2020-07-22

オランダ政府、5Gオークションで€12億を調達。

経済

携帯電話の世界標準になったヨーロッパのGSMAが、最新情報を配信している「Mobile World Live」は2020年07月22日に、各通信事業者はオランダ初の5Gオークションで合計€12億(149,058,584,760円)を費やし、KPNとT-Mobile NetherlandsはライバルのVodafoneZiggoに加わって新しいネットワーク技術を利用したサービスを提供する準備をしていると報告した。

KPNとVodafoneZiggoは別々のステートメントで、それぞれ€4億1600万(51,668,251,689.6円)を費やし、結果に満足していることを明らかにした。T-Mobileは€4億(49,680,547,640円)を投入し、その配分には満足しているものの、政府が設定した開始価格が高すぎると不満を漏らしている。

KPNとVodafoneZiggoは共に700MHz帯の20MHz、1400MHz帯の15MHz、2100MHz帯の40MHzを割り当てられた。

VodafoneZiggo は、既存のスペクトラム資産を使用して2020年04月に5Gサービスを開始したが、今回の割り当ては現在の提供を強化するものであると述べ、KPNは、次世代の開始に加えて4Gの顧客向けに「モバイルデータ速度を直ちに向上させる」ことを計画していると述べた。

KPNのCEOジョスト・ファーヴェルグ(Joost Farwerck)は、「政府が設定した最低価格を考慮した合理的な価格」で「周波数ライセンスの魅力的な組み合わせ」を獲得したと付け加えた。

T-Mobileは、700MHz帯の20MHzと1400MHz帯の10MHzに勝った。それはまた既に保持された2100MHzの40MHzを保持した。オペレータは高い開始価格を嘆いたが、それは「かなりの量を支払ったが、競争よりかなり少ない」と指摘した。

通信事業者は、ライセンスを受け取ればすぐに5Gサービスを開始する予定で、KPNは自社のネットワークは「すぐに開始できる」と述べている。

競売の条件の一部として、事業者は各自治体の98%をカバーすることや、企業と消費者のための最低速度要件など、多くの条件を設定されている。

すべてのライセンスは2041年まで有効である。
第2回目のオランダ5Gオークションは2022年初頭に予定されている。

日本の通信事業者が、このスペクトル料を一度も支払っていない。

日本の通信事業者は、通信に対する価値を理解していない。

だから、通信料は無料にすべきである。