応が本格化する。

日系カジノ、ハノイでグランドオープン!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年03月12日に、東京都中央区東京都中央区のベガスベガス(VegasVegas)は2019年03月11日に、ハノイにカジノ「ハリウッドワン・ゲーミングクラブ・ハノイ」をグランドオープンした。オープニング式典には、世界的に有名な現代アーティストの小松美羽が登場した。
店舗にも絵画を展示されている。

ベガスベガスはベトナムで「向こう5年で10店舗」という目標に向けて積極的に拡大していきたい考えだと言った。

北朝鮮、仮想通貨US$5億以上を奪った!?

日本経済新聞 電子版は2019年03月08日に、国連安全保障理事会(United Nations Security Council)で対北朝鮮制裁の履行状況を調査する専門家パネルが月内にも公表する報告書の全容を独自入手し、北朝鮮が経済制裁を逃れて外貨を取得する主要手段としてサイバー攻撃を強化していると分析したと報告した。

2017~18年にかけ仮想通貨交換業者への攻撃で推計US$5億(555億円)以上の被害が出たとも指摘した。
北朝鮮に非核化を迫る圧力が弱まっているとの懸念が強まりそうだと予測した。

シンガポールの公共交通機関、デビット・クレジットカードに対応。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年03月11日に、シンガポールのLTA(Land Transport Authority/陸上交通庁)は2019年03月07日に、米国のマスターカード(Mastercard)のデビット・クレジットカードに対応した公共交通機関の運賃決済システム「シンプリーゴー(Simply Go)」を2019年04月04日から本格導入すると発表したと報告した。

MTN、US$10億の資産売却を見据え、デジタルドライブを計画。

Mobile World Liveは2019年03月07日に、MTN Groupは、ボツワナ(Botswana)の合弁事業への出資を含めて、今後3年間で150億ZAR(US$10億)相当の資産を売却し、市場全体で新たなサービスを開始する計画を発表したと報告した。

広く報告されているように、そのポートフォリオの戦略的見直しの後、MTNはボツワナで最大手事業者Mascomの過半数株式をJVパートナーであるEconet WirelessにUS$3億で売却することに合意した。

中国の宅配便取扱量、2019年02月は36%増の27億件!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年03月08日に、中国国家郵政局(中华人民共和国国家邮政局/State Post Bureau)が2018年03月06日に発表した2019年02月の宅配(快递)業統計によると、2019年02月の宅配便取扱量は前年同月比35.7%増の27億件(速報値、以下同)だったと報告した。

Veon、ロシアの決済会社に出資。

Mobile World Liveは2019年03月05日に、ビジネスウェブサイトVC.ruが報じたところによると、Veonはロシアの金融サービス・プロバイダNational Service Companyの完全所有権を取得するためにJVパートナーAlfa Bankを買収したと報告した。

この取引により、Veonはオンライとモバイル決済ブランドRuRuを完全に管理できるようになる。
取引の詳細は明らかにされていない。

オレンジは、アフリカのお金でコラアボレーションを宣伝。

Mobile World Liveは2019年02月28日に、モバイル金融サービスのオレンジ副CEOパウル・デ・ロイセ(Paul de Leusse)は、アフリカのモバイル・マネー・プロバイダーが、大陸での商人支払いへの拡大を成功させるためには、相互運用性について議論するよう求めた。

Mobile World Liveは2019年02月28日に、モバイル金融サービスのオレンジ副CEOパウル・デ・ロイセ(Paul de Leusse)は、アフリカのモバイル・マネー・プロバイダーが、大陸での商人支払いへの拡大を成功させるためには、相互運用性について議論するよう求めた。

「RazerPay」の試用版の限定、シンガポールで提供開始。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年03月04日に、米国のゲーム用周辺機器メーカー大手レイザー(Razer)は2019年02月28日に、電子決済システム「RazerPay(レイザーペイ)」の試用版についてシンガポールで限定的な提供を開始したと報告した。

試用版サービスの使用を希望する同社機器の利用者らを対象に、「RazerPay」専用サイトで登録申請を受け付ける。

申請者には、数日後にアプリのログインに必要なアクセスコードがテキストメッセージで送られる仕組み担っている。

これに合わせてレイザーはは2019年02月28日に、地場決済ソリューションのFOMO Payとシンガポールでの「RazerPay」事業拡大で提携すると発表した。

マイクロソフト、非接触型決済市場の開拓廃止。

Mobile World Liveは2019年01月24日に、Microsoftは2019年02月末にMicrosoft Walletモバイル・アプリケーションを廃止すると発表した。

タイで、「ローソン108」はBTS駅での出店を加速。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年02月28日に、タイのBTS(Bangkok 'Mass' Transit System/高架鉄道)運営・不動産開発会社BTSグループ・ホールディングス(BTS Group Holdings)傘下の広告会社VGIグローバル・メディア(VGI Global Media)は2019年02月26日に、タイの消費財大手サハ・グループ(SAHA Group)と提携し、コンビニエンスストア「ローソン108(LAWSON 108)」をBTSの駅などで展開すると発表した。

GSMAレポートは、モバイルマネー口座のジャンプを報告。

Mobile World Liveは2019年02月25日に、GSMAのレポートによると、モバイル・マネー・プロバイダーは90カ国で、2018年になって1日当たりUS$13億相当の取引を処理し、登録口座数は過去12ヶ月と比較して20%急増したと報告している。

2019年02月25日発行のGSMAの「モバイルマネーに関する業界レポート(State of the Industry Report on Mobile Money)」は、2018年末までに全世界で8億6600万の登録済みモバイルマネー口座があり、利用可能なサービスで、デジタル取引の数は市場での現金による取引の2倍に増えている。

このレポートは、毎年発行され、衝撃を与え続けている。

楽天、無人配送事業に中国の京東のドローン導入。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年02月22日に、楽天は2019年02月21日に、楽天の無人配送事業に中国インターネット通販大手の京東(北京市、JD.com)の小型無人機(ドローン)と地上配送ロボット(UGV)を導入することで、京東と合意したと発表したと報告した。

