2020-11-25

「スマートシティ」と「5G」

未来

携帯電話の世界標準になったヨーロッパのGSMAが、最新情報を配信している「Mobile World Live」は2020年11月25日に、「スマートシティ」という概念は、おそらくまだ構想段階にあると思われるが、AIとIoT技術に支えられた5Gネットワークの利用の可能性は、今後数年の間に都市の発展のあり方を変える可能性があると報告してきた。

2021年01月25日から29日のテーマ・ウィークとして開催されるイベントでは、スマートシティのビジネスケースや、都市がビジョンを現実のものとするための革新的な資金調達戦略から、スマートシティへの投資のリターンを得るための事業者の役割まで、スマートシティの展開から得られた初期の教訓を探り、市場の様々な分野を探るという。

もし、このテーマに興味があったら、mailto:awindsor@gsma.com?subject=Themed Week Enquiryに連絡するようにいってきた。

最も初期の情報である。

これは、未来の不動産業の戦略から、投資家の指導。それを実現するための作戦など、未来志向について、これまでのマーケットを改革すべきテーマが話し合われる予定になっている。

GSMAでは、毎回テーマの講演者やシンポジウムの登壇者なども探しているので、最も早くから参加している人に、最初にメールで連絡してくる。

今回も、テーマが決まった段階で送信してきたようだ。

面白いと感じた研究者や開発者は、連絡すると面白いことになるかもしれない。

この分野の権威者の1人になっていみませんか?

ただし、最低でも英語は求められる。

私は、GSMAが世界標準になる前から、付き合っている。