2020-11-25

Googleは、Jio Platformsの株式を封印。

モバイル・マネー経済インド

携帯電話の世界標準になったヨーロッパのGSMAが、最新情報を配信している「Mobile World Live」は2020年11月25日に、リライアンス・インダストリーズ(Reliance Industries)は、Googleから同社のJio Platformsユニットの 7.73%の株式に対して3370億インドルピー(US$45億)を受け取ったことを確認し、米国最大のインド企業への投資を完了したことを確認したと報告した。

リライアンス・インダストリーズはステートメントで、この取引はすべての必要な承認を受けており、現在はJio Platformsの株式をAlphabetのGoogleに割り当てられていると述べた。

インド競争委員会(The Competition Commission of India)は2020年11月初め、この投資案を承認した。

取引が2020年07月に発表されたとき, Googleは、それがAndroidオペレーティングシステムをカスタマイズすることによって、市場に手頃な価格のエントリーレベルのスマートフォンを提供することに集中するために投資を使用すると述べた。

両社はまた、インドでのインターネット利用率を高め、そのデジタル経済を発展させるために協力するように設定されている。

Jio Platformsは、2020年10月に明らかにした、US$50未満の価格のスマートフォンを大衆市場に投入するという野心な計画を実現するためにGoogleパートナーシップを使用する可能性がある。

Googleは、Facebookを含む多くの著名な投資家からUS$200億以上を調達して、Jio Platformsに資金を投入する最新の企業にななった。

米国の企業は、大きくインドに斜陽していることが明らかになっている。

中国は、外部からの支援が大きく減るかもしれない。

今や、米国副大統領、ロンドン市長、Google、Microsoft、AdobeのCEOなど、インド系で占められている。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳し、Google翻訳で修正しました。

両方に言えることであるが、長文翻訳がかなり正確になった。

2020-11-06---FacebookのWhatsApp、ついにインドの決済市場に参入。
2020-09-20---インドのネットユーザー数7億4000万人!どう攻めるか?
2020-01-21---インドのJio、現金振替でGoogle、Paytmに対抗。
2019-07-09---インドの「Rジオ」、FTTHの整備事業始動。
2018-04-05---インドのReliance Jioは、銀行立ち上げと同時にAirtel challengeに対抗。
2018-02-19---WhatsAppは、お金サービスをインドに乗り出させる。
2017-09-24---インド政府、全国民12桁の数字、指紋、虹彩で、商機と危険を生む改革。
2017-08-02---インドで、Paytm、WhatsApp、Hike setの縄張り争い。
2017-07-11---Google、WhatsApp、Facebookがインドのペイメントで準備中。
2017-02-07---Reliance Jioは、チャット支払いを開始。
2017-01-30---インドは、モバイル財布の保険枠組を熟考。
2017-01-11---Alipay、訴えの後、パスワード・ループホールを閉じた。
2016-12-21---PayPalは、Paytmブランドを塞ぐことに努める。
2016-12-20---Samsung Pay、2017年第1半期にインドでスタートを設定!
2016-12-14---インドのオペレータは、キャッシュレス経済を要求。
2016-12-12---Bharti Airtelの新モバイル・バンキング・サービスで10万人顧客。
2016-12-07---インドのカードターミナル不足はモバイルの支払いのドアを開く。
2016-12-05---Reliance Industries は、支払いを押す。
2016-12-01---Reliance Industriesは、新しいペイメントを押す!
2016-11-17---インドの高額紙幣廃止で混乱!
2016-11-10---インドで、アンチ現金活動で、モバイル・マネー爆発急増!
2016-10-26---インド電話会社は、遅いROIにもかかわらずデジタル支払いに熱
2015-06-12---インドのJioも、モバイル・マネーのスタートを設定した。