変化舞踊「七重咲浪花土産」172年ぶり復活。

毎日新聞は2018年05月17日に、ひとりの踊り手が役柄を変えながら数役を踊り抜く「変化(へんげ)舞踊」の新旧2作品が、東京・国立劇場大劇場で2018年05月26日午後2時に上演されると報告した。

充実した活動を展開する花柳流の花柳基(もとい)、西川流の西川箕乃助(みのすけ)の2人の男性舞踊家が、それぞれ5役を踊るのが「七重咲浪花土産(ななえざきなにわのいえづと)」

(織田紘二監修、鈴木英一補綴(ほてつ)、箕乃助・基振り付け、藤舎呂英作調)。

二世尾上多見蔵の七変化で1846年に初演され、今回が、それ以来172年ぶりの復活となる。

オーストラリアの車販売企業、日本ペイント商品販売。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年05月24日に、日本ペイント・ホールディングスが、オーストラリア最大の自動車販売会社AHG(Automotive Holdings Group Limited/オートモーティブ・ホールディングス・グループ)が2018年05月に立ち上げた自動車補修用塗料販売会社PFA(Perfect Finishes Australia/パーフェクト・フィニッシュズ・オーストラリア)を通じて、オーストラリアで初めて自動車補修用塗料を販売することが分かった。シドニー拠点のPFAは、12カ月以内にオーストラリア市場で3%のシェア獲得を狙っていると報告した。

カンヌ映画祭/是枝監督「万引き家族」最高賞パルムドール受賞。

毎日新聞は2018年05月20日に、フランスで開催中の「第71回カンヌ国際映画祭(71th Festival de Cannes)」で最終日の2018年05月19日夜(日本時間20日未明)、授賞式が行われ、日本から出品された是枝裕和(Hirokazu Kore-eda)監督(55)の「万引き家族」が、最高賞のパルムドール(PALME D'OR)に輝いた。

マレーシアの富士フイルムは、インスタックスSQ6を発表。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年05月16日に、富士フイルムの現地法人フジフイルム(マレーシア)は2018年05月15日に、スクエアフォーマット(正方形)のフィルム出力に対応する2機種目のモデルになるインスタントカメラ「instax(インスタックス/日本名:チェキ)」シリーズの新製品「instax スクエアSQ6」の発売を、日本と同時発表したと報告した。

携帯大手3社、LINE対抗し、長文と動画でSMS進化!

日本経済新聞 電子版は2018年04月10日に、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの携帯大手3社は2018年04月10日に、現行のSMS(short message service/ショート・メッセージ・サービス)を進化させ、長文テキストや動画に対応した新たなメッセージサービス「+メッセージ」を共同で開始すると発表したと報告した。

これは、3社による談合で、携帯大手3社による独占とも言える。

「+メッセージ」の画面や機能はLINEの対話アプリ「LINE」に似ている。

著作権侵害ではないかという意見もあるが、NTTドコモの藤間担当部長は「LINE対抗というよりは、携帯電話のメッセージサービスの正常進化。若年層よりも30代より上のビジネスユーザーをターゲットとしていきたい。」と語った。

デイヴィド・ロックフェラー・コレクションのオークション!

ArtDailyは2018年05月09日に、101歳で2017年に死去した元銀行家で、億万長者のデイヴィド・ロックフェラー(David Rockefeller)と、彼の妻ペギー(Peggy)によって集められた1600点のアートコレクションの販売は、2018年05月08日火曜日に、新しいオークション記録をフランスのアーティストクロード・モネ(Claude Monet)とアンリ・マチス(Henri Matisse)に課してキックオフしたと、クリスティーズ(Christie's)は言ったと報告した。

東大生協、著名画家の大作廃棄処分。

朝日新聞デジタルは2018年05月08日に、東京都文京区の東京大学安田講堂前の地下食堂に飾られていた著名画家の大作が、施設改修で行方不明になっていた問題で、食堂を管理する東大生協が2018年05月08日に、正式に廃棄を認めたと報告した。

東大生協ホームページに「貴重な文化資産である作品を失うことの重大さに思いが至らなかったことを深く反省する」などとした「お詫(わ)びと経緯」を載せた。

エジプトのツタンカーメン王墓に隠し部屋なかった。

毎日新聞は2018年05月07日に、エジプト考古省Ministry of Antiquities, the Arab Republic of Egypt)は2018年05月06日に、未発見の部屋の存在が指摘されていた古代エジプトのツタンカーメン(Tutankhamun)王(紀元前14世紀)の墓に対するイタリアの研究チームの調査結果を明らかにし、隠し部屋は存在しないと結論付けた。

フランスで、手塚治虫の「アトム原画」、3500万円で落札。

毎日新聞2018年05月06日に、フランスの競売会社アールキュリアル(Artcurial)は2018年05月05日に、原画やフィギュアなど漫画をテーマにした競売をパリで行い、手塚治虫(1928〜89年)が1950年代後半に制作した「鉄腕アトム(Astro Boy)」の原画が€269,400(約3500万円)と予想を大幅に上回る高値で落札されたと発表した。

「自撮り」は芸術だ!? 美術館までが続々登場!?

日本経済新聞 電子版は2018年04月27日に、米国で「美術館(Museum)」の概念を打ち破る施設が続々と誕生していると報告した。

館内を占拠するのはカラフルなアート作品の数々。

スマートフォン(スマホ)で自分も写り込んだ「作品」を二次創作し、ソーシャルメディアに投稿するまでが、今どきの楽しみ方だという。巨匠の作品をただ眺めるだけではつまらない。「セルフィー(自撮り)」世代がアートをアミューズメントに変えていくと伝えている。

もともとアメリカは、ヨーロッパの博物館や美術館の概念を破壊し、簡単に潰す。

つまり、アメリカは消化し、消える博物館を開発した。

「ニンテンドースイッチ」向けの「ニンテンドーラボ」を発売。

日本経済新聞 電子版は2018年04月20日に、任天堂は2018年04月20日に、家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」向けのゲームソフト「ニンテンドーラボ(Nintendo Labo)」を発売したと報告した。

利用者が自ら組み立てた段ボールの模型にスイッチの着脱式コントローラーを取り付けてゲームを操作する新感覚の遊びを提案する。

大阪・ミナミで、違法カジノ急増。

毎日新聞は2018年04月17日に、大阪市の繁華街ミナミで違法カジノ店が急増している。
関係者によると、パソコンさえあれば開設できる「インターネットカジノ」が多く、全国的に増えているという。

参入を巡って暴力団関係者らの襲撃事件に発展するケースも出てきた。違法カジノの実態はどうなっているのか?毎日新聞の記者が夜のミナミを歩いたと報告した。

香港のストリートアート(street art in hong kong)。

AFPは2018年04月11日に、Instagram(インスタグラム)上で有名になった壁画からペインティング・バトルまで、香港のかつてのアンダーグラウンドなストリートアート・シーンが近年盛り上がりを見せており、今や市の壁や路地のいたる所で発展していると報告した。

眉の動きは、人類進化の助けになるか!?眉の発達は約20万年前に始まる?

