on-the-time.jp

暑い朝、Bitcoinが急騰した。

昨日の夜、「身も心も捧げたソニーの平井前社長の役員報酬、最高の27億円。」のところで最後に書いた錬金術について、もう少し、詳しく書こうと思って、錬金術(alchemical work)に関して解説した有名な本として、「Incipit tractatus Aurora Consurgens intitulatus」で始まる本について、書いていたとき、なんとなくBitcoinの価格チャートを見たら、先日来少しづつ上昇していた価格が急騰していたが、明日はどうなることかと、今朝、再度見たら、さらに上昇して足踏みを始めていた。

「WeChat Pay(微信支付)」、香港・マカオでの利用が7倍に!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年07月17日に、マカオの新聞「澳門日報-Macao Daily News」などが中国本土の電子決済サービス「WeChat Pay(微信支付/ウィーチャットペイ)」を運営するIT大手の騰訊(テンセント)によると、香港・マカオでの「WeChat Pay」による2018年上半期(2018年01〜06月)の支払い件数は前年同期の7倍となったと伝えたと報告した。

東急で2019年度から、駅の券売機から、スマホで現金引き出し。

日本経済新聞 電子版は2018年07月13日に、東京急行電鉄やゆうちょ銀行、横浜銀行などは2018年07月13日に、駅の券売機から現金を引き出せる日本初のサービスを始めると発表した。

スマートフォンの画面を券売機にかざすと利用でき、2019年春にも東急線の各駅での提供開始を目指す。将来的には東急以外の沿線にも広げたい考えだという。

横浜銀行がGMOペイメントゲートウェイと共同で開発したスマホ決済サービス「銀行Pay」の仕組みを活用する。

スマホ画面に表示したQRコードを券売機の読み取り部分にかざすと、預金口座から指定した額の現金を引き出せる。引き出しにかかる手数料は検討中だが、100〜200円程度とコンビニATMと同等水準にする見込みだという。

米国でモバイル・マネーは、AppleよりWalmartが好き!

日本経済新聞 電子版は2018年07月10日に、米国のスターバックス(Starbucks)やウォルマート(Walmart)などの専用型決済Appの使用体験者数が、Apple Pay、Google Pay、Samsung Payなどの汎用型Appを超えたという報道が出ていると報告した。

中国、米国、欧州などで、世界的に決済の方法が激変している。

日本企業でも、キャッシュレス時代に向けて、決済機能付きのアプリを開発が多くなり始めている。

では、開発を進める前に、考えなければならないことは何かということで、日本経済新聞 電子版は決済機能付きアプリの成功のポイントを解説している。

金融庁の森信親長官が退任、遠藤俊英監督局長が後任。

日本経済新聞 電子版、毎日新聞、時事通信は2018年07月06日に、政府は2018年07月05日に、仮想通貨で大混乱、スルガ銀行で大失敗し、最後はボロボロになった金融庁の森信親長官(61)が退任し、後任に遠藤俊英監督局長(59)を起用する人事を決めたと報告した。

2018年07月10日の閣議で了承し、2018年07月17日に発令する見通しになった。

マレーシアのベルジャヤ、決済アプリ導入。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年07月06日に、マレーシアの新聞「ニュー・ストレーツ・タイムズ(News Straits Times)」は2018年07月04日に、マレーシアのコングロマリット、BCorp(Berjaya Corp/ベルジャヤ・コープ)は、ゲーム周辺機器を開発する米国のレイザー(Razer)との合弁で電子決済アプリ「Razer Pay(レイザーペイ(」のサービスを開始したと報告した。

JR東日本、「Suica」2019年度中にも、クラウド移行。

日刊工業新聞は2018年07月02日に、JR東日本は2019年度中にも、交通系ICカード「Suica(スイカ)」のID(識別符号)・使用履歴を管理するセンターサーバーを、オンプレミス(自社保有)からクラウドに移行すると報告した。

みずほ証券の信頼大きく揺らぎ、ネット取引停止のシステム障害回復。

朝日新聞デジタルは2018年06月29日に、システム障害で2日余り停止していたみずほ証券のネット取引が、2018年06月28日正午からようやく再開された。

前日夜には役員が会見し、2018年06月28日朝からの再開を宣言したばかりだったが、約束はすぐに破られた。

人為ミスで異例の長期の取引停止を起こし、適切に情報開示もできなかったことで、みずほ証券の信頼は大きく揺らいだ。

LINEは、2018年07月から仮想通貨取引所「BITBOX」を開始。

アジア経済ニュースNNA ASIA、Japan.Cnet、japanese.engadget、Cointelegraphなど、複数のメディアは2018年06月29日に、LINEが年に一度開催する大規模カンファレンス「LINE CONFERENCE 2018」で2018年06月28日に、複数の新サービスとともに、LINEが向かう今後の方向性などを発表し、そのイベントの最後に登壇したLINEの代表取締役社長の出澤剛は、グローバルで展開する仮想通貨取引所「BITBOX」を発表したと報告した。

Visaカード、カンボジアの保有者が2017年は65%増。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年06月27日に、カンボジアの新聞「クメール・タイムズ(Khmer Times/電子版)」は2018年06月26日に、カード決済大手の米国のビザ(Visa)が、カンボジアで急速な成長を遂げている。

2017年のカード保有者は前年比65%増加したと伝えた。

日本仮想通貨交換業協会の副会長2人辞任!

毎日新聞は2018年06月25日に、仮想通貨の交換業者でつくる業界団体「日本仮想通貨交換業協会」は2018年06月25日に、金融庁による行政処分を受けたため、bitFlyer(ビットフライヤー)の加納裕三社長とビットバンクの広末紀之社長が、副会長を2018年06月25日付で辞任したと発表したと報告した。

Pivo Walletは、フィンランドの店頭支払いNetsとの契約を締結。

Mobile World Liveは2018年06月22日に、銀行支援のPivo Wallet(Pivoウォレット)は、商業サービス会社Netsと契約を結び、フィンランドの顧客向けに店舗内のモバイル決済オプションを強化したと報告した。

世界最大であった仮想通貨取引所「MtGox」が帰ってくる!?

