2020-09-16

中国の新エネルギー車大手比亜迪、iPad供給網入り!

経済中国台湾

アジア経済ニュースNNA ASIAは2020年09月17日に、聯合報などが2020年09月16日に、中国のNEV(New Electric Vehicle/新電気燃料車)メーカー大手の比亜迪(比亚迪/BYD)が、米国のアップルのタブレット端末「iPad(アイパッド)」と「iPad Air」の組み立て業務に参入すると報じられ、台湾のEMS(Electronics Manufacturing Service/電子機器の受託製造サービス)への圧力が強まるとの見方が出ていると報告した。

BYDは広達電脳(クアンタ・コンピューター)に替わり、iPadのエントリーモデルを受注するとみられている。

中国メディアによると、BYDはアップルが発表したiPadの新機種の組み立てを受注したことを認めた。
BYDはアップルのサプライチェーン(部品の調達・供給網)入りを果たすことになる。

アップルのサプライチェーンに詳しいアナリストによると、BYDが順調に生産を進めれば、来年にはより高規格機種の受注を得る可能性もあるという。

iPadを組み立てる主力業者は現在、鴻海精密工業と仁宝電脳工業(コンパル・エレクトロニクス)の台湾2社。ただ市場では、「当面は主にこの2社が引き続き受託するものの、2社は将来競争に直面する可能性が高い」とみている。

鴻海精密工業は、iPhoneができるなら、マスクもできると言ったが、NEVができるなら「iPad」もできるということだろう。

鴻海精密工業は、いつも一歩先!

しかし、比亜迪はトヨタと共同で開発を始めた!

2020-04-08---鴻海、足らないなら作ってしまえで!今度は人工呼吸器生産へ
2020-02-19---中国の自動車メーカー、相次いでマスクの生産に乗り出した。
2020-02-11---鴻海、「COVID-19」でマスク入手困難なら、作ってしまえ!