2020-09-17

豊田通商、タイで企業従業員の「昼寝」ビジネス計画。

健康経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは2020年09月17日に、豊田通商のタイ法人豊田通商タイランドは、自動車関連以外の事業強化のための新会社「TOYOTSU L&C(L=Life & C=Community/タイランド)」を立ち上げ、自動車関連以外の事業強化として、企業従業員の「昼寝」をビジネスにつなげる試みを始めたと報告した。

新型コロナウイルス感染症の影響で増えているオフィスの空きスペースを活用し、質の高い仮眠の場「Nap Station」を提供することで、労働生産性の向上を図ることが狙い。

近年、就業中に眠そうにしている社員が増えた。少し睡魔に襲われているといった程度の者から、昼休みに階段や空いている会議室で横になっているケースもある。多くは20~30代の若い社員。推察するに、連日深夜までゲーム機などでのプレイに没頭していることが、睡眠不足や睡眠の質の低下につながっているようだという。

スペインやイタリアなどには、シエスタ(Siesta/昼寝)という昼寝の考えがある。

私も実は、シエスタを10年以上続けている。

昔は、東南アジアのカンボジア、インドネシア、フィリピンなどにも昼寝の風習があった。

日本でも、何度か話題になったが、忙しくなると忘れられる。

1年以内に対外向け事業として立ち上げたい意向だという。

2018-11-24---正しい睡眠で脳機能改善!実践すべき5つの方法。
2015-09-25---仕事と生活のバランス「昼寝机」。
2014-07-07---ケンブリッジの5人のスパイ。「絶望的なアル中」を密か調査する。
2014-04-11---多相の眠りで、あなたの脳をハッキング!
2013-09-27---スペインは、生産性を押し上げるために時間帯変更を考慮。
2013-04-10---人は、4時間の睡眠で何と生きていけるか!?
2012-07-01---日本もシエスタ必充!節電と、健康と、遊び!
2010-10-24---シエスタ競争(昼寝競争)