楽天が持つドローン配送の運用ノウハウや専用ショッピングAppなどのITソリューションと、中国国内での運用実績を持つ京東のドローンやUGV(Unmanned Ground Vehicle/無人地上車両)を組み合わせることで、使用用途や場面に応じた無人配送サービスの提供を目指すという。

Alipay香港のチーフは本土の受け入れを目標。

Mobile World Liveは2019年02月20日に、Alipay香港のCEOジェニファー・タン(Jennifer Tan)は、中国本土でのアプリのシームレスな使用を可能にするという野望を概説したが、最初にいくつかの規制上の問題を解決しなければならないと述べたと報告した。

ジェニファー・タンは、中国本土で香港固有のAlipayアプリケーションを使用できるようにすること、そしてさらに遠く離れたところでも、Alipay香港が「近い将来」に実現することを望んでいた。

Apple Payがチェコ共和国のサウジアラビアに拡大。

アンドリュー・オル(Andrew Orr)はMacObserverで2019年02月19日に、MacRumorsからの情報として、複数の人がサウジアラビア(Saudi Arabia)とチェコ共和国(Czech Republic)の顧客に展開しているApple Payを確認したと報告した。

MacObserverは2019年01月11日に、Apple Payがチェコ共和国で02月か03月にやってくると報告していた。

PayPayの100億円還元第1弾で、471万人がアプリを起動。

日本経済新聞 電子版は2019年02月15日に、スマートフォン決済サービスのPayPay(ペイペイ)の利用動向を推計した調査会社のヴァリューズは、2018年12月の2018年12月のPayPay100億円還元最終日には、471万人がスマートフォン決済サービスのPayPayのアプリを起動したと報告した。

期間中にPayPayは489万人の新規ユーザーを獲得しており、キャンペーンは認知度向上につながったと伝えている。

ヴァリューズは、モニターのスマートフォン行動ログデータから分析したという。

KDDIは、技術の焦点を拡大する。

Mobile World Liveは2019年02月13日、日本で2番目に大きな携帯電話会社であるKDDIは、オンライン証券会社kabu.com Securitiesの主要な株式を取得すると発表したと報告した。

ナイジェリアのモバイル・マネー・プロバイダが電力取引に参入。

Mobile World Liveは2019年02月12日に、ナイジェリアのモバイル・マネー・プロバイダのアズリ・テクノロジーズ(Azuri Technologies)は、FirstBankと提携して、ナイジェリアの農村地帯で銀行のモバイル・マネー・サービスを利用して支払われる太陽光TVサービスを共同で促進すると発表したと報告した。

フィリピンのグローブ・テレコム、8年連続で売上高最高更新。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年02月14日に、フィリピンのアヤラ財閥(The Ayala Model)系通信大手グローブ・テレコム(Globe Telecom Corp.)が発表した2018年決算は、売上高が前年比10%増の1,402億ペソ(約2,940億円)で、2011年から8年連続で過去最高を更新した。

第4世代(4G)の移動通信規格「LTE」の普及が進み、データ通信事業が順調に伸びた。

カンボジアの国営郵便、2018年の純利益60%増。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年02月12日に、カンボジアの新聞「クメール・タイムズ(Khmer Times/電子版)」は2019年02月11日に、世界中で郵便局の売り上げが落ちている中で、国営郵便カンボジア・ポスト(Cambodia Postz)は、2018年の売上高が前年比55%増のUS$1,316万(約14億4,710万円)、純利益が前年比60.6%増のUS$102万だったことを明らかにした。郵便サービスに対する国民の信頼度が高まった結果と説明している。

モバイル決済会社が韓国の銀行と提携。第三の勢力!?

Mobile World Liveは2019年02月11日に、モバイル決済App「Toss」の親会社であるViva Republicaは、韓国で3番目のオンライン専用バンキング・ライセンスの保護を目的とした多国籍銀行のSFG(Shinhan Financial Group)が率いるコンソーシアムに参加したと報告した。

MTN、ウガンダのモバイル・マネー料金値上げ。

Mobile World Liveは2019年02月07日に、ウガンダに新聞「デイリー・モニター(Daily Monitor)」からのレポートとして、MTNウガンダ(MTN Uganda)は、、モバイル・マネー口座と銀行間の口座振替に対する課金を値上げさせたことにより、金融包摂への影響について、批評家たちを激怒させたと報告した。

JCB、カンボジアのアクレダ銀行とデビットカード発行。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年02月07日に、JCBは2019年02月06日に、カンボジアの商業銀行最大手アクレダ銀行(Acleda Bank)と提携してデビットカードの発行を開始したと発表した。

カンボジアの金融機関によるJCBカード発行は初めてとなる。

ミャンマーの決済レッドドット、事業停止で代理店に不安!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年02月07日に、ミャンマーの決済サービス会社「レッドドット(Red Dot)」が今月初めに事業を停止した。

ミャンマーの新聞「ミャンマー・タイムズ(Myanmar Times/電子版)」は2019年02月06日に、「レッドドット」の代理店には、同社に預けていたデポジット(保証金)が返却されるめどが立たないとして不安が広がっていると伝えた。

飲食店予約管理の「テーブルチェック」が、ジャカルタに拠点設立。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年02月06日に、飲食店のクラウド型予約管理システムを手掛ける「テーブルチェック(TableCheck)」(東京都中央区)は2019年02月05日に、インドネシアの首都ジャカルタに営業拠点を新設し、2019年02月から本格的に業務を開始したと発表したと報告した。

PayPay 100億円×2 vs LINE Pay 200億円の対抗!

