2007年12月04日

EU加盟国27カ国では約54%がインターネット・アクセス環境がある。

Deutsche Welleは、EUの統計エージェンシーのユーロスタット(Eurostat)からの情報として、ヨーロッパのインターネット・ユーザーは増え続け、約半分の家庭にはインターネット・アクセス環境があり、高速ブロードバンド接続も急上昇していると報告した。
EU(European Union/ヨーロッパ連合)加盟国27カ国では、2006年の第1四半期に49%であったが、現在では約54%がインターネット・アクセス環境がある。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

ブロードバンドは、2006年の第1四半期に30%であったが、現在では約42%に上昇した。
ヨーロッパのインターネット・ユーザーは、2人に1人はインターネット検索エンジンを使用し、15%がナレーターの音声インターネットを呼び出し、13%がP2Pで映画や音楽を楽しんでいる。
しかし、インターネット使用はヨーロッパ各国でバラツキが大きく、オランダが最も高く、5軒の家庭内、4軒はインターネットを使用している。オランダはブロードバンドでも先頭を走っている。
新しくEUメンバーに加わったブルガリアは、かなり遅れていて、5軒の家庭内、1軒だけがインターネットを使用している。
フランスは、オンライン電話でもっとも先を行っていて、Skypeを量産したEstonians社が多きく貢献している。
EC(European Commission/欧州委員会)は、加盟国でのそのバランスの悪さを政府の設定した価格と技術が原因であると、政府攻撃を開始し、国によるテレコム独占時代が大きく影響していると指摘している。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告