AFPは2018年04月10日に、相手を疑って片眉を上げたり、相手に共感して眉根を寄せたりする能力のおかげで、人間は進化上の優位性を獲得した可能性があるとの研究結果が2018年04月09日に、発表されたと報告した。

研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。

この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。

ヤナセ、往年の名車修復する、横浜にクラシックカーセンターを開設。

朝日新聞デジタルは2018年04月12日に、輸入車の販売大手ヤナセが、往年の名車を預かって修復する拠点として、「ヤナセクラシックカーセンター」を2018年04月05日に〒224-0044 神奈川県横浜市都筑区川向町 1117 ヤナセ横浜ニューデポーでオープンしたと報告した。

アートの扉---河鍋暁翠と暁翠父娘。

毎日新聞は2018年04月16日に、「百福図」「画鬼」の娘、にじむ笑い。カルタや碁に興じたり、楽器を弾いたり、踊ったり。

ふっくら愛らしい100人以上の「福女」が、笑いさざめきながら遊んでいる。

庶民から貴族まで衣装風俗はさまざま。
あられもない姿を見せる女性もいて、思わず頬が緩む。
と紹介している。

幕末〜明治前半に活躍し、あらゆる題材を描く縦横無尽の筆さばきから「画鬼」と称された絵師河鍋暁斎(Kyousai Kawanabe/1831 - 1889)。

本作の作者、暁翠は彼の長女。暁斎の死後に画家として独り立ちし、評価を得たものの、近年は名声がうなぎ登りの父の陰に隠れた存在だったと報告している。

ゴッホの作品が、20年ぶりにパリのオークションで登場する。

AFPは2018年03月29日に。オランダの巨匠ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ(Vincent Van Gogh)の油彩画が2018年06月にフランスでオークションにかけられることになり、2018年03月28日に、パリのオークション会社で公開されたと報告した。

ゴッホの作品がフランスでオークションにかけられるのは20年以上ぶりとなる。

カジノ法、自民が譲歩。

毎日新聞は2018年03月27日に、自民、公明両党は2018年03月27日に、カジノを含むIR(Integrated Resort/統合型リゾート)に関するWT(Working team/ワーキングチーム)の会合を開いたと報告した。

カジノへの入場回数規制について、自民が譲歩し、政府原案通り「週3回かつ月10回」を上限とすることで合意した。

1300年から現代まで、生きているような彫刻、色、ボディ展。

ArtDailyは2018年03月25日に、14世紀のヨーロッパからグローバルなプレゼントとして、改めて先駆的な展示会「生きているような彫刻、色、ボディ/1300年から現代(Like Life: Sculpture, Color, and the Body (1300-Now)」について試験されていると報告した。

The Met Breuerで、先駆的な展示会は2018年03月22日から07月22日まで開催されている。

大手カジノのボラカイ島進出、フィリピン政府が承認。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年03月22日に、フィリピンのビジネスワールド(BusinessWorld)、フィリピンの公営賭博会社PAGCOR(Philippine Amusement and Gaming Corporation/フィリピン・アミューズメント・アンド・ゲーミング社)は2018年03月20日に、マニラ首都圏のIR(Integrated Resort/統合型カジノリゾート)「リゾーツ・ワールド・マニラ(Resorts World Manila)」のボラカイ(Boracay)島での営業計画を承認したと明らかにした。伝えた。

香港で、アジア最大の映像見本市が開幕!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年03月20日に、アジア最大級の映画・映像見本市「第22回香港フィルマート(FILMART/Hong Kong International Film & TV Market/香港國際影視展)」が2018年03月19日に、香港島・湾仔のHKCEC(Hong Kong Convention and Exhibition Centre/香港コンベンション・アンド・エキシビションセンター/香港会議展覧中心)で開幕したと報告した。

Facebook、「民衆を導く自由の女神」を裸理由に掲載禁止!

AFPは2018年03月19日に、Facebookは2018年03月18日に、フランスの巨匠画家ウジェーヌ・ドラクロワ(Eugene Delacroix)の傑作「民衆を導く自由の女神(Liberty Leading the People)」を使用した広告を、上半身裸の女性を描写しているとの理由で掲載禁止としたことは間違いだったと認めたと報告した。

巨匠ダリの遺体、ようやく再埋葬。

AFPは2018年03月18日に、娘と名乗る女性の申し立てを受けて2017年07月に掘り起こされたスペインの巨匠画家、サルバドール・ダリ(Salvador Dali)の遺体が15日夜、ようやく北東部フィゲラス(Figueras)のダリ劇場美術館(Dali Theatre-Museum)内にある墓に再び埋葬された。ダリの遺産を管理するガラ・サルバドール・ダリ財団(Gala-Salvador Dali Foundation)がv、明らかにしたと報告した。

ダリの遺体の再埋葬には法務官と法医学者も立ち会った。

「カジノ解禁」に向けた動き!

日本経済新聞 電子版は2018年03月19日に、「カジノ動かす維新とトランプ (シンゾウとの距離)」を公開した。

2018年03月15日に、自民党政調会長、岸田文雄はカジノを含むIR(Integrated Resort/統合型リゾート)実施法案の修正を協議した与党の作業部会で、「(2016年成立の)IR推進法において施行後1年以内に法的措置を講じる点が定められている。こうした点を念頭に議論を進めたい」と、「カジノ解禁」に向けて呼びかけたと報告した。

長生きと年金。制度設計の遅れで、引退生活支えきれない。

日本経済新聞 電子版は2018年03月14日に、後は年金暮らしで悠々自適。

身を粉にして働いてきた人たちがあこがれる老後を公的年金制度で支えるには、長すぎるほどに人生100年時代はなった。

これまでの政治では、先が見えなくなった!