CoinTelegraphは2018年06月22日に、破産手続き中の仮想通貨取引所「MtGox(マウントゴックス)」は2018年06月22日に、東京地裁により民事再生決定がなされ、2018年06月22日午後5時に、民事再生手続が開始されたと発表したと報告している。

これにより、これまで行われていた「MtGox」の破産手続は中止されることになる。

bitFlyerは、行政処分に関するお詫びとお知らせを配信!

bitFlyerは2018年06月22日15時56分に、重要なお知らせとして、「行政処分に関するお詫びとお知らせ」をメールで配信してきた。

早速、金融庁の報道発表資料を見たろころ、

平成30年6月22日
QUOINE株式会社に対する行政処分について
株式会社bitFlyerに対する行政処分について
ビットバンク株式会社に対する行政処分について
BTCボックス株式会社に対する行政処分について
株式会社ビットポイントジャパンに対する行政処分について
テックビューロ株式会社に対する行政処分について
が掲載され、事前の情報より1社多い6社に対して行政処分が行われたと報告している。

金融庁の審査をクリアした登録業者は現在16社ある。
行政処分が行われなかったのは、10社であった。

また、大阪市のテックビューロは2018年03月に続き、2度目の処分となった。
bitFlyerは取引形態の見直しを要求されていた。

沖縄モノレール路線で、アリペイを実証実験。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年06月22日に、電子決済サービス「支付宝(Alipay/アリペイ)」を運営する蚂蚁金服务集团(螞蟻金融/Ant Financial/アント・フィナンシャル)の日本法人、東京都中央区のアント フィナンシャル ジャパン(Ant Financial Japan)は、日本の鉄道改札機で、アリペイ利用実現に向けた実証実験を、沖縄県のモノレール路線「ゆいレール」で2018年06月22日から行う。

Apple Payは、ポーランドとノルウェーで利用可能。

Mobile World Liveは2018年06月21日に、Apple Payは、ノルウェーとポーランドで立ち上げられ、その展開の最新段階を完了した。

Apple Payのサービスが利用できる市場の数は、ヨーロッパでは18、世界的には29になった。

ガーナ、モバイル・マネー相互運用プラットフォームの早期成功。

Mobile World Liveは2018年06月20日に、ガーナ通信社(Ghana News Agency)は.ガーナのモバイル・マネー相互運用性プラットフォームは、運用開始1ヵ月間にGHS1250万(US$270万)相当の取引を処理するために使用されたと発表したと報告した。

ミャンマーのMySquarは、MyPay Myanmarを買収。

Mobile World Liveは2018年06月20日に、ミャンマーに本社を置くソーシャルメディアで、エンターテインメント企業MySquar(ミスカール)は、ミャンマーでモバイル・マネー・サービスを開始する準備を続けるため、長期的なパートナーMyPay Myanmarを£200万ポンドで取得しましたと報告した。

買収は、2018年06月20日に発表された。

Apple Payがポーランドに続き、ノルウェーでスタート。

ジェフ・ガメット(Jeff Gamet)はMacObserverで2018年06月20日に、Apple Payがポーランドでサービスを開始した1日後、ノルウェーに到着したと報告した。

Apple Payの北欧、東欧時代が来た。

Apple Payが、複数の銀行から支援され、ポーランドで始まった。

アンドリュー・オル(Andrew Orr)はMacObserverで2018年06月19日に、ポーランド・アップルのWebサイトThinkAppleによると、ポーランドでApple Payが、複数の銀行から支援され、サービスを開始したと報告した。

日本仮想通貨交換業協会が、自主規制ルール案をまとめた。

日本経済新聞 電子版は2018年06月18日に、仮想通貨の業界団体、JVCEA(Japan Criptcurrency Business Association/日本仮想通貨交換業協会)が2018年06月18日までに自主規制ルール案をまとめたと報告した。

これまでの体たらくだで、無秩序だった仮想通貨業界「旧 仮想通貨ビジネス勉強会」の会長だった奥山泰全が、横流れで会長になったJVCEAの最初の自主規制ルール案は、誰もが納得できるものだろうか?

Coincheck、XMR、REP、DASH、ZECの取り扱いを廃止。

Coincheckは2018年05月18日に、「一部仮想通貨の取り扱い廃止のお知らせ」を公開した。

コインチェック株式会社(代表取締役社長:勝屋敏彦)が運営する仮想通貨取引サービス「Coincheck」において、このほど発生した不正アクセスによる仮想通貨NEMの不正送金に関連し、2018年03月08日に、金融庁から資金決済に関する法律第63条の16に基づく業務改善命令を受けた。

今回の措置を厳粛かつ真摯に受け止め、深く反省するとともに、内部管理態勢及び経営管理態勢等を抜本的に見直し、顧客保護を徹底した経営戦略の見直し等を進めており、この見直しの一環として、今後さらなるAML/CFTの管理態勢の整備・強化が必要となること等を踏まえ、少しでも懸念のある通貨を取扱うことについては、コインチェック株式会社として適切ではないと判断し、仮想通貨の特性を踏まえた各種リスクの再検証を実施した。

その結果、下記の通貨の取扱いを廃止することにしたと報告した。

落ち続ける仮想通貨!どこまで落ちる!?

bitFlyerで取引できる仮想通貨は、2018年06月12月10日から16日までを見ると、落ち方は少しづつ緩やかになっているが、全く予断を許さない。

MTNは、ナミビアMVNOで、モバイ・マネー・サービスを準備。

Mobile World Liveは2018年06月13日に、ロイターからの情報によると、MTNグループはMVNOとモバイル・マネーをナミビアに乗り出させるために設定されて、会社が金融サービスを直接提供する15番目の市場にすると報告した。

オペレータは、すでに、そのビジネス・サービス・ユニットを通じて、ナミビアで認められているブランドであるけれども、それはまだ、以前の政府に所有されている独占MTCにより支配されるモバイル市場より広い範囲で作ることになっている。

Paytmは、地方の村や小さな町にも侵入を始めた。

Mobile World Liveは2018年06月12日に、モバイル財布の会社Paytmは、インドのデジタル化推進の成功の一部として、統計によれば、インドの国内市場で30万の村でサービスが使用されていると語ったと報告した。

ブログでは、小都市の商店ネットワークが300万以上の小売業者に成長したことも明らかにした。これは、インドの大都市での小売業者と同様の取引規模を記録している。

VISA、I(アイ)のi-Cityで、電子決済を提携。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年06月13日に、マレーシアの不動産開発業者である「I(アイ)」は2018年06月12日に、米系クレジット大手VISAマレーシアと、スランゴール州シャアラム(Shah Alam, Selangor)のニュータウン「アイシティー(i-City)」内での電子決済で提携したと発表した。

韓国でハッキング被害発生で、仮想通貨大暴落!

