2007年12月17日

ニジェールで、フランス人レポーターと、カメラマンが逮捕された。

西アフリカのニジェール(Niger)で、フランス人レポーターThomas Dandoisと、カメラマンPierre Creissonの2人のジャーナリストが逮捕された。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

2人は、Franco-Germanテレビ・チャンネルの「Arte」のために取材していて、無許可で北部のツアレグ反逆者を訪ね、ニジェール当局によって起訴された。
この行為に対してニジェールでは、死刑が宣告できる。
フランスの新聞「Liberation」は2008年1月9日水曜日に、国から孤児を密輸するためにフランスのチャリティーで未遂に終わったが、2007年11月にチャドで逮捕された3人のジャーナリストを解放するためにニコラス・サルコジ大統領が個人的に介入し、救出したことと比較して、今回の逮捕に対し、フランス政府が静観していると不平を言った。
フランスとニジェールの外交関係は、旧植民地という深い関係にある。
1月3日木曜日に、フランス政府は「公衆に知らせるため」に、ニジェール政府へ寛大な上告を要求し、2人のジャーナリストを釈放するように呼びかけ、義務を果たした。
1月8日火曜日には新聞ルモンド(Le Monde)で、2人の数人の親類と同僚がニジェールのMamadou Tandja大統領に手紙で直訴をしたと報告した。

北部の街AgadezのGoogle Earthポインター情報
16°59'39.51"N,7°58'58.73"E
または、
16.994308, 7.982981

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

gaYa広告