Forbes JAPANは2019年02月05日に、2018年12月に開始し、わずか10日で100億円を使い切り、大きな話題を集めたPayPayの「100億円キャンペーン」。2019年2月12日に第2弾の「100億円キャンペーン」を開始することを発表した翌日、競合サービスを展開するLINEは2019年02月05日、子会社の「LINE Pay」に対し、今後の事業運営の必要資金として200億円の出資を決定したと報告した。

オレンジは、AIクレジット・スコアリングのスタートアップを支援。

Mobile World Liveは2019年02月04日に、オレンジの投資部門Orange Digital Venturesは、ロンドンを本拠としている消費者信用スコア会社AireによるUS$1,100万の資金調達ラウンドに参加した多数の投資家のうちの1人であったと報告した。

Airtel、利益の低下にもかかわらず、アフリカの4G成長を目指す。

Mobile World Liveは2019年02月01日に、インドでの4G使用量の増加とアフリカでの好調な業績が国内市場での激しい価格競争の影響を相殺できなかったため、インド最大の携帯電話会社バルティ・エアテル(Bharti Airtel/भारती एयरटेल)は2018年の最後の3ヶ月間はさらに純利益を押し下げた。

Line Payがブランドのクレジットカードでの発売を設定。

Mobile World Liveは2019年01月29日に、日本を拠点とするLine Payは、Visaと共同ブランドのクレジットカードを発売する計画を発表した。

これは、モバイルウォレットサービスの範囲を拡大し、Visaのブランドを従来の銀行サービスに近づけるものだという。

サムスンのVC部門。Mobeewaveへ投資。

Mobile World Liveは2019年01月28日に、Samsungの投資部門(investment arm)は、カナダを拠点とするモバイル決済処理会社MobeewaveによるUS$2000万の資金調達ラウンドに参加する数社のうちの1社であったと報告している。

MoneyGram、潜在的な売り上げを抑える。

Mobile World Liveは2019年01月28日に、米国に本拠を置く送金大手MoneyGramの幹部らは、電子決済サービス「支付宝(Alipay/アリペイ)」を運営する蚂蚁金服务集团(螞蟻金融/Ant Financial/アント・フィナンシャル)によるUS$12億の買収の試みが崩壊した1年後に、事業の売却の可能性について評価を開始したと報告した。

スウェーデンの楽々キャッシュレス生活。

Forbes JAPANは2019年01月26日に、スウェーデン移住した吉澤 智哉の実体験レポートを紹介した。

昔から、冬に暖かい部屋から外出することが少ない北欧ではデジタル・マネーの情報をよく聞いた。

インドネシアの「GO-JEK(ゴジェック)」、職業校50校と電子決済で提携。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年01月24日に、インドネシアの配車アプリ大手「GO-JEK(ゴジェック)」は2019年01月23日に、北ジャカルタ市(North Jakarta City)のSMK(Vocational High School/職業高校)50校と、電子決済サービス「GoPay(ゴーペイ)」などのサービスで協力することで合意したと報告した。

マレーシアの決済アプリ「TnG(タッチンゴー)」で、モスクに喜捨!?

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年01月24日に、マレーシアの新聞「ニュー・ストレーツ・タイムズ(News Straits Times)」は2019年01月23日に、マレーシアの非接触型自動決済カード運営会社「TnG(Tatch'nGo/タッチンゴー)」の交通系電子決済アプリ運営会社のTNGデジタル(TNG Digital)は2019年01月23日に、クアラルンプールのカンプンクリンチ地区(Kunpun clinch,Kuala Lumpur)のにあるモスク「マスジッド・アルラハー(Masjid Ar-Rahah)」と提携し、モバイル決済サービス「タッチンゴー・デジタル(Tatch'nGo Digital)」をイスラム教の礼拝所モスク(mosque)での喜捨に利用できるようにしたと報告した。

2023年までに20億ユーザー近くにヒットするモバイル・チケット。

Mobile World Liveは2019年01月22日に、ジュニパー・リサーチ(Juniper Research)は、スマートシティ輸送イニシアチブ(smart city transport initiatives)の普及とスポーツイベントへの参加により、モバイル・チケット市場は2023年までに19億人のユーザーに達すると明らかにしたと報告した。

Apple Payが米国のトップ・チェーンに拡大。

Mobile World Liveは2019年01月22日に、Appleは米国のモバイル・ペイメント拡大の勢いを保ち、全国の大手ターゲットであるTaco Bellを含む5つの小売店とレストラン・チェーンでApple Payを展開する計画を発表したと報告した。

Appleは、最新の小売業者を加えて、その支払いサービスが、米国のトップ100の商人のうちの74によってサポートされると言った。

ペイメント・サービスは、今後数週間のうちに1,850のターゲット店舗すべてでデビューする予定であり、今後数ヶ月の間に7,000を超えるTaco Bellの店舗でも利用可能になる予定である。

Appleは加えて、Apple Payが中西部の245以上のHy-Veeスーパーマーケット、そして米国中西部、東海岸、南東部の3,000近くのSpeedwayコンビニエンスストアで利用できるようになったことを明らかにした。

中国の銀聯決済、2018年は28%増の120.4兆元(約約1,950兆円)

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年01月24日に、中国の銀行間決済ネットワークを運営する中国銀聯(中国银联/CUP/China UnionPay/チャイナ・ユニオンペイ)は2019年01月22日に、「2018年银联网络转接交易金额120.4万亿元(2018年には、ゴールデンネットワークのネットワーキングは1,204億元が必要)」を公開し、銀聯ネットワークを介した決済額が2018年は初めて100兆元(約1,620兆円)の大台を超え、120兆4,000億元(約1,950兆円)に達したと発表した。前年比28.1%増加したと、クレージーな数字を報告した。

これを比較すると米国のVISAがやMastercard、JCBが小さく見える。

中国銀聯はその前日2019年01月21日に、春節の海外旅行者についての「境外多地开通“云闪付”迎接春节出境游客(春節の観光客のために「クラウド・ペイ」を開設)」を公開している。

