著作権の考え方

「Time-AZ.com」の著作権の考え方は、基本的に米国大統領バラック・オバマ (Barack Obama)のサイト「change.gov」で2008年12月1日に採用した、最も制約が少ない「the Creative Commons 3.0ライセンス(the Creative Commons Attribution 3.0 License)」を採用しました。
Webサイトの訪問者または、利用者が提出したものに対し、このライセンスの下では非独占となり、ロイヤリティフリーのライセンスを提供することに合意することになります。
ユーザーは、このライセンスにより、出典を明示されれば、過渡的なサイトからすべての材料をコピーして、分配し、伝えることが可能になりました。
ユーザーが情報を適合させて、「リミックス」することを許容すると共に、サ イトで使用したすべてのために」が採用されています。

「Web広告実験室」での活動も「the Creative Commons 3.0ライセンス(the Creative Commons Attribution 3.0 License)」に従います。
「Web広告実験室」での利益は、基本的に活動実費を除いて、次のプロジェクトに向けたボランティア活動のために利用されることになります。
つまり、「Web広告実験室」での活動は営利目的ではなく、活動を実質的に可能にし、さらに将来に向けて活動を拡張していくことを目的にしています。

ただし、Web広告で違法性がある物、またはポルノなど、風俗的に問題がある物はこれらすべてに置いて、いかなる理由があったとしても、すべての契約を停止し、排除されます。