2020-11-26

2020年、台湾の二輪車販売、25年ぶりの多さになると予測。

経済ロジスティクス

アジア経済ニュースNNA ASIAは2020年11月30日に、台湾の経済新聞「経済日報(經濟日報/Economic Daily)」は2020年11月27日に、台湾二輪車最大手の光陽工業(Koyo Industries/キムコ/Kimco)の柯俊斌執行長は2020年11月26日に、台湾の2020年の二輪車新車販売が前年比12.2%増の101万2,000台になるとの予測を示した。予測通りとなれば、25年ぶりの多さとなると伝えたと報告した。

柯執行長は新型コロナウイルス感染症がまん延した時期に、感染リスクの少ない二輪車の需要が拡大したと指摘。二輪車買い替え時の補助金の減額や、装着が義務付けられている「ABS(Anti-Lock Brake System/アンチロックブレーキシステム)」に対する補助金制度の終了を前に、駆け込み需要が発生していることも増加の一因とみている。

台湾二輪車市場の2020年1~10月の新車販売は前年同期比9.8%増の78万5,510台だった

シェア1位は光陽工業(約26万2,000台)で、2位の三陽工業(Sanyo Industries/SYM)を約4万台上回った。このままいけば、光陽工業が21年連続で販売1位となる。

台湾のような大きさの国は、四輪より、二輪車の方が便利なのだろう。

2020-11-26---Grab、バリでホンダの電動バイク「PCX ELECTRIC」運用!
2019-12-03---台湾で、2019年11月の二輪車販売、「Gogoro」が2位に初浮上!
2019-03-22---台湾二輪大手キムコ、フィリピンで電動スクーターお披露目。
2018-11-09---台湾の光陽、電動大型バイク発表。
2018-01-05---フィリピン、2017年の二輪車販売、16%増の132万台。
2017-12-07---フィリピン二輪車販売、2017年11月は過去最高の12.6万台。
2017-10-04---フィリピン二輪車販売、2017年09月は過去最高の12.5万台。