パリのディズニーランド、専用ICカードで「キャッシュレス化」

Forbes JAPANは2019年01月22日に、パリのユーロ・ディズニー(Disneyland Paris/ディズニーランド・パリ)がRFID形式の非接触ICカードを導入し、リゾートホテルや施設内でのあらゆる買い物が、カード経由で行えるようになると報告した。

イギリス王室属領に仮想通貨取引所設立、「予想以上の登録者」が加入。

Forbes JAPANは2019年01月22日に、香港本拠の世界最大級の仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」が、イギリスとフランスの間に浮かぶイギリス王室属領のジャージー牛で有名なジャージー島(Jersey)に、仮想通貨取引所「Binance Jersey(バイナンスジャージー)」を設立し、ユーロ(EUR)や英ポンド(GBP)での仮想通貨取引開始をアナウンスしたと報告した。

配車アプリ編---アジア業界地図。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年01月21日に、中国、韓国、シンガポール、タイ、ミャンマー、インドネシア、ベトナムの配車アプリの現状を報告した。

アジアではスマートフォンやモバイル決済サービスの普及を背景に、配車アプリ市場が急拡大している。

中国では滴滴出行がシェア9割を占めるが、東南アジア諸国では本社・シンガポールのマレーシア発のグラブ(Grab)(が、米ウーバー(Uber)を駆逐して独走する。

地下鉄など公共交通機関が未発達な国々では、既存のタクシーに代わる市民の足として定着しつつあるが、客を奪われることになった既存のタクシー業界にとっては大打撃になっている。

WorldRemit、2つの主要なアフリカ市場で提供。

Mobile World Liveは2019年01月16日に、国際的な口座振替会社WorldRemitは、2020年までに1000万人の顧客を獲得するという目標を追求し続け、アフリカの市場でエチオピアと南アフリカでサービスを拡大したと報告した。

別のステートメントで、WorldRemitは南アフリカからの海外送金を開始し、その国での配達先を増やすためにエチオピア商業銀行(Commercial Bank of Ethiopia)と契約を結んだと発表した。

GrabがZhongAnと、SEA保険事業を計画。

Mobile World Liveは2019年01月16日に、シンガポールに本社を置くGrabと、中国のオンライン保険会社ZhongAn(众安保险)は、東南アジアで合弁会社を設立し、モバイルアプリを介してオンラインからオフラインの会社の保険商品をユーザーに直接販売すると発表したと報告した。

日本のmコマースは、安全保障上の懸念により妨げられた。

Mobile World Liveは2019年01月15日に、Worldpayによると、セキュリティ上の懸念から、日本でのモバイル・コマースの進展は抑制され、大多数の消費者はアプリに財務情報の保存を許可することに懐疑的だと伝えていると報告した。

Worldpayの日本グローバル企業向け電子商取引担当副社長Hideya Komoriはステートメントの中で、知名度の高いセキュリティ侵害がモバイル商取引の進展を妨げていたことを指摘した。

マレーシア、デジタル通貨新法施行!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年01月16日に、マレーシアの新聞「スター(Star)」は2019年01月15日に、マレーシア政府は2019年01月15日に、デジタル通貨、デジタルトークンの規制に関する法律を施行したと報告した。

無許可で独自の仮想通貨を発行して資金調達「ICO(Initial Coin Offering/新規仮想通貨公開)」やデジタル資産交換を行った場合には、最高で禁錮10年、罰金1,000万リンギ(約2億6,500万円)が科される。

新法に関連し、フレームワーク(制度枠組み)も2019年03月までに発表されると伝えた。

JCB、サコム銀行とベトナム初の「QR決済」を導入。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年01月15日に、JCBの海外事業子会社JCBI(JCB International/JCBインターナショナル)は2019年01月14日に、ベトナム民間商銀大手のサコム銀行(Sacombank/Ngân hàng Sài Gòn Thương Tín/銀行柴棍商信)と提携し、QRコード決済サービスを開始した。JCBがベトナムでQRコード決済を導入するのは初めてになると報告した。

元iPhoneマーケティング担当副社長、PayPalのCMOに就任。

Mobile World Liveは2019年01月15日に、PayPalは、以前のAppleマーケティング担当副社長アリソン・ジョンソン(Allison Johnson)を新しいCMOに任命したと報告した。

PayPalは、あらゆる範囲のデジタル決済サービスにわたってその地位を強化することを目指している。

PayPalはステートメントで、その任命が会社を前進させる推進として役立つだろうと述べた。

ベルリン発のデジタル銀行「N26」、米国進出。

Forbes JAPANは2019年01月12日に、ドイツのベルリンを本拠にしたデジタル銀行「N26」が2019年01月11日に、新規でUS$3億(約325億円)を調達したことを明らかにした。

中国のインターネット大手騰訊控股(腾讯控股/Tencent/テンセント)らが支援する同社の企業価値は、US$327億(約2900億円)とされた。

エージェント協会はナイジェリア中央銀行のモバイル・マネー目標を攻撃!

Mobile World Liveは2019年01月11日に、ナイジェリアのモバイル・マネー・エージェント(mobile money agents)の代表は、ナイジェリアで利用可能な窓口の数を増やすように設計されたイニシアチブの見通しに疑問を投げかけた。とガーディアンナイジェリア(The Guardian Nigeria)は報じたと報告した。

Coincheck、関東財務局への登録が完了!