日本経済新聞 電子版は2018年06月11日に、韓国の仮想通貨交換業者「コインレイル(Coinrail)」がサイバー攻撃を受けたと発表し、売り注文が殺到したことで、Bitcoineのドル建て価格は一時US$6650前後まで下げたと報告した。

米国ではBitcoine先物の価格操作を巡る疑惑も浮上し、2018年06月10日からの下落率は10%を超えた。

「コインレイル」はサイバー攻撃を受けて複数の仮想通貨の盗難があったと公表し、仮想通貨の入出金を凍結した。

加害者を特定するため、韓国警察の捜査に協力していることも明らかにした。

仮想通貨「キムチ・プレミアム」の後遺症。

日本経済新聞 電子版は2018年06月09日に、仮想通貨は国によって人気が違い、仮想通貨熱の高い韓国では、Bitcoinの価格が他国の市場と比べて高い。取引価格に差が出るため、Bitcoinは、日本から韓国に送金するだけで価値が上がる。

仮想通貨業界ではこの割増金のことを「キムチ・プレミアム(Kimchi Premium)」と呼ぶ。

Bitcoinの価格が急騰した2018年01月時点で日本は1Bitcoinが約200万円だったのに対し、韓国では約260万円。
「キムチ・プレミアム」は最大で50%以上もあった。

カンボジアの「パイペイ」、公共事業省の電子決済を支援。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年06月11日に、カンボジアの新聞「クメール・タイムズ(Khmer Times/電子版)」は2018年06月08日に、カンボジアで電子決済サービスを手掛ける新興企業「パイペイ(Pi Pay)」は、公共事業・運輸省の電子決済システムの導入を支援することで合意したと報告した。

Coincheckは、NEMの出金・売却を再開。

日本経済新聞 電子版は2018年06月07日に、マネックスグループ傘下の仮想通貨交換会社になったCoincheck(コインチェック)は2018年06月07日に、1月に約580億円分が流出した仮想通貨NEM(ネム)の出金と売却を2018年06月07日にから順次再開すると発表した。

180.co.jpが、世界マクロ分析を公開。VirtualcurrencyとRealcurrency

180.co.jpは2018年06月06日に、世界マクロ分析を公開(World Macro Analysisを公開し、世界の株価指数と通貨指数ランキングを公開した。

さあ、あなたはVirtualcurrency派?それともRealcurrency派?

WorldRemitは、First Bankとの取引によった爆発を予測!

Mobile World Liveは2018年06月05日に、送金会社WorldRemitは、ナイジェリア本部を置いたFirst Bankとの取引に署名し、それは、世界中のモバイルの送受器から作られた国に現金転送の入手可能性を増大させると言った。

SBI、仮想通貨の手数料最低水準めざし、交換に参入!

日本経済新聞 電子版は2018年06月04日に、Livedoorのフジテレビ乗っ取り工作の時、ソフトバンクとしてフジテレビ側について一気に有名になった元野村証券の北尾吉孝が代表を務めるSBIホールディングスは、仮想通貨の交換事業に参入し、2018年06月04日から営業を始めると報告した。

仮想通貨の販売時に上乗せするスプレッド(利ざや)については業界最低水準を目指し、利用者を増やすという。

SBIはインターネット証券の国内最大手で400万超の口座を持つ。

ウガンダは論争のアプリ、モバイル・マネー税金を承認。

Mobile World Liveは2018年06月01日に、ウガンダの政府は、強烈な批判にもかかわらず公民権組織から、WhatsApp、Viber、Skype、および他の通信アプリの利用者に課税を課し、モバイルマネー取引に関する税金を引き上げたと報告した。

モバイル・オペレーターによって直接提供されない通信アプリを含むいわゆる「オーバー-トップ-サービス(over-the-top services)」のユーザーは、1日あたりUGX200(US$0.05)の課税対象となる。

中国の蟻金融は、出資を加速!

Mobile World Liveは2018年05月31日に、米国の新聞「ブルームバーグ(Bloomberg)」は、Alipayのオーナーである蟻金融(Ant Financial)は、最新の資金調達ラウンドでUS$100億を調達し、今年後半にIPOに先立ち、中国の投資家からさらにUS$20億を調達すると報告した。

ウガンダはモバイル・マネー税を再開するために熱くなっている。

Mobile World Liveは2018年05月30日に、UCC(Uganda's Communications Commission/ウガンダ通信委員会)は、サービスにより、よい実行、報告された日常モニタが保証されるように国際的な証明を捜すことをモバイル・マネー・オペレータに勧めた一方、論争担っていたトランザクション税は議会により承認されたと報告した。

新聞とのインタビューで、UCC常勤取締役ゴドフレー・ムタバジ(Godfrey Mutabazi)は、国のオペレータが国際的なガイドラインに付き、効率的な配達を保証するために証明を捜すことを期待すると言った。

国内スタートアップ投資、5年で2.5倍。

日本経済新聞 電子版は2018年05月30日に、内のスタートアップ企業への投資が拡大していると報告した。

東京都千代田区の一般財団法人VEC(Venture Enterprise Center/ベンチャーエンタープライズセンター)によると、VC(Venture Capital/ベンチャーキャピタル)などによる2017年度の国内向け投資額は1200億円を超え、5年で2.5倍に増えた。

