2020-09-17

韓国通信大手のKTなど、「AIペット型ロボ」を共同開発。

開発韓国

アジア経済ニュースNNA ASIAは2020年09月21日に、韓国通信大手のKTは2020年09月17日に、子どもと高齢者向けに開発したAI(Artificial Intelligence/人工知能)ペット型ロボットを2021年の上半期中に発売すると発表したと報告した。

KTは、IT大手カカオ(Kakao)傘下で通信・IoT(Internet of Things/モノのインターネット)専門のステージファイブ(Stage Five)、ロボット専門のヌワロボティクス(Nuwa Robotics)、社会起業支援非営利組織である米アショカの韓国支部アショカ韓国(Ashoka Korea)の4者と、AIペット型ロボットの共同事業に向けた業務協約を交わした。

ステージファイブは年齢別に特化したコンテンツを、ヌワロボティクスはロボットのハードウエアやソフトウエアをそれぞれ担当する。アショカ韓国は、社会的問題解決に向けた社会革新企業家を発掘・支援していることから、ロボットのコンテンツに社会的価値もプラスされるとみられる。

ロボットにはKTのAI音声サービス「ギガ・ジニー(GiGA Genie)」が搭載されるため、音声サービスが利用できる。
子ども向けには体を使って楽しめるサービスを、高齢者向けには認知症ケアや話し相手、服薬指導などのサービスをそれぞれ提供する計画だと言う。

ただし、ソニーが開発したAiboとは、全く違うようである。

ロボットは、最初に早稲田のロボット研究所を訪ねてから、何度か話題になったが、完全に家庭内に定着したのは、お掃除ロボットぐらいである。

電子版では、検索エンジン用コンテンツ泥棒ロボットやスパイ・ロボットなども出ている。

工業用ロボットは、完全に定着し、自動車の組み立て工場などで活躍している。