Coincheck(コインチェック)は2019年01月11日に資金決済に関する法律に基づく仮想通貨交換業者として、関東財務局への登録が完了したと報告した。

おめでとう。

ケニアのSafaricomが、m-Pesaの当座貸越を開始。

Mobile World Liveは2019年01月10日に、ケニアの通信事業者であるSafaricomは、m-Pesaの顧客が当座貸越を利用できるようにした。

これは、Safaricomのモバイル・マネー・プラットフォーム上で提供される金融サービスの範囲を拡大するための最新の動きである。

カンボジアの小口金融プラサック、資本金大幅引き上げ。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年01月11日に、カンボジアの新聞「プノンペン・ポスト(The Phnom Penh Post)」は2019年01月10日に、カンボジアのマイクロファイナンス(小口金融)最大手プラサック(PRASAC)は、資本金をUS$1億1,000万(約118億7,000万円)からUS$1億6,800万に引き上げたと伝えた。

資本増強でサービスの質や効率性、信用力を高めていくと報告した。

Mastercardは、デジタル時代のブランド変更を受け入れた。

Mobile World Liveは2019年01月08日に、Mastercardは、デジタル環境への適応として説明され、すべての消費者向けブランドからその名前を削除すると発表したと報告した。

「支付宝(Alipay/アリペイ)」、早稲田大学生協で導入実験!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2019年01月18日に、浙江省杭州市を本拠に電子決済サービス「支付宝(Alipay/アリペイ)」を運営する蚂蚁金服务集团(螞蟻金融/Ant Financial/アント・フィナンシャル)の日本法人アリペイ・ジャパン(Alipay Japan)は2019年01月17日に、早稲田大学キャンパス内の大学生協の一部店舗や食堂で、年初から「支付宝」の導入実験を開始したと発表した。

大学生協が「支付宝」を導入するのは早稲田大学の大学生協が初という。

中国のモバイル決済ユーザーが2023年までにほぼ10億人に達する。

Mobile World Liveは2019年01月07日に、Frost&Sullivanが2019年01月04日に公開した予測によると、中国のモバイル決済ユーザー数(Mobile payment user numbers in China)は2023年までに9億5000万人に達すると予測されていると報告した。

その予測は、2017年に報告した5億6200万人のユーザーの力強い成長を表している。

年間総取引額は、2017年のUS$29.9兆から2023年までにUS$96.7兆に増加すると予測されている。

タンザニアのHalotelはモバイル・マネーの相互運用性への影響を称賛。

Mobile World Liveは2019年01月04日に、タンザニアの通信事業者Halotel(ハロテル)は、2018年にモバイル・マネー事業の規模を大幅に拡大し、そのサービスからの収益は前年同期比で183%増加したと報告した。

米国のCboe、2018年12月ビットコイン値動き情報。

不思議なお金の格言と金言とともに、株価などの相場情報を無料で配信してくれる180.co.jpのメールマガジン
「貧乏は幸せなお金持ちの近道。」がCboeビットコイン先物相場を公開している。

2018年12月の情報を公開する!

米国で暗号通貨(crypto_currency)の先物取引は、「GXBT Cboe Bitcoin」と「BRR CME Bitcoin」が取り扱われているが、「貧乏は幸せなお金持ちの近道。」では、「GXBT Cboe Bitcoin」だけが公開されている。

ただし、think 180 aroundのWebページには、「GXBT Cboe Bitcoin (USD)」「BRR CME Bitcoin (USD)」が公開されている。

2018年12月は、大暴落が続いて、その後クリスマスまで高騰し、クリスマスの当日で大暴落した。

2017年には、1日遅れのクリスマス・プレゼント!であったが、今年はクリスマスまで高騰し、当日に落ちた。
2018年の正月に高騰したが、今年も小さなお年玉があった。

昨年は、みんな損をした。

でも、アップルほどではない。

アップルは、売上高予想5~10%下方修正を発表した。
アップルの売上高予想5~10%下方修正は巨額で、約5,000億円から約1兆円の損になる。

中国は小売業者が現金を拒絶し、教育的指導を実施!

Mobile World Liveは2019年01月02日に、イギリスの経済新聞FT(フィナンシャル・タイムズ/Financial Times)は、中国の中央銀行が2018年中に小売業者が、毛沢東の肖像画入った紙幣の現金(physical cash)の受け取りを拒否したことを理由に全国規模のキャンペーンを実施したと報告し、加害者は教育的指導として、正しい手続きに関する教育プログラムを受けたと報告した。
もう、毛沢東の時代は終わった!

香港のビリオネア李嘉誠が仮想通貨取引所「Bakkt」に出資!

Forbes JAPANは2019年01月11日に、香港最大の企業グループ「長江実業グループ」の会長でビリオネアの李嘉誠(Li Ka Shing)が、Bitcoin(ビットコイン)の支援者として浮上したと報告した。

現在90歳の李嘉誠は、彼が運営するベンチャーキャピタルHorizon Venturesを通じ、仮想通貨取引プラットフォームの「Bakkt」に出資を行った。

損を最も嫌う李嘉誠の動きは、興味深い。

5億人経済圏誕生。

毎日新聞は2018年12月29日に、日本など11カ国が参加する米国抜きのTPP11(Trans-Pacific Partnership Agreement 11/CPTPP/環太平洋連携協定)が2018年12月30日発効した。

これにより、世界の経済成長をけん引するアジア太平洋地域に域内人口5億人超の巨大な自由貿易圏が誕生する。

加盟国全体で99%の品目の関税は、最終的に撤廃される。
日本の関税撤廃率は農林水産品で約82%、全品目ベースで約95%となる。

当初は米国を含む12カ国が合意・署名したが、2017年01月に米国が離脱した。

モバイル・マネー「PayPay」で起こった不正利用、全額補償。

日本経済新聞 電子版は2018年12月27日に、ヤフー(Yahoo)とソフトバンク(Softbank)が出資するスマートフォンを使った決済サービス「PayPay(ペイペイ)」を提供する決済会社「PayPay」は2018年12月27日に、不正利用が起きた場合に全額を補償すると発表した。

