12月22日

「冬至」として知られ、季節の中点であるとみなされている。

正確に言うとグリニッジ標準時00時22分に、単に北半球に生きる人々にとって、赤道から見て太陽は最も遠い位置になり、「冬至」として知られ、季節の中点であるとみなされている。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

言い換えれば、この日から夜は短くなって行き、そして、私たちが真逆の夏に向かって進んで、日を追って昼が長くなる。暗くて、しばしば激しいスコットランドの冬はウィスキー飲酒の遅れを取り戻す素晴らしい時間になる。
また、冬至をオークニーでお祝いするため、5,000年間どう使用されているか、ストーンヘッジ(Stonehenge)などの研究も盛んに行われている。
冬至は、太陽の光と、人の生活を知る良い機会で、エジプトのピラミッドやアブシンベル(Abu Simbel)神殿のことも、読み始めると楽しいことになる。
1年に1回だけAbu Simbelの奥に作られたラムセス2世王の像に日が差すように設計されていたが、今では移動して、それも不可能になった

ストーンヘッジ(Stonehenge)のGoogle Earthポインター情報
1915年9月21日に、ストーンヘンジがオークションにかけられ C H Chubbに6,600ポンドで売却され、 C H Chubbは3年後にそれを国に提供した。
51°10'44.04''N,1°49'35.23''W
または、
51.178900, -1.826453

アブシンベル(Abusimbel)宮殿のGoogle Earthポインター情報
22°20'12.89"N,31°37'31.82"E
または、
22.336914, 31.625506

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。