2020-09-14

イギリス、集会人数制限6人までと、規制。

健康

ヨーロッパ経済ニュースEUROPE NNAは2020年09月15日に、イギリス領北アイルランドを除くイギリスで2020年09月14日に、6人までの集会人数制限が発効したと報告した。

イングランドとスコットランドでは屋内外で、ウェールズでは屋内のみでそれぞれ7人以上の集まりを禁止する。

内務省と法務省で閣外相を務めるキット・モルトハウス(Kit Malthouse)は、近隣で違反の疑いがあった場合は通報するよう要請している。

この制限は、学校や職場、感染防止策を講じた上での結婚式や葬儀、チームで行うスポーツなどの一部事例を除いて適用される。

違反した場合、初犯は£100、違反を重ねれば最大£3,200の罰金が科される。

イングランドでは集まる世帯数に制限はなく、スコットランドでは2世帯、ウェールズでは規定された拡張世帯のみ許される。

イングランドでは全年齢が対象とされるが、スコットランドでは12歳未満、ウェールズでは11歳未満を人数に数えない。

なお、北アイルランドでは既に、集会人数が屋内では2世帯の6人までに、屋外では15人までに制限されている。

イギリスでは先に、1人の感染者が二次感染させる平均的な人数を示す基本再生産数が1~1.2に上がり、202003月以来の高い水準となった。

1日当たりの感染者数は2020年09月13日に3,330人となり、3日連続で3,000人を超えている。