闇サイト群「ダークウェブ」上に流出したカード情報が悪用され、数十万円が使われる被害が相次いでいた。

ファミリーマートは全店で、「ファミペイ」スマホ決済。

日本経済新聞 電子版、SankeiBizは2018年12月27日に、ファミリーマートは2019年07月、独自の電子マネー「ファミペイ」を導入する。

スマートフォン(スマホ)を使った決済で消費者の購買データを分析し、商品開発や来店促進に生かす。

セブン-イレブン・ジャパンも2019年夏までに独自のスマホ決済の導入を計画している。

ネット系企業が競うキャッシュレス決済にコンビニ大手も本格参入する。

三井住友FG、今年度内にスマホ決済導入。

毎日新聞は2018年12月26日に、三井住友フィナンシャルグループ(FG)の国部毅社長は毎日新聞のインタビューで、クレジットカードやQRコードなど複数の決済手段を一つのスマートフォンで扱える新サービスを今年度内に始めると明らかにし、「加盟店の手数料を下げつつ、利用者の利便性も高める新しいプラットフォーム(基盤)にする。」と語ったと報告した。

みずほが3月にデジタル通貨を発行。

日本経済新聞 電子版は2018年12月26日に、みずほフィナンシャルグループは2019年03月に、メガバンクとして初めてデジタル通貨を発行することを決めたと報告した。

このデジタル通貨は、買い物の決済などに利用でき、そのやり取りする送金手数料を無料とする。

ブロックチェーンで、不動産をトークン化することは可能か!?

インドネシアに本社を構える不動産事業者「PT PURI SUNADA SVARNA」が2018年12月24日に、ブロックチェーン技術を用いて、バリ島で王族所有の土地を有効活用するブロックチェーン×ホテル事業を世界で初めて実施すると発表した。

カンボジアの宝飾会社サンダラ、電子決済ダラペイと提携。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年12月21日に、カンボジアの新聞「クメール・タイムズ(Khmer Times/電子版)」は2018年12月20日に、カンボジアの宝飾会社サンダラ・グループ(Sandara Group)は、電子決済サービスの「ダラペイ(DaraPay )」と提携した。首都プノンペンにあるグループの宝飾店パンドラ・エクスチェンジ・スクエア(Pandora Exchange Square store)で、スマートフォンのAppを利用した電子決済が可能になると伝えたと報告した。

もうすぐ、仮想通貨の登録業者「CoinCheck」おめでとう。

日本経済新聞 電子版は2018年12月19日に、金融庁は19日2018年12月19日に、仮想通貨交換業者「CoinCheck(コインチェック)」を改正資金決済法に基づく登録業者に認める方針を固めたと報告した。

「CoinCheck」は2018年01月に不正なアクセスを受け、約580億円分の仮想通貨が流出した。
金融庁はこの事件を受けて立ち入りを含む検査を進め、顧客の資産を守る体制が改善したと判断した。

混乱が続いた仮想通貨業界が健全化に進む。

登録業者とすることは年内にも発表するという。
今回の1年を満たない許可は、仮想通貨にとって象徴的なことになる。

マレーシアでタクシー専用配車アプリ、新たに2種類登場。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年12月19日に、マレーシアの新聞「スター(Star)」は2018年12月18日に、マレーシアに新たなタクシー専用配車アプリが2つ登場した。オンライン配車サービス「Grab(グラブ)」の台頭により苦境にあるタクシー業界にとって、業績回復の一助になることを政府は期待していると伝えたと報告した。

JCB、インドネシア国営マンディリ銀行とクレカ発行。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年12月19日に、クレジットカード大手JCBのインドネシア法人JCBインターナショナル・インドネシア(JCB International Indonesia)は2018年12月18日に、インドネシアの最大手銀行、国営バンク・マンディリ(Bank Mandiri/マンディリ銀行)とクレジットカード「マンディリ JCB プレシャスカード(Mandiri JCB Precious/Mandiri Kartu Kredit)」の発行を開始したと報告した。

「PayPay」で、クレジットカード不正利用多発。

日本経済新聞 電子版は2018年12月18日に、スマートフォンを使った決済サービス「PayPay(ペイペイ)」で、クレジットカードが不正に利用される被害が相次いで発覚した。

セキュリティーの専門家によると、匿名性の高い闇サイト群「ダークウェブ」上では日本人のカード情報が大量に流出、流通しており、今回の不正利用との関連が疑われていると報告した。

アプリにカード情報を登録する際の仕組みも悪用されており、不正対策の強化が求められている。

Western Union、Rippleと提携し、ブロックチェーンの支払いを検討。

CRYPTOnewsreviewは2018年12月22日に、Western Unionの社長は、「あらゆる種類の通貨を採用する準備ができている」と言ったと報告した。

Reuters Plusと2018年12月17日に行ったインタビューによると、ウェスタン・ユニオン・グローバル・マネー・トランスファー(Western Union Global Money Transfer)は暗号通貨の採用を受け入れる可能性があると言った。

Western Union、送金アプリをシンガポールへ拡張。

Mobile World Liveは2018年12月17日に、国際振替の巨人Western Union(ウエスタンユニオン)はデジタル環境の範囲を拡大するための継続的な推進の一環として、シンガポールでモバイルAppの提供を開始したと報告した。

NTTドコモ。現金転送サービス市場に中国とタイに拡張。

Mobile World Liveは2018年12月17日に、日本携帯電話事業者であるNTTドコモは、国際送金サービスを中国とタイに拡張し、海外の送迎先を42に拡大したと報告した。

ドイツの証券取引所、銀行と提携し、仮想通貨取引所を設立。

Bitcoin Exchange Guide News Teamは2018年12月13日に、ドイツで2番目に大きな証券取引所である「シュトゥットガルト証券取引所(Börse Stuttgart/Stuttgart Stock Exchange)」がソラリス銀行(Solaris Bank)と提携し、2019年01月に、仮想通貨取引所を設立することが公式で発表されたと報告した。

PayPal、カナダでXoomを立ち上げた。

Mobile World Liveは2018年12月13日に、PayPalのブランドXoomは、米国に次ぐ第2の市場としてカナダへのグローバル送金サービスを拡大したと報告した。

