2月14日

バレンタインデー

あなたが花、チョコレート、または、プレゼントを忘れたなら、ロマンチックなスコットランドのフォークソングがやがて、災害からあなたを救うかもしれません。あなたが、女性であり、バレンタインデーであることを知っていたなら、これらの歌は、あなたのために少なくともロマンチックなことを思い出させてくれるかもしれません。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

日本の企業は、バレンタインデーで一儲けばかり考えていますが、「SCOTSMAN」はラブソングの無料ダウンロードを提供しました。

「愛」を金で買えると豪語していた人はバレンタインデーの日に、東京地検から起訴された。

ロマンチックなスコットランドのフォークソングが無料のMP3でダウンロードできる
[ダウンロードできるScottish Love Songs]
*From the CD Ronnie Browne: Scottish Love Songs, here is The Bonnie Lass O'' Fyvie, a tune brought to the New World and given American lyrics as The Bonnie Lass of Ivory.

*There are many versions of Leezie Lindsay and this one combines some of them into this interesting melody.

*Hamish MacGregor''s Scottish Love Songs cover every emotion from reckless joy to tragedy, including Banks O'' Red Roses, sung by Corrina Hewat.

*Also from the Scottish Love Songs CD, here is Just Like Another Rolling Stone from the distinctive voice of Rod Paterson.

*Christine Primrose is one of the fondest singers of Gaelic music. Gun Sireadh, Gun Iarraidh (Without Seeking, Without Asking) captures the essence of Scottish love songs. Here''s Christine singing Oganaich An Or-Fhuilt Bhuidhe (The Young Man With the Golden Yellow Hair).

*To finish out our playlist, enjoy Alan Reid singing Love No More from his CD The Sunlit Eye.

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告