2021-11-19

CDCのワクチン・アドバイザー、すべての成人にCOVID-19ブースターを推奨決議。

COVIDブースターCDCFDAタイミング

米国のCNNは2021年11月19日に、米国疾病予防管理センターのワクチン諮問委員会(Vaccine advisers to the US Centers for Disease Control and Prevention)は2021年11月19日金曜日に11-0の満場一致で、ファイザー/バイオンテック(Pfizer/BioNTech)社とモデナ(Moderna)社のCOVID-19ワクチンのブースター接種を、米国のすべての成人が最初の2回の接種を終えてから6ヶ月後に推奨することを決定したと報告した。

また、ACIP(Advisory Committee on Immunization Practices/予防接種諮問委員会)のメンバーは、50歳以上の人へのブースター接種の推奨を強化する第2の質問にも投票した。
今後は、CDC所長のロッシェル・ワレンスキー博士(Dr. Rochelle Walensky)がこの勧告に署名することになっている。
この勧告により、これまでの複雑なブースターに関するガイダンスが簡素化されることになる。
その数時間前、FDA(US Food and Drug Administration/米国食品医薬品局)は、18歳以上のすべての人を対象に、ファイザー社/バイオンテック社およびモデナ社のCOVID-19ワクチンのブースターを許可した。
これまでは、65歳以上で6ヶ月以上前にファイザー社/バイオンテック社およびモデナ社のワクチンを接種した人と、感染や重症化のリスクが高い特定の成人に対して、ブースターの接種が認められていた。
2021年11月19日金曜日の投票では、ガイダンスが簡素化され、すべての成人が最初の2回の接種を終えてから6ヶ月後にブースターを受けるべき、または受けてもよいことが明確になった。

最近の実社会での研究では、COVID-19ワクチンによる免疫が衰え始め、特に軽度の病気や無症状の病気に対する防御力が低下する可能性が示唆された。
これまでの研究では、ブースター投与により免疫力が回復することが示されている。
ACIPのメンバーは、CDC、ファイザー、モデナからの安全性に関するデータを聞き、ブースターが心配されるような有害事象を引き起こしていないことを示した。
最も一般的な反応は、注射部位の痛み、頭痛、疲労感であった。
CDCのサラ・オリバー博士(Dr. Sara Oliver)は、今回の投票は、人々がブースターを受けるのにちょうど良い時期であると会議で述べた。
サラ・オリバー博士は、「一時的な防御であっても、特に旅行や休日の集まりが増える冬休みには、利益とリスクのバランスを考慮する必要があります。」と述べてい。

これは、日本も同じで、このタイミングを逃すと、減り始めた感染者数が、手遅れで、年末年始にパンデミックを起こす可能性がある。

日本はこれまで手遅れで、失敗してきた。

米国国立アレルギー・感染症研究所のアンソニー・ファウチ博士(Dr. Anthony Fauci, director of the National Institute of Allergy and Infectious Diseases)は今週CNNに、イスラエルの最近のデータでは、60歳以上の人では、ワクチンを接種した人が、ワクチンを接種しなかった人に比べて、重症化する確率が低いことを示したと語った。重症化の割合は、ワクチンを接種していない人が最も高いままでした。
成人の大部分はすでにブースターを受ける資格があり、いくつかの州ではすでにブースターをすべての成人に開放する動きが出ていた。

米国内のすべての成人にブースター接種の資格を拡大しても、腕に注射をする際の流れは変わらない。
ブースターのためのワクチンの供給は、多くの地域ですでに確立されている。全米郡市保健当局連合の政府・広報担当チーフであるアドリアン・カサロッティ(Adriane Casalotti, chief of government and public affairs at the National Association of County and City Health Officials)はCNNの取材に答えて、ブースター導入の管理面で「余分なステップ」を踏む必要はないと語った。
「全国的に見ても、ワクチンは十分にありますし、予約をしているところもたくさんあります。もちろん、地理的にどこに住んでいるかによって多少の違いはありますが、他の地域よりも需要が多いところもありますから」と、アドリアン・カサロッティはCNNに語った。

「しかし、そうは言っても、主な準備はコミュニケーション面だと思います」とカサロッティは付け加えた。
「地域の医療機関や公衆衛生局に伝えるべきことは、誰かにブースターを受ける必要があるかと聞かれても、資格の有無を気にする必要はないということです。この情報は、6ヶ月後には誰にでも資格があるというものです。」
CDCのデータによると、米国では約3,200万人(完全にワクチンを接種している人の約17%)がCOVID-19ワクチンのブースター接種を受けている。
CDCのデータによると、約1,800万人の高齢者がCOVID-19ワクチンのブースター接種を受けており、ブースター接種全体の半分以上を占め、完全にワクチンを接種した高齢者の3分の1以上が免疫反応を高めている。

ジョンズ・ホプキンス大学(Johns Hopkins University)によると、米国では現在、1日平均94,943件の新型コヴィド-19感染者が発生しており、先週より31%増加し、1ヶ月以上前の水準に戻っている。中西部の州が新規感染者の3分の1以上(38%)を占めている。
冬の寒さで人々が家に閉じこもり、ホリデーシーズンに人が集まることで、さらに感染者が増えることが懸念されている。

デラウェア州に本拠を置くクリスティアナ・ケア社の最高感染予防責任者兼病院疫学者であるマーシ・ドリース博士(Dr. Marci Drees, chief infection prevention officer and hospital epidemiologist for Delaware-based ChristianaCare.)は、「私たちは、このシーズンに向けて、人々に可能な限りの予防をしてもらいたいと考えています」と述べている。
マーシ・ドリース博士は、CDCのワクチン諮問委員会の米国医療疫学協会のリエゾンを務めている。
「去年の冬から春にかけてワクチンを接種した多くの人々にとって、今がその保護機能が弱まっている時期だと思います」と彼女は言う。
一旦、COVID-19ワクチンの追加接種を受けても、次のワクチン接種が必要になる時期ははっきりしません。
「これは100万ドルの問題です。ブースター接種によって、短期的には90%から95%の範囲で免疫力が回復することはわかっています。しかし、それがいつまで続くのかはわかりません」とマーシ・ドリース博士は言う。
「ある意味では、私たちは新しい道を切り開いているのですが、その多くは、これ以上の感染を阻止できるだけの十分な免疫力を人々に与えることができるかどうかにかかっています」とマーシ・ドリース博士は言う。「私たちは、ブースターがパンデミックを終わらせるものではないことを知っています。しかし、1回目、2回目の接種を促す必要があるのです。」と話している。

CNNのDeidre McPhillipsがこのレポートに貢献した。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳し、修正しました。