2020-11-17

観光立国カンボジアの主要3空港の利用者、2020年01~10月は約8割減!

観光ロジスティクス

アジア経済ニュースNNA ASIAは2020年11月18日に、観光からの収入が大きいカンボジアで、主要3空港の利用客が急減している。カンボジアの新聞「クメール・タイムズ(Khmer Times/電子版)」は2020年11月17日に、2020年01~10月の利用者は前年同期比で78%の減少を記録したと伝えたと報告した。

首都プノンペン(Phnom Penh)、南部シアヌークビル(Sihanoukville)、北西部シエムレアプ(Siem Reap)の3空港を運営するカンボジア・エアポーツ(Cambodia Airports)のケク・ノリンダ(Norinda Khek)広報担当取締役は、新型コロナウイルス感染症の影響で、厳しい空港運営状況が続いているとコメント。

2020年10月の3つの空港で起こったインバウンド(inbound)、アウトバウンド(outbound)回数は1日平均でわずか33便だったと明らかにした。

海外の目的地は、現時点で中国の数都市、ソウル(Seoul)、台北(Taipei)、シンガポール(Singapore)、ベトナムのホーチミン(Ho Chi Minh City, Vietnam)などで、大半がプノンペン国際空港(Phnom Penh International Airport)の発着便で、カンボジア・アンコール航空(Cambodia Angkor Air)、ランメイ航空(Lanmei Air)、スカイ・アンコール航空(Sky Angkor Air)、カンボジア・エアウェー(Cambodia Airways)、JCエアライン(JC Airlines)だった。

ほとんどがビジネスで、観光は少ないだろう。

ケク・ノリンダ取締役は、新型コロナウイルスの感染状況が変化する中、少数の例外を除いて、APAC(Asia Pacific Accreditation Cooperation‏/アジア太平洋認定協力)の地域で、数各国間での航空便運行に関する調整はかなり難航していると指摘した。

打開策として、カンボジア観光業界の関係者は観光省と連携し、中国の都市を結ぶチャーター便の運航を通じ、安全な旅行の実現などを検討していると説明した。

「カンボジアの旅行・観光部門の代表者は、MOT(Ministry of Tourism/観光省)と連携して、中国の一部の都市との間の安全な旅行回廊の設置を共同で検討している。」と付け加えた。

2020年10月27日に、政府及び観光事業の専門家は優先順位として置かれた中国人の訪問者とのパンデミック期間の間のカンボジアへのトラベル・バブル(travel bubble)の手段がいかにツーリストを引き付けることを助けることができるかについての議論に加わった。カンボジアと中国間のいわゆるクローズド-ループ・チャーター便(closed-loop charter flights)の実施の可能性がMOTによって提起された。

この措置はまた、カンボジア滞在中の旅行者や関係者に対し、保健省の指示に従った衛生管理や保護措置を厳格に行うことを義務付けるとともに、カンボジア滞在中の旅行者全員のためのツアーガイドや健康保険の加入を促進するものである。

この措置では、COVID-19の陽性反応が出た旅行者の医療費のために必要なUS$2,000の保証金を保持することになる。

同省のトップであるソピーク長官(Sopheak, the ministry’s secretary of state)は、この政策はカンボジアを、温かいもてなしと大きな付加価値を提供する観光のための安全な目的地として促進すると述べた。

この政策はカンボジアを、温かいもてなしと大きな付加価値を提供する観光のための安全な目的地として促進すると述べた。 それはまた王国の観光事業の社会経済的な利点を促進する。「すべては実際の状態に基づいてプロセスの下にある。」とソピーク長官は言った。

チャネル・ニュース・アジア(Channel News Asia)はシンガポールと香港の航空トラベル・バブルが各都市に毎日1便の飛行が2020年11月22日に、始まることを今週初めに報告した。
飛行ごとの200人の乗客は2020年12月07日に1日2便に増える。

タイ、韓国及び日本のような国は潜在的に将来の航空トラベル・バブルの設定のシンガポールとパートナーになるが、観光事業収入の再開のための圧力よりもむしろ、どの決定もCOVID-19 がそれらの国でいかに効果的に制御されるかにかかっているようであると、旅行の専門家は言った。

COVID-19が陰性であることが必要な旅行者は、専用のフライトを利用する必要はあるが、旅行目的の制限はない。彼らは管理された旅程に従う必要はなく、検疫やホームステイの通知を受ける必要もない。

この整理は未来の航空トラベル・バブルのための潜在的なモデルをセットアップする。

カンボジアは2020年の最初の9ヶ月間に100万人以上の外国人観光客を受け入れ、2019年の同時期と比較して74.1%減少した。

ローカル訪問者は2020年の最初の9 か月のための記録上の7,000,000,000 をわずかにより多くと51.9パーセント減少させた。観光の専門家は、カンボジアの観光部門は、3年(2020-2023)5年(2020-2025)を測定した2つの潜在的なシナリオの下で徐々に正常に戻ると推定しています。

観光業界の関係者によると、新型コロナ流行前の状況に戻るまで、3年(2020-2023)〜5年(2020-2025)が必要との見方が強まっているという。

香港では、第3波から第4波が約4ヶ月半で確認されたばかりであり、先が全く見えない。

2020-11-19---感染症専門家、香港でコロナ・ウイルス第4波確認と警告!
2020-11-11---台湾交通部、日本などと「トラベル・バブル」協議。
2020-11-03---外国要人のコロナ陽性で、カンボジアの首相など合計628人の要人自主隔離!
2020-09-20---カンボジアで、お盆休み期間の観光客数は100万人超え!
2020-10-21---台湾の衛生部長、「ビジネス・バブル」検討!
2020-07-07---ミャンマーの空路封鎖、2020年10月以降の解除見通し!?
2020-07-07---香港は、「COVID-19」で第3波時代を向かえた。