2022-05-05

中国にゼロ・コビド政策の転換を求める中国系米国人専門家の発言がネットで話題に

ドイツ哲学医学

香港の英字新聞「SCMP(South China Morning Post/サウス・チャイナ・モーニング・ポスト/南华早报/南華早報)」は2022年05月05日に、UCLAのZhang Zuofeng教授は、上海でより多くの患者を発生させたと主張し、大量検査を批判する2つの記事を書いた。
中国の政策に対する批判はしばしば検閲されるが、彼の記事は今のところそのような運命をたどらず、ソーシャルメディア上で広く拡散している。

中国系アメリカ人の公衆衛生専門家が、北京にゼロ・コビド政策(zero-Covid policies)の変更を求める記事が、中国のソーシャルメディアで広く出回っている。
カリフォルニア大学ロサンゼルス校フィールディング公衆衛生大学院の張作峰教授(Zhang Zuofeng, a professor at the Fielding School of Public Health at the University of California Los Angeles)は2022年03月下旬、ソーシャルメディア「Meipian」上で記事を発表し、市は交差感染のリスクを高める集団PCR検査を繰り返し行うのではなく、自宅検疫と迅速抗原検査を許可すべきだと述べた。

また、上海に本社を置く佛山製薬がすでに販売と製造の契約を結んでいるにもかかわらず、中国の規制当局の承認がまだ下りていないBioNtech社が開発したmRNAワクチンによる高齢者への接種を強化するよう提言している。

私は、それ以前に、ドイツ哲学で、絶対を否定し、いかにして絶対に近づくかを目標にしていると述べている。

制作なら、目標は、可能な範疇にすべきで、残念ながら、「zero」は不可能な数値です。

例えば、x軸とy軸の交点は、位置はあるが、面積はありません。物理的に求めることはできません。

ゼロ・コビド(zero-Covid)は、目標にはできますが、実現は不可能です。

中国の国家主席習近平(习近平/President Xi Jinping)は、目標にしたが、実現できると考えていたといなかったというのが、正しい答えです。

医学的には、張作峰教授のゼロに最も近くすることができるでしょうが、ゼロには行けません。