2020-06-24

サムスン、イギリスのモバイル決済アップグレードを発表。

モバイル・マネーイギリス

携帯電話の世界標準になったヨーロッパのGSMAが、最新情報を配信している「Mobile World Live」は2020年06月24日に、サムスンは、金融テクノロジー企業のカーブ(Curve)社と契約を結び、Samsung Payブランドのデジタルカード「The Samsung Pay Card」の発売を含む、イギリスでのモバイルウォレットの提供範囲を拡大し他と報告した。

アップグレードされたサービスの詳細は限定されているが、財務管理の強化を可能にするツールや、さまざまな決済プロバイダやポイントカードと互換性のあるシステムが含まれる予定だという。

「The Samsung Pay Card」は、Mastercardと提携して発行され、ユーザーアカウントに登録された他の決済カードやポイントサービスを集約している。

デジタルカードは、カーブが提供する標準的なアカウントと同じ方法で動作する必要があり、消費者は最初に商品を支払うために彼らの「The Samsung Pay Card」を使用して、その後、登録されたデビット、クレジットまたはプリペイドカードで、その後、最終的にトランザクションを決済するために使用されるかを決定することができるようになる。

サムスンによれば、今年後半にサービスを開始することを予定しており、同社にとって欧州初のサービスと説明している。

今回の発表は、先月、地元のデジタル金融サービス・プロバイダ「sofi」と米国市場向けに同様の提携を発表したことに続くもので、この提携は、Appにキャッシュ・マネジメント機能を搭載し、ブランド化されたデビットカードを発売することに関連している。

米国のアアップルは米国のゴールドマン・サックス(Goldman Sachs)と提携し、独自クレジットカード「Apple Card」をスタートし、また米国のGoogleも、独自デビットカード「Google Card」の導入が噂がされている。

2019-08-06---アップルは、カードの発売を開始。

Related Dates