2022-06-17

世界の核兵器。

戦争と平和核兵器

ドイツのインフォグラフィクスを紹介しているハンブルク(Stadt Hamburg)にあるStatista GmbHのデータ・ジャーナリスト(data Journalist)のフローリアン・ツァント(Florian Zandt)の報告として2022年06月17日に、前年度と比較すると、世界の核弾頭数はほぼ横ばいであり、核保有国のロシアと米国が大幅に軍縮したケースもある。

これは平和研究機関であるSIPRI(Stockholm International Peace Research Institute/ストックホルム国際平和研究所)のデータによる。

例えば、SIPRIの推計によれば、2021年01月に6,255発の核弾頭を保有していたロシアは、現在5,977発しか保有しておらず、そのうち1,500発が未稼働であるという。この図が示すように、世界には、現在使用できない、あるいは完全な軍縮を待っている核兵器を持つ国が他に2つある。
世界第2位の核兵器保有国である米国は、SIPRIのデータによると、現在約3708個の核弾頭が作動中、または短時間で作動できる状態にあり、全在庫5428個のうち1720個が非作動中である。イギリスでは、全225個の核兵器のうち80%が潜在的または完全に稼働可能であり、残りの6つの核保有国は理論上、短時間でその全兵器を動員することが可能である。
ウクライナ戦争をめぐっては、世界規模の核戦争は第一線の専門家の間ではほぼ否定されているとしても、プーチン大統領が被害可能性の低い戦術核を使用する可能性については、すでにさまざまなシナリオが議論されている。ドイツ連邦軍のエバーハルト・ツォーン監察官(Laut Generalinspekteur der Bundeswehr General Eberhard Zorn)によると、NATO領域への攻撃は考えにくいが、小型核弾頭の使用は完全に否定できないとのことで「戦術核兵器の使用はロシアの戦争ドクトリンの一部であり、過去に何度もロシアによって実践されてきた。
「したがって、残念ながら、ウクライナでそのような兵器が使用されることを排除することはできない。」と述べている。

しかし、これは今、もっとも述べることが難しい問題である。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳し、修正しました。