フランスのファッションデザイナーであるユベール・ド・ジヴァンシーが死去。

毎日新聞、日本経済新聞 電子版は2018年03月12日に、1952年にThe House of Givenchyを創設したフランスのファッションデザイナーであるカウント・ユベール・ジェイムズ・マルセル・タファン・ド・ジヴァンシー(Count Hubert James Marcel Taffin de Givenchy/1927 - )が、2018年03月10日にパリ郊外のルネッサンスの城で死去したと報告した。

超モダンなチェスセット!

ArtDailyは2018年03月09日に、アーティストのレイチェル・ホワイトレッド(Rachel Whiteread)が製作した「Modern Chess Set」とタイトルがつけられた超モダンなチェスセットを紹介した。

サムスン電子が、QLEDテレビの新製品を発売。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年03月12日に、韓国のサムスン電子(Samsung Electronics)は2018年03月07日(現地時間)に、米国のニューヨーク(New York)のAmerican Stock Exchangeビルで「ザ・ファーストルック2018ニューヨーク(The Fast LOOK 2018 New York)」を開催し、「量子ドット」技術を使ったテレビ「QLED」シリーズの2018年モデルなど、今年の主要製品を紹介したと報告した。

フランスの慈善活動として、ミロのビーナスに補綴アームを提供。

ArtDailyは2018年03月07日に、有名な腕のないギリシャ女神彫像ミロのビーナス(Venus de Milo)のレプリカは火曜日に、キャンペーンのためにハンディキャップ・インターナショナル(Handicap International)により、パリで運び出され、3Dプリンタにより作られた2つの補綴の手足を寄付されたと報告した。

米国で、最低映画賞に『絵文字の国のジーン』が4冠獲得。

AFPは2018年03月04日に、米国のロサンゼルスで2018年03月03日に、2017年1年間で最低だった映画に贈られる第38回ゴールデン・ラズベリー賞(38th Golden Raspberry Award/通称:ラジー賞/Razzies)が発表され、冒険アニメーションの『絵文字の国のジーン(The Emoji Movie)』が最低作品賞に選ばれたと報告した。

2017年の最低映画賞候補には、
「絵文字の国のジーン」のほか、
「ベイウォッチ(Baywatch)」
「フィフティ・シェイズ・ダーカー(Fifty Shades Darker)」
「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(The Mummy)」
「トランスフォーマー/最後の騎士王(Transformers: The Last Knight)」がノミネートされていた。

ウィーンの博物館が、Facebookに検閲能力がないと非難!

AFPは2018年03月01日に、旧石器時代の傑作とされる彫像「ウィレンドルフのビーナス(Venus of Willendorf)」の画像が、交流サイト(SNS)最大手Facebookの検閲により同サイト上から削除されたことを受け、同像を展示するNHMW(Naturhistorisches Museum Wien/オーストリア・ウィーン自然史博物館/NHM Vienna)は2018年02月28日に、検閲を批判したと報告した。

カンボジアのグローバルな貿易のセンターであったLongvekの発掘。

カンボジアの新聞「プノンペン・ポスト(The Phnom Penh Post)」は2018年02月19日に、Longvekの町は、部落Tralach地区で絵のように美しいけれども、平凡である。

雌牛は、水田と竹馬に乗っている木製の家ドットの間で景色を擦り剥く。一度は、それが大きい首都に帰ったと想像することが困難である。

土の壁に取り囲まれる 堀と森林。当時はオランダとスペインにによる商船がそれらのいかりをトンレサップ川(Tonle Sap river)に近い所に下ろした。

クメール人の間でさえ、16世紀の60年がLongvekがカンボジアの首都であった暗い時代と記憶されて、1593年のAyutthayan侵略者のおかげで失敗と「大きい屈辱」で最高点に達したと報告した。

凌雲閣 十二階の基礎部分発見!

株式会社Ewil Japanの社長飯島邦夫が、日本初のエレベーター付きの建物。関東大震災で倒壊した“凌雲閣 十二階”の基礎部分が工事現場で発見との知らせがあったと報告した!

サムスンの劇場用「サムスンシネマLED」、上海に中国第1号。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年02月06日に、韓国のサムスン電子(Samsung Electronics)は2018年02月04日に、中国の不動産系コングロマリット(複合企業)で中国最大の映画館チェーンを運営する大連万達集団(大连万达集团/万達集団)と上海で、映写機を必要としない上映システム「サムスンシネマLED(Samsung Cinema LED/三星电影LED/三星Cinema LED)」の中国1号店オープンイベントを開いたと報告した。

上期中に2号店を北京に設ける予定にしている。

サザエさん」のスポンサー、東芝からアマゾンに!

日本経済新聞 電子版は2018年01月31日に、フジテレビ系の人気アニメ「サザエさん」の新スポンサーに、アマゾンジャパンやベビー用品店の西松屋チェーン、大和ハウス工業が決まったと報告した。

芸術的すぎるメモ帳「OMOSHIROI BLOCK」

朝日新聞デジタルは2018年01月30日に、大阪市西淀川区の建築模型制作会社「トライアード」が、訪日外国人観光客向けのお土産用を想定して開発した「OMOSHIROI BLOCK(オモシロイ ブロック)」は、メモ用紙を1枚ずつ使うと、京都の清水寺や東京タワー、浅草の雷門、ピアノやカメラなど計22種類が現れると報告した。

The Best Photos of the Dayで公開された18金のトイレ。

ArtDailyは2018年01月26日に、イタリアのアーティストであるマウリツィオ・カッテラン(Maurizio Cattelan)が作った完全に機能する黄金のトイレであると報告した。

カスタム腕時計「ノット(Knot)」、タイ1号店開設。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年01月26日に、タイのロニー・インター(Rony Inter)は2018年01月25日に、バンコクのスクンビット通りソイ47〜49(Sukuhmvit Road soi 47 - 49)に日本のカスタム腕時計ブランド「ノット(Knot)」の1号店を正式に開設したと報告した。

春日大社で見つかった刀は、最古級の日本刀「古伯耆物」だった。

毎日新聞、朝日新聞デジタル、産経ニュースは2018年01月22日に、奈良市の春日大社は2018年01月22日に、所蔵する太刀1本を研磨した結果、日本刀の原型が成立した最初期である12世紀の平安時代末期ごろに作られた「古伯耆物(こほうきもの)」と呼ばれる最古級の日本刀と判明した、と、春日大社宮司の花山院弘匡が発表したと報告した。

写真家マリオ・テスティーノにセクハラ疑惑。

AFPは2018年01月19日に、世界的セレブの撮影やファッション誌で活躍する、写真家のマリオ・テスティーノ(Mario Testino)からセクハラを受けたと13人もの人が声を上げたと報告した。

米国の新聞「ニューヨーク・タイムズ(New York Times)」は、マリオ・テスティーノへの疑惑と共に、2017年12月に男性モデル、ジェイソン・ボイス(Jason Boyce)よって訴えられた大物写真家ブルース・ウェーバー(Bruce Weber)の話も掲載した。

芸能界だけではなく、写真家も少し以上に異常でないと、務まらない職種なのだろうか?

