12月25日

あなたは、「X'mas」をイエスの誕生日と信じていますか?

超過去

History Cannelが「The Birth of Christ?」と聞いてきた。
信仰深いヨーロッパのチャンネルが、大胆な質問である。
でも、ほとんどの人が、何となく気がついている。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

ほとんどのクリスチャンは12月25日をイエスの誕生日としてお祝いしているが、クリスチャンのだれも最初の2世紀に、彼が生まれた正確な年月日に関するいずれかの知識があるとも、大部分が主張しなかったが、彼の死の話にさらに興味を持っていた。
しかし、4世紀早々に教会指導者は、ポピュラーな異教的なミスラ(Mithras)神の誕生日12月25日をイエスの公式の生年月日として指定した。
また、キリスト誕生の祝賀は、12月の下旬に当たった異教的な冬至の休日の間に取った。
その上に、12月25日はクリスチャンの聖なるミサ(Christians at a holy Mass)、またはクリスマス(Christians at a holy Mass)になった。
今日、世界の人口の3分の2はこの日にイエスの誕生を祝っている。
その中には、クリスチャンではないものも多く含まれるようになっている。

ミスラ(Mithras)はペルシャとインドで崇拝されたの多神教ゾロアスター教(Zoroastrianism)の神です。
ローマはキリスト教より速く、紀元前70年頃に、ゾロアスター教を導入している。
だからヨーロッパには、酒の神バッカスなど、不思議な多神教神がときどき出てくる。

キリスト教徒は、ゾロアスター教から祝日の著作権を無視して、コピー・ペーストしたのかもしれない。

だから、クリスチャンがお祈りしているのは、本当はだれのためか判らない。
仏教徒の日本人が、クリスマスを祝っているのは、もしかするとインドの多神教ゾロアスター教の流れかもしれない。

とくにサンタクロースになると、とんでもない人からプレゼントという名の賄賂かもしれない。

アメリカ人がクリスマスに、狂ったように買い物をするのは、そのせいかもしれない。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。