2021-07-15

5万1,000年前の鹿の骨は、史上初の芸術作品の可能性がある。

超過去アート

DesignTAXIは2021年07月08日に、今週、ドイツの研究者チームは、深く斜めの線が刻まれた洞窟で発見された鹿の骨は、ネアンデルタール人が作成した芸術作品である可能性があると、「Nature Ecology & Evolution」誌に発表ししたと報告した。

鹿の足の骨と確定されたこの遺物は、2019年にドイツ・ベルリンの南西約150マイルに位置するウェスト・ハルツのユニコーン洞窟(Unicorn Cave in West Harz)で初めて発見された。
その後行われた検査では、この人工物が5万1,000年以上前のものである可能性が示唆されている。

研究チームは、この彫刻された骨について、「線を首尾一貫したデザインに構成するための前提条件としての概念的な想像力が、ネアンデルタール(Neanderthals)人(約4万年前に絶滅した初期の人類)に存在していたことを示している。」と提起している。

Article
Published: 05 July 2021
A 51,000-year-old engraved bone reveals Neanderthals’ capacity for symbolic behaviour

Dirk Leder,
Raphael Hermann,
Matthias Hüls,
Gabriele Russo,
Philipp Hoelzmann,
Ralf Nielbock,
Utz Böhner,
Jens Lehmann,
Michael Meier,
Antje Schwalb,
Andrea Tröller-Reimer,
Tim Koddenberg &
Thomas Terberger

Author information
Affiliations
State Service for Cultural Heritage Lower Saxony (Niedersächsisches Landesamt für Denkmalpflege), Hannover, Germany
Dirk Leder, Utz Böhner, Jens Lehmann, Michael Meier, Andrea Tröller-Reimer & Thomas Terberger

Seminar of Prehistoric Archaeology, Georg-August-University Göttingen, Göttingen, Germany
Raphael Hermann & Thomas Terberger

Leibniz-Laboratory for Radiometric Dating and Stable Isotope Research, University of Kiel, Kiel, Germany
Matthias Hüls

Institute of Archaeological Sciences, Eberhard Karls University Tübingen, Tübingen, Germany
Gabriele Russo

Institute of Geographical Sciences, Freie Universität, Berlin, Germany
Philipp Hoelzmann

Gesellschaft Unicornu fossile e.V., Einhornhöhle, Göttingen, Germany
Ralf Nielbock

Institute of Geosystems and Bioindication, Technische Universität Braunschweig, Brunswick, Germany
Antje Schwalb

Department of Wood Biology and Wood Products, Georg-August-University Göttingen, Göttingen, Germany
Tim Koddenberg

Nature Ecology & Evolution (2021)Cite this article

1 Citations
1018 Altmetric
Metrics

ゲッティンゲン大学の先史時代の考古学者であるトーマス・テルバーガー(Thomas Terberger, a prehistoric archaeologist at the University of Göttingen)は、「文化の始まり、抽象的な思考の始まり、芸術の誕生を示唆している可能性すらある。」と『ナショナルジオグラフィック(National Geographic)』に語っている。

The Art Newspaperによると、研究者たちは、この骨がペンダントではなく、独立した彫刻のようなものであると判断したという。

「この骨の基部は、シェブロン(マーク)が上を向くように直立させるための台として適しています。」と同紙は述べている。

この発見が重要なのは、ネアンデルタール人は芸術作品を作ることができないという通説を覆したからである。
この骨には彫刻が施されており、「ネアンデルタール人が象徴的な意味を意識していた可能性は非常に高い。」と研究者は述べている。

研究者たちは、歴史上最古の芸術作品の一つである可能性があるものを発見しただけでなく、ネアンデルタール人とその美的嗜好についての新しい理論に道を開いた。

私たちの祖先は、現在の私たちと同じように芸術的なことに取り組んでいたのでしょうか?今後の研究によって、その答えが明らかになることを期待したい。

A.Word.A.Dayが2004年11月8日に、米国で、ネアンデルタール(Neanderthals)の語源について話題になった。

「A.Word.A.Day」 では、Joachim Neander(1650-1680)という賛美歌の作家で、ギリシアの形式(Nea Ander/新しい人)を使用していた。彼の名誉を称して「Neander Thal」と命名されたと解説され、「Nean der thal」ではなく、「Nea Ander Thal」から「Neander Thal」となり、「谷の新しい人」という意味で命名されたと解説している。

定冠詞を重要視するドイツで、中世ドイツの「die Thal」の定冠詞が無くなったのはちょっと気になるが---、また、教育社の監修松田徳一郎のリーダーズ英和辞典では、「Ne-an-der-thal」と表記している。これだとすべてドイツ語になり、「ne」は否定語で、「いやいや違うよ」という口語で使われたり、不定冠詞の「eine」の短縮形としても使われ、「an」は前置詞で場所を表し、「ある谷」と言うことになり、ここに登場する谷は、1856年に「Neanderthal」が発見されたドイツのデュッセルドルフ近郊の谷のことである。この解説だとすべてに定冠詞または、不定冠詞があり、いたって判りやすくなる。その代わり、賛美歌の作家Joachim Neander(1650-1680)も関係なく、偶然同じ名前の人がいたことになる。

確かに、この方がギリシャ語ではなく、すべてドイツ語で合理的な解説ともいえる。

さらに、ドイツ語で「Neander」に似た単語に「Nieder(下)」という単語があり、中世ドイツ語では、この程度の綴りの間違いは多く、もし「Nieder Thal」なら、「谷の下」ということになる。例えば、1491年にベニスで印刷されたベネチア年代記では、「Gutenberg」について書いた部分があり、そこには「Conteburgo」と書かれている。

つまり、ドイツ語を知らない米国人が、話題にすること自体が無意味である。

また、今回の発見では、ネアンデルタール人は芸術作品を作ることができないという通説を覆したと言っているが、世界最古の洞窟壁画と、ネアンデルタール人の複雑な感性で描かれている。

2018-02-23---世界最古の洞窟壁画と、ネアンデルタール人の複雑な感性。
2017-04-06---人間が人間を喰う。古代人のカニバリズムと、その目的。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳し、修正しました。

Related Dates