WhatsAppは、インド支払いリリースを促進するために焦っている。

Mobile World Liveは2018年05月29日に、インドの経済新聞「エコノミック・タイムズ(The Economic Times)」からのレポートとして、WhatsAppは、ライバル企業より落ち込んでいることを懸念して、インドでパートナーシップを一切取らずにP2P(ピアツーピアpeer-to-peer)決済を開始する予定であると報じたと報告した。

シンガポールのGrab、料理宅配サービスを国内全域で開始。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年05月30日に、配車アプリの開発・運営を手掛けるシンガポールのGrab(グラブ)は2018年05月28日に、シンガポール全域で料理宅配サービス「グラブフード(Grab Food)」の提供を開始したと報告した。

すでにインドネシア、タイ、マレーシアで展開しており、6月末までにベトナム、フィリピンにも広げる計画という。

小売りの巨人は、南アフリカでモバイル・マネーを開始。

Mobile World Liveは2018年05月24日に、小売りのグループShopriteは、VodacomとMTNが2016年に捨てた南アフリカでのモバイル・マネーを開始したと報告した。

Shopriteは、南アフリカ、およびアフリカ大陸で最も大きな小売りチェーンのうちの1つである。それは、多くのスーパーマーケットブランド、およびナイジェリア、ガーナ、ウガンダ、およびザンビアを含む15の市場を横切る他の消費者直面するビジネスを所有している。

「海賊」がハッカーを雇い、タンカーの航行の自由を奪う!

毎日新聞は2018年5月24日に、米国のシンクタンク客員研究員松原実穂子によるサイバー攻撃の脅威について紹介するシリーズで、世界の貿易の9割は海運に頼っている。海に囲まれた日本の場合、日本船主協会によると、その割合は99.7%に及ぶと報告した。

経済の大動脈を担う海運にとって、主なリスクは、天候や海賊・海上武装強盗による被害であった。

台湾で、仮想通貨取引所「CobinHood」始動。いよいよ!台湾時代?

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年05月25日に、ソフトウエア開発を手掛ける柯賓漢数位金融科技は2018年05月24日に、運営する仮想通貨取引所「CobinHood(コビンフッド)」の台湾での正式な取引開始を発表したと報告した。

ブロックチェーン技術により、台湾産業のレベルアップを後押しする。

日本でも、3メガ銀がスマホ決済で、QRコード規格統一で合意。

日本経済新聞 電子版は2018年05月22日に、シンガポールは昨年、QRコードの規格を統一することで合意したが、日本でも、3メガ銀がスマホ決済で、QR(Quick Response)コード規格統一で合意したと報告した。

店頭でスマートフォン(スマホ)をかざし、支払額が銀行口座から引き落とされる。

地方銀行に参加を呼びかけ、日本全体で推進する。

お金の流れの中心にいるメガ銀が動き始めたことで、モノやサービスの売り買いに現金を使わないキャッシュレス化が加速しそうだと伝えている。

スターバックスは、モバイル支払いのライバルをすり砕くために元気!

Mobile World Liveは2018年05月24日に、スターバックス(Starbucks)のモバイルAppは、eMarketerで2018年05月21日に予測された、2018年の間にGoogle PayとSamsung Payが結合したよりより規則的なユーザーと、米国で最も使いこなされた近接決済システムである。

Grabは、マレーシア支払いを動かすために、Maybankと提携。

Mobile World Liveは2018年05月21日に、タクシー予約アプリ会社Grab(グラブ)は、その動きで、1つの未来の空想を現実にする1つのキャッシュレスに役立っていることを歓迎し、手近なGrabPayモバイル財布(GrabPay mobile wallet)をマレーシアで開始し、受容を広げるためにMaybankと取引した。

2017年度の仮想通貨取引額、FXから流入して20倍に膨張。

日本経済新聞 電子版は2018年05月19日に、2017年末を境に価格が乱高下した仮想通貨。

2017年度の仮想通貨データが明らかになり、取引金額は約69兆円と2016年度の約20倍に膨張し、外国為替証拠金(FX)取引などから個人の資金が流れ込んだ実態が浮かび上がった。

投機の危うさをはらみながら急成長した背景には、長引く金融緩和策で債券などの利回りが消失している市場のゆがみがあると報告した。

金融庁チョンボ!スルガ銀行不正発覚前は高評価していた。

朝日新聞デジタルは2018年05月19日に、静岡県沼津市にある地方銀行のスルガ銀行がシェアハウス融資で不正を認識していた可能性がある問題で、金融庁は地銀に経営改革を求め、高収益のスルガ銀をモデルとして称賛したが、その裏で不正が横行。見抜けず後手に回った金融庁の姿勢も問われかねないとして、金融行政に波紋を投げかけていると報告した。

仮想通貨に関する外国為替及び外国貿易法に基づく報告。

Coincheckは2018年05月31日に、財務省より2018年05月18日に仮想通貨に関する外国為替及び外国貿易法に基づく報告」が発表されたと報告した。

蟻金融はユーザー数の莫大な成長を発表。

Mobile World Liveは2018年05月18日に、イギリスの経済新聞FT(フィナンシャル・タイムズ/Financial Times)は、Alipayの親会社蟻金融(Ant Financial)は最新の投資者に送られた文書で 、金融サービスプラットフォームで潜在的なユーザーを6億2200万人であったと明らかにしたと報告した。

店舗の減損リスクで、銀行に「不良資産問題」が表面化!

