2021-11-25

EUで規制を叫ばれ、EU域内での渡航規制緩和?

経済COVID健康鎖国

ヨーロッパ経済ニュースEUROPE NNAは2021年11月29日に、EC(European Commission/欧州委員会)は2021年11月25日に、新型コロナウイルスのパンデミック(Pandemic/世界的大流行)対策で導入している、EU(European Union/欧州連合)域内への渡航規制の緩和を提案した。規制適用は出発国別ではなく個人のワクチン接種状況で判断すべきとし、加盟27カ国が規制面で足並みを揃える重要性も主張している。

改定案では、EU域内共通の新型コロナワクチン接種証明書「EUデジタルCOVID証明書」の保有者には、出発国にかかわらず、検査や隔離などの追加規制を適用しないことを提案。ワクチン接種証明書の有効期限は2回目接種から9カ月にEU全体で統一し、MA(European Medicines Agency/欧州医薬品庁)が承認していない新型コロナワクチンを接種した渡航者には引き続き、PCR検査の陰性証明書の提示を義務付けることを提言している。

こうした一連の改定は、2022年01月にも発効される可能性がある。

欧州委員会のレンデルス司法担当委員(EC Commissioner for Justice, Didier Reynders)はステートメントで、ECの勧告の目的は加盟27カ国全体で規制における一貫性を向上することと説明した。「国ごとの異なるアプローチは、COVID証明書制度への信用を損なう深刻なリスクとなり、EUの自由な移動も傷つける。」と指摘した。

つまり、EUも鎖国?

世界中で、仲間だけの鎖国政策を始めようとしている。