タイの商業銀行カシコン銀行、LINEとオンライン融資開始。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年12月14日に、タイの商業銀行大手カシコン銀行(Kasikorn Bank PCL/ธนาคารกสิกรไทย/开泰银行)は2018年12月12日に、無料通信・通話アプリ大手のLINEグループと合弁会社を設立し、オンラインバンキング事業を展開すると発表したと報告した。

EU、 Apple Payを調査。

Mobile World Liveは2018年12月11日に、EC(European Commission/欧州委員会)は、Appleのモバイル決済サービスが市場を支配しているとは見ていないが、公式の苦情を受け取った場合、この問題をより深く掘り下げていく可能性がある、と競争委員会委員のマルグレテ・ヴェスタージャー(competition commissioner Margrethe Vestager)はロイターに対し語ったと報告した。

デンマーク競争当局は(The Danish Competition Authority)で現在、一部のオブザーバーは、iPhoneに内蔵されたNFCチップは、コンシューマーがデバイスを使って購入する際にApple Payを自動的に選択するため、競合する支払い方法を妨げる可能性があると指摘していることから、調査している。

香港で行列による経済損失、1年でUS$24億。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年12月11日に、香港経済日報などが、香港の小売店が会計待ちの行列によって直近1年間で受けた経済損失が、US$23億5,000万(約2,640億円)超に上ることが、オランダの決済サービス事業者アディアン(Adyen)などの調査で明らかになったと伝え、香港の消費者は行列による待ち時間を嫌う傾向が顕著で、商品の購入を断念するケースが確認されたと報告した。

シンガポールのSingtel app、世界のためにDashへVisa、Appleを追加!

Mobile World Liveは2018年12月10日に、シンガポールのSingtelは、VisaとAppleを含む取引を通じたDashモバイル・ペイメント・アプリの幅広い拡大を発表したと報告した。

これにより、シンガポールで初めてApple Payで利用可能な非銀行サービスとなった。

中国の小売業者に、モバイル・マネーだけの選択に対して警告。

Mobile World Liveは2018年12月10日に、中国の中央銀行小売業者に対し、現携帯電話や電子決済以外で、金で行われた支払いを拒否することは違法だと警告した。

中国のモバイル・マネーは、ついにここまで来てしまった。
これは、モバイル・マネーを利用した人種差別である。

日本政府も、デジタル化を継承しているが、今から考えておく必要がある。
つまり、必ず、現金でも支払える環境を義務化することは重要である。

ミャンマーのMySquar、モバイル・マネー・ユニットを中断し、株式を売却。

Mobile World Liveは2018年12月07日に、問題のあるミャンマーのアプリ会社MySquarは、現金のポジションが重要なレベルに達したため、複数の借り入れを行うほか、モバイル・マネーの操作とソーシャル・メディア・アプリのMyMingalarbarを一時的に閉鎖したと報告した。

びっくりした!
米国のSquarとは無関係であった。

Airtelナイジェリアが、基本的な銀行業務免許を申請。

Mobile World Liveは2018年12月06日に、Bharti Airtelのナイジェリア部門は、銀行サービスを提供する電気通信会社の規制を緩和する準備を整えるため、独自のモバイル・マネー・プラットフォームを立ち上げる計画を発表する最新の通信事業者になったと報告した。

銀行が、モバイル・マネーを提供するか?
モバイル・マネー・プロバイダが、銀行業務を始めるか?
いずれも、垣根を取り払う!

アフリカの銀行グループ、モバイル・マネー・プロバイダを買収。

Mobile World Liveは2018年12月05日に、アフリカ全域の銀行BCP(Banque Centrale Populaire)は、セネガル(Senegal)に拠点を置くモバイル・マネー・プロバイダの「ウィズール(Wizall)」の大半の株式を、同地域のモバイル・バンキング部門でのプレゼンスを高めるために買収したとFinancial Afrikが報告したと報告した。

クレジットカードやデビットカードで、改札通過。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年12月03日に、シンガポールのLTA(Land Transport Authority/陸上交通庁)は2018年11月30日に、クレジットカードやデビットカードを使った公共交通機関での非接触型決済サービスの試験事業を拡大すると発表した。

米国のCboe、Bitcoin大暴落の1ヶ月の値動き情報。

不思議なお金の格言と金言とともに、株価などの相場情報を無料で配信してくれる180.co.jpのメールマガジン「貧乏は幸せなお金持ちの近道。」がCboeビットコイン先物相場を公開している。

Bitcoin大暴落の1ヶ月、2018年11月の値動き情報を公開する!

実に、少し上がって、大暴落を繰り返し、2018年11月26日にBitcoinはUS$3,600以下まで落ちた。

世界が、モバイル・マネー・クロスボーダー時代に突入した!

Forbes JAPANは2018年11月30日に、モバイル決済の最先端に立つアフリカでは、ケニア発のモバイル決済「M-Pesa(エムペサ)」が、PayPal(ペイパル)やWestern Union(ウエスタンユニオン)と提携し、国際的な送金サービスを充実させようとしていると報告した。

さらに一方で、アフリカ最大の通信キャリアMTNもオレンジと組んで、新たなモバイル決済「Mowali」の立ち上げを宣言した。

アフリカはモバイル決済分野で、今からさらに最もホットな地域になろうとしている。

さらに世界が、モバイル・マネー・クロスボーダー時代に突入した!
そこに、ブロックチェーンをどう組み込むか!

中国の事業環境改善で、独自の評価、全国で実施!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年11月30日に、中国の首相李克強(中国总理李克强/Premier Li Keqiang)をさらに改善するため、各地で中国独自の事業環境評価を実施していくことを決めたと報告した。

テンセントとLINE、日本でモバイル決済サービスを計画!