日本経済新聞 電子版は2018年05月18日に、銀行が持つ1万3000を超える店舗やシステムで、収益性が下がって価値が目減りした資産の減損処理を迫られ、赤字に転落する銀行が出てきたと報告した。

その背景には、低金利や人口減で収益基盤が細っている上、金融とITを融合したフィンテックの台頭で設備が陳腐化するリスクも高まってきたことがある。
全国で10兆円に上る銀行の固定資産の「不良資産化」に金融庁も監視を強めている。

BitPesaは、パートナーシップに向け、アジア拡張に燃料を供給。

Mobile World Liveは2018年05月17日に、Nikkei Asian Reviewからの情報として、仮想通貨の考え方を利用してアフリカの送金会社BitPesaは、キーとなるアジア市場の会社と組み、二つの大陸を結ぶことを計画していると報告した。

MOVE WITH AFRICA
Do business across Africa with easy

Wirecardは、突然Garmin Payを内包。

Mobile World Liveは2018年05月17日に、Wirecardは、ドイツのコンタクトレスの支払いをフィットネス追跡者メーカー Garminのスマートウォッチ財布アプリを提供するモバイル支払い会社Garmin Payを、Wirecardに内包したと報告した 。

韓国のカカオ、音楽配信「メロン」を吸収合併。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年05月18日に、韓国IT大手のカカオ(KAKAO)は2018年05月17日に、音楽配信「Melon(メロン/MelOn)」を運営する子会社の「カカオM(카카오M)」を吸収合併すると発表した。

両社の取締役会で決定した。

コンゴ民主共和国で、エボラ出血熱流行 44人症状23人死亡!

毎日新聞は、2018年05月18日に、WHO(World Health Organization/世界保健機関)は2018年05月17日に、アフリカ中部のコンゴ民主共和国(République Démocratique du Congo)北部でエボラ(Ebola)出血熱の流行が続いている。

赤道州(Province de l'Équateur/Etúká ya Ekwatéli)の州都ムバンダカ(Mbandaka)で感染者が見つかったと発表したと報告している。

Bitcoinの電力消費。世界の0.5%へ増大と予測。

毎日新聞は2018年05月17日に、国際会計事務所PwC(PricewaterhouseCoopers/プライスウォーターハウスクーパース)グループの専門家が、学術誌ジュール(Jules)で2018年05月16日に、多数の機械を用いる「マイニング(mining/採掘)」という作業の影響で、オーストリアの消費分に相当する電力消費に増大しているという。

MySquarは、ミャンマーのモバイル・マネーの可能性を調査中!

Mobile World Liveは2018年05月16日に、MySquarは、ミャンマー本部を置いたソーシャル・メディアや、エンターテインメント会社のサービスにバックボーンを提供するために別個に2つのパートナー契約をした後に、9月の終わりまでに、モバイル・マネー・サービスをスタートする計画を発表したと報告した。

Uber Remitと現金転送の消費者ブランドOK Dollarを操作するインターネット財布専門のWallet Myanmarと契約した。

bitFlyer、スター・マイカへのBitcoin決済サービス提供。

bitFlyerは2018年05月15日に、リノベーションマンションの供給を行うスター・マイカ株式会社に対し、Bitcoinによる決済サービスの提供を開始したと報告した。

bitFlyer、トムソン・ロイターへの仮想通貨価格情報配信開始。

bitFlyerは2018年05月17日に、トムソン・ロイター・ジャパン(Thomson Reuters Japan)の仮想通貨リアルタイム・レーツに、bitFlyerが扱う仮想通貨価格情報(BTC/JPY、 BTC/USD、BTC/EUR)の配信を開始したと報告した。

トムソン・ロ イターが提供する仮想通貨リアルタイム・レーツは、Elektron Data Platform(エレ クトロン・データ・プラットフォーム)及びカスタマイズされた APIを通じてEikon(アイコン)とデータフィードで利用でき、価格情報配信の対象仮想通貨は今後さらに増やしていくことを予定していると伝えている。

三菱UFJ銀行、タイとシンガポール間で送金実験。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年05月16日に、三菱商事と三菱UFJ銀行は2018年05月14日に、イギリス系金融大手SCB(Standard Chartered Bank/スタンダードチャータード銀行/渣打銀行)とタイ・シンガポール間での国際送金の実証実験を開始したと発表した。

LGが認証システムに、ブロックチェーン活用。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年05月15日に、LGグループのシステム会社LG CNSは2018年05月13日に、ID認証プラットフォーム「モナチェーン(Monachain)」を発売すると発表した。

ブロックチェーン技術の導入を進める公共機関や金融、製造分野での採用を目指す。

bitFlyer、レッドブル・エアレース千葉2018へのBitcoin決済サービス提供。

bitFlyerは2018年05月15日に、レッドブル・エアレース・ジャパン実行委員会に対し、Bitcoinによる決済サービスの提供を、2018年05月11日(金)より、「レッドブル・エアレース千葉2018特設 サイト」で開始したと報告した。

これに伴い、2018年05月26日(土)、27日(日)に千葉県立幕張海浜公園で開催されるレッドブル・エアレース千葉2018の観戦チケット購入でBitcoin決済が利用できるようになった。

Bitcoinが、急落した。

2018年05月06日に高騰が終わり、下落が始まった。

2018年05月09日に、一旦底値を打って高騰し、その後、さらに高騰するかと思ったが、足踏み状態が続いたので、これは下落すると思い、昨日は寝ました。

フィッチは、銀行の仮想通貨デリバティブをテスト。

フィッチ・レーティング(Fitch Ratings)は2018年05月10日に、仮想通貨デリバティブ(Cryptocurrency Derivatives)は、特にデリバティブの想定元本が増加し、暗号化通貨の価格変動が高まると、クリアリングハウスのマージンとデフォルト手続きを実地テストすることができ、明らかにできたと報告した。

Safaricomのm-Pesaは増加を続けた。

Mobile World Liveは2018年05月10日に、ケニアの市場リーダーがモバイル・マネー・サービスの範囲を拡張し続けた時に、Safaricomはその会計年度にm-Pesa収益、顧客数、およびその商店のネットワークで、レポートは爆発を報告した。

2018年03月終わりに明らかになったm-Pesaの顧客数とその年間所得ステートメントは、1年前と比べて7.8%で、2864万の上昇であった。

Telenorマイクロファイナンス銀行はユーザー成長を歓迎!

