2020-11-25

ドイツ、年明けまで継続の可能性高いまま、封鎖措置の延長決定。

健康食品ドイツ

今年のクリスマスやお正月のお祝いに間に合わない地域は、全世界になった。

史上最悪のクリスマスとお正月を迎えることになった。

ヨーロッパ経済ニュースEUROPE NNAは2020年11月27日に、アンゲラ・メルケル首相(Kanzlerin Angela Merkel/German Prime Minister Angela Merkel/Chancellor Angela Merkel)と連邦16州の首相は2020年11月25日に、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための全国的な制限措置を少なくともクリスマス直前の2020年12月20日まで延長することで正式に合意した。2021年01月上旬までさらに延長する可能性も高いとしている。クリスマスから新年にかけては一部規制が緩和されるものの、レストランなどは引き続き営業停止を求められる。

もともと、ドイツはこの期間、ほとんどのレストランが閉まってる。

学生食堂や学生カフェ、学生パブも閉まる。

私たち海外からの学生は、最悪の期間と呼んでいた。

ドイツでは2020年11月02日から飲食店や劇場・映画館、スポーツ施設の営業が禁止され、世帯間の交流は最大2世帯10人までに制限されている。当初はは2020年11月30日までとしていたが、感染者が増え続けていることから、さらなる延長が検討されていた。

アンゲラ・メルケル首相と各州首相は2020年11月25日に、7時間に及ぶ協議の末、合意に達した。
アンゲラ・メルケル首相は記者会見で「封鎖措置を2020年12月20日まで延長することにより、全国の状況を大幅に改善することを目指す」と説明した。

「ただ、感染が拡大しているため、年明け以降も大規模な制限措置が必要になるだろう」と話した。

いっそ、海外からの学生が苦しんでいる時、全ドイツの国民も最悪のクリスマスと新年を迎えるべきかもしれない。

アンゲラ・メルケル首相と各州首相は併せて、2020年12月01日から一部規制を厳格化することでも合意した。世帯間交流を最大2世帯で14歳未満の子供を除き5人までに制限するほか、マスク着用義務の対象となる場所を拡大する。また、スキー旅行は少なくとも2021年01月10日まで控えるよう強く要請している。

一方、2020年12月23日~2021年01月01日のクリスマス休暇期間については、一部規制を緩和。集会可能人数を子供を除き最大10人とする。大みそかの花火については、禁止には踏み込まず自粛を促している。

各州は、過去1週間の新規感染者数が10万人当たり50人を切る日が7日間続けば、制限措置を独自に緩和できるが、現時点では全国平均で約140人と、これを大幅に上回っている。

ドイツでは11月25日に、新型コロナウイルスによる過去24時間の感染死者数が410人となり、感染第1波のピーク時を超えて過去最多となっている。

なんでこんなことになったのか?
誰も明らかにしなくなったが、心の中では、あいつだと訴えていることだろう。

そういえば、ドイツ人の彼女が、日本人はビーンズ・スープに砂糖を入れ、ライス・ケーキを一緒に食べるそうだが、私はそんな国に行けない。と言い出したことがあった。
頭で考えるな〜と怒ったことがあった。

私はこれから、その頃のことを思い出しながら、ぜんざいを食べる。

2020-11-27---今年のクリスマスやお正月のお祝いに間に合わない。
2020-11-25---ドイツ、感染死者数が過去最多!1日で410人死亡。
2020-11-24---イングランドの封鎖解除に向け、地域別の段階的な規制を再導入。
2020-11-19---イギリス、冷戦後で最大の防衛投資。
2020-11-16---イギリスの政府顧問「この冬乗り切れない。」
2020-11-12---イギリス政府、ロックダウン明けに学生の一斉帰省を許可。
2020-10-09---ヨーロッパ各国で、第1波コロナ感染者を上回る国、続出!
2020-08-25---ヨーロッパ各国で、「COVID-19」新規感染者数が急増。
2020-08-20---ドイツ、フランス、イタリア、スペインで感染急増。
2020-08-18---ドイツで新規感染者が、4カ月弱で最多。
2020-08-07---ファウチ博士。COVID-19ワクチンの効果は50%に過ぎないかもしれない。
2020-08-05---長屋宏和の考えを全米科学財団が支援した研究グループが証明!
2020-08-05---ドイツ、フランス、スペインで新型コロナウイルス第2波!?新規感染最多!
2020-07-28---ドイツの国立ロベルト・コッホ研究所、長屋宏和の考え方に賛同!
2020-07-20---フランス、屋内公共空間でのマスク着用を義務化。
2020-07-11---長屋宏和が、WHOに続き、トランプ大統領に勝った!
2020-07-08---トランプ大統領、正式に米国をWHOから手を引かせた!
2020-07-07---WHO、「COVID-19」の空気感染拡大の「証拠」を認めた。
2020-07-06---世界の科学者ら239人が、「空気感染が真のリスク」についてWHOに警鐘!
2020-07-06---新型コロナウイルスは、自然環境で何日生きているのか?
2020-06-03---香港の公営住宅がクラスター化。「自宅待機」の神話再度崩壊。
2020-05-24---「全人類が経験したことがない夏」がやってくる!
2020-05-17---暑い夏!夏バージョンのマスク!マスク戦争第2段勃発〜
2020-05-07---精液内からウイルス検出で、性交渉でコロナ感染の可能性?
2020-05-07---コロナウイルスは早ければ10月にもヒトに飛来した可能性がある。
2020-04-17---ドイツで回復者数が感染者数を上回り、着実に復活に向け動く!
2020-04-04---1918年のインフルエンザで、ニューヨーカーはマスクを付けた。
2020-04-04---WHOが路線変更!今では人前でのマスクの着用をサポート。
2020-03-14---香港の高層住宅で、新型コロナの微粒子感染の可能性で、避難!?
2020-03-03---長屋宏和が、身障者が外に行けるようにマスクを作り出した!