2021-06-24

米国下院のパワフルな委員会は、ハイテク大企業を弱体化させる一連の提案を承認。

政治犯罪と裁判反トラスト法反競争法ビッグテック企業AmazonFacebook GoogleApple

CNNは2021年06月24日に、米国下院の強力な委員会は2021年06月24日木曜日に、大規模なハイテク企業の弱体化を目的とした一連の提案を承認した。

司法委員会(Judiciary Committee)は、上位のデジタル・プラットフォーマーに新たな義務を課し、ゲートキーパーとしての力を乱用することを禁止し、場合によっては新たな罰金や解散の道を開く一連の法案を可決した。

司法委員会の議員たちは、2日間で約29時間に及ぶマラソンのような会議を行い、米国の独占禁止法(US antitrust law)をここ数十年で最も大きく変えるであろう6つの法案を下院に提出したと報告した。

これらの法案は、米国の反トラスト法に数十年ぶりに大きな変化をもたらすもので、最も厳しい法案は、委員会メンバーが主張する、ビッグテック企業が行う最も露骨な反競争的戦術を禁止する(the most blatantly anti-competitive tactics practiced)ものでである。

これらの法案では、アマゾン(AMZN)は、個人販売者と競合する同じ電子商取引プラットフォームを所有する(owning the same e-commerce platform)ことを禁止される。フェイスブック(FB)は、将来的に競争上の脅威になると思われる新興企業を買収する(acquire startups that it may perceive to be a future competitive)ことができない。Googleは、検索結果でYouTubeを他の動画ライバルよりも宣伝する(promoting YouTube in search results over other video rivals)ことを禁止される。また、Apple(AAPL)は、iOS上でサードパーティのアプリストアを許可する(allow third-party app stores on iOS)よう求められる可能性がある。これらの政策案は、ビッグテックの主要なビジネスモデルの核心に迫るものである。

これらの法案は、GoogleがYouTubeの動画をプッシュするように、大規模なハイテク企業が自社の製品やサービスを自社が所有するプラットフォーム上で不当に高めたり、アマゾンの販売者に対する扱いのように、複数のプラットフォームを支配することで、そのプラットフォームに依存する他のビジネスに損害を与えたりすることを違法とするものである。

しかし、Googleのもっとも危険なコンテンツ泥棒に対する規制がない。つまり、泥棒を合法化している。
さらに、個人の要求により個人情報の駆除も抜けている。
まだまだ、Googleに対しては、規制すべきことが多くある。

連邦取引委員会の元委員長であるウィリアム・コバチッチ(William Kovacic, former chairman of the Federal Trade Commission)は、フォード時代の法律に言及して、合併や買収のための公的透明を確立する「これらの措置は、45年前の1976年の米国の競争法制度において、ハート・スコット・ロディーノ(Hart-Scott-Rodino)以来の最も重要な改革となるだろう。」と述べている。

これらの法案では、個々の企業の名前は挙げられていない。しかし、一部の議員は2021年06月24日木曜日に、法案の意図する範囲を狭める方法として、名前を挙げることに前向きな姿勢を示した。その代わり、法案では、反トラスト規制当局が法律の対象となる企業を特定する際に使用することが期待され、ハイテク企業の一般的な定義の概要を示している。これには、時価総額と月間ユーザー数の基準が含まれます。

法案の下では、連邦取引委員会や司法省が、対象となる企業がゲートキーパーとしての力を乱用していると判断した場合、連邦取引委員会や司法省は制裁金や解散を求める訴訟を起こす可能性がある。

その結果、インターネットに大規模な変化をもたらす可能性がある。

下院のマークアップは、ハイテク業界が世界中の政策立案者や規制当局からの圧力の高まりに直面している中で行われた。

Googleは、オンライン検索と広告における不正行為を主張して、連邦政府や州政府から複数の反トラスト訴訟を起こされている。
フェイスブックFacebookは、「殺人的買収」と批判された戦略をめぐり、連邦・州政府から提訴されている。
Appleは今春、「Fortnite」のメーカーであるEpic Games社が、アップルのアプリストアがアプリ開発者のiPhoneへのアクセスを独占していると主張していることに対し、裁判を起こした。
Amazonは、メディア業界の重鎮であるMGMを買収したことで、新たに反トラスト法の監視を受けることになった。