Mobile World Liveは2018年05月10日に、パキスタンのTelenorマイクロファイナンス銀行(Telenor Microfinance Bank)は、2017年にバイル・マネー・サービスの使用において、急増を報告し、アクティブなモバイル財布顧客の数は、1年間で三倍になった。

アップル、ゴールドマン・サックスとクレジットカードで提携。

日本経済新聞 電子版は2018年05月11日に、米国の経済新聞「WSJ(Wall Street Journal/ウォールストリート・ジャーナル)」は2018年05月10日に、米国のアップルが米国の金融大手ゴールドマン・サックス(Goldman Sachs)と提携し、クレジットカードの事業を検討していることが分かったと報じたと報告した。

IT(Information Technology/情報技術)大手が金融機関と組み、金融関連のサービスを強化する動きが広がりつつあると伝えている。

アップルはスマートフォン「iPhone」の販売停滞への警戒もくすぶる中、決済も含めたサービス事業の拡大を急いでいる。

しかし、ApplePayは、完全に停滞している。

ウォール街が恐れる「アマゾン銀行の誕生」

日本経済新聞 電子版は2018年05月10日に、ウォール街(Wall Street)はトランプ米国大統領が掲げる金融規制の抜本的な緩和を実は望んでいないというこんな観測が、米国で広がっていると報告した。

議論中の法改正は中堅以下が主な対象で、総じて大手への恩恵は乏しい。しかし、現行規制の微修正が望ましいという空気すら漂っているという。

大手銀行が、もっとも恐れているのはIT(情報技術)企業の参入である。

フィンテンク(Fintec)と言うが、大手銀行幹部には理解できていない。

仮想通貨を敵対するのも、背景にはそれがある。

上海で、生ビールの自販機が登場。

上海のお茶屋さん「臻茶林」を経営しているマネージャーからLinkerInで、ジャック・マー(Jack Ma/馬雲)の経営するアリババ(阿里巴巴集/Alibaba Group Holding)のスーパーに生ビールの自販機「Beer Plus Exclusive Draft Beer」が登場したと報告があった。

Paytm、投資を受けるために準備中。

Mobile World Liveは2018年05月09日に、Paytmは、2018年の年末にモバイル財布ビジネスのトランザクショ数を2倍にする目的で、次の8ヶ月でINR500億(US$7億4300万)の投資を受けるために設定したと報告した。

SBI、eコマースの奧丁丁に20%出資。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年05月11日に、SBIホールディングス(SBI Holdings)の100%子会社で、デジタルアセット関連ベンチャー企業などへの投資を行う東京都港区のSBIクリプトインベストメント(SBI Crypto Investment)は2018年05月09日に、台湾でブロックチェーン(Blockchain)技術を活用したeコマース事業「アウルティング(OwlTing/奧丁丁)」を展開する欧簿客科技(OBookホールディングス/OBook Holdings)に20%出資したと発表した。

出資額は非開示。

SBI、韓国の少額海外送金サービス会社と提携。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年05月10日に、SBIホールディングス傘下の東京都港区にあるSBIリップルアジア(SBI Ripple Asia)は2018年05月09日に、韓国で少額海外送金サービスを手掛けるコインワン・トランスファー(Coinone Transfer)とライセンス契約を締結したと発表した。

コインワン・トランスファーの国際送金システムに、自社の金融機関向けのソフトウエア「xCurrent」を連携させ、ブロックチェーン(分散台帳技術)を活用した国際送金網を確立させる。

世界中に無償配布する仮想通貨「オタクコイン」発行計画!?

毎日新聞は2018年05月09日に、アニメや漫画の関連商品をインターネットで海外に販売しているTOM(Tokyo Otaku Mode Inc./トーキョー・オタク・モード)などでつくる「オタクコイン準備委員会」は2018年05月09日に、日本のポップカルチャー振興を目的とした仮想通貨「オタクコイン(Otaku Coin)」を今年の夏から秋以降に発行する構想を発表したと報告した。

世界のオタクの「コミュニティー通貨」として発展させ、ファンの投票で決めたアニメやゲームの制作プロジェクトに資金支援ができる仕組みをつくる。

ルールや法律が未整備でトラブルが起きている仮想通貨技術を使った資金調達「ICO(Initial Coin Offering/新規仮想通貨公開)」という資金調達手法は採用しないで、最初は世界中の日本カルチャーファンにコインを無償配布するという。

iZettle、IPOでUS$2億2,700万をターゲットにする。

Mobile World Liveは2018年05月08日に、モバイル支払いターミナルプロバイダーiZettleは、会社が動きとして、2018年の末に、スウェーデンのIPO(Initial Public Offering/新規公募)で、SEK(スウェーデン/クローネ)20億(US$2億2700万)を得て、続けられた成長を容易にすると言ったと報告した。

プログラミング教育のキラメックスが、Bitcoin決済サービス開始。

bitFlyerは2018年05月08日に、プログラミングやアプリ開発を学べる オンラインスクール「TechAcademy」を運営するキラメックス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:村田雅行 、以下、「キラメックス」)に対し、Bitcoinによる決済サービスの提供を開始したと報告した。

半導体は、スマホから仮想通貨へ新たに注意を払う。

日本経済新聞 電子版は2018年05月07日に、半導体はもともと値動きが大きい。そこに採掘需要が加わったことで、投資家はより市況の見極めが難しくなった。仮想通貨を冷ややかに見ている株式投資家ですら、その行方に注意を払わざるを得なくなっていると報告した。

Bitcoinなど仮想通貨の採掘ニーズが半導体の市況を左右するようになってきたため、ハイテク株の投資家が半導体株の新しい需要である仮想通貨の「マイニング(mining/採掘)」需要の行方に気をもんでいる。

不思議なBitcoinチャート。

bitFlyerのBitcoinチャートをみていると、2018年05月01日から2018年05月07日の1週間のチャートを見ると、2018年05月06日から2018年05月07日に大暴落した事になる。

エイサー子会社、台南の駐車場スマート決済受注。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年05月07日に、台湾の工商時報は2018年05月05日に、パソコン(PC)世界の宏碁(エイサー)傘下でスマート交通事業を手掛ける宏碁智通は2018年05月04日に、台南市との間で駐車料金のスマート決済システム構築を請け負う契約を結んだと明らかにした。

宏碁智通は、インターネットを使った交通分野のスマート化事業ICF(Intelligent Community Forum/智慧城市論壇)を進めており、台南市からの受注を機に、さらなる受注獲得を狙うと伝えていると報告した。

仮想通貨取引は、Coincheck事件乗り越えたか!?