G20で、ドイツとフランスが仮想通貨の規制を提案?

朝日新聞デジタルは2018年01月20日に、仮想通貨「Bitcoin」で規制強化の動きが相次いでいる。
金融緩和であふれたマネーが投機的な取引に流れ、過熱ぶりに中国や韓国が規制強化に動いて相場急落につながった。

2018年01月18日に、ドイツとフランスの経済閣僚が共同で記者会見し、「Bitcoin」の国際規制を呼びかけた。
価格の乱高下が続いていることを踏まえ、取引リスクを分析し、2018年03月にアルゼンチンであるG20財務相・中央銀行総裁会議に規制案を提案するという。

主要国でも「Bitcoin」の取引リスクへの懸念が出ており、2018年03月の主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議ではドイツとフランスが国際的な規制を提案し、議論される見通しだと報告した。

退職者向け保養地、マレーシアが世界で5位!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年01月16日に、海外移住情報サイト「インターナショナルリビング・ドット・コム(Internationalliving.com)」が2018年01月01日に「The World’s Best Places to Retire in 2018」を公開し、各国の生活費、医療状況、気候などを総合評価し、選出した退職者向け保養地で、コスタリカ、メキシコ、パナマ、エクアドルに次ぎ、マレーシアがランクインしたと報告した。

ショパンの早世の死因、ついに解明か!?

AFPは2017年12月31日に、世界中で今なお愛されている19世紀のピアニストで多作な作曲家、ポーランド系フランス人のフレデリック・ショパン(Frédéric Chopin/1810 - 1849)の早世の理由が、自身の心臓によって明らかになるかもしれないと報告した。

ショパンは39歳でこの世を去ったが、その原因をめぐっては長きにわたり、結核と思われてきた。

しかし、2008年にポーランドの医療専門家らが、いつも病弱だったショパンは実際には嚢胞(のうほう)性線維症にかかっていた可能性を指摘した。

そして、最近になってコニャックと思われる液体が入った瓶の中で168年前から保存されているショパンの心臓をより詳細に調べるため、同じくポーランドの研究者らが最新技術を用いてより正確な診断を行った。

今日は、民間の懸賞金としては過去最高額11億円、最後の日。

AFPは2017年12月30日に、警察に扮(ふん)した男らによって米国のボストンにある美術館からオランダの画家レンブラント(Rembrandt)やオランダ絵画の巨匠ヨハネス・フェルメール(Johannes Vermeer)の作品が盗まれてから30年になる。

米国史上最大規模とされる美術品の盗難事件を解決するため美術館側は懸賞金を一時的に2倍のUS$1000万(約11億3000万円)に引き上げた。

しかし、増額分が支払われるのは2017年12月31日までとなっている。
残念ながら、作品回収につながるような有力な情報はまだ寄せられていない。

台湾のライブ配信「M17」、2018年の目標は日本トップ・シェア!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年12月28日に、台湾の工商時報などが2017年12月27日に、台湾や日本などでスマートフォン向けライブ動画配信アプリ「17メディア(17直播/17 Media)」を運営するM17エンターテインメント(M17 Entertainment)の顧尚修財務長は、2018年の事業展開について「日本のライブ動画配信市場でトップを目指すほか、韓国進出も図り、アジア太平洋地域での展開を広げる。」との意気込みを示したと伝えたと報告した。

国交130年の締めくくりとして、タイで日本美術展開催。

AFPは2017年12月26日に、時事通信社からの情報として、日本とタイの外交関係締結130年を記念する日本美術展「The History of Japanese Art: Life and Faith---The History of Japanese Art: Life and Faith/「日本美術のあゆみ―信仰とくらしの造形―」展」が2017年12月27日から始まるのを前に、会場となるバンコクの国立博物館(พิพิธภัณฑสถานแห่งชาติ พระนคร/Bangkok National Museum/National Museum, Bangkok)で2017年12月26日夜に、開幕式が行われたと報告した。

グアンタナモ収容所のアート展!「イスラム過激派」たちのもう一つの顔。

AFPは2017年12月25日に、今、米国のニューヨークで開催されている意外なアート展。

出品作家8人は、キューバのグアンタナモ(Guantanamo)にある米海軍基地の収容所に収容中、あるいはかつて収容されていたイスラム過激派とされる人々である。

段ボールでできた3本マストの小さな船。帆にはTシャツの端切れが、ロープには礼拝用の帽子から取った糸が使われている。
水辺にたたずむ巨大なモスクの絵や顔のない自由の女神像(Statue of Liberty)の絵もある。

ミャンマーの伝統工芸品張り子細工、日本に輸出へ!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年12月18日に、ミャンマー政府系英字紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマー(The Global New Light Of Myanmar)が2017年12月17日に、ミャンマーの伝統工芸品の一つ、張り子細工の置物が日本に輸出される見通しになったと伝えたと報告した。

詳細は伝えられていないが、コンテナ2本分を海上輸送するという。

クリスティーズは、「My highlight of 2017」を公開。

クリスティーズ(Christie’s)は2017年12月15日に、この1年のオークションを振り返り。世界中からのクリスティーズ専門家はそれらの好きなアートとオブジェクトを歴史的な年から抜き取ったと報告した。

カンボジアのサンタクロースとトナカイは、どうですか?