Mobile World Liveは2018年11月27日に、日経アジア・レビュー(Nikkei Asian Review)からの情報として、中国のインターネット大手騰訊控股(腾讯控股/Tencent/テンセント)と日本のメッセージングLINEは、2019年に小規模の日本の小売業者向けにモバイル決済アプリを開始する計画で、中国人観光客の波に乗り出すため提携した、とは報じたと報告した。

WorldRemit、バングラデシュの「bKash」と「Brac Bank」との契約を締結。

Mobile World Liveは2018年11月27日に、国際送金会社WorldRemitは、モバイルウォレットの「bKash」と「Brac Bank」との契約を結び、バングラデシュにおける資金送金先の数を大幅に増やしたと報告した。

Softbankより先に、LINEBank設立!?

日本経済新聞 電子版は2018年11月27日に、無料対話アプリのLINEはみずほFG(Financial Group/フィナンシャルグループ)と組んで銀行業に参入すると報告した。

以前から、Softbankは野球チームや携帯電話会社より先に、銀行を作るべきだと言ってきた。
それに、チャンスはいくらでもあった。

LINE、スマホ決済で中国のテンセントと提携。

日本経済新聞 電子版は2018年11月27日に、LINEは中国インターネットサービス大手の騰訊控股(腾讯控股/Tencent/テンセント)と提携し、2019年から訪日中国人客にスマートフォン(スマホ)決済サービスを提供すると報告した。

浅草観光協会も、全店舗に専用端末交渉する時期が来た。

今なら、全店舗無料設置交渉も可能!

小売りや外食の店舗に専用端末を置けば「微信支付(WeChat Pay)」を使える。

訪日客を呼び込みたい中小店舗の囲い込みが狙い。Yahoo!などはアリババ集団(Alibaba/阿里巴巴集团)と提携しており、店舗開拓に向けた陣営作りが進んでいる。

LINEは2018年12月中旬から、決済サービス「LINEPay」を導入していない中小店舗に、「微信支付」も使える専用端末を貸し出す。

レストランなどの店員が端末に金額を入れると、端末にQRコードが示される。利用者がスマホでQRコードを読み込むと、「LINEPay」や「微信支付」で決済できる。

イギリスで、PayPal、iZettleの取引をより深く調査。

Mobile World Liveは2018年11月26日に、イギリスののCMA(Competitive and Market Authority市場独占監視局)は、中小企業にとって有害であるとされるiZettleの支払いの影響について全面的な調査を開始していたと報告した。

PayPalがUS$22億で、iZettleの買収が2018年05月に発表され、しかし、2018年09月にCMAは、2社の評価を別々に完了した。

「ゲノム情報」をブロックチェーンで管理。

Forbes JAPANは2018年11月26日に、ハーバード大学(Harvard University)医学部教授で遺伝子学のパイオニアであるジョージ・チャーチ(George Church)と、フォーブスの「30 Under 30」に選出された2人の若者が立ち上げたゲノム解析スタートアップ「Nebula Genomics」がサービスをリリースしたと報告した。

「Nebula Genomics」は、ジョージ・チャーチと24歳のカマル・オバッド(Kamal Obbad)、28歳のデニス・グリシン(Dennis Grishin)によって昨年設立され、これまでにコースラ・ベンチャーズ(Khosla ventures)やArch Venture Partners 、F-Prime Capital Partners などからUS$450万(約5億円)を調達している。

UAEの小売大手、モバイル財布プロバイダ「Beam」を買収。

Mobile World Liveは2018年11月23日に、UAE(United Arab Emirates/الإمارات العربية المتحدة /アラブ首長国連邦)の小売・レジャー会社Majid Al Futtaimは、UAEの最大のモバイル決済プロバイダの1つであるBeamの親会社を買収し、新しい所有者はこのアプリの受諾を急速に拡大することを誓ったと報告した。

銀行連合のスマホ決済で、加盟店手数料、最低の1%台。

日本経済新聞 電子版は2018年11月22日に、全国の銀行や地域金融機関が連携してスマートフォン(スマホ)を使った決済サービスに乗り出すことが分かったと報告した。

すでに、東南アジアなどで実用化されているシステムと同様、小売店の店頭でQRコードを読み取り、顧客の預金口座から買い物代金を引き落とす仕組みで、2020年4月に本格的に稼働させる。

加盟店手数料は最低水準の1%台で調整している。現金を使わないキャッシュレス決済への異業種参入が広がるなか、銀行連合によって主導権の確保を狙う。

ただし、ユーザーからの手数料が問題である。

もう、手数料で稼ぐというせこいビジネスはスマートフォン時代で終わっている。

米国のSEC、未登録のトークン販売に違法判決!仮想通貨ICOに罰金。

Forbes JAPANは2018年11月20日に、SEC(U.S. Securities and Exchange Commission/米国証券取引委員会)はICOを通じ、未登録のセキュリティトークンを販売し、合計US$2700万を調達した2つのスタートアップ企業に、罰金を課すことをアナウンスしたと報告した。

アップルとサムスン、アゼルバイジャンでモバイル・マネー決済を開始。

Mobile World Liveは2018年11月23日に、Mastercardのアゼルバイジャンでのトップ役員のコメントによると、アップル(Apple)とサムスン(Samsung)が2019年に、アゼルバイジャンでモバイルウォレット・サービス(mobile wallet services in Azerbaijan)を開始する予定だと報告した。

Alipay香港は、香港の駅でm-支払いを開始。

Mobile World Liveは2018年11月16日に、香港のMTR社は、蚂蚁金服务集团(螞蟻金融/Ant Financial/アント・フィナンシャル)の地方モバイル決済部門Alipay香港に、2020年中頃から領域の大量輸送システムにQRコードベースの支払いを導入する契約を結んだと報告した。

シンガポールのGrab、来年初めにも海外送金サービス開始。

また、LINEの強烈なライバル登場!

クロスボーダーが加速し始めた!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年11月19日に、シンガポールの配車サービス大手Grab(グラブ)は2018年11月15日に、Grabのモバイル決済システム「GrabPay(グラブペイ)」で来年初めにも海外送金サービスの提供を開始すると発表した。

総件数:3552最初1234567891011121314151617181920...最後
広告募集中