2020-06-24

マレーシア。日本を「グリーンゾーン国」の指定から外した。

健康マレーシア

アジア経済ニュースNNA ASIAは2020年06月26日に、マレーシア政府による、新型コロナウイルス感染症の抑制に成功した「グリーンゾーン国(Green Zone countries)」の指定から日本は外れた。

マレーシア入国管理局(Malaysian Immigration Department)が2020年06月24日に発効した、駐在員の入国手続きについてのガイドラインで、シンガポール、ブルネイなど4カ国を「グリーンゾーン国」に指定し、条件を一部緩和した。

一方、国籍に関わらず、企業幹部など一部駐在員の入国では、2020年06月24日から事前に入管の承認状を取得する必要はなくなった。

マレーシア入国管理局が2020年06月24日に発効した駐在員入国のガイドラインによると、マレーシア政府はシンガポール、ブルネイ、オーストラリア、ニュージーランドの4カ国を「グリーンゾーン国」に指定し、日本と韓国はリストから外れた。

マレーシア保健省のノル・ヒシャム・アブドラ保健局長(Noor Hisham Abdullah, Director of Health, Ministry of Health, Malaysia)は2020年06月19日の会見で、入管が今回ガイドラインで示した4カ国に日本、韓国を加えた6カ国を「グリーンゾーン国’に指定したと明らかにし、自由往来の再開に向けて交渉を開始する意向を示していた。

ノル局長は2020年06月25日に、NNAに対し、「(入管のガイドラインは2020年06月25日24日発効となっているが)グリーンゾーン国との往来はまだ始まっていない」と述べた上で、「各国と段階的に交渉を進める中で、近隣国を優先した」と説明した。

いい加減な決定であった。

マレーシア入国管理局は「保健省がグリーンゾーン国を随時見直す」としており、今後日本が指定される可能性はある。

マレーシア入国管理局の2020年06月24日付ガイドラインでは、雇用パスのカテゴリー1(Employment Pass Category I/月額給与1万リンギ=約25万円=以上)、RPT(Residence Pass-Talent/レジデンス・パス・タレント)の保有者。特殊技能を持って就労している外国人向けのPVP(Professional Visit Pass)の保有者。に関しては、同日から入国時に入管の承認状取得が免除された。

また、「グリーンゾーン」の4カ国(それぞれの国の国籍保有者)から入国する、雇用パス・カテゴリー1かRPTの保有者は、現地到着後の2週間の自主隔離も不要になった。

その他の雇用パス保有者などは、
▽入管の承認状の取得
▽入国3日前のPCR検査での陰性結果
▽政府の新型コロナ対策アプリ「マイスジャテラ(MySejahtera)」をスマートフォンなどにインストールすること
▽到着後2週間の自主隔離が入国の条件となる。