1952年11月04日

米国の大統領選でUNIVACが使われた。

米国の大統領選の票集計予測でUNIVACが使われ、選挙を大きく変えた。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

USA TODAYはコラム「1952年11月4日に大統領選で使われたUNIVACが、米国の選挙を大きく変えた(In '52, huge computer called Univac changed election night)」を2004年10月27日に公開した。
Wiredは2008年11月4日に、ランディ・アルフレッド(Randy Alfred)のコラム「Nov. 4, 1952: Univac Gets Election Right, But CBS Balks(1952年11月4日: ユニバックは選挙を正しくしたが、CBSはためらった。)」を公開し、テレビは初めて開票初期の結果から、大統領選を予測するのにコンピュータ解析に基づく方式に変更した。
ユニバック・コンピュータはネットワークが確かでないと思うほど、信じられないほど正確な超近未来を予測したと報告した。

ユニバック(The Univac)または、ユニバーサル・オートマチック・コンピュータ(Universal Automatic Computer)は、1940年代にJ.プレスパー・エッケルト(J. Presper Eckert)とジョン・モークリー(John Mauchly)によってペンシルバニア大学(University of Pennsylvania)で造られた先駆けのエニアック(Eniac)次世代バージョンであった。

エッケルト-モークリー・コンピュータ社(Eckert-Mauchly Computer Corp.)を1950年にレミントン・ランド社(Remington Rand)が買収し、1951年に最初のユニバックを米国勢調査局(the U.S. Census Bureau)に販売した。
8トンのウォークイン式コンピュータ(walk-in computer)は、自動車1台分の車庫のサイズで、蝶番を付けられた金属製ドア(hinged metal doors)によってアクセスされた。

Univacsは約US$100万で、今日の金額にすると約US$800万以上であった。

コンピュータには何千個もの真空管があり、今日の超高速なチップが1秒あたり50億と比べて、真空管は驚くべきな1秒あたり1万の操作を処理した。

現在のユニシスであるレミントン・ランド社は1952年夏に開票結果を映し出すのにユニバックを使用するという考えでCBS Newsにアプローチした。

ニュースチーフのシグ・ミケルソン(Sig Mickelson)とアンカーのウォルター・クロンカイト(Walter Cronkite)は、疑い深かったが、それが分析をいくらか早くして、「電子脳(electronic brain)」を使用するために少なくとも楽しませてくれるかもしれないと考えた。

エッケルトとジョン・モークリーは、補助するために、彼らの元ペン同僚であった数学者マックス・ウッドベリー(Max Woodbury)のの協力を得た。

モークリーとウッドベリーは、資料を取り集めて、1952年のリターンを前の選挙から、風が吹く道方式(way the wind was blowing)にたとえて、計算するプログラムを書いた。
2人は、親共産党員(pro-Communist)としてブラックリストに載せられて、それ以上会社で働くことができなかったので、モークリーの家で働いた。

フィラデルフィアのユニバックは、ニューヨーク市のCBSスタジオのテレタイプマシンに接続された。
技術者は、最初の域内で選挙のあった夜に報告できるように、ユニバックに食べるためのデータを紙テープにコード化するのにユニタイパー・マシン(Unityper machines)を使用した。

選挙前の投票は、共和党のイリノイ州知事アドレイ・スティーブンソン(Illinois Gov. Adlai Stevenson)と、5ツ星の第二次世界大戦におけるヨーロッパ連合軍の最高司令官ドワイト D. アイゼンハワー司令官(five-star Gen. Dwight D. Eisenhower)の選挙結果前に、デモ候補と共に民主党の大勝利から接戦まで、何でも予測した。
ユニバックは午後8時30分(米国東部標準時)に、アイゼンハワーがスティーヴンソンに投票者数で438対93と予測したとき、それはの驚きであった。
最低必要な票数であった266の選挙人投票を集めることに対し、その結果は、アイゼンハワーの可能性が100対1で勝利を予測した。

ニューヨークでは、ニュースボスのミケルソンがありそうもない予測を放送することをあざけった。
フィラデルフィアでは、ウッドベリーが新しいデータをミックスに加えた。
午後9時に、通信員のチャールズ・コリングウッドは、ユニバックがアイゼンハワー勝利のために8-7 可能性を予測していたと聴衆に発表した。

しかし、フィラデルフィアでは、ウッドベリーがニューヨーク州から、スティーヴンソンの合計にゼロを誤って加えたことと発見した。

ユニバックを使って正しいデータを入力して、それを走らせたとき、彼は、従来と同様同じ予測を得た。
Ike= 438、Adlai= 93で再び、100対1でアイゼンハワーの勝利を予測した。

アイゼンハワーに地滑りのはずみがつき、決選投票は、442対89であった。

ユニバックは1%未満誤差であった。

夜遅くにコリングウッドは、「Univac had made an accurate prediction hours before, but CBS hadn't aired it.(ユニバックは、何時間も前、精密予測をしましたが、CBSはそれを放送していませんでした。)」と、恥ずかしい自供を何百万人もの視聴者にした。

1956年の大統領選では、3台ネットワークが選挙結果予測にコンピュータ解析を使用していたと報告している。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

この記事に関連する日付

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

gaYa広告