2020-11-26

古代世界で最も奇妙な死を遂げた7つの事件。

人物

米国のMedium Daily Digestの「History-of-Yesterday」として2020年11月26日に、古代世界は、かなり奇妙な場所だったことを知っている。

それは血まみれの戦争、残酷な支配者、そして奇妙な社会的慣行に満ちていた。

それは人々が世界とそれらの周りのすべてのものがどのように動作するかを把握しようとしていた時だった。

彼らは、さまざまな実験、試験を行い、あまりにもエラーを作っていた。しかし、それらのエラーのいくつかは致命的であることが判明した。
この記事では、古代ローマ、ギリシャ、古典世界の他の部分で最も奇妙で、珍奇で、異常な死のいくつかをリストアップました。これらの死のいくつかは懲罰であり、いくつかは事故であり、いくつかは単に不運の結果であった。

1.ギリシャのエレウシスで生まれたアエスキロス(Aeschylus born in Eleusis, Greece_は「悲劇の父(Father of Tragedy)」とも呼ばれている。
彼は歴史上最も偉大な劇作家の一人。
歴史家によると、紀元前458年、アエシロスは鷲に亀を落とされて死んだそうです。禿げた頭を岩と間違えたからです。笑える!
アスキロスは晩年、落下物に殺されるという予言を受けたと言われています。だから彼は不必要に外に出るのを避けていた。大事な用事があって外に出たのでしょうが、悲しいことに予言は成就してしまったのです。

2.ミトリダテスは牛乳と蜂蜜、そして糞便で覆われていた。
若いペルシャ兵であるミスリダテス(Mithridates)は、アルタクセルクセス2世の軍(King Artaxerxes II’s army)に属していた。
戦いの最中、ミトリダテスはアルタクセルクセスの偉大なライバルと呼ばれる弟キュロス(Cyrus)を殺した。戦いの後、アルタクセルクセスはキュロスを殺したことを手柄にして、ミスリダテスに黙っているように言った。
ある日、ミスリダテスは酔っ払っていたので、自分がキュロスを殺したという本当の話を皆に話し、王は何もしなかった。それを知った王は激怒し、彼にスカフィズムによる死刑(death by scaphism)を宣告した。
知らない人のために、スカフィズムでは、囚人は2つの中空の丸太や手漕ぎボートの間に閉じ込められた。
彼らは彼をミルクと蜂蜜の混合物で彼を浸し、彼の口の中だけでなく、彼の顔全体にそれを注ぐ。そして,かれの顔を太陽の方に向けたままにしておくと,その顔は完全に覆われ,その上に住み着いた多数のハエによって隠される。
舟の中では,飲食する者が必要なことをしているように,汚物の腐敗と腐敗の中から忍び寄るものや害虫が湧き出てきて,これらがかれの腸の中に入って,かれの体は食べ尽くされてしまう。その男が明らかに死んでいるとき、一番上の船が引き揚げられると、彼らは彼の肉が食い荒らされているのを発見し、騒々しい生き物の群れが彼の内側を捕食し、いわば彼の内側に成長しているのを見つけます。
哀れなミスリダテスは、乳、蜂蜜、昆虫、そして彼自身の糞に覆われて、死ぬ前に17日間生き延びた。

恐ろしい!いろんな死刑がある。

3.マーカス・リキニウス・クラサスス(Marcus Licinius Crassus)は、溶けた金のゴブレットを飲むことを余儀なくされた。
史上最も裕福な人物の一人とされるマルクス・リシニウス・クラッススは、ローマの政治家であり、軍事将軍であった。
彼はスパルタカス率いる奴隷の反乱を鎮圧するためにローマ軍を率いた。
彼は、彼の犯罪と腐敗した慣行でかなり知られていた。
紀元前53年、クラッススはカレイの戦い(Battle of Carrhae)でパルティア(Parthians)に敗れた。

彼は罪のために裁判de、有罪判決を受けた。彼は溶けた金のゴブレットを飲んで死刑を宣告されたが、これは彼の大きな富を象徴するものであった。
また、一部の歴史家は、彼が処刑された後、溶けた金が彼の体に注がれたと言っている。