カンボジアのプノンペン・ポスト(The Phnom Penh Post)は2017年12月14日に、今年早く、カンボジアのニッチ市場を作りあげることをめざす会社DecorCamは、ファイバーグラスで彫像をカスタマイズすることが専門の会社で、等身大の小像を作ること、そしてクリスマス季節の間賃貸されるように塗装することに忙しかったと報告した。

サウジアラビアで、数十年ぶり映画館の営業禁止措置を解除。

AFPは2017年12月11日に、サウジアラビア(المملكة العربية السعودية/Kingdom of Saudi Arabia)で、強大な権力を有し、世界で今、もっとも危険な男といわれるサウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン(Mohammed bin Salman/محمد بن سلمان بن عبد العزيز آل سعود)皇太子は社会改革を進めており、今回の画期的な決定もその一環として、2017年12月11日に、数十年にわたって続いた映画館の営業禁止措置を解除すると発表したと報告した。

東京オリンピック、パラリンピックのマスコット。

毎日新聞は、2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会は2017年12月07日に、大会マスコットの最終候補3作品の発表会を開いた。

朝日新聞デジタルも読もうとしたが、こんな記事まで一般公開ではなかったのでパスした。

ダ・ビンチのキリストの絵画「Salvator Mundi)」は、サウジ皇太子が落札!?

毎日新聞は2017年12月08日に、WSJ(Wall Street Journal/ウォールストリート・ジャーナル)は2017年12月07日に、イタリア・ルネサンスの巨匠レオナルド・ダ・ビンチ(Leonardo da Vinci/1452 - 1519)作とされる約500年前のキリストの絵画「サルバトール・ムンディ(救世主/Salvator Mundi)」を落札したのは、世界で今、もっとも危険な男サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン(Mohammed bin Salman/محمد بن سلمان بن عبد العزيز آل سعود)皇太子だと伝えた。

「とんねるずのみなさんのおかげでした」30年の歴史に幕!

毎日新聞は2017年12月08日、フジテレビの木曜日午後9:00のバラエティー番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」が2018年03月で終了することが2017年12月07日、同番組内で発表されたと報告した。

US$4億5000万で落札されたレオナルドダ・ヴィンチは、ルーブル美術館アブダビ!

ArtDailyは2017年12月07日に、レオナルドダ・ヴィンチ(Leonardo Da Vinci)によるキリストの絵画「Salvator Mundi」は、絵画オークション記録US$4億5000万で落札されたが、それは大胆な新しい美術館ルーブル美術館アブダビ(Louvre Abu Dhabi)のために落札されたと、2017年12月06日水曜日に公式に明らかにされたと報告した。

富士ゼロックス、特殊トナー使用の商用印刷機を発売。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年12月07日に、プリンター・複合機大手の富士ゼロックスの韓国法人韓国富士ゼロックスは2017年12月06日に、商業印刷向けのプロダクションプリンターの新モデル「Iridesse Production Press」を韓国で発売すると発表した。

国際市場へ進出で、中国とポーランドのアニメ制作会社が協力。

AFPは2017年12月10日に、1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳した情報として、「2017中国·波兰国际动漫企业峰会在南京举办(中国・ポーランド国際アニメ・漫画企業フォーラム)」が2017年12月04日に、中国の南京(Nanjing)で開催されたと報告した。

期間中には中国とポーランドのアニメ制作会社による戦略的業務提携の調印式も行なわれ、今後は共に手を携えて国際アニメ市場へ展開していくことになる。

英語テキストの最初のグラフィック・デザイナー展。

ArtDailyは2017年12月02日に、オックスフォード大学のボドレアン図書館(Bodleian Libraries, University of Oxford.)で開催された展覧会で、種々の手配で包まれた1389年頃のウースターシャー(Worcestershire)からの年鑑を紹介した。

フランスの巨匠モネの愛用眼鏡や浮世絵など、遺品のオークション。

AFPは2017年11月27日に、競売大手クリスティーズ(Christie's)が香港で2017年11月26日に、印象派の父として知られるフランス美術の巨匠クロード・モネ(Claude Monet)の遺品の数々がオークションににかけられ、総額およそUS$1100万(約12億2000万円)で落札されたと発表したと報告した。

モネ愛用の金色の金属でできた丸縁眼鏡も出品され、落札予想価格US$1000〜1500(約11万〜16万円)を大きく上回るUS$5万1457ル(約570万円)で落札された。落札したのはアジアの入札者だという。

似たものが、100円ショップで売っている。

映画『カサブランカ』公開75周年。

AFPは2017年11月25日に、最も優れた映画作品として多くの人々から評価されている不朽の恋愛映画『カサブランカ(Casablanca)』が今週、公開から75年周年を迎えると報告した。

中東現地版「風雲!たけし城」のサウジ制作で、TBSと契約書に調印。

AFPBB Newsは2017年11月24日に、ビートたけしが出演し、1980年代に日本国内で人気を博し、現在は世界各国で現地版が制作・放映されているバラエティー番組『風雲!たけし城』の中東現地版が新たに制作されることになり、サウジアラビア(المملكة العربية السعودية/Kingdom of Saudi Arabia)のスポーツ庁(Saudi Arabian General Sports Authority)のツルキ・ビン・アブドルモーセン・アル・アルシェィク(H.E. Turki Bin Abdulmohsen Al Alsheikh)長官、フェサール王子(H.R.H. Faisal bin Bandar bin Sultan Al Saud)と、アハマッド・アルバラック(H.E. Ahmed Bin Yunes Albarak)駐日大使らによる訪問団一行が2017年11月24日に、東京赤坂のTBSホールディングスを訪れ、契約書に調印したと報告した。

オノ・ヨーコ所有のバスキアの絵画競売へ!

