2020-09-17

初期投資ゼロ大作戦時代の到来!デジタル販売チャネルへのシフト!

経済ファッション

携帯電話の世界標準になったヨーロッパのGSMAが、最新情報を配信している「Mobile World Live」は2020年09月17日に、事例として、物理的なものを否定し、デジタル販売チャネルへのシフトが拡大しているとレポート「PHYSICAL NO MORE: THE CASE FOR SHIFTING TO DIGITAL SALES CHANNELS」をPDFで公開したと報告した。

巨額が必要な物理的展開を否定!「PHYSICAL NO MORE」

これまで、巨額が必要な物理的展開を続けてきた事業では、先が見えなくなった。

この半年間で、世界はより多くのことをデジタルで行うことを学んだ。

一つのレベルでは、これはモバイルネットワーク事業者にとって朗報である。
モバイルサービスに対する需要はこれまで以上に高まっている。

しかし、それは課題も提示している。

現在、多くの携帯電話事業者は、新規顧客の獲得や既存契約者へのアップセルを行うために、いまだに大通りに面した店舗に大きく依存している。

このような物理的なチャネルでの利用者数は大流行の影響を受けており、大流行が終わっても以前のレベルに戻ることはないとの見方が多い。

これに代わるものは、もちろんデジタル販売である。

通信事業者は、新たな収益源のロックを解除し、既存の収入を保護し、コアビジネスの提供を強化するために、デジタルチャネルを導入する必要がある。

しかし、多くの移動体通信事業者は、この方法で顧客を正確にターゲティングし、コンバージョンするための技術的なインフラが不足している。また、予算の制約もある。

このケーススタディでは、専門家であるeパートナーが提供するツールを利用して、さまざまなデジタルチャネルを利用して顧客をターゲット化し、コンバージョンすることを可能にしている方法を、初期投資ゼロの方法を学ぶことができる。

これは、携帯電話事業者だけではない。

初期投資ゼロ作戦時代が、完全に始まった。

世界で最初にモバイル・マネーで成功したSafari.comのm-Pesaは、高金利、少額融資で稼いだ!
つまり、少額を借金してビジネスに成功する人を助けた。

巨額を借りて、金利で苦しむ時代は終わった!

インフルエンザとコロナウイルスで、コロナウイルスがこれまでの5倍に拡大するという予測もある。

2020-09-15---LVMHのティファニー買収撤回が認められるか!?
2020-09-11---コロナウイルスのパンデミックとインフルエンザの衝突に対応。
2020-09-11---ファウチ博士、米国は「COVID-19」で秋から冬に「隠れる」必要がある。
2020-08-12---パンデミックで変わったファッション・トレンド〜
2020-08-11---コロナウイルスは、米国で独立系レコード店を殺せない!
2020-08-04---ミャンマーのヤンゴンにイオンモール1号店を計画。
2020-08-02---米国最古の百貨店ロード&テイラーが破産法第11条の適用申請。
2020-07-23---米国のアパレル大手アシナ、破産申請で1,600店舗閉鎖。
2020-07-21---コロナウイルスは、中小企業にお金を使う人が触発され増えた。
2020-07-15---もうすぐ、店舗販売の「ユニクロ」にもやってくる現実。
2020-05-19---上場企業で初のコロナで販売不振で、レナウンが経営破綻!?
2020-05-15---ユニクロ、HCM市2号店をオープン。
2020-04-24---香港のアパレル「G2000」、販売不振で店舗網縮小!
2020-04-09---「ユニクロ」のファストリ、38%減益。
2020-03-06---中国で苦労しているユニクロのベトナム2号店はハノイ!
2020-02-07---新型コロナウイルス、中国のユニクロと無印良品を直撃!
2019-12-06---ユニクロ・ベトナム1号店オープンで、1000人が行列。