2007年12月17日

ニジェールで、フランス人レポーターと、カメラマンが逮捕された。

西アフリカのニジェール(Niger)で、フランス人レポーターThomas Dandoisと、カメラマンPierre Creissonの2人のジャーナリストが逮捕された。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

2人は、Franco-Germanテレビ・チャンネルの「Arte」のために取材していて、無許可で北部のツアレグ反逆者を訪ね、ニジェール当局によって起訴された。
この行為に対してニジェールでは、死刑が宣告できる。
フランスの新聞「Liberation」は2008年1月9日水曜日に、国から孤児を密輸するためにフランスのチャリティーで未遂に終わったが、2007年11月にチャドで逮捕された3人のジャーナリストを解放するためにニコラス・サルコジ大統領が個人的に介入し、救出したことと比較して、今回の逮捕に対し、フランス政府が静観していると不平を言った。
フランスとニジェールの外交関係は、旧植民地という深い関係にある。
1月3日木曜日に、フランス政府は「公衆に知らせるため」に、ニジェール政府へ寛大な上告を要求し、2人のジャーナリストを釈放するように呼びかけ、義務を果たした。
1月8日火曜日には新聞ルモンド(Le Monde)で、2人の数人の親類と同僚がニジェールのMamadou Tandja大統領に手紙で直訴をしたと報告した。

北部の街AgadezのGoogle Earthポインター情報
16°59'39.51"N,7°58'58.73"E
または、
16.994308, 7.982981

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。