2021-09-28

京都大学、林愛明元教授の論文4本、データの捏造や改ざんの研究不正を発表。

犯罪と裁判

毎日新聞は2021年09月28日に、2016年の熊本地震に関連して、林愛明(Graduate School of Science professor Aiming Lin)理学研究科元教授が発表した論文4本について、データの捏造や改ざんの研究不正があったと発表したと報告した。

京都大学は林愛明に論文の撤回を求め、2021年09月28日付で懲戒解雇相当とする処分を出した。
京都大学大によると、不正を認定したのは、林愛明元教授らが2017年から18年にイギリスの科学誌などに発表した、熊本地震で現れた断層や亀裂を解析した論文4本で、地図上で亀裂の位置を示した点の集まりを大量にコピー・アンド・ペーストしたり、棒グラフの形を書き換えたりするなどの捏造や改ざんが、4本で計37カ所あった。

京都大学は、共著者への聞き取りなどから、林愛明元教授が捏造や改ざんを実行したと判断した。

データを自身の学説に沿うようにする意図があったとみている。

林愛明元教授は、京大の調査に応じなかったという。
林愛明元教授は、2016年に発表した別の熊本地震関連の論文に研究不正があったとして、2019年に停職1年の懲戒処分を受けた後、2020年に京大を退職しているが、2021年09月28日付で懲戒解雇相当とする処分を出された。

また、毎日新聞の別の記事によるとの2019年03月27日に米国の科学雑誌「Science in October 2016」に発表した論文でも筆頭著者を務め、告発されていた。
地震地質学を専門とする大学院理学研究科の林愛明教授(Graduate School of Science professor Aiming Lin, who specializes in earthquake geology)は、「"ケアレスミス "をしただけ」と告発を否定していた。

Graduate School of Science professor Aiming Lin, who specializes in earthquake geologyで検索すると、researchmap Aiming Linが見つかり過去の発表が明らかになった。