ここまではm米国国内のことであるが、ここ数カ月、ヨーロッパの政府は、Apple、Google、Amazonのさまざまなビジネス慣行について、次々と調査を開始している。

また、ヨーロッパの最高裁判所は2021年06月、Facebookのようなデジタルプラットフォームの責任を問うことができるのは、企業の本社がある地域だけでなく、ヨーロッパ全土のデータプライバシー規制当局であることを認めた。
下院の法案は、デジタルプラットフォームを管理する全国的なルールを作成するための、大西洋側での最も包括的な取り組みになる。

昨年、16カ月に及ぶハイテク産業の調査を主導し、今回の法案に結実させたデビッド・シチリン議員(Rep. David Cicilline, who led the charge on a 16-month investigation of the tech industry last year that culminated in the legislation)は、「今日、我々は明確なメッセージを送った」と語り、「米国はもう、規制のない独占的な力との戦いを他国に主導させることはしない。アメリカは、より強力なオンライン経済を構築するために、ビッグテックに責任を負わせる準備ができています。」と述べている。

テクノロジー業界は、水曜日のマークアップに先立ち、米国の法案を阻止するために全面的な攻撃を開始した。
業界団体やロビイストたちは、議会の動きが速すぎる、法案は消費者に予期せぬ結果をもたらす可能性がある、と述べた。

また、企業自身も悲痛な警告を発している。
Amazonは、自社で小売商品を販売するか、誰もが利用できる電子商取引市場を運営するかの選択を迫られた場合、前者を選ぶだろうと述べ、その結果、同社のプラットフォームを利用する50万人の販売者のビジネスが失われるとしている。
Apple社は、iOSユーザーがどこからでもアプリをダウンロードできるようになると、セキュリティやプライバシーの侵害につながる可能性があると述べている。

一部の議員は立法会期中、法案の多くは範囲が広すぎたり、連邦政府に過剰な権限を与える危険性があると、懸念を表明した。


保守派の議員たちは、反保守的な偏見に対処するために、法案の修正を繰り返し求めた。

初期の修正案では、FTCとDOJが議会の資金を使って批判的人種理論を推進することを禁止しようとした。

初期の修正案では、FTCとDOJがクリティカル・レース・セオリーを推進するために議会の資金を使うことを禁止しようとしたが、この修正案は反トラスト法の問題とは関係ないとして却下された。

シリコンバレーを代表するカリフォルニア州の超党派の議員たちは、会期中、法案に異議を唱え、著者たちが答えられなかった「基本的な疑問」を指摘した。

例えば、何百万人もの消費者が使用している特定の製品に、この法案がどのような影響を与えるかは明らかではないとしている。

しかし、厳しい新規制の支持者は、ビッグテックに脅かされている中小企業を救うために必要であると主張し、国内の競争法を強化するための迅速な行動を求めた。

下院司法委員会のジェリー・ナドラー委員長(House Judiciary Chairman Jerry Nadler)は、水曜日の会議の冒頭で、「各法案は、イノベーター、起業家、新興企業のために競争の場を公平にし、米国の消費者にイノベーションと選択肢の増加による利益をもたらすための超党派的な計画の重要な一部である。(Each bill is an essential part of a bipartisan plan to level the playing field for innovators, entrepreneurs and startups, and to bring the benefits of increased innovation and choice to American consumers,)」と述べた。

法案が委員会を去る際、この法案の共同提案者である共和党のケン・バック議員(Rep. Ken Buck)は、ハイテク業界からの圧力に負けずに勝利(victory)を収めたと主張した。

バック議員は、6つの独禁法関連法案が可決された後、「ビッグテックは、委員会を通過しないだろうと言って、6つの独禁法関連法案すべてに反対するよう働きかけていた(Big Tech lobbied against all six antitrust bills, saying they would not pass out of Committee,)」とツイートした。
バック議員は、木曜日に法案が可決された後、「私は、通路の両側にいる同僚たちと協力して、ビッグテックを打破し、これらの法案を下院に進めることができたことを誇りに思います。(I'm proud to work with my colleagues on both sides of the aisle to Break Up Big Tech and advance these bills to the House floor.)」とツイートした。

www.DeepL.com/Translator(無料版)と、あえてGoogleが提供しているGoogle Translator(無料版)で翻訳し、修正しました。