毎日新聞は2017年09月30日に、競売大手サザビーズ(Sotheby's)は2017年09月29日に、芸術家オノ・ヨーコ(Yoko Ono)が所有する米国人画家ジャンミシェル・バスキア(Jean-Michel Basquiat/zhahn mee-SHEHL' BAH'-skee-aht/1960 - 1988)の絵画をニューヨークで2017年11月16日に競売に掛けると発表した。

最高US$9,000US$1,200万(約13億5,000万円)で落札される可能性があるとしている。

ダビンチのキリスト画、史上最高額510億円で落札。

AFP、ArtDaily、ドイツのアート雑誌「ART」は2017年11月16日に、イタリア・ルネサンスの巨匠レオナルド・ダ・ビンチ(Leonardo da Vinci/1452 - 1519)作とされる約500年前の絵画「サルバトール・ムンディ(救世主/Salvator Mundi)」が2017年11月15日に、米国のニューヨークでオークションに掛けられ、美術品の競売で史上最高額となるUS$4億5030万(約510億円)で落札されたと、オークション大手クリスティーズ(Christie's)が発表したと報告した。

実際の落札価格はUS$4億で、残りは手数料とその他になるが、それだけでUS$5030万というのもすごい。

台湾のHTC、VR開発プラットフォームを公開。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年11月15日に、台湾のスマートフォン大手のHTC(High Tech Computer/宏達国際電子)は2017年11月14日に、新事業として力を入れるVR(Virtual Reality仮想現実)専用HMD(Head Mounted Display/ヘッドマウントディスプレイ)「HTC Vive(バイブ)」の開発者向けイベント「VDC(Vive Developer Conference/Vive開発者大会)2017」を中国北京市で開催し、Viveの開発者用オープンプラットフォーム「VIVE WAVE VR」を公開した。多様なハードとコンテンツの開発を簡略化でき、VR技術のさらなる進化につながるとアピールしたと報告した。

スマホで制作できるVR動画技術を商用化!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年11月08日に、ETRI(한국전자통신연구원/Electronics and Telecommunications Research Institute/韓国電子通信研究院)は、スマートフォンを使って、360度見渡せる仮想現実(VR)動画を簡単に制作できる技術を商用化したと発表したと報告した。

トランプ大統領、11分間Twitter使えず!

毎日新聞は2017年11月03日に、Twitterを頻繁に使うことで知られる米国のドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領の個人的なTwitterアカウント@realDonaldTrumpが、11分間使えなくなったと報告した。

デュシャン作のひげのモナリザ、約8500万円で落札。

AFPは2017年10月22日に、フランスの首都パリ(Paris)で2017年10月21日、マルセル・デュシャン(Marcel Duchamp)が巨匠レオナルド・ダビンチ(Leonardo da Vinci)の代表作「モナリザ(Mona Lisa)」の複製に鉛筆で口ひげや顎ひげを描き加えた作品の一つが、競売大手サザビーズ(Sotheby's)の競売に出品され、63万2500ユーロ(約8460万円)で落札されたと報告した。

オランダで、世界で初の3Dプリンター製作の橋が開通。

AFPは2017年10月18日に、オランダ南東部ノルドブランバント州ヘーメルト(Gemert, Noord-Brabant province)で2017年10月17日に、世界で初めて3Dプリンターで製作されたコンクリート製の橋が開通した。

橋は自転車を利用する人向けで、開通式では当局の職員らが自転車でこの橋を通行した。

ルーブル美術館で展示拒否された彫刻、ポンピドー・センターが展示。

AFPは2017年10月19日に、フランスの首都パリ(Paris)にあるヨーロッパ最大の現代美術コレクションを誇るポンピドー・センター(Pompidou Centre)で、男性が動物と性行為をしているようにも見える巨大な彫刻が展示され、物議を醸している。

猥褻か?アートか?
時々話題になる。

この彫刻は「粗暴すぎる」として、ルーブル美術館(Louvre Museum)に展示を拒否されていた。

個人の美術品、信託可能に、法務省が公益信託制度の変更を検討。

朝日新聞デジタルは、個人が所蔵する美術品や伝統的な建物の一般公開などを進めようと、法務省が公益信託制度の変更を検討していると報告した。

信託財産の種類を広げ、公益事業の担い手を増やす方向で、法制審議会の答申を待ち、再来年に公益信託法改正案を国会に提出する方針だという。

運用益などは非課税となり、相続税の対象から除外される。

「スーパー法王」Tシャツ発売。

AFPは、架空のヒーロー「スーパーマン」のポーズをとるフランシスコ(Francis)法王を描いたグラフィティ(落書き)の図柄を使ったTシャツが販売され、売り上げの一部がバチカン(ローマ法王庁)の慈善活動に充てられることになったと報告した。

個人所有の最後のレオナルド・ダ・ヴィンチの絵画、売り出される。

ArtDailyは2017年10月11日に、個人のコレクターが所有する最後のレオナルド・ダ・ヴィンチ(Leonardo Da Vinci/1452 - 1519)の絵画が、2017年11月にニューヨークのクリスティーズ(New York, the Christie's auction house)で、競売にかけられると、2017年10月10日火曜日に言い、クリスティーズではUS$1億と予測している。

世界チェス栄誉殿堂として、ビクター・バザレリーの作品が選ばれた。

ArtDailyは2017年10月05日に、世界チェス栄誉殿堂(The World Chess Hall of Fame)は新しいアート作品として、ビクターバザレリー(Victor Vasarely)の作品を展示すると報告した。

平等院の聖観音菩薩立像は、当初「来迎菩薩像」であった可能性。

毎日新聞、京都新聞、日本経済新聞 電子版、産経ニュースは、京都府宇治市の世界遺産である平等院は2017年10月06日に、塔頭(たっちゅう)の浄土院に伝わる高さ109cm「木造聖観音菩薩立像」が、極楽浄土から雲に乗って死者を迎えに来る「来迎菩薩像」として当初造られた可能性が高いと発表したと報告した。

もしそれが事実なら、立ち姿の来迎菩薩像では国内最古級という。

前衛芸術家の「草間弥生美術館」が開館する。

毎日新聞は2017年08月11日に、世界的に著名な88歳の前衛芸術家草間弥生(草間彌生/Yayoi Kusama/1929 - )の作品を常設公開する「草間弥生美術館」が2017年10月01日に、東京都新宿区弁天町にオープンすると報告した。
草間作品の保管などを行う草間弥生記念芸術財団が2017年08月10日に、発表した。

ラファエルの作品150点を集めた大ラファエル展が、始まった。

ArtDailyは2017年10月02日に、ラファエルの作品150点を集めた大ラファエル展が、オーストリアのウィーンにあるアルバーティーナ美術館(Albertina Museum)で2017年09月29日から2018年01月07日まで開催されると報告した。

レオナルド・ダ・ビンチ(Leonardo da Vinci/1452 - 1519)やミケランジェロ(Michelangelo/1475 - 1564)とともに、ラファエル(Raphael/1483 - 1520)はイタリア・ルネッサンス・アーティストの三巨頭を完成する。