これは、GoogleやFacebook、Amazon,com、Apple、MicrosoftなどのIT成金向けかもしれない。

4.ハイパティア(Hypatia)は貝殻で生きたまま皮を剥がされた。
エジプトのアレクサンドリア(Alexandria, Egypt)で生まれたヒュパティアは、ギリシャの科学者、学者、そして新プラトン派の信奉者であった。
彼女は当時広く尊敬され、後にフェミニストとして昇格した。
ローマ総督のオレステス(Roman governor Orestes)がキリスト教の司教であるアレクサンドリアのキリル(Cyril of Alexandria)と戦っていた時期であった。 ヒュパティアがオレステスにユダヤ人とキリスト教徒を迫害することを奨励しているという噂があった。
怒ったキリスト教徒の暴徒がヒュパティアの家を襲い、彼女を誘拐した。
彼らは彼女の服を引き裂き、彼女を教会に引きずり込み、そこで鋭いカキの殻で彼女の肉を引き裂いて彼女を殺害した。
彼らは彼女を生きたまま皮を剥き、骨と内臓以外には何も残っていなかったと言われている。

これは、都知事か香港の最高経営責任者向けかもしれない。

5.ミロン(Milo)が、クロトン(Croton)の木に引っかかってオオカミに食べられた。
イタリアのクロトーネで生まれたミロは、紀元前6世紀のレスラーで、その体力の強さで有名だった。
毎日20ポンドのパン、20ポンドの肉、20パイントのワインを食べていたそうです。
その筋肉と力の強さから、誰もが彼を恐れていた。
ミロは無造作に物を壊したり、重いものを拾って見せびらかすのが好きだった。
歴史家によると、ある日、彼は森の中を通っていると、木の幹が二つに割れそうになっているのを見たそうです。
ミロは、半分に木を引き裂くことができることを証明したかったので、亀裂の中に彼の手を入れた。
しかし、彼の手は動けなくなってしてしまい、彼はそこに閉じ込められてしまった。彼は何日もそこに残って、最終的にオオカミの群が来て、彼を食べしまった。

自信過剰気味のあなた向けかもしれない。

6.ギリシャの画家ゼウクシスは、肖像画を描いた後、笑い死にした。
ヘラクレア・ルカニア(Heraclea Lucania)で生まれたゼウクシス(Zeuxis)は、卓越した絵画技術を持った偉大なギリシャの画家であった。
彼の絵はとてもリアルで、鳥たちが彼の作品の実を食べようと空から舞い降りてくるほどだったと言われている。
彼がどのように死んだか??
老婆はゼウキスに、彼女をモデルにしてギリシャの美しい女神アフロディーテ(Aphrodite)の絵を描くように、依頼した。彼がその絵を描き終えたとき、それはあまりにも不条理なものだったと言われている。ゼウキスは信じられず、自分の首を絞めて死ぬほど笑ったという。

7.哲学者エンペドクレスが火山に飛び込んだ。
イタリアのアグリジェント(Agrigento, Italy)で生まれた5世紀の哲学者エンペドクレス(Empedocles)は、その印象的な知的能力でよく知られていた。
彼は間違いなく優れた科学者であり、まばゆいばかりの弁舌家であった。
エンペドクレスは、天候を制御し、病気を治すなどの神の力を持っていると主張していた。
人々が彼の神性を信じることを拒否したとき、彼はエトナ山の活火山に飛び込むことでそれを証明することにした。彼は、自分は不滅の神となり、火山は彼を傷つけることはないと言った。
彼は自ら火山に飛び込んだが、人々が、生きている彼を見た最後の瞬間だった。
なるほど・・・・彼が神ではなかったことが確定した。

大学の教授が、自信満々に話すことを証明する方法かもしれない。

References
“http://penelope.uchicago.edu/Thayer/E/Roman/Texts/Diogenes_Laertius/Lives_of_the_Eminent_Philosophers/8/Empedocles*.html”
“https://www.thevintagenews.com/2017/03/28/greek-philosopher-chrysippus-allegedly-died-from-laughter-after-he-saw-a-donkey-eating-his-figs/”
“https://www.britannica.com/biography/Zeuxis”
“https://healthandfitnesshistory.com/images/marble-statue-milo-croton/”
Lessons from History
Lessons from History is a platform for writers who share…