2021-08-29

バイデン、カブール空港への再度のテロ攻撃の可能性は「非常に高い。」

戦争と平和

CNNは2021年08月29日に、米国国防総省は同日未明、ドローンによる攻撃について言及した。
「より多くの情報が入ってきたので確認すると、注目を集めていたISISのターゲット2人が死亡し、1人が負傷したことがわかった。

また、民間人の犠牲者はゼロであることがわかっています」と、地域作戦担当統合参謀本部の副本部長であるハンク・テイラー元帥(Maj. Gen. Hank Taylor,)が記者会見で述べた。

ハンク・テイラー地域作戦担当統合参謀本部副本部長は記者会見で、「今後の計画を具体的に述べることはないが、我々は今後も自衛能力を持ち続け、必要に応じて地平線上の能力を活用してテロ対策活動を行うことができる。」と述べた。
「声明の中で、「我々の司令官は、今後24~36時間のうちに攻撃が行われる可能性が高いと私に伝えてきた。

「私は、部隊の保護を優先するためにあらゆる手段を講じるよう指示し、現場にいる私たちを守るためのあらゆる権限、資源、計画を確保しました」と述べています。
米国防総省のジョン・カービー報道官(Pentagon spokesperson John Kirby)は、すべてのターゲットが1回の攻撃で命中したとし、それらは「ISIS-Kのプランナーとファシリテーター(ISIS-K planners and facilitators)」であると述べた。

米国の国防関係者が土曜日にCNNに語ったところによると、そのうちの一人は「将来の空港での攻撃の可能性に関連している」と考えられていたという。

米国はこの人物の居場所を突き止め、攻撃に必要な「十分な目と知識を持っていた」と述べ、「既知の人物」ではあるが、米国は彼をISIS-Kの「上級」工作員とは呼んでいないと付け加えた。
別の国防当局者が語ったところによると、その人物はジャララバード(Jalalabad)地区のある施設にいたとのことで、カブール(Cabul))でのテロ攻撃に続く新たな情報が、攻撃を正当化するために固められたという。

この関係者によると、米国が無人機による標的攻撃を行う前に、標的の妻子が出て行くまで屋敷の監視を続けていたという。

「今回の攻撃でISISが失ったであろう具体的な能力について話すつもりはありませんが、彼らは計画者と推進者を失いました。そして1人の負傷者を出しました。彼らのうち2人が地球上を歩かなくなったことは良いことです。」とカービーは土曜日に語った。
「それはアフガニスタンの人々にとっても、あの飛行場にいる我々の軍隊にとっても良いことだ。」
今回の空爆の発表は、バイデン大統領がアフガニスタンからアメリカ人を空輸するという必死の作戦を継続するとしながらも、カブールでのテロ攻撃に報復することを宣言した翌日に行われた。
この件に詳しい関係者によると、バイデンはISIS-K計画者への攻撃を承認したという。
「私たちは許しません。我々は許さないし、忘れない。我々はあなた方を追い詰め、償わせるだろう」と、大統領は木曜日にホワイトハウスで発言した。
米国は、「我々が選んだ時に、我々が選んだ場所で、我々が選んだ瞬間に、力と精度をもって対応する」とバイデン大統領は述べた。皆さんに知っておいていただきたいことがあります。このISISのテロリストたちは勝てないだろう」。
ドローン攻撃の現場を訪れたアフガニスタン人ジャーナリストによると、ドローン攻撃はアフガニスタン東部のジャララバードの(Jalalabad in eastern Afghanistan)近くにある家を破壊したという。このジャーナリストがCNNに公開した写真には、屋敷にあった小型車両がひどく損傷している様子や、すぐ近くで激しい榴散弾の被害を受けている様子が写っている。
現地の人によると、少なくとも3人が死亡、数人が負傷したという。
ISIS-Kとして知られるホラーサーンのISISは(Jalalabad in eastern Afghanistan)は、木曜日の自爆攻撃をISISの過激派が実行したと主張しているが、その主張を裏付ける証拠はない。

米国政府は、同グループがこの爆破事件の背後にいる可能性が高いと述べている。

しかし、2021年08月31日までに残り、数日になった。

関心は、もうそこには無い。