さらに、この時期尚早に死んだラファエルの世界的に有名なスケッチが、彼を美術史の偉大な製図者のうちの1人にする。

アラブ世界研究所は、アラブ世界に残るキリスト教コミュニテを展示。

ArtDaily、福音がキリストへの説教に置いたのはパレスチナであり、ナイル川に沿って、およびボスポラス海峡の岸の地中海とユーフラテスの間に、新しい宗教が発展したこと、および広がる前の根が設定された下がある。

現在、古代および同時代の歴史の栄枯盛衰のうちのすべてで、中東のキリスト教徒にもかかわらず、過ぎる消滅の残りの跡ではない。けれどもアラブの世界の本当のステークホルダーは、それらは構造物が非常に多くを寄付した。

中国人が描いた日本人引き揚げの「記憶」

AFPは2017年09月30日に、東方新報からの情報として、終戦後に中国大陸から引き上げる日本人を描いた57歳の中国人画家王希奇(Wang Xiqi)の展覧会が東京で始まったことを記念して、「芸術で如何に歴史的記憶を表現するか」と題したシンポジウムが2017年09月28日に、東京都千代田区の城西大学(Josai University)で開かれたと報告した。

入れ墨を「医療行為に当たる。」と判決!?

毎日新聞は、大阪地裁は入れ墨を「医療行為に当たる」と判断したと報告した。

入れ墨(タトゥー)を彫るのは医療行為に当たるかどうかが争われた医師法違反事件で、大阪地裁(長瀬敬昭裁判長)は2017年09月27日に、「医療行為に当たる」と判断し、同法違反罪に問われた29歳の大阪府内の彫り師増田太輝被告に対し罰金15万円(求刑・罰金30万円)の有罪判決を言い渡した。

A・ヘプバーンの遺品、『ティファニーで朝食を』の台本£63万2750(約9500万円)

AFPは2017年09月28日に、故オードリー・ヘプバーン(Audrey Hepburn)がスイスの自宅に保管していた遺品約500点のうち約半数が2017年09月27日に、オークションにかけられ、1961年の主演作『ティファニーで朝食を(Breakfast at Tiffany's)』の台本などを含め、総額約7億円で落札されたと、競売大手クリスティーズ(Christie's)が2017年09月28日に、発表したと報告した。

300年ぶり、光悦作の赤筒茶わん発見。

時事通信は2017年09月26日に、江戸初期の寛永の三筆と言われた書能家で、陶芸の大家、日本で初めて京都の鷹ヶ峰で芸術家村を作った本阿弥光悦(1558 - 1637)作の赤筒茶わん「有明」の存在を確認したと、京都市の古田織部美術館が発表したと報告した。

コペンハーゲン・コンテンポラリーで、バーチャルリアリティー展示。

ArtDailyは、Papirøenのコペンハーゲン・コンテンポラリー(Copenhagen Contemporary)で、「CC LAB. Virtual Reality(VR)」というタイトルの包括的なバーチャルリアリティー展示会を開催したと報告した。

中国、TVドラマの俳優ギャラ、制作費の4割まで制限!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年09月25日に、ニュースサイトの澎湃新聞などからの情報として、中国の映画・テレビ番組制作者や俳優、インターネットコンテンツサービスの業界主要4団体は2017年09月22日に、業界の自主規制として取り組む一環として、テレビドラマにおける俳優の出演料を制作コスト全体の4割までに抑えるよう会員に通達したと報告した。

通達は各団体の加盟社などに対し「俳優に対する報酬の割合を合理的な制作コストの範囲内にとどめる」よう要求した。

所在不明だった雪舟の作品、保存状態が良く見つかった。

毎日新聞は、山口県立美術館は2017年9月19日に、備中(岡山)で生まれた室町時代の画僧雪舟(雪舟等楊/Sessyu Toyo/1420-1506)が描き、所在が不明だった作品が84年ぶりに見つかったと発表したと報告した。

こんなリュックサックのようなエンブレムを選んだのは、だれだ!

浅草のお祭りで、東京パラリンピックのエンブレムをつけた半纏が登場したと報告した。

撮影した人も、この東京パラリンピック半纏は何だ?と言っていました。

「若冲の青」を豚レバーから、18世紀の製法で再現。

日本経済新聞 電子版は2017年09月08日に、日経サイエンス10月号からの情報として、自然界の動植物を緻密な表現で描き出した江戸時代の絵師伊藤若冲(Jakuchu Ito/1716 - 1800)は、当時日本に入ってきた西洋の新しい顔料「プルシアンブルー(Prussian blue/Pigment Blue 27/紺青)」を、いち早く日本の絵画に用いたことでも知られる。

代表作「動植綵絵(さいえ)」の大修理の際に行われた科学調査から、1766年に描かれたとみられる「群魚図」のルリハタの図にプルシアンブルーが使われていることが明らかになり、注目を集めた。

ダリと「隠し子」名乗る女性は、「血縁関係なし」

毎日新聞は2017年09月07日に、スペイン出身のシュールレアリスムの芸術家サルバドール・ダリ(Salvador Dali/Salvador Domingo Felipe Jacinto Dalí i Domènech, 1st Marquis of Púbol/1904 - 1989)の「隠し子」を名乗り、長い間カタロニアの霊媒(psychic in Catalonia)として働いた61歳のピラー・アベル(María Pilar Abel Martínez)は、画家が何年もの間住んでいた小さい釣り部落ポート・リリガート(Port Lligat)で、彼女の母がアーティストと関係を持っていたと言う。

中国のパナソニック合弁企業、ポルシェと戦略提携。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年09月06日に、中国のパナソニック合弁会社で洗濯機、乾燥機の製販を手掛ける浙江省杭州市のPAPWMHZ(杭州松下家用电器有限公司/Panasonic Appliances Washing Machine (Hangzhou) Co., Ltd/杭州松下家用電器)は2017年09月04日に、ドイツの高級自動車メーカー、ポルシェ系列のデザイン会社であるスタジオF.A. ポルシェ(Studio F. A. Porsche)と洗濯機のデザインで戦略提携したと、浙江日報が2017年09月05日に伝えたと報告した。

サムスン、アート機能搭載テレビを発売。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年09月05日に、韓国系TSEタイ・サムスン電子(Thailand Samsung Electronics)は2017年09月04日に、視聴時以外に写真や絵画を自動的に画面に映し出す「アートモード」機能を搭載したテレビ「ザ・フレーム(THE FRAME)」を発売したと報告した。