日本経済新聞 電子版は2018年05月04日に、「Coincheck事件乗り越え、仮想通貨取引「第2幕」へ入った。」を公開した。

価格高騰で個人投資家を熱狂の渦に巻き込んだ仮想通貨。その後に起きたCoincheck事件は仮想通貨の売買を担う交換業者のずさんな管理体制を浮き彫りにした。

仮想通貨市場はさらに多くの利用者を獲得できるのか、正念場を迎えていると報告した。

シンガポールで、駐車場の支払いに対応の非接触型カード登場。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年05月04日に、シンガポールの電子決済機関NETS(Network for Electronic Transfers/ネットワーク・フォー・エレクトロニック・トランスファーズ)は2018年05月02日に、駐車場の料金支払いに対応した非接触型ICカード「コンタクトレス・キャッシュカード(Contactless Cashcard)」を導入したと報告した。

2018年05月02日から国内のコンビニエンスストアなどで販売を開始している。

リトアニアのオペレータは、今年中期にモバイル支払いスタートを設定。

Mobile World Liveは2018年05月01日に、ニュースWebサイトBudasで2018年中期にスタートするため、リトアニア(Lithuania)のオペレータに導かれた支払いJV MoQは、高速ギアを入れたと報告した。

プロジェクトは、リトアニア国内で最も大きいオペレータTele2とTelia LietuvaとBiteの間で三方向のジョイント・ベンチャーの結果であり、それは結合された99%のモバイル市場占有率を保持し--、Mobilus Mokejimaiとして動作する。

仮想通貨みなし業者、全社にメス、撤退は7社!

日本経済新聞 電子版は2018年04月28日に、金融庁への正式登録前の「みなし業者」は2018年04月28日までに厳格化された審査を通過するのは困難と判断し、7社が交換業からの撤退を決めたと報告した。

一部の情報では、それ以上になっている。

残りは金融庁から業務改善命令や業務停止命令を受け、内部管理体制を見直す。

Coincheck(コインチェック)の仮想通貨流出事件前と変わらずに事業を続けるみなし業者はなくなり、全社にメスが入った形になった。

2018年04月27日の官報に、みなし業者で、名古屋のビットステーション(Bitstation)と東京都渋谷区のCAMPFIREの2社の廃業の公告が載った。

MTNガーナのパイロットは、モバイル・マネー計算を自動化。

Mobile World Liveは2018年04月27日に、CBN(Citi Business News)からの情報として、MTNは、ファイナンス・サービスで、入手の可能性を広げるために、オペレータによって、ガーナで、最新の動きとして、自動化されたモバイル・マネー・キオスク(automated mobile money kiosks)をテストしはじめたと報告した。

CBNにより引用された関係筋からの情報によれば、中心的な開発のマシンのうちの1つとして、サービスが人気が増大し続けると、MTNの150,000人の商人国の最も大きいエージェントネットワークのプレッシャーから救う必要があると言った。

バングラデシュ支払いのため、中国の蟻金融、「bKash」と提携。

Mobile World Liveは2018年04月26日に、Alipayの親会社蟻金融は、バングラデシュモバイル財布会社(Bangladesh mobile wallet company)「bKash」に投資し、金融の含有を押し上げるために、2のセットによるプラットフォームと、その手段の機能を拡張することについて協力する。

「bKash」は、すでに、バングラデシュで3000万人の登録されたユーザー、および都市と地方のエリアを横切る180,000人のエージェントのネットワークを持っている。

Coincheckは、異次元の高収益63億円黒字確保。

日本経済新聞 電子版、毎日新聞は2018年04月26日に、Coincheckの営業利益率は破格の86%であったと、マネックスグループは2018年04月26日の決算発表で、2018年04月16日に買収を完了した仮想通貨交換業者Coincheckの2018年03月期業績(概算値)を公表した。

Coincheckの2018年03月期財務状況では、本業のもうけを示す営業利益は前年同期の74倍に当たる537億円に達し、今回の流出事件に伴う顧客への補償額を差し引いた最終(当期)損益でも、63億円の黒字を確保した。

Bitcoinが11万1,705円暴落し、100万円を切った。

Bitcoinが2018年04月24日に100万円を回復した後、さらに高騰を続けたので、これは大きく落ちるなと考えていたところ、乱高下をしながら、4段階で急落した。

ウガンダ当局、モバイル・マネー税を考え直すと主張。

Mobile World Liveは2018年04月25日に、抗議者が財政的な包含を妨げ、「退行」の動きと呼ぶ新しいモバイル・マネー税を廃棄するために、ロビー団体はウガンダ政府(Ugandan government)への圧力を上げたと報告した。

新聞「Daily Monitor」と、多くの他のメディアは、モバイルの現金取引で、10%課税を再考するように、委員会に追加する提案に強調しているいくつかのグループからのコメントを報告した。

ナスダック、仮想通貨取引所ジェミニとの協業を発表。

bitpressは2018年04月25日に、ナスダック(NASDAQ)は2018年04月25日に、アメリカで世界最大級の仮想通貨取引所ジェミニ(Gemini)との協業を発表した。

ジェミニは、ナスダックのサーベイランステクノロジーにアクセスすることにより、プラットフォームが顧客にとり公平でルールに基づいた価格を供給しているかどうかを監督することが可能になる。

