2021-03-29

シンガポールの感染対策違反で、日本人街も含め、9店に処分。

犯罪と裁判性とメディア

アジア経済ニュースNNA ASIAは2021年03月30日に、MSE(Ministry of Sustainability and the Environment/シンガポール持続可能性・環境省), Singapore)は2021年03月29日に、新型コロナウイルスの感染対策に違反していたとして、飲食店9店に営業停止や罰金処分を科したと発表した。

日本人が多く集まる繁華街カッページ(Cuppage)にあるジャパニーズKTV(Japanese KTV/DePhonix Ktv Japanese Pub/いわゆるキャバクラ)も罰金の対象となった。

シンガポールのキャバクラ?

どうも、性風俗規制に新型コロナウイルスの感染対策に違反を利用したようだ。

営業停止処分を科したのは6店。うち4店では午後10時半以降に酒類を提供していたため、10日間の営業停止を言い渡した。

残りの2店は接待を伴う飲食店で、従業員が複数の客のテーブルを行き来しながら接客するなどしていた。

過去にも営業停止処分を受けていた1店は30日間、残りの1店は10日間の営業停止とした。

カッページの商業施設「カッページ・プラザ」に入居する「デステニー・ジャパニーズKTVパブ」には、客にゲームを提供していたとして、S$(シンガポール・ドル)2,000(約16万3,000円)の罰金を科した。

新型コロナ関連法の「COVID19(暫定措置)法」では、娯楽施設以外の店によるゲームの提供を禁止している。この店には、過去にも感染対策違反で罰金処分を科していたという。

このほか飲食店2店には、必要な感染対策を怠っていたとして、それぞれ罰金を科した。

今回の9店の処分に関しては、一部の店の客個人にも罰金処分を科した。同省は、「政府は引き続き、飲食店や商業施設、公共の場での感染対策違反を厳しく取り締まる。飲食店も顧客も、新型コロナのワクチンを接種していたとしても、感染対策を徹底してほしい」と呼び掛けた。

繁華街カッページ(Cuppage)にあるジャパニーズKTV(Japanese KTV/DePhonix Ktv Japanese Pub/いわゆるキャバクラ)の緯度、経度。
1°18'07.0"N 103°50'26.6"E
または、
1.301956, 103.840719