2020-11-14

新しい統計によると、コロナウイルス、犯罪で、NY大脱出が判明。

犯罪と裁判健康

米国の新聞「ニューヨークポスト(New York Post)」は2020年11月14日に、新しい統計によると、30万人以上のニューヨーカーが過去8ヶ月間にビッグアップルから逃げ出している。

情報公開法の自由法の要請に基づいてポストが米国郵政公社から入手したデータによると、2020年03月01日から10月31日までの間に295,103人の住民が住所変更の申請を行った。

データの詳細は、11件以上の転送依頼がニューヨーク市外の特定の郡に行われた場合のみであるため、実際には引っ越しの数はより多くなっている。

そして、1つの住所変更が全世帯を表す可能性があり、これは30万人以上のニューヨーカーが5つの地区から逃げ出したことを意味していると報告した。

もう、まともな神経では、ニューヨーク市内に住めなくなった。

正確な数が何であれ、「COVID-19」が春先に街を襲った時に始まった外への移転は、例年よりもはるかに多い。
2020年03月から07月までの間に、市外の目的地への住所変更要求が244,895件あり、2019年の同期間の101,342件の2倍以上になった。

ニューヨークからの脱出は、コロナウイルスの懸念だけでなく、経済的な不安、学校の混乱、犯罪の増加によっても煽られている、と専門家は言う

市の状態についての調査を委託しているマンハッタン研究所の州および地方政策のディレクターであるマイケル・ヘンドリックス(Michael Hendrix, director of state and local policy at the Manhattan Institute)は、このデータに驚かなかった。

「人々は恐れていると思う」「致命的なウイルスに感染することを恐れているし、犯罪やその他の生活の質に関する懸念を恐れている。また、私たちが耳にすることの一つは、ゴミや街の清潔さについてです。」とヘンドリックスは言う。

2020年07月と08月に行われた6桁以上の収入を持つ人を対象とした同研究所の調査によると、回答者の44%が過去4ヶ月間に市外への引っ越しを検討したことがあることが分かった。
彼らは最大の理由として生活費を挙げています。3分の1以上の38%が、この街は間違った方向に向かっていると考えていると答え、生活の質を「良い」または「優れている」と評価したのはわずか38%に過ぎなかった。

半数以上の53%が、子供を学校に戻すことを非常に心配していると答えた。

今年の重大犯罪は増加傾向にあり、ビッグアップルでの殺人件数は2020年10月までに344件に達し、2019年全体のカウントを上回った。2020年11月08日までの銃乱射事件の件数は2019年を94%上回っている。

「人々が街を離れる最大の理由は、パンデミックがいつ終わるのか、ニューヨーク経済がどれだけ早く回復するのかという不安だ。」「小売業、レストラン、サービス業で雇用されていた50万人以上の市の住民が職を失い、市の家賃を払えなくなっている。公立学校と私立学校の再開に関する遅い決定は、多くの家族がパンデミックの間に住んでいた地区で入学の期限を守るために移転を余儀なくされました。」と、パートナーシップ・フォー・ニューヨークシティの責任者キャサリン・ワイルド(Kathryn Wylde, head of the Partnership for New York City)は述べている。

このパートナーシップは、2020年09月に経済界のトップリーダーがデ・ブラシオ市長(Mayor de Blasio)に向けて、犯罪や生活の質の問題を取り締まるよう求めた嘆願の背景にあった。

郵便データによると、ニューヨークから逃亡した多くの人々は、単にロングアイランド(Long Island,)、ウェストチェスター(Westchester)、ニュージャージー(New Jersey)に国境を越えただけであることがわかる。

郵便局はサフォーク郡(Suffolk County)に21,362件、ナッソー郡(Nassau County)に18,731件、ウエストチェスター郡(Westchester County)に15,850件の変更依頼を受けた。ニュージャージー州ハドソン郡(Hudson County, NJ)への郵便物の送付を希望したのは合計9,356通であった。

ニューヨークから離れたくないが、便利な市内には居たくない。という人達だろう。

市長も知事も、利口に見えなくなった。

これは東京、大阪もそうである。

しかし、そこには貧富の差も明らかになった。

ニューヨーカーが2020年03月01日から10月31日までの間に脱出したトップ20郵便番号。
1. Upper West Side, 10023: 3,368
2. Upper West Side, 10025: 3,000
3. Murray Hill, 10016: 2,889
4. Upper West Side, 10024: 2,708
5. Chelsea/Greenwich Village, 10011: 2,520
6. Upper East Side, 10128: 2,165
7. Downtown Brooklyn, 11201: 1,836
8. Gramercy/East Village, 10003: 1,677
9. Upper East Side, 10028: 1,631
10. Midtown East, 10022: 1,410
11. Midtown West, 10019: 1,484
12. Upper East Side, 10021: 1,506
13. Chelsea, 10001: 1,222
14. West Village, 10014: 1,192
15. Park Slope, Brooklyn, 11215: 1,006
16. Rose Hill/Peter Cooper Village, 10010: 1,002
17. Midtown, 10018: 987
18. Tribeca/Chinatown, 10013: 899
19. Midtown, 10036: 837
20. East Village, 10009: 728

ニューヨーカーが2020年03月01日から10月31日までの間に脱出した先のトップ20郵便番号。
1. East Hampton, NY, 11937: 2,769
2. Jersey City, NJ, 07302: 1,821
3. Southampton, NY, 11968: 1,398
4. Hoboken, NJ, 07030: 1,204
5. Sag Harbor, NY, 11963: 961
6. Scarsdale, NY, 10583: 812
7. Water Mill, NY, 11976: 577
8. Greenwich, CT, 06830: 558
9. Yonkers, NY: 10701, 567
10. Jersey City, NJ, 07310: 434
11. Port Washington, NY, 11050: 414
12. Westhampton Beach, NY, 11978: 409
13. Princeton, NJ, 08540: 395
14. Woodstock, NY, 12498: 392
15. New Canaan, CT, 06840: 389
16. Great Neck/Manhasset, NY, 11021: 380
17. Hampton Bays, NY, 11946: 344
18. Darien, CT, 06820: 326
19. Mount Vernon, NY, 10550: 325
20. Long Beach, NY, 11561: 323

Source: United States Postal Service