2020-07-29---米国の巨大IT4社トップ、独占巡り、米国公聴会で応酬。
2020-07-09---モノポリー(独占)をボイコットすることはできない。
2017-01-16---世界の富裕層上位8人の資産は、下位506億7500万人の資産額と同額!
2017-01-06---金が動くところに金が集まる!孫正義のところに金が集まる!
2016-12-31---強いアメリカ復活!?
2016-12-30---プーチン、米国外交官追放せず 次期米政権に期待。
2016-12-28---トランプ、ソフトバンク系2社が米国で8000人雇用と発表。
2016-12-19---孫正義に、金を持たせると、世界が変わる!
2016-12-12---ついに、孫正義完全復活!
2016-12-06---トランプは、安倍首相より前に、孫正義ソフトバンク社長にあった!
2016-10-31---税逃れを防ぐ、国際ルール始動!
2016-10-19---サウジアラビア政府は、海外初の国債1兆〜1.5兆円規模を発行。
2016-10-14---世界で今、もっとも危険な男が、ソフトバンクと共同ファンド設立。
2016-10-12---Bitcoineの取得時に、消費税を課さない。
2016-09-16---東京国税局、アップル子会社に120億円追徴。
2016-09-08---アップルは、日本で動いているものを活用し、日本の支払いスタート。
2016-09-03---世界で今、もっとも危険な男!?が、迎賓館で、小池知事とアラビア語で会談!
2016-08-31---今年の秋に、GoogleのAndroid Payが日本に上陸!
2016-08-31---Android Payは、日本で開始のために設定した。
2016-08-30---EU、アップルとアイルランド政府に世界最大の税金戦争を布告。
2016-08-30---ANZはApple PayをMastercardユーザーに提供する。
2016-08-19---オーストラリアの独占禁止レギュレーターは、Apple Payで失敗!
2016-08-11---アップルは、銀行嘆願を拒絶するように、オーストラリアのACCCに勧める。
2016-07-31---大差で、初の女性東京都知事誕生!
2016-07-28---オーストラリアで一番上の銀行は、アップルと団体交渉を迫る。
2016-07-21---孫正義、復活へ第2歩!
2016-07-18---ソフトバンクは、アップルのチップデザイナーARMを買収。
2016-06-22---孫正義社長が社長を継続。ニケシュ・アローラ副社長退任。
2016-05-26---どうか、世界最長のノンストップ・フライトに耐えてください。
2016-05-10---ルクセンブルクの外国企業税優遇、内部告発者に求刑18か月!?
2016-05-07---「Panama Papers」の提供者が初のステートメント。
2016-04-28---サウジアラビアは、女性ドライバーの用意ができていない。
2016-04-28---ANZは、Apple Payをサポートする最初のオーストラリアの銀行になった。
2016-04-08---アイスランドの首相は正式辞任し、アルゼンチンでは大統領の捜査開始!
2016-04-08---「Panama Papers」が暴く名前に、なぜ米国の著名人が少ない?
2016-04-07---学生に、『脱税の個人的な経験』を尋ねられたキャメロンの瞬間!
2016-04-07---プーチンは、「Panama Papers」が、ロシアを弱める西側の策略と主張。
2016-04-07---イギリス首相は、租税回避地を認めた。
2016-04-07---「Panama Papers」で、最大市場は中国。
2016-04-07---「Panama Papers」が暴いた租税回避のクモの巣の中心はロンドン。
2016-04-04---デイビッド・キャメロンの父がPanama Papersの投資に参加。
2016-04-04---アイスランドの大統領は、Panama Paperで議会解散を拒否。
2016-04-04---ICIJ、各国首脳や著名人らの租税回避地を発掘!
2016-03-04---日本政府は、Bitcoinを「貨幣」に認定。
2016-03-03---産油国の大改革が、始まった。
2016-01-18---現在、ちょうど62人が、世界中の富の半分を所有している。