カンボジアの小口金融アムレット、保険大手AIAと提携。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年04月26日に、カンボジアの新聞「クメール・タイムズ(Khmer Times/電子版)」は2018年04月25日に、カンボジアのマイクロファイナンス(Micro finance/小口金融)機関アムレット(Amret)は、香港に拠点を置く保険大手AIAグループ傘下のAIAカンボジア(AIA Cambodia)と、生命保険商品の販売で提携することで合意したと伝えた。

Bitcoinが100万円を回復。

仮想通貨が2018年04月09日から上昇を始め、約2週間で2018年04月24日に100万円を回復した。

2018年04月09日のBitcoinは74万350円だった。

ブロックチェーンで、太陽光発電の電力取引実験を開始。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年04月26日に、関西電力は2018年04月25日までに、オーストラリアの電力関連ベンチャー企業パワーレッジャー(Power Ledger)と共同で、ブロックチェーン技術を採用し、太陽光発電施設を持つ消費者が余剰電力をほかの消費者と直接取引するシステムの実証実験を大阪市で開始したと発表したと報告した。

実験期間は2018年04月24日〜2019年03月31日となっている。電力を供給する生産消費者(プロシューマー)と供給を受ける消費者は、パワーレッジャーが開発した電力直接取引(電力P2P/P2P energy trading)システムを利用し、仮想通貨を利用した取引を模擬的に行う。

Alipayは、CoralPayとのタイアップで、アフリカにより深く動く。

Mobile World Liveは2018年04月24日に、Alipay親会社蟻金融(Ant Financial)は、ポピュラーな中国支払いプラットフォームのために、最新の動きとして、ナイジェリアのCoralPayと2018年04月23日に、世界的な受容におけるアフリカのマルチ国協定(a multi-country African agreement)にサインしたと報告した。

ナイジェリア新聞ThisDay、The Postは2018年04月23日に、この取引が、南アフリカ外で、アフリカ大陸のAlipay受容のために公然と発表された最初であると、2社により明らかにされたと伝えた。

2017年の海外送金額、フィリピンは受取国世界第3位。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年04月25日に、世界銀行(World Bank)は2018年04月23日に、2017年の低中所得国への送金額が過去最高のUS$4,660億(約50兆6,800億円)だったと発表した。

フィリピンの受取額は前年比5.3%増のUS$326億で、世界第3位だった。低中所得国への送金額が増加したのは2年ぶりとなる。

低中所得国への送金額は前年から8.5%増えた。

仮想通貨業界の自主規制団体「日本仮想通貨交換業協会」発足。

日本経済新聞 電子版は2018年04月23日に、Coincheckによる不正流出事件などを受けて低下した業界の信頼回復を担って、仮想通貨業界の自主規制団体「日本仮想通貨交換業協会」が2018年04月23日日に発足したと報告した。

Googleのためのインド・ローカライズ・モデル。

Mobile World Liveは2018年04月19日に、Googleは、インド市場に向けて特に築かれたTezモバイル支払いプラットフォーム(Tez mobile payment platform in India)は、インドおよび他の急速な成長する出現市場に作られた製品として、仕立て屋に投資し続けることによって、成功の基にすることを計画すると伝えた。

これは、既存のAndroid Payではない。

インドのデータ規則で、モバイル財布法を廃止し、非難!

Mobile World Liveは2018年04月19日に、インドの経済新聞「エコノミック・タイムズ(The Economic Times)」は、インドのモバイル財布プロバイダーを規制するKYC(Know Your Customer/顧客確認)の規則は、消費者が、必要な情報を提出することを渋っているので、用法での廃止をもたらした。

確かに、KYC(Know Your Customer/顧客確認)は両刃の刃で、プライバシーと詐欺やマネーロンダリングの犯罪に関係する。

また、金融機関のプライバシー管理が信用できるかといえば、過去の経緯から信用できない。

実は、Coincheckで個人登録するときに、数カ所で疑問が発生し、登録するのをやめたことがある。

米国のダウ・ジョーンズ、ICO実施企業と提携し、ブロックチェーン活用実験開始。

bitpressは2018年04月19日に、Webブラウザを手掛ける米国のブレイブ(Blockchain Platform)は2018年04月18日に、Twitter上で米国のメディア大手ダウ・ジョーンズ(Dow Jones & Company, Inc.)のメディア部門ダウ・ジョーンズ・メディア・グループ(Dow Jones Media Group)との提携を発表した報告した。

チュニジアのオペレータはモバイル・マネーを相互運用可能にする。

Mobile World Liveは2018年04月18日、チュニジアは、従来からの金融機関に拡張される機能セットによって、ライバルのモバイル・マネー・サービス間の相互運用性を導入するために、最新の国になった。

チュニジアのモバイル・マネー・オペレータは相互運用性をスタートする。

Wirecardはヨーロッパの支払いのため、Fitbitと提携。

Mobile World Liveは2018年04月18日に、ドイツのデジタルの支払いプロバイダーWirecardは、コンタクトレスの支払いアプリをヨーロッパ全体でウェアラブル・メーカーのスマートウォッチに追加するために、Fitbitと提携した。

取引は、Fitbit支払いを使うために可能なユーザーの数を押し上げる。
現在、スペインおよび多くのUK金融機関に含めているヨーロッパに限られた多くのパートナー銀行サンタンデル(Santander)を持っている。

インドの紙幣不足、6州に拡大!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年04月18日に、インドで紙幣が不足する地域が広がってきた。現時点で6州がこの問題に直面していると報告した。

インドの新聞「タイムズ・オブ・インディア(Times of India)」は2018年04月17日に、当局が紙幣を貯め込んでいることなどが背景にあるとみられると伝えた。

大阪・ミナミで、違法カジノ急増。

毎日新聞は2018年04月17日に、大阪市の繁華街ミナミで違法カジノ店が急増している。
関係者によると、パソコンさえあれば開設できる「インターネットカジノ」が多く、全国的に増えているという。

参入を巡って暴力団関係者らの襲撃事件に発展するケースも出てきた。違法カジノの実態はどうなっているのか?毎日新聞の記者が夜のミナミを歩いたと報告した。

gaYa広告
総件数:3308最初1234567891011121314151617181920...最後
広告募集中