個性的なライフスタイルを重視する消費者が増加する中、アートを重視したテレビの投入で需要を取り込む。

パリで、ストリート・アートの相次ぐ盗難。

毎日新聞は、タイルを用いたモザイク画のストリートアートで知られるフランス人の覆面芸術家「インベーダー(Invaders)」の作品が、パリ市内で持ち去られるケースが相次いでいる。

実行グループが市職員を装っていることから、市は対策に乗り出しているが、ストリートアートの所有権や違法性を巡り、難しい対応を迫られていると報告した。

台湾のエイサー、ドバイに世界最大のVR娯楽施設を建設。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年09月04日に、パソコン(PC)世界大手、台湾のエイサー(宏基/Acer)は、UAE(الإمارات العربية المتحدة/United Arab Emirates/アラブ首長国連邦)の最大の都市ドバイ(دبي‎/Dubai)の企業と提携し、VR端末HMD(Head Mounted Display/ヘッドマウントディスプレー)「スターVR(StarVR)」を利用した娯楽施設を建設すると報告した。

「Japan Expo in Thailand 2017」が開幕。

アジア経済ニュースNNA ASIAは、コンテンツや食、留学など日本に関するさまざまなジャンルを集め、同時にPRするイベント「Japan Expo in Thailand 2017(ジャパン・エキスポ・イン・タイランド2017)」が、2017年09月01日から03日までタイの首都バンコク中心部の商業施設「สยามพารากอน(Siam Paragon/サイアム・パラゴン)」で開催したと報告した。

日本関連タレントなどがステージに登場する。

デンマークのアーティスト、ペア・キールケビーが生まれた。

ArtDailyは2017年09月01日に、デンマークの画家、詩人、映画製作者、および彫刻家であるペア・キールケビー(Per Kirkeby/1938 - )がコペンハーゲンで(Copenhagen)で1938年09月01日に生まれた。

パレスチナ自治区ガザ地区で、一夜限りで映画館が復活。

AFPは2017年08月27日に、パレスチナ自治区ガザ地区(Gaza Strip)で、30年以上ぶりに映画館での映画上映が一夜限りで行われたと報告した。

この映画館は、ガザ市(Gaza City)に1944年にオープンしたサメルシネマ(Samer Cinema)で、ガザ地区で最も古い映画館だったが1960年代に閉鎖されて以降、放置されていた。

ネット書店成長と人口減の陰で、書店ゼロの自治体拡大。

朝日新聞デジタルは、書店が地域に1店舗もない「書店ゼロ自治体」が増えている。出版取り次ぎ大手によると、香川を除く全国46都道府県で420の自治体・行政区にのぼり、全国の自治体・行政区(1896)の2割強を占めると報告した。

「文化拠点の衰退」と危惧する声も強いというが、電子ブック、ネット書店がそれだけ浸透したのだろう。

私のように、本は紙の重さを感じたいという人は、本屋に行かないで古本屋に行く。

少し古いのだと、七十円〜百円で買える。

それだけ、クズ本が増え、クズ作家が増えたということで、「文化拠点の衰退」などと感じなくなった。

フランチェスコ・アルバーニは、1578年08月16日?17日?18日?に生まれた。

ArtDailyは2017年08月16日に、イタリア・バロック(Italian Baroque)の画家フランチェスコ・アルバーニ(Francesco Albani/またはアルバノ/or Albano/1578 - 1660)は、イタリアのボローニャ(Bologna)で1578年08月16日に生まれた。

ArtDailyは2017年08月17日にも、イタリア・バロック(Italian Baroque)の画家フランチェスコ・アルバーニ(Francesco Albani/またはアルバノ/or Albano/1578 - 1660)は、イタリアのボローニャ(Bologna)で1578年08月17日に生まれたと報告して来た。

どちらが正しいのだろう。

水引デザイナーが仕掛ける儀礼アート?

朝日新聞デジタルは2017年08月16日に、祝儀袋や香典袋などの帯ひもとして飾られる「水引(みずひき)」。

これは、水引と水引飾りを混同している。

古くから儀礼的な場でなじみがある日本の文化を、もっと日々の暮らしに溶け込ませたい。38歳の福岡市の水引デザイナー長浦ちえは、豊かな表現力で新しい風を吹き込むと報告した。

福岡市東区の香椎宮では、社殿の大きな看板が参拝者の目を引いている。

基になった作品は幅約60cm。赤みがかった屋根や朱色の柱、緑の木々など、50色近くの水引を細かく切って接着剤で紙に貼り付けて表現した。

水引は紙をよって細い線状にしたもので、その線状の水引をなるべく切らないで飾りを作るのが、細かく切って接着剤で紙に貼り付け他のでは、本来の水引の素晴らしさ、日本の文化、伝統を無視したものである。

迎賓館で、藤田嗣治の「幻の作品」初公開。

毎日新聞は2017年08月10日に、2016春からほぼ通年で一般開放されるようになった、内閣府が所管する東京都港区の迎賓館赤坂離宮が夏休みも多くの観光客でにぎわっている。2017年08月11日からは、所蔵する藤田嗣治(レオラルド藤田/1886〜1968年)の天井壁画全6点が29日までの期間限定で特別展示される。

中国の深圳市のドローン輸出額、上期は倍増!

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年08月10日に、中国の深圳市の税関によると、上半期(1〜6月)の深圳市のドローン(小型無人機)の輸出額は前年同期比97.1%増の46億9,000万元(約771億7,400万円)で、高い伸びを示したと報告した。

とくに6月単月は2.1倍の9億2,000万元と好調だった。

京都の曼殊院「黄不動」に、香水で描かれた小さな不動明王が隠れていた。

毎日新聞と時事通信、産経ニュースは、京都市左京区の曼殊院(まんしゅいん)に伝わる12世紀の制作とみられ、縦約1.7m、横約0.8mの絹地に高さ約1.3mで描かれている平安時代の国宝仏画「不動明王像(黄不動=きふどう)」腹部に、小さなもう一つの不動明王が描かれていることが分かったと、京都国立博物館(京都市東山区)が2017年08月07日に、発表したと報告した。

発表は、京都市東山区の京都国立博物館で行われ、岡岩太郎(岡墨光堂社長)、伊加田剛史(岡墨光堂主任技師)、松景崇誓(曼殊院門跡執事長)、大原嘉豊(京都国立博物館保存修理指導室長)が立ち会ったと産経Westが報告している。

総件数:1282最初12345678910111213最後