on-the-time.jp

カナダ、Huawei副会長の米国引き渡しについて、

日本経済新聞 電子版、毎日新聞は2019年03月02日に、米国側の提出した証拠などを基に引き渡しの是非を判断するため、カナダ司法省(Department of Justice Canada)は2019年03月01日に、中国の通信機器最大手、華為技術(Huawei/ファーウェイ)副会長兼最高財務責任者(CFO)の孟晩舟の米国への身柄引き渡しを巡り、手続きを正式に進める許可を出したと報告した。

台湾政府系シンクタンク工研院、資策会、Huawei製品を内部ネットワーク接続禁止!

アジア経済ニュースNNA ASIAは、台湾政府系シンクタンクのITRI(Industrial Technology Research Institute/工研院/工業技術研究院)は2019年01月14日に、中国の通信設備・機器大手Huawei(Huawei Technologies Co. Ltd./ファーウェイ/華為技術)製のスマートフォンについて、2019年01月15日正午より工研院内のネットワークに接続不能とする告知を出したと台湾の工商時報が伝えたと報告した。

Huawei社の社員、スパイと協調していたとして解任。

Mobile World Liveは2019年01月14日に、Huaweiは、ベンダが事件から身を引こうとしているため、中国の秘密サービス機関を捜査していたとして、ポーランドで逮捕された幹部を解任したと報告した。

Huaweiは、中国のスパイ機関に代わって高レベルのスパイ活動を行った容疑で起訴され、拘留された後、ポーランドでセールスディレクターを務めたWang Weijingの雇用を終了することを決定したと発表した。

こんどはポーランドで、Huawei中国人社員スパイ容疑で逮捕!

朝日新聞デジタルは2019年01月12日に、ロイター通信などが2019年01月11日に、ポーランドの捜査当局は、中国の通信機器最大手Huawei(Huawei Technologies Co. Ltd./ファーウェイ/華為技術)の現地法人の中国人社員Wang Weijingと、サイバーセキュリティ専門のポーランド治安当局(former member of the Polish intelligence service)のポーランド人Pole, Piotr D.の計2人をスパイ容疑で2019年01月08日に逮捕したと報じたと報告した。

Huaweiの副会長兼CFO、カナダで逮捕!

日本経済新聞 電子版、米国の新聞「ブルームバーグ(Bloomberg)」を始め多くのメデイァは2018年12月06日に、カナダ司法省は2018年12月05日に、中国の通信機器最大手Huawei(Huawei Technologies Co. Ltd./ファーウェイ/華為技術)の創業者の娘である孟晩舟(Wanzhou Meng)副会長兼最高財務責任者(CFO)を逮捕したと明らかにした。中国側は激しく反発しており、重要な局面に入ったばかりの米中通商協議が一段と複雑になる可能性があると報告した。

逮捕報道は、はカナダ紙「グローブ・アンド・メール(Glove and Mail)」が先んじて報じた。

米国が経済制裁を科すイラン(Iran)に製品を違法に輸出した疑いで、米国当局が孟晩舟の拘束を要請していたと、カナダ司法省のイアン・マクラウド報道官(Canadian Justice Department spokesperson Ian McLeod)が2018年12月05日の声明で発表した。

ケベック城壁の遺物が、カナダの考古学者によって発見された。

ArtDailyは2018年11月07日に、カナダのケベック市の考古学者は2018年11月06日火曜日に、カナダのケベック市の考古学者は、300年以上前にフランスの入植者が建設した和解の最初の要塞の遺物を発見したと言ったと報告した。

城壁の基盤は1693年のもので、発見されたのは長さは約20m(22ヤード)であった。

大麻ビジネス規制を緩和で、Facebook検索結果に表示開始。

Forbes JAPANは2018年10月26日に、米国では計30州で大麻販売が一部または全面的に合法化されているが、Facebookはこれまで、自社サイトでの違法販売を防止するため、ユーザーによる検索結果に大麻関連のページを表示させないようにしていた。そのFacebookが先週、カナダでの嗜好(しこう)用大麻合法化に合わせ、この方針を変更したと報告した。

カナダのボンバルディア、産業スペイ容疑で、三菱航空機を提訴!

日本経済新聞 電子版は2018年10月22日に、米国の新聞「シアトル・タイムズ」などが、カナダの航空機大手ボンバルディア(Bombardier)は2018年10月22日に、旅客機の認証に関する情報を不正利用したとして三菱重工業傘下の航空機メーカー愛知県豊山町の三菱航空機を米国のシアトルの連邦地裁に提訴したと報じたと報告した。

先進国で初!大麻合法化のカナダ、社会はどう変わるのか?

Forbes JAPANは2018年10月18日に、大麻が2018年10月18日に合法化されたカナダでは、あらゆることが変化する。

関連製品の生産、販売、所持、使用が法的に認められた同国は米国に先駆け、大きな利益を得ていくことになる。

そして、その影響は米国全体に及ぶと報告した。

カナダ政府、軍関係者の大半に「大麻使用」認める方針!?

Forbes JAPANは2018年09月15日に、2018年10月17日から嗜好用大麻が解禁されるカナダで、軍関係者の大麻使用にあたってのルールが発表されたと報告した。

Walmart、CocaColaが、カナダで大麻販売!?

Forbes JAPANは2018年10月16日に、カナダで大麻販売が解禁される2018年10月17日が目前に迫る中、CocaCola(コカコーラ)やWalmart(ウォルマート)、ビールビCorona(コロナ)などのグローバル企業各社は、新興大麻市場からの恩恵に最大限あずかる方法を思案していると報告した。

広範な販売経路を持つ酒類製造大手にとって、大麻成分を使った飲料製品の開発は非常に簡単である。

Metro Internationalは、オタワ版Metroを60,000部発行開始した。

Metro International S.A.は、カナダMetroがフリー・ペーパーのオタワ版Metroを60,000部発行開始したと報告した。

総件数:12最初1最後