2016-01-16---アップルとGoogleを合併した規模の10倍の巨大会社が上場。
2016-01-08---世界で今、もっとも危険な男!?
2015-10-23---IMFは、5年以内にサウジアラビアが倒産するかもしれないと予測!
2015-09-02---緊急援助の最大刑事事件として、銀行エグゼクティブに懲役8年と宣告!
2015-08-17---アップルは、モバイル支払い話で、オーストラリアの銀行と価格の食い違い。
2015-06-04---欧米大手銀、中国高官と癒着の疑いで、米国当局が調査。
2015-06-01---世界で最も豊かな王室トップ10
2015-05-20---世界の5大銀行は、外国為替市場を処理で罰金US$57億。
2015-04-28---中国人が全財産を明らかにして、判ったこと。
2015-04-23---ドイツ銀行、利率操作で罰金US$25億!
2015-03-06---RBSは,以前とその後の損失で£1億支払った。
2015-02-18---銀行の捜索は、まだ終わっていない!
2015-02-10---HSBCスキャンダルは税金取り締まりで、『際だった人戯れ』を示す。
2015-01-25---最も裕福な1%は、どこに居るか?
2015-01-19---Oxfamは、最も豊かな1%が世界を所有していると言う。
2015-01-19---海外脱税バッシングが、日本でも始まる!
2014-11-12---5つの銀行が、外国為替相場を操作で、罰金US$33億。
2014-11-06---有名企業とルクセンブルクが協定し、大規模な租税回避。
2014-10-31---シティ・グループは、訴訟費用をカバーするため、さらにUS$6億を準備。
2014-10-30---イギリスの銀行バークレーズは通貨調査で賄うために、£5億を準備。
2014-10-26---ヨーロッパの24銀行が、EBAストレス・テストに落第!
2014-10-20---米国の銀行は、罰金を払うために、ボーナスを10年間延期しろ!
2014-10-02---世界の貧富の格差が拡大、1820年代の水準にまで悪化。
2014-08-06---バンク・オブ・アメリカは、米国司法省との取り引きでUS$165億で接近。
2014-08-04---ヨーロッパ最大の銀行の一つHSBCの半年の利益は12%下がった。
2014-07-29---スイスの最大手銀行UBSは、「dark pools」取引システムの米国調査に応答。
2014-07-14---シティ・グループは、危険なサブプライムの抵当調査解決で罰金US$70億払う。
2014-07-09---今度のシティ・グループの罰金は、年間利益の半分US$70億。
2014-07-02---ゴールドマン・サックスに、US$80万の罰金。
2014-07-01---フランスの最大の銀行BNPパリバは、制裁妨害で罰金US$90億。
2014-06-13---次の億万長者は、誰だ!
2014-06-03---フランスは、BNPパリバ'の罰金US$100億は、不合理と言った。
2014-04-25---G-7の国家は、ロシアに対するより多くの制裁に賛成。
2014-03-14---米国の金融調整機関は、主張されたLiborで16の銀行を起訴した。
2014-03-14---UBSのトレーダーは、基本的な香港の利率を装備しようとした。
2014-02-17---アメリカの銀行が設備を取消し、キューバは米国領事館を停止した。
2014-01-31---NY裁判官は、バンク・オブ・アメリカのUS$85億での解決を了承。
2014-01-24---JPモーガン上司ジェイミー・ディモンの支払いはUS$2000万まで上昇。
2014-01-22---中国のエリートに与えられる租税回避地へのレポート。
2013-12-04---世界中の大手銀行は、すべてEU罰金銀行(EU fines banks)。
2013-11-20---JPモルガンは、米国政府当局とUS$130億の最大記録で合意。
2013-11-15---JPモルガンはUS$45億で、抵当解決に同意。
2013-11-04---HSBCの利益は、香港とイギリスによって駆り立てられて、30%急騰。
2013-10-25---JPモーガンは、罰金をUS$51億まで値切った?
2013-10-24---米国の銀行は年末に向けて、また大荒れ!
