2020-06-24

インドのネット通販、生産国の表示義務化へ。

戦争と平和 インド中国経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは2020年06月26日に、インドの経済新聞「ファイナンシャル・エクスプレス(Financial Express/電子版)」は2020年06月24日に、消息筋の話として、インドのインターネット通販サイトでは近く、各商品の生産国が表示されるようになる見通しだと伝えたと報告した。

インド政府は、国内の製造業の振興を図るとともに、国産品の使用を推進する立場を鮮明にしている。

同筋によると、商工省(Ministry of Commerce and Industry in India)のDPIIT(Department for Promotion of Industry and Internal Trade /産業・国内取引促進局)は2020年06月24日に、通販サイトでの生産国の表示の義務化に関して業界側の意見を探るため、関係者を集めて会合を開いていた。

参加したのは米系アマゾン・インディア(Amazon India)や地場フリップカート(Flipkart)、スナップディール(Snapdeal)、グロファーズ(Grofers)などの関係者で、各社は表示の義務化に積極的な立場を示したという。

一方、CAIT(The Confederation of All India Traders/全インド商人連盟)の担当者はNNAに対し、出席者の中から「時間がほしい」との意見も出たと明かした。2020年06月24日の会合は予備的な性質が強く、システム面などに関しては今後の会合で議論が交わされる見通しだと言う。

突然では、完全は求められないため、足並みが揃わないことだろう。

一方で、インド政府の今回の動きは、北部ラダック(Ladakh)地方での軍事衝突を受けた中国への対抗措置との解釈もある。

インドと中国の国境地帯は、西と東で起こっている。

インドの通販サイトでは、中国からの輸入品が多く販売されている。

衝突を受け、インド国民の間では中国製品のボイコットを呼びかける動きが強まっている。

さらに、中国の武漢から始まった新型コロナウイルスが、インドを襲っている。
現在、インドは世界4位で、インドの感染者は、508,953人から528,859人で、1日で19,906人増え、死者は15,685人から16,095人で、1日で410人が死亡した。

2020-06-29---世界の「COVID-19」感染者、1000万人を突破!
2020-06-23---インド、消費財ブランド生産で、脱中国。
2020-06-02---インドで、反中アプリの人気急騰!ダウンロード百万回超え。
2019-03-01---カシミールで、インド・パキスタン対立激化!住民避難。
2017-09-15---インドの貿易収支。08月はUS$116億の赤字!
2017-08-28---首脳会議控え、中印境界から中印(龍虎/龍象)両軍撤退で合意!
2017-08-15---中印(龍虎/龍象)両国軍、ヒマラヤの係争地で小競り合い。
2017-08-05---中印外交問題で、インド人ボクサー、負けた中国人対戦者にタイトル譲ると申し出。
2017-06-29---ブータン、領土問題で中国に抗議!
2014-11-18---世界で最長の列車旅行は今、中国で始まった。
2014-09-01---ナレンドラ・モディ首相は、日本のビジネスを口説き、即時売却を約束。
2014-08-22---ナレンドラ・モディの東京漂流(Tokyo drift)。
2013-09-15---インドは、中国の都市に到着することができるミサイルを再テストした。
2011-11-08---龍虎貿易、4年で5割増で、US$1000億を突破!?
2011-09-30---中国が支持しているビルマのダム建設を停止!
1983-08-11---インド象インディラが老衰で死亡した。

Related Sites