2020-09-17

Facebookで蔓延する医療デマ、月間5億ビュー!

犯罪と裁判健康

MIT Technology Reviewは2020年09月17日に、人権団体「アバーズ(Avaaz)」が2020年08月19日に公開した分析によると、医療デマを拡散するページが、2020年05月時点でFacebook上で推計38億回閲覧されていたことが分かったと報告した。

閲覧回数は2020年04月にピークに達し、5億回近くに上ったという。

まさに、新型コロナウイルス感染症「COVID-19」のパンデミックが急速に拡大している時期だった。

医療デマを流していた10のWebサイトのコンテンツがFacebookで閲覧された回数は、WHO(World Health Organization/世界保健機関)やCDC(Centers for Disease Control and Prevention/米国疾病予防管理センター)など信頼できる10の情報源のコンテンツの閲覧回数の4倍近くと推定される。

「アバーズ」は反ワクチン運動のような医療デマや、ときには命の危険もある新型コロナの誤った治療法の主張、死者数が過大に集計されているという事実無根の記事などを広めていた、合計82のWebサイトを調査した。

これは決して、被害者のいない問題ではない。

「アメリカ熱帯医学・衛生ジャーナル(American Journal of Tropical Medicine and Hygiene)」に掲載された研究で、2020年の最初の3カ月間で、新型コロナに関するデマによって世界で少なくとも800人が死亡し、5800人が入院した可能性があることが判明している。

その多くが、メタノールや洗剤が効くと信じて飲んでいた。

日本では、大阪府知事や大阪市長、維新の会の代表までが、売名行為を利用し、テレビに出演して医療デマを配信した。

これは一種の殺人未遂である。

大阪府知事や大阪市長、維新の会の代表は犯罪者である。

大阪府警と検察庁は立件すべきである。

こうしたデマは、「アバーズ」が特定したWebサイトへのアクセスをFacebookがプラットフォーム上で禁止すれば、ほとんど対処できるはずだという。

Facebookは2020年04月に、新型コロナにまつわるデマの事実確認や削除について、さらに積極的に取り組んでいくと約束したが、虚偽情報を閲覧・共有した人々に注意喚起するとまでは言わなかった。

「アバーズ」は報告書の中で、そうした対策をとることでデマを信じる人がだいぶ減っていくだろうと述べている。

またFacebookは、ユーザーのニュースフィードで虚偽情報を格下げして拡散される範囲を狭めることで、アルゴリズムを「解毒」する必要があるとも述べている。

報告書は、「Facebookは医師や衛生の専門家からの度重なる要請にもかかわらず、インフォデミックが克服できる規模およびレベルでの解決策を効果的に適用できていない」と結論付けている。

広報担当者によると、Facebookは2020年4~6月にかけて、新型コロナ関連のデマ、9800万件に警告ラベルを付けたという。

Facebookは、「私たちはデマを制限するというアバーズの目標を共有していますが、アバーズの調査結果には当社が実施したデマ拡散防止対策が反映されていません」と述べている。

ただし、これはGoogleの検索サイトも同様で、広告料さえ払えば、詐欺サイトやマフィアサイトにまで誘導している。

2020-09-05---MyPillow CEOが、COVID-19の「治療薬」として売り出した薬をFDAが却下。
2020-08-29---インドネシア軍兵士らが、Fake Infoで首都の警察署を襲撃!
2020-08-26---新型コロナ誤情報、世界で800人死亡、5800人入院の原因。
2020-08-24---ワクチンなければ、オーストラリアのGDP、10年で8.9兆円減。
2020-08-06---大阪、3馬鹿大将逆効果!
2020-08-04---大阪、3馬鹿大将!どこまでアホになれるか運動会。
2020-07-29---NYブロンクス動物園、100年前に人間を展示したことを謝罪。
2020-07-07---またまた、信用を失墜した日本の大学教授。
2020-02-06---新型コロナウイルスに関する10の偽情報。
2020-02-04---WHO、新型肺炎「マスクは予防にならない。」
2019-10-23---Googleの広告を信用するな!
2019-06-25---Googleは、「偽業者」約1100万社のGoogleMaps乗取りで稼ぐ!
2019-02-06---Google、Yahoo!Japan、偽ビザ詐欺Webサイトをトップ表示。広告料搾取!
2015-03-12---イタリア観光客の食事代が、マフィア資金源。
2012-01-10---Googleは、不法なオリンピック・チケット広告で稼いでいた刑事犯!
2007-05-01---クラッカーの罠は、Google広告の次がWikipedia!