2021-06-24

史上最高の女性監督はナチスのために働いていた。

ジェイコブ・ウィルキンス(Jacob Wilkins)は2021年06月24日に、米国のMedium Daily Digestの「History-of-Yesterday」で「The Greatest Female Director of All Time Worked for the Nazis -- She made the best propaganda film the world has ever seen」を公開した。

私もこの映画について書いているが、不思議にも職業を持つ女性として、早くから活用したのはナチスで、特に最近の男性のように、女性のミスをウジウジ攻撃するのではなく、女性に寛容で、女性の才能を伸ばすことが得意であったことが、明らかになっている。

最近も、日本のデジタル庁のトッに石倉洋子の小さなミスをウジウジ攻撃していた記事があった。

デジタル庁、早くも解体か。事務方トップ石倉洋子氏が有料画像「無断転載」で謝罪、公式webサイト初日サバ落ちほか肝いり施策のゴタゴタも菅総理辞任の引き金に?
https://i.mag2.jp/r?aid=a6139618ab6f76

こういう記事は、みっともない。
腐った男は、こういう時にしゃしゃり出る。

間違いは、誰にでもあり、有料画像ならお金を払えばいい。

著作権を管理している役所は、年中ミスしている。

歴史上の偉大な映画監督のリストを作れと言われても、レニ・リーフェンシュタール(Leni Riefenstahl)の名前は出てこないだろう。
それは当然のことである。
1930年代の白黒映画は、特にナチスドイツを題材にしたものであれば、現代の観客には魅力的に映らない。

これは、間違いである。

ワシントンD.C(Washington, D.C.)にあるホロコースト記念博物館(Holocaust Memorial Museum)で、2008年04月25日から08月17日まで開催された「The Nazi Olympics: Berlin 1936」は、大好評で、Webでも公開された。

しかし、レニは人類の歴史の中で最も暗い章に関連しているにもかかわらず、彼女が使用した技術は当時としては画期的なものでした。それから何年も経った今でも、多くの人が彼女を史上最高の女性監督と考えています。
才能ある若者
ベルリンで育ったレニは、幼い頃から様々なことに興味を持っていた。学校では、体操、水泳、演劇、美術の才能を発揮し、自然界も愛していました。
そして何よりも、映画スターと一緒に育った第一世代の子供たちであった。10代の頃は、チャーリー・チャップリン(Charlie Chaplin)、ヘニー・ポーテン(Henny Porten)、ダグラス・フェアバンクス(Douglas Fairbanks,)、リリアン・ギッシュ(Lillian Gish)といった伝説的なスクリーン・アイコンに憧れていた。
学校を卒業すると、父親の会社で働いた後、ダンサーとしてのキャリアを積んでいたが、足を何度も痛めてしまったため、別のキャリアパスを探し始めた。
山岳映画で知られるドイツ人監督のアーノルド・ファンク(Arnold Fanck)の紹介で、『The Holy Mountain』の主役に抜擢された。

アーノルドは、映画の監督だけでなく、映画製作の実務についても教えてくれた。

1931年、レニは自分のプロダクションを設立し、『Blue Light(青い光)』で映画監督デビューを果たした。
アドルフ・ヒトラー(Adolf Hitler)も『青い光(Das Blaue Licht/"The Blue Light)を見た一人である。
アドルフ・ヒトラーは『青い光』を見て、ナチスが重視していた祖国や工業化以前の世界と結びついた仕事や自然の描写を特に気に入った。

この映画は、イギリス、フランス、アメリカなど海外の観客にも人気があった。
しかし、すべての人が『青い光』を気に入ったわけではない。ドイツでは、この映画に満足していない評論家が何人かいた。評論家の中にはユダヤ人もいて、レニは彼らに偏見を持っていた。レニは、ナチス党の人気が高まってくると、『我が闘争(Mein Kampf)』を読むようになっていた。

1932年05月、レニはヒトラーに手紙を書き、個人的な面会を求めた。レニの作品のファンであったヒトラーは熱心に返事を出し、1932年05月22日にヴィルヘルムスハーフェン(Wilhelmshaven)で二人は会った。
二人は北海の海岸線を歩きながら、レニの映画界での経験や将来の計画について語り合った。その際、ヒトラーはレニに「ナチスのために映画を作りたいか」と尋ねたという。
歴史に名を残すために、レニはそれを受け入れ、いつしかナチスの側近となっていた。

レニはナチスのパーティーやレセプションに顔を出すようになり、ヒトラーが好んで利用した首都のホテル「カイザーホフ(Hotel Kaiserhof)」にもよく顔を出していた。
レニは1933年にナチスのために映画を撮り始めたが、彼女の協力は何よりも彼女のキャリアに関わるものだった。彼女は、ヒトラーの演説に一定の感心を持っていたものの、ナチスの政治プログラムの確固たる支持者ではなかった。
『意志の勝利(Triumph des Willens/Triumph of the Will)』は、レニの歴史的地位を確固たるものにしたプロジェクトである。この映画は、ナチスの高官と70万人のナチス支持者が参加した1934年09月のニュールンベルグ集会を記録したものである。

レニはスタッフの協力を得て、ナチスの力をとらえ、ドイツの新しい独裁者への強力なオマージュを作り上げたのである。

革命的なカメラ技術を用いた「意志の勝利」は、史上最高のプロパガンダ映画のひとつとされている。
レニは、1936年のベルリンオリンピックでもその才能を発揮しました。競技場内では、レニのカメラクルーのために労働者が塔を建てたり、溝を掘ったりしたが、その結果は息を呑むようなものだった。パノラマ写真、ユニークなアングル、空撮などでオリンピックを撮影し、『オリンピア』は映画史に残る名作となった。
余波と遺産
第二次世界大戦により、レニの映画界でのキャリアはストップしてしまったが、第三帝国との関わりは捨てきれなかった。
「Lowlands」という作品で監督と主演を務めたものの、ナチス党との関係を理由に多くのプロジェクトが頓挫してしまった。
1970年代に入ってからは、世界で最も象徴的なサンゴ礁を撮影することで、新たな目的意識を持つようになった。

レニは高齢にもかかわらず、紅海、インド洋、カリブ海、モルディブなどのサンゴ礁を撮影した。
そして、その水中写真をまとめた本を何冊も出版した。
もちろん、史上最も偉大な女性監督については常に議論があるだろうが、レニが使用した革新的な技術により、多くの人が彼女をこの名誉ある称号に値すると考えていまる。

参考資料
The Films of Leni Riefenstahl(2000年)David B. Hinton著
Leni Riefenstahl: The Fallen Film Goddess(1976年)Glenn B. Infield著
Leni Riefenstahl: A Life(2007年)Jürgen Trimborn著

バカは、人を否定して、自分を持ち上げようとするが、それは、大きな間違いである。

2008-08-17---1936年のナチ・オリンピック展が終わった。
2008-04-25---1936年のナチ・オリンピック展が始まった。
2007-12-04---ニューヨーク・タイムズが、「記憶に残った100冊の本」の2007年度版を発表。
1938-04-20---女性監督リーフェンシュタールの記録映画「オリンピア」が公開された。