2013-10-20---JPモーガンは、史上最大の罰金、US$130億を払ってもよい。
2013-10-16---JPMorganは、CFTCとの合意で、悪事を認め、罰金US$1億支払う。
2013-09-02---ビザは幹部の間違った辞職報告に応答した。
2013-08-21---マスターカードはオーストラリアで16人の支払いパートナーを発表。
2013-07-18---サイバー攻撃が爆発するとともに、銀行は戦いに備えている。
2013-07-17---バンク・オブ・アメリカの利益は経費削減で急騰。
2013-07-11---ルクセンブルグ首相、スパイ・スキャンダルで辞職。
2013-05-21---アップルは、米国最大の納税者で、米国最大の脱税者。
2013-04-10---ルクセンブルグは、その銀行を包む秘密を緩和。
2013-01-04---スイスで最も古い銀行は、米国脱税の後に倒産した。
2012-11-24---イギリスでも脱税者に総攻撃を本格化!
2012-11-23---ドイツ議会は、スイスの租税条約を閉鎖!
2012-11-20---世界中で、節税という脱税を許さなくなっている。
2012-11-15---ユーロ圏経済は後退へ倒れる。
2012-11-09---Citi Groupを実質上倒産に追い込んで解雇されたCEOの退職金US$1500万。
2012-11-07---米国で選挙に注目している間に、株価は1年で最悪に落ちていった。
2012-11-07---ダウ、ナスダック共に、1年ぶり下げ幅。CITI groupも急落。
2012-11-01---スイスの銀行口座を持った2,000人のギリシャ人の名前公開は不法か合法か。
2012-10-30---スイスの銀行UBSは10,000人の仕事をカット!
2012-10-24---バンク・オブ・アメリカは、抵当不正行為のUS$10億で訴えられた!
2012-10-16---シティ・グループの最高経営責任者、社長兼最高執行責任者辞任!
2012-10-12---スコットランドの銀行RBS、復活に向けた大改革取引が崩壊!
2012-10-03---イランは、通貨落下を止める手段を締めた。
2012-09-28---米国の銀行は、1週間以上サイバーアタックで攻撃されていた。
2012-08-30---Citi Group、サブプライムの問題を解決するためにUS$5億9000万を払った!
2012-08-26---Unicreditは、米国イラン制裁を破壊した?
2012-08-15---米国で呼び出された7つの銀行のLiborスキャンダル!
2012-08-12---銀行バークレーズの議長デービッド・ウォーカー候は変更を約束。
2012-07-30---ヨーロッパ最大のHSBCは、ミス販売とマネーローンダリングで利益を高騰!
2012-07-22---世界のスーパー金持ち用脱税「隠し金山」を発見!
2012-07-21---米国で1年間に銀行が38件倒産した。
2012-07-03---イングランド銀行は、「ダイアモンドをゆっくり動かした。」
2012-06-27---バークレーズ銀行、主要取引先銀行レート詐欺操作で罰金。
2012-06-22---ムーディーズは、大手15銀行を格下げ!
2012-06-03---銀行は改良すべき時期に来た!それは押し進めるに違いない。
2012-04-23---メキシコのモバイル・バンキング・サービスの技術供給者はGemalto。
2012-04-19---シティ・グループ、銀行業務「革命」として、モバイル支援を予告!
2012-02-07---シティ・グループは、中国でクレジットカードを始める承認を得た。
2012-01-12---中国税関の2011年収入、3割増で1兆6142億元!密輸、脱税も増大!
2011-07-15---米国は脱税者徹底的調査で、クレディ・スイスに目標を置いた!
2011-06-07---中国富裕層を狙うCitibankとSCBの争奪戦。
2011-01-16---スイスの元銀行員が、WikiLeaksに極秘情報を手渡すと誓った!
2010-02-02---ドイツが、スイスの銀行で盗まれた税金犯罪者データを買う!?
2009-09-28---国民に恨まれないで、税金を高くする方法。
2009-06-29---スイスの銀行は、アメリカ人投資家を避け始めた。
2004-05-10---シティ・グループは、ワールドコムへ投資による集団訴訟に決着をつけた。