2021-02-19

コロナワクチン接種後死亡の場合は、国が4420万円補償。

政治

共同通信が、日本全国の47新聞に配信している47NEWSは2021年02月19日に、立憲民主党の末松義規議員の質問に答え、田村憲久厚生労働相は2021年02月19日の衆院予算委で、新型コロナのワクチン接種後に副反応などで死亡した場合、国の健康被害救済制度によって、一時金として遺族に4420万円が支払われると説明したと報告した。

ワクチン接種は、まん延を防ぐため緊急に行う予防接種法の「臨時接種」として実施される。この仕組みでは接種後の健康被害への補償が最も手厚くなる。

死亡時の一時金は、医療機関の過失の有無にかかわらず支払われる。葬祭料として20万9千円も給付される。

最も重く、日常生活全般で介護が必要になる1級の障害が生じた場合、年額で505万6800円を支給する。

以前から言っているように、ワクチンを拒否し、死んだら元も子もない。

副作用が起こることは、滅多に無いことは明らかになってきているが、万が一副作用が起こっても、国が治してくれるし、その治療費も負担してくれる。

さらに、ワクチン開発会社や医薬品会社も、必死に治療薬などを開発してくれることが、オックスフォード大学などの行動で明らかになっている。

この共同通信が、配信したオリジナル記事は、47NEWS参加社新聞社が、一斉に配信した。

この内容に、政府が嘘をつくと、政府は崩壊する。

北海道新聞
室蘭民報
河北新報
東奥日報
デーリー東北
秋田魁新報
山形新聞
岩手日報
福島民報
福島民友新聞
産業経済新聞
日本経済新聞
ジャパンタイムズ
下野新聞
茨城新聞
上毛新聞
千葉日報
神奈川新聞
埼玉新聞
山梨日日新聞
信濃毎日新聞
新潟日報
中日新聞
中部経済新聞
伊勢新聞
静岡新聞
岐阜新聞
北日本新聞
北國新聞
福井新聞
京都新聞
神戸新聞
奈良新聞
紀伊民報
山陽新聞
中国新聞
日本海新聞
山口新聞
山陰中央新報
四国新聞
愛媛新聞
徳島新聞
高知新聞
西日本新聞
大分合同新聞
宮崎日日新聞
長崎新聞
佐賀新聞
熊本日日新聞
南日本新聞
沖縄タイムス
琉球新報
共同通信