2021-09-08

Apple 2021年秋のイベントへの招待状の内容が明らかになった。

開発アップル

アンドリュー・オル(Andrew Orr)はMacObserverで2021年09月08日に、Apple 2021年秋のイベントの開催日は、2021年09月14日の予定と報告した。

Appleは、2021年秋の製品イベントの公式招待状を送付した。

開催日時は、2021年09月14日午前10時(現地時間)、午後1時(世界時間)です。昨年同様、このイベントは100%バーチャルで行われる。

アップル2021年9月イベント(Apple September 2021 Event)
このイベントでAppleは、WWDC21で発表されたソフトウェアアップデート(watchOS 8、iOS|iPadOS 15、macOS Monterey)を総括する。

さらに、iPhone 13によるハードウェアの展開も見られる。噂によると、Apple Watch Series 7や、第3世代のAirPodsが登場する可能性があると言われている。

iOS 15で搭載される機能。
Focus(フォーカス)。
ユーザーが集中したいことに基づいて、通知やアプリをフィルタリングする新機能。
お客様は、カスタムフォーカスを作成したり、デバイス上のインテリジェンスを利用して通知を許可する人やアプリを提案する提案型フォーカスを選択したりすることで、その場にいることができるようにデバイスを設定することができる。
通知機能。
通知のデザインが一新され、人には連絡先の写真が、アプリにはより大きなアイコンが追加され、さらに識別しやすくなる。
また、気が散らないように、新しい通知概要では、時間的に重要でない通知を集めて、より適切なタイミングで配信する。
機械学習。
Live Textは、デバイス上のインテリジェンスを使って写真の中のテキストを認識し、ユーザーがアクションを起こせるようになる。
Visual Look Up」では、世界中で人気のあるアートやランドマーク、自然の中で見られる植物や花、ペットの品種、さらには本の検索などについて詳しく知ることができる。
Spotlightでは、インテリジェンスを使って、場所、人、シーン、オブジェクトで写真を検索できるようになる。また、Live Textを使って、Spotlightは写真の中のテキストや手書き文字を見つけることができる。
Safari。
Safariは、片手で簡単に操作でき、コンテンツを前面に押し出した新しいデザインを採用している。タブグループでは、タブを保存し、iPhone、iPad、Macでいつでも簡単にアクセスすることができる。
Apple Maps。
近所や商業地区など、都市の詳細情報が大幅に強化されています。iPhoneやCarPlayを使ったナビゲーションでは、地図に新しい道路情報が追加され、3次元の都市ドライブを体験できる。
Apple Wallet。
今年後半には、米国の参加州の顧客、運転免許証や州のIDをWalletに追加できるようになる。
運輸保安局は、空港の保安検査場を、顧客がWalletでデジタルIDカードを使用できる最初の場所にできるよう取り組んでいる。
Weather。
よりグラフィカルな天気データの表示、フルスクリーンの地図、状況に応じて変化するダイナミックなレイアウトなどが用意されている。

macOS Monterey。
macOS Montereyには、上記の機能に加えて、以下の機能も搭載される。

ユーザーが日常のタスクを自動化し、最高の生産性を実現するために、MacにShortcutsが登場した。
iPhoneやiPadと同様に、Macのショートカットを使えば、ユーザーが最もよく使うアプリケーションでタスクをすばやくこなすことができる。
ユニバーサルコントロール(Universal Control)を使えば、1つのマウスとキーボードで作業ができ、MacとiPadの間をシームレスに移動でき、セットアップも不要になる。また、コンテンツをドラッグ&ドロップでデバイス間を行き来することもできる。
AirPlay to Macを使えば、最新の映画やゲーム、休暇中の写真やプレゼンテーションなど、あらゆるものをiPhoneやiPadから再生、提示、共有することができる。
また、新しいアクセシビリティ機能により、Markupからすぐに画像の代替説明を追加することができる。
さらに、フルキーボードアクセスの改善と新しいカーソルカスタマイズオプションにより、Macをより柔軟に操作することができるようになる。

今後、さらに多くの情報が紹介されることになるだろう。