2020-08-06

カンボジアの上半期対米輸出額、23%増のUS$27.5億。

経済カンボジア

アジア経済ニュースNNA ASIAは2020年08月10日に、米国国勢調査局によると、カンボジアの上半期(01~06月)の対米輸出額は前年同期比23.1%増のUS$27億5,100万(約2,905億円)だった。
輸入額は前年同期比45.4%減のUS$1億4,460万。貿易総額は15.8%増のUS$28億9,560万で、輸出額が全体の約95%を占めたと報告した。

2020年06月単月の輸出額は、前年同月比8.0%増のUS$3億8,800万、輸入額は同59.1%減のUS$1,930万、貿易総額は0.2%増のUS$4億730万だった。

カンボジアの新聞「プノンペン・ポスト(The Phnom Penh Post)」は2020年08月06日に、2016年7月に米国が後発途上国向けの一般特恵関税制度(GSP)をカンボジアに適用してから、対米輸出は順調に推移。特にGSPの対象品目であるハンドバッグやスーツケースなど、旅行関連商品の出荷増が輸出の拡大を後押ししているもようだと伝えてる。

私もカンボジアでスーツケースを買ってきたが、コピー製品だった。

この傾向は、修正が必要である。

GMAC(Garment Manufacturers Association in Cambodia/カンボジア縫製協会)のケン・ルー事務局長(secretary-general Ken Loo)は、縫製品や履物の主要な輸出市場として米国の存在感は大きいとコメントした。

労働及び職業訓練大臣のスポークスマンであるヘン・ソウ(Heng Sour)、カンボジアが今年の上半期に国際市場にGTF(garment, textile and footwear/衣服、織物及び履物)プロダクトの輸出はUS$37億8400万を輸出したことを言い、去年の同時期の$40億以上から5.4%落ち込んだと言った。

ヘン・ソウは、2020年07月08日に経済財政省で開かれた政府の「COVID-19」対応策に関する記者会見で、「不振の根本原因はCOVID-19による反動であり、その結果、受注が徐々に枯渇している。この不況はカンボジアの衣料品部門だけでなく、世界全体に影響を与えている。」と述べた。

今年の上半期に、彼はカンボジアの450の衣服および履物の工場が83の工場が閉鎖している間仕事を中断したと言った。

これらのうち、10の工場は現在国際市場で高い需要があるマスクの製造に転向していると彼は述べた。

上半期に記録されたGTFの輸出の低下にもかかわらず、財務省の永久秘書官ボンガセイ・ビソス(Vongsey Vissoth)は期間の間に見られた自転車及び精米の出荷の実質的な成長を強調した。

彼は会議で「ヨーロッパの市場への衣服の輸出は下がったが、米国へのそれらは私達の輸出が微かに落ちた理由である。」と語った。

2020年03月04日に公開されるカンボジアの国民銀行のレポートは世界の残りと、国の貿易赤字がUS$77億6000万で、前年と比較される31%以上の増加で、昨年拡大し続けたことを言った。

それがUS$146億33000万だけ輸出した間、カンボジアは約US$223億4000万を去年輸入した。

中央銀行の数字は輸出が12.7%減った間、輸入は去年の成長率が18.6%であったことを示した。

カンボジアは主に織物、靴、米、自転車を輸出し、製造業のための石油、車、建築材料、食品および飲料、および原料を輸入した、と報